虎々なるままに日暮し

オフ虎ニュース・2 12/26

≪真弓流貫く!阪神、春季Cは「基本叩き込む」≫
“遠回りキャンプ”でV目指す!!真弓監督が26日、神戸市内のホテルで、来春キャンプのコンセプトとして「基本に帰る」方針を掲げた。秋季に比べ、春季は通常、実戦練習が主になるが、あえて走塁、守備などを中心に基礎の反復を徹底。勝負の2年目のシーズンを迎えるが、あくまで真弓流を貫く。
急がば、回れ-。来季は2年契約の最終年。優勝を至上命令とされている勝負のシーズンだが、真弓監督はあえて、遠回りの道を選ぶ。春季キャンプでの基礎固め。土台作りが必ず、実りの秋につながると信じている。
「チーム練習はそれほど長くなくていい。前半は個人的な練習が多いと思う。といっても自由じゃなく、コーチもついて、チーム(メニュー)として個別練習が多くなってくるんじゃないかな。特打、特守、特走と」
1年目の今季は走塁革命、守りの野球を掲げながら、思うような戦いができなかった。その反省を踏まえ、秋季キャンプでは基礎の反復を徹底。走塁のレベルアップを目指す『特走』という新メニューなどを導入した。そのスタンスは、春季キャンプでも継続される。
「基本的なことをしないで、できるだろうと思って省くと、シーズンに入ってからできないことが出てくる。スライディング、スタートの1歩から、皆でチェックしてやってもらう」
秋季と違い、春季キャンプは主力も加わる。大ベテランの金本らは別だが新井、城島らレギュラークラスに、秋季キャンプメンバーだった鳥谷、平野、狩野らにもみっちりと野球の基本を叩き込む。
「選手は色々やりたがるし『これをしよう』と思ってキャンプに入ってくるのは間違いないが、チームとしてはもう1回、基本に戻ってもらう」と、個々の課題はまずは“我慢”。チームの基礎練習を行っていく。
「遠回りかもしれないが、もう1回、基本をしっかりキャンプでやってほしい。投手はキレ、コントロール、打者はしっかりしたポイントで中堅方向へ逆らわずに打つ。今まで飛び越えて、早く早く調整していた部分をもう一回ね。基本をたたき込み、身につけてもらうキャンプにしたい」
公の場に姿を現すのはこの日が今年最後。選手に対してキャンプまでの要望として「今の選手は体力的には申し分ない。精神的に“今年はやるぞ”というような盛り上がり。気持ちの上でキャンプまで上げてきてほしい」と話した。
『ウサギとカメ』ならぬ『ウサギと虎』。真弓野球の理想を花開かせるために、妥協は許さない。

⇒2010年で契約が終わるかもと思うと、なんだか寂しい気もします…


≪杉山2児のパパに「来年頑張ります」≫
26日、甲子園にトレーニングに訪れた阪神・杉山は2児のパパとなり、来季の巻き返しを誓った。自身のバースデーと同じ前日25日に第2子となる男の子が生まれ「嫁には『一緒の誕生日は嫌』と言われました」と苦笑い。「嬉しいですね。来年は頑張ります。お父さん頑張ります」。ちなみにクリスマスが誕生日の野球選手では他にもオマリー(元阪神)や三浦(横浜)、岡島(米大リーグ・レッドソックス)らがいる。

おめでとう、おすぎ(*^_^*)来年こそ、頑張るんやで!!


≪岩田「コツコツ系」封じてGキラー復権だ≫
Gキラー復権のカギは「コツコツ系」斬り!岩田投手が26日、打倒巨人に向けて要注意人物の名前をあげた。ラミレス、小笠原といった主軸以上に、曲者揃いのチャンスメーカーを警戒。「松本はコツコツ当ててくる。坂本もしぶといし、1、2番がカギ。谷さんもジャイアンツだから下位打線にいるけど、すごいパワーを持っている」と分析した。
今季は小笠原を5打数無安打と抑え込んだ。一方、松本との対戦成績は5打数2安打、打率4割坂本は7打数5安打の.714谷は2打数1安打(1本塁打)の5割。この数字に「気を散らされた」という記憶が加わり、嫌なイメージが焼き付いている。
「(主軸の前に)出塁されると、走者に気が回って甘い球が行ってしまう。走者がいるだけで気分は全然違いますから。下位打線から繋がれていくと、ランナーが溜まって(主軸に)回ってしまう。全員抑えないといけないけど(キーは)下位打線ですね」
Gキラーのイメージが強いが、今季は2戦で勝ち負けなし。防御率6・75と結果を残せなかった。「今年の巨人打線はやたらと打っているイメージがあって、正直嫌だった」。昨季もシーズン始めに3連勝後、3連敗を喫し、10試合の防御率は3・48。得意な印象は「全然ない」と言うが、巨倒の使者としての期待は大きい。「巨人は強い。タイガースにいるからには宿敵を倒さないとリーグ優勝はない」。地道に結果を積み重ね、Gキラーの肩書を完全復活させる。

⇒こんな彼ですが、昔は巨人ファンです(笑)


≪金本、越年更改決定!大幅ダウン提示か?≫
金本の契約が年を越すことになった。この日、オーバーホールを兼ねて滞在していた米国から帰国。自身の契約に関して「1月になると思う」と年内更改の可能性を否定した。プロ18年目にして初の越年が決定したが、2月1日キャンプインまでの決着も明言した。
06年オフに結んだ日本球界最高の年俸5億5000万円の3年契約が今季で終了。来季の新しい契約は球団との下交渉が行われてきたが、ここまで完全合意には至っていない。金額面のほか、球団の姿勢や、チームの方向性などの話し合いも行われているもようだ。
今季は打率・261、21本塁打、91打点と本人納得の域にはほど遠い成績に終わった。減額提示は金本の想定を超えているのか…既に同級生の矢野が1億4000万円ダウンで更改しているが、これまでチームを支えてきた貢献度や数字では測れない存在意義を考えれば、“非情裁定”にも映る厳冬更改。金本にも同じような査定が下されている可能性もある。
今季は2度目の左膝手術や右足内転筋の故障もあってオープン戦で1度も守備に就かないままシーズンに突入。だが自身未経験の逆風を克服し、4月の月間MVPを獲得するなど、孤軍奮闘で出遅れたチームを引っ張った。
月間2度の1試合3打席連続本塁打を放つなど、41歳にして衰えぬパワーも誇示。また、自己記録更新の4度のサヨナラ打はチーム最多。5月以降打率は下降線を辿ったものの、四球はリーグ最多の88。盗塁もチーム3位の8を記録するなど“悪いなりに”存在を示した功績はどう数字に反映されるのか。
約1週間滞在した米国ではウエートトレを敢行するなど、来季への準備も進めている。金本が来季も主砲を任されることは間違いない。守護神藤川に続く主砲の越年は、球団にとって非常事態とも言える。

⇒で、減った分は城島の懐へ…ってか?



by,tora-neco



ランキング参加中。応援クリックお願いします(*^_^*)
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 野球ブログへ
[PR]
by kuru2chanbei | 2009-12-26 18:45 | 虎球団

わたくし“スーパー・ポジティブ”な関西人・tora-necoが、タイガース日記を気ままに書いてみる。
by kuru2chanbei
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

最新のトラックバック

2011年春季キャンプ、..
from りが・みりてぃあ野球殿堂
守りのミス連発、久保田投..
from 自由気ままに虎など ガンバレ..
守りのミス連発、久保田投..
from パイプの部屋
必死のパッチの決勝弾!ア..
from 自由気ままに虎など ガンバレ..
必死のパッチの決勝弾!ア..
from パイプの部屋
金本、残念!でも素晴らし..
from 今日の特選情報!
勇気ある決断、1492試..
from 自由気ままに虎など ガンバレ..
勇気ある決断、1492試..
from パイプの部屋
また苦手を作ってしまったか?
from 自由気ままに虎など ガンバレ..
また苦手を作ってしまったか?
from パイプの部屋
甲子園開幕戦、AK砲炸裂!
from 自由気ままに虎など ガンバレ..
甲子園開幕戦、AK砲炸裂!
from パイプの部屋
【2010 公式戰】 ○..
from 仙丈亭日乘
下さん好投虚し、拙攻で3..
from 自由気ままに虎など ガンバレ..
下さん好投虚し、拙攻で3..
from パイプの部屋

検索

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな