虎々なるままに日暮し

オフ虎ニュース 11/18

11/17
≪モリーヨ“無理~ヨ”楽天に取られた~≫
猛虎史に残りそうなBAD!NEWS!!…って、んな大げさなw その報は、虎がモリーヨの獲得交渉を進める米国からではなく、なぜか仙台から入ってきた。
モリーヨ楽天入り
阪神が獲得に乗り出していた剛速球投手。今頃は条件面を巡って最後の折衝かと思いきや、なぜ楽天?奪われた相手が米国球団ならまだしも、国内球団とは…。どこからともなく、笑い声が聞こえてきそうな話だ。
当然、阪神球団もすでに事態を把握している。この日、球団幹部は「その情報は聞いています。ということは、そういうことなんでしょう」と痛恨の表情で話した。
関係者の話を総合すると、楽天のモリーヨ獲得は、ブラウン新監督の独自ルートから生まれたものだという。確かに楽天球団もつい先日、今後の助っ人獲得に「ブラウンルート」を使うと公言したばかり。結果として、あれが“略奪宣言”になった格好だ。
しかし過去、数々の虎のドタバタ劇を見てきたオールドファンにも、今回のパターンは極めてレアケース。モリーヨをめぐっては、真弓監督までもが「(獲得候補として)見てる。球が速いというのが第一印象。クルーンの(162キロの球速)記録も抜くかもしれない」と語り、入団した場合の一部プランも明かしていた。ここまできて国内他球団に奪われたのは前代未聞だ。
一方で、モリーヨには謎の動きもあった。阪神が獲得に乗り出した直後の米国時間9日に、ツインズが実質マイナー級のモリーヨを、メジャー40人枠に入れてプロテクト。年俸約40万ドル(約3600万円)の右腕獲得に、ツ軍への高額なトレードマネーが発生する展開となっていた。思えば、あれがケチのつき始めだった。
坂井オーナーからの獲得ルートの見直し指示を受けて臨んだ今オフ外国人補強も、いきなりハプニング続き。もっとも、モリーヨについては米国で制球難の指摘が飛んでいただけに…もう一度、よく検討せよとの“神のお告げ”と受け止めるべきなのか。しかし、アカンなあ…

⇒いやぁ~…慣れたwww


11/18
≪蕭「球児養成ギプス」で来年こそ1軍登板≫
蕭投手が18日、柴田外野手、野原祐也外野手と共に東京都内で2軍のコンベンションに参加し、ウエスタン・リーグ最多勝を表彰された。16試合に登板し、リーグトップタイの7勝をマーク(1敗)。防御率2・26と安定感も光った。「来年につながるモノだと思う。来年は上(1軍)でやりたい」。2年目の1軍初昇格初登板に向け、並々ならぬ気合を見せた。
オフは鳴尾浜、母校・奈良産大グラウンドを中心に自主トレに励む予定。頼りになる秘密兵器もゲットした。秋季キャンプでも使用した、体重移動の際に軸足が折れないように矯正するギプスだ。「山口さん(投手コーチ)から『持って帰れ』と言われて。これを使って、安芸でやったことを継続していきたい。(来春キャンプは)練習試合も早くからあるでしょうし、早めに仕上げていきたい」。かつては藤川を、今季は筒井を育てた“球児養成ギプス”とともに、飛躍ロードを歩み出す。
「故郷には帰りません」とハッキリとした口調で言った蕭。故郷の台湾へ帰省せず、今オフは母校の奈良産大や大阪市内のグラウンドでトレーニングを続けていく予定だ。母国へ帰らないのも「来年は上で投げられるように。目標はもちろん1軍です」という強い決意の表れ。友人のサポートを受けながら、秋季キャンプでやってきた課題を継続していくつもりだ。
ファームの最多勝右腕は1軍で結果を残し、故郷へ錦を飾る。

⇒ちなみに、「しょう」は「ヨモギ」で変換できます(笑)


≪阪神厳冬更改、下柳&矢野1億円減俸へ≫
下柳投手と矢野捕手が来季契約の下交渉で大幅減俸を提示されたことが18日、明らかになった。野球協約で定められる減額制限(年俸が1億円を超えている場合は40%)を超えて50%、1億円に近い大幅減を提示された模様だ。球団は5年ぶりのBクラスとなる4位に終わった現実から、国内選手合計で12球団トップの高額年俸の見直しに着手。チーム最年長のベテランバッテリーが厳冬にさらされる。
下柳と矢野が、1億円ダウンに迫る大幅減俸を提示されている。今季は下柳が2年契約の2年目で、矢野は単年契約。ともに本領を発揮できないまま不本意なシーズンを終えた。球団は野球協約に定められた減額制限を超える大幅減俸を決め、すでに下交渉で本人サイドに通告していることが分かった。
今季の推定年俸は下柳が1億9000万円で矢野が2億円。制限内いっぱいでも8000万円近い減額となるが、下交渉での提示額はそれを上回り、1億円に近い減額だった。
減額制限を超える減俸の場合、プロ野球選手会と機構側の取り決めで日本シリーズ終了までに本人に告げなければならない。球団首脳は下交渉の有無に関して口を閉ざしながらも「成績が下がっている部分、年齢的な面も考慮しないといけない」と説明。チーム全体の査定ポイントを考慮した上で、大幅減俸やむなしの結論に至った。
過去にもベテラン選手が故障に見舞われるなどした際に年俸が大幅ダウンとなるケースはあった。阪神の場合、これまでの貢献度や若手への影響なども勘案し、出来高払いの幅を持たせるなど救済策を講じていた。ただ矢野の場合、今オフの補強で正捕手候補の城島が入団するだけに、立場はさらに厳しくなる。
また、2人と同年齢の金本外野手も、制限範囲内ながら減俸を免れない状況にある。坂井オーナーはこれまでに「功労者への配慮は必要だが、一般論で言えば4位という結果は、チームで受け止めないといけない」と話している。高額年俸のベテランたちに、冬の厳しい風が吹く。

⇒後、今年の5番…


≪現役に光!今岡をロッテが来春C招待≫
これが数々の伝説を作ってきた今岡誠の勝負運なのだろうか。試合に例えるなら、まさに敗戦決定的の九回2死。2ストライクに追い込まれたところから、起死回生の一発が飛び出した。
阪神球団幹部によると、この日、ロッテ球団が今岡獲得に興味を示し、本人にオファーを入れたという。オファーは条件付きで、今後の今岡の回答次第で、ロッテが来年2月のキャンプにテスト生として招待するというものだという。今岡は他球団での現役続行を強く希望しており、状況的にオファーを受けるのは確実とみられる。
今岡を巡っては、阪神を退団して自由契約となった後も、現役選手の練習に配慮しながら、球団施設での練習を続け、汗を流してきた。
今月11日には、甲子園で行われた合同トライアウトを受験。トライアウト当日は、ロッテを含めた、複数球団の関係者が今岡に興味を示すコメントを残した。だが、最も強く関心を示していたとされる広島が、翌日の会議でチーム事情などと照らし合わせた結果、獲得を見送ることを決めた。
以降も、今岡はひたすらに他球団からのオファーを待ち続けていたが、反応は鈍く、最悪、このまま現役引退の決断を迫られる一歩手前まできていた。
だが、ここにきて、野球の神様は、ユニホームにこだわり続ける今岡に、チャンスを与えた。ロッテも獲得を前提にはしているが、あくまでテスト生としての招待。全ては、そこで今岡が何を見せられるかにかかってくる。だが、崖っぷちに追い込まれた天才打者が、勝負強さをそのままに、絶好機を得た。試合はまだ終わっていない。

⇒ロッテのユニが変わるという話ですが、瀟洒なやつになったら今岡が…(笑)


≪野原祐“アニキに弟子入り”合同トレ≫
年俸600万の24歳と球界最高年俸の41歳が今オフ、広島で合体する。
野原祐也外野手が今オフ、金本外野手と合同自主トレを行うことが18日、分かった。
野原祐にとって金本はBCリーグ時代から「ああなりたい」と憧れる目標だった。既に今季最終戦の試合後、親しい関係者に金本への弟子入り志願を漏らしていたが、肝心の本人には「恐れ多くて」言い出せず、意を決したのは先月半ば。甲子園でウエートに励む金本に近づき、何度もかみながら切り出した。
「金本さん。このオフ、一緒にやらせていただけないでしょうか」ガチガチに緊張した野原の目を見ながら、金本は笑顔で承諾した。「ええよ。来いや」
育成枠1位で阪神入りした昨オフは、西武G・G・佐藤との合同トレで筋力強化のイロハを学んだ。「ケガもしなくなって、足も速くなった」と成果を実感し、ウエスタン79試合の出場で打率・309を残した。7月に支配下登録され、9月には1軍昇格。即スタメン出場も果たした。
金本から素朴なキャラを買われ何度か食事にも誘われた。間近で金本と接することで、憧れはさらに強くなり「こんな人と一緒に練習できたら」という思いは日に日に高まった。「金本さんはオフもがんがんウエートをされると聞いていたし、チャンスがあれば一緒にやらせて頂きたいと思っていた」と念願を叶えた。
この日は都内でのコンベンションに出席。「支配下になって1軍の試合に出られたことでスタートラインに立てた。来年は上に定着して優勝に貢献できるように頑張る。パワーを上げたいのでウエートもしっかりやりたい」。都内の会場をあとにした野原は東京駅から広島のジム「アスリート」の平岡代表に電話で入門の意思を伝え、正式に金本との合同トレが決まった。
昨年10月のドラフト指名会見で「金本さんはそろそろ上がられる(引退される)」と失言し、直後に「後釜を目指してというつもりでした」と弁解していた富山のおかわり君が今、夢の実現へ最高のお手本を得た。

⇒憧れに追い付け、追い越せ!頑張れ、野原!(^^)!


≪藤井獲得の意思なし 虎はFA補強否定的≫
阪神の沼沢球団本部長は18日、NPBからFA宣言選手が公示されたのを受け、現時点では獲得に否定的な見解を示した。先発投手の補強を模索していたが、FA宣言した日本ハムの藤井について「現時点で(獲得は)ない」と明言した。また他球団での現役続行を希望していた今岡については「まだ何の連絡もない」と話していた。

⇒FAもほんまにシビアっす


≪坂井オーナー、代表常設「協力する」≫
プロ野球のオーナー会議が18日、東京都内で開かれた。坂井オーナーは日本代表の常設などについて、「決まれば、積極的に協力します。1球団ではなく、球団全体を考えないといけない」と話した。
会議後は、前日17日のWBC祝勝会に続き、コンベンションの表彰式に出席した。だが、今回は虎からの表彰者がゼロという寂しさ。球団事務所に残った南球団社長も、「チーム成績の結果が、こういう風になってしまいますね」と残念そうだった。

⇒ま、来年や。来年。


≪仰天!阪神にあのコントレラスが売り込み≫
アマ最強軍団として、かつて国際大会を席巻したキューバ代表の元エースが、タテジマを着る可能性があった!?ホセ・コントレラス。02年10月に米国に亡命し、名門ヤンキース入り。ホワイトソックスに移籍後は05年の世界一も経験した超大物が、阪神へ移籍を求めて売り込みをかけていたのだ。
「日本で野球をやりたいようだ。うちはもう断ったから、100%(獲得は)ないけれどね」
阪神の球団関係者が驚きの事実を明かした。全盛期は160キロの剛腕を誇った右腕も、ホワイトソックス時代の08年8月にアキレス腱を断裂。ロッキーズに移籍した今季は6勝止まり。すでに37歳。新天地を日本に求め、アクションをかけてきた。阪神にとっては06年オフ、米大リーグを代表する大砲、サミー・ソーサ(当時37歳)以来の超大物からの移籍の打診となる。
「(コントレラスは)かなり安いようだから、他に興味を示す球団はあるかもしれない」と別の関係者もいうように、これまでは1000万ドル(約9億円)を下ることがなかった年俸も急落。3、4000万円レベルで獲れる可能性もあるが、全盛期の力には程遠いことも事実。ネームバリューと実績は申し分ないが、阪神は冷静にキッパリと断ったわけだ。
投手補強が最大課題の今オフだけに、妥協や“安物買い”は、絶対に出来ない。アッチソン、ウィリアムスが抜け、先発陣も手薄。新外国人投手を先発、右、左の中継ぎと3人獲得することを掲げ、リストアップしてきた。最初に動いたモリーヨ投手は楽天に奪われたが、だからといって慌てたくはない。確実に戦力となる投手を見極める。
「(新外国人は)タイミングとチャンスが合えば…。すぐに動けばいいですが、焦る必要はない。早く決めないといけないもんではないんで」。都内でオーナー会議に出席した坂井オーナーも見通しを明かした。
現在、中継ぎ左腕は韓国ハンファのブラッド・トーマス投手を最有力候補とし、先発投手もリストアップして精査中。超大物をソデにした以上、文句ない新戦力を獲得する。

⇒逃した魚はなんたら…なんてことはないように。



by,tora-neco



ランキング参加中。応援クリックお願いします(*^_^*)
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 野球ブログへ
[PR]
by kuru2chanbei | 2009-11-18 22:34 | 虎球団

わたくし“スーパー・ポジティブ”な関西人・tora-necoが、タイガース日記を気ままに書いてみる。
by kuru2chanbei
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

最新のトラックバック

2011年春季キャンプ、..
from りが・みりてぃあ野球殿堂
守りのミス連発、久保田投..
from 自由気ままに虎など ガンバレ..
守りのミス連発、久保田投..
from パイプの部屋
必死のパッチの決勝弾!ア..
from 自由気ままに虎など ガンバレ..
必死のパッチの決勝弾!ア..
from パイプの部屋
金本、残念!でも素晴らし..
from 今日の特選情報!
勇気ある決断、1492試..
from 自由気ままに虎など ガンバレ..
勇気ある決断、1492試..
from パイプの部屋
また苦手を作ってしまったか?
from 自由気ままに虎など ガンバレ..
また苦手を作ってしまったか?
from パイプの部屋
甲子園開幕戦、AK砲炸裂!
from 自由気ままに虎など ガンバレ..
甲子園開幕戦、AK砲炸裂!
from パイプの部屋
【2010 公式戰】 ○..
from 仙丈亭日乘
下さん好投虚し、拙攻で3..
from 自由気ままに虎など ガンバレ..
下さん好投虚し、拙攻で3..
from パイプの部屋

検索

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな