虎々なるままに日暮し

オフ虎ニュース 12/30

午後3時からアスリートで金本、新井、野原祐、上本、田中慎が合同トレーニング。この日は他に新井良太(中日)、森笠(横浜)、中東(広島)が同ジムで自主トレに励んだ。広島のジムに阪神勢が大半を占めるという構図も、アスリートを原点に現在の地位を築いた金本&新井の影響がある。
≪どっちがすごい?新井&金本が肉体競演≫
トレーニング中、新井がシャツを脱ぎ上半身裸になって、パンプアップした肉体を見せると、金本もシャツを脱いで裸体を披露。「どっちが張りがある?」と2人に問われた野原祐が「金本さんです」と答えると、新井が冗談めかして激怒する場面もあった。
広島市内にウィークリーマンションを借りてジム通いを続ける野原と上本は「自炊をして年を越します」という。同ジムはこの日が仕事納め。来年元日にはこのメンバーで新年の合同トレを再開する。

≪新井2010年の勝負カラーは「金」≫
気温3度。寒空の下、新井は弟の良太を従え広島市内のジムを飛び出した。向かった先は太田川の河川敷。小雨パラつく中、堤防を駆け下り“投げ収め”のキャッチボールを開始した。
人がすれ違えば肩が当たるほどの土手幅。少しでもコントロールが狂えば、ボールは川へドボン。真剣な眼差しでフォームを確認しながら1球、1球。「腕が下がってる」「壁がない」「リリースが早い」。兄弟で互いの問題点を指摘し合い、徐々に距離を伸ばしていった。
そんな中、金本が毎年、風水によって導かれたその年のラッキーカラーを自身のアイテムに採用してきたが、新井も金本に倣い、同社のチタンネックレスにラッキーカラーを取り入れることが決まった。新井の2010年の勝負色は「ゴールド」。グラブやマスコットバットに金色のワンポイントを刻むことも「検討する」という。
河川敷からジムへ戻った新井はウエート器具相手に約2時間、息を荒立てた。昨季骨折した腰部を気にすることなく、上半身に刺激を入れる。ベンチプレスの数値は金本をわずかに上回った。キャンプまでに課されたノルマは順調そのもの。2日後には元日始動でトレーニングを再開する。黄金に輝くシーズンに向け、新井は視界良好で新年を迎える。
また、健康器具メーカー「ファイテン社」と正式契約を結ぶことも明らかになり、同社がゴールドカラーのチタンネックレスを提供するなど、フィジカル面の万全サポートを整える。「ありがたいお話を頂いた。これまでも年に数度、(ファイテンの)血液検査で健康面をサポートして頂いた。腰を痛めたときは酸素カプセルを自宅まで運んで頂いたりして、本当に助かった。来年から心強い味方になりますし、結果を出して、応えないといけない」
阪神では金本、下柳がファイテン社と契約。首もとのチタンネックレスは両選手のトレードマークにもなっているが、疲労緩和の効果が医学的に証明されている同社のチタン製品の恩恵を、来季から新井も受けることになる。

⇒男・新井さん、来季はやってくれよ~で、若手たちも頑張って一軍定着♪


≪城島に要望!“ブルペンコーチ”して≫
久保投手コーチが30日、新加入の城島捕手に対し来年2月の春季キャンプで、数多くブルペンに入って投手陣の球を受けるよう要望した。
「キャッチャーはピッチャーの球を受けることでクセも分かる。逆にピッチャーもボールを受けてもらうことで城島のクセが分かる」と解説した同コーチ。例えば投手がボールを投げる際に微妙なクセや仕草が出るように、捕手もキャッチングや構え方は個人によって違う。練習段階でお互いがその特徴を理解し、修正を重ねていくことでバッテリー間の信頼が生まれてくる。
さらに1球でも多く受けることで、シーズン中に致命傷になりかねない投手のクセや問題点を発見できることもある。特に城島は阪神投手陣に先入観がないため、気付く点は大いにあるはずだ。だからこそ久保コーチは「どんどん受けてもらいたい」と要望する。
城島自身も阪神加入が決まって以降、投手陣とのコミュニケーション構築を最大のテーマに掲げてきた。ブルペン入りについても「良い投手でも悪い時がありますから。良い時を知るためには、悪い時を知らないといけませんから。そのためにも数多くボールを受けたい」と意欲的に語っている。
真弓阪神の救世主に求められるものはグラウンド上の成績だけではない。“ブルペンコーチ”としても、投手陣に新たな可能性を見いだしていく。
城島の他にも矢野、狩野とこれまで阪神投手陣を支えてきた男達も1軍キャンプスタートが濃厚。だが、長年コンビを組んでいるだけに、お互いの「クセ」は既に把握済み。あえて城島とバッテリーを組ませることで、10年シーズンへ向けた下準備に取り掛からせるつもりだ。

⇒…だ、そうです。頑張れ、狩野!矢野様!!(そっち!?)


≪阪神「モミの杉田」退団≫
阪神の杉田由嗣トレーナーが来年2月いっぱいで退団する。今後については未定。2月の春季キャンプ帯同も流動的で「球団と相談します」と話した。
70年に入団して以来、阪神ひと筋。江夏、掛布に岡田、真弓と歴代の名選手の体をケアし、「モミの杉田」の異名を取るなど名物トレーナーとして知られた。現役選手でも金本らから厚い信頼を受け、昨季4月に金本が通算2000本安打を放った際には、お手製のマッサージ券をプレゼントしたこともある。40年間に渡り裏方としてチームを支え続けたが、高齢を迎えたこともあり、後進に道を譲る決意を固めた。
今でも忘れられないのは79年。江川との交換トレードで巨人から移籍してきた小林繁(10年・日本ハム1軍投手コーチ)の体をほぼ1年間マッサージし続けたことだ。その年、小林は自己最高記録の22勝をマーク。「初めて見た時は(疲労を抱えていた)肘が真っすぐ伸びない状態。シーズンに入ってからも、休みの時も移動日も触り続けた」。22勝目のウイニングボールをプレゼントされたことは良い思い出だ。
今季は主に鳴尾浜で故障者、若手選手をケア。一方で金本や新井などの状態にも気を配り続けるなど、チームに欠かせない存在だった。虎の低迷期から黄金期まで全てを知り尽くすベテラントレーナーが、輝かしい経歴に区切りをつける。

⇒寂しいっす…(;-;)


≪虎に強敵ソフトB!早大・大石投手争奪戦≫
「虎の恋人」争奪戦!!阪神が来秋ドラフトの上位候補として注目している早大・大石達也投手が、ソフトバンクからも1位候補としてリストアップされていることが30日、分かった。角田球団代表が「いい投手と聞いているし、当然候補に入ってくる選手」と明言した。大石はホークスの地元福岡出身で、最速154キロを誇る大型右腕。上位候補にしているオリックスに続いて強力なライバルが出現した。
球威ある直球と切れ味鋭いスライダーが大きな武器。早大のチームメート斎藤佑樹投手に注目が集まる中、6大学で42試合106回を投げ、153奪三振。奪三振率12・99と驚異の数字を打ち出している。11月22日の「U26NPB日本選抜」対「大学日本代表」戦(東京D)では1回を投げ、2奪三振で無失点。巨人亀井を3球三振に仕留め、広島天谷も高め直球で空振り三振に切り、さらに注目を高めることになった。
阪神では22日のプロをなで斬る様子をテレビ解説で見た星野SDが「すごかった」と絶賛。翌23日、甲子園のオール早慶戦を観戦した南球団社長も「さすがやね」と賛辞をおくっていた。すでに早大OBのオリックス岡田監督も中大の156キロ右腕、沢村拓一投手と並んで注目。大石の母校、福岡大大濠高の中野監督は早大野球部同期という縁もあり、阪神にとっては、こちらも強敵だ。
早大は来年1月5日に練習始めを行い、2月下旬には米ロサンゼルスキャンプに臨む。ソフトバンクは球団では年明けの練習視察とともに、米国へのスカウト派遣も検討中。阪神も新年の挨拶に出向くなど、負けじの徹底マークで大型右腕を追い続ける。

⇒さて、また振られんか…(-_-;


≪能見「そば大使」出石町がPRお願いへ≫
“そば大使”になって~!!今季13勝を挙げた能見投手に地元・出石町の『出石皿そば協同組合』が豊岡市へ“PR大使”の推薦を検討していることが30日、分かった。
「(豊岡市の)観光課と相談して、前向きに進めたい。出石町は豊岡市になった(2005年に合併)ので、市をPRするなかで、蕎麦もアピールしていただければ」
同組合関係者が明かした。まずは第1弾として、来春の安芸キャンプへの“出前そば”が12月に正式決定。2月下旬に5年ぶり2度目の試みで、選手や関係者らに200人前が振る舞われる。
関西の蕎麦どころも近年はピーク時の年間約100万人から70万人ほどに客足が減少。台風被害(05年)を受けた故郷に義援金100万円を寄付したこともある能見だが、再び地元を救うことになりそうだ。

⇒出石はいいところです。一度はおいで^^


≪金メダル級表彰!「虎の赤星」最後の勲章≫
今季限りで阪神を現役引退した赤星氏が出身地である愛知・刈谷市から「刈谷市民栄誉賞」を授与されることが30日、分かった。
激痛に耐え、白球を追った背番号53に新たな勲章が加わる。赤星氏が地元愛知・刈谷市から表彰されることが分かった。
「あれだけの活躍をされた方ですし。『特別賞』として表彰させてもらうことは決まっている」
同市企画政策課広報広聴担当者が明かした。2008年に新設された「刈谷市民栄誉賞」には「スポーツ栄誉賞」と「スポーツ功労賞」の2種類がある。いずれも同市出身やゆかりのある選手が対象で、「栄誉賞」は五輪での優勝が絶対条件。過去に08年北京五輪ソフトボールで金メダルを獲得した狩野亜由美外野手、江本奈穂投手、染谷美佳投手が受賞した。また、アジア1位、またはそれに匹敵するような活躍が条件の「功労賞」は同五輪水泳のシンクロナイズドスイミングでチーム5位入賞の石黒由美子選手におくられた。
「パーキングエリアにも『赤星コーナー』があるほど知名度がある」
前述の担当者が話す通り、伊勢湾岸自動車道(第2東名高速道路)の刈谷ハイウェイオアシスには「刈谷市出身の有名人紹介」として赤星氏の中学時代の作文、グローブやバットなどが展示されている。阪神という枠を飛び越え、スピード野球を球界に植えつけた。その実績を評価して、本来なら国際大会で金メダル級の好成績を残さなければいけない同賞を「特別賞」として表彰しようというわけだ。
来年4月にも表彰推薦委員会が開かれて正式決定、5月に行われる刈谷市総合式典に赤星氏を招待し、たたえる見込み。「これからも応援したい」。赤星氏は来年から野球評論家など第2の人生を歩む。地元も新しい「名誉市民」を最大限サポートしていくつもりだ。

⇒赤星の引退が、まだ実感としてこちらも沸いておりません…



by,tora-neco



ランキング参加中。応援クリックお願いします(*^_^*)
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 野球ブログへ
[PR]
by kuru2chanbei | 2009-12-30 22:01 | 虎球団

わたくし“スーパー・ポジティブ”な関西人・tora-necoが、タイガース日記を気ままに書いてみる。
by kuru2chanbei
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

最新のトラックバック

2011年春季キャンプ、..
from りが・みりてぃあ野球殿堂
守りのミス連発、久保田投..
from 自由気ままに虎など ガンバレ..
守りのミス連発、久保田投..
from パイプの部屋
必死のパッチの決勝弾!ア..
from 自由気ままに虎など ガンバレ..
必死のパッチの決勝弾!ア..
from パイプの部屋
金本、残念!でも素晴らし..
from 今日の特選情報!
勇気ある決断、1492試..
from 自由気ままに虎など ガンバレ..
勇気ある決断、1492試..
from パイプの部屋
また苦手を作ってしまったか?
from 自由気ままに虎など ガンバレ..
また苦手を作ってしまったか?
from パイプの部屋
甲子園開幕戦、AK砲炸裂!
from 自由気ままに虎など ガンバレ..
甲子園開幕戦、AK砲炸裂!
from パイプの部屋
【2010 公式戰】 ○..
from 仙丈亭日乘
下さん好投虚し、拙攻で3..
from 自由気ままに虎など ガンバレ..
下さん好投虚し、拙攻で3..
from パイプの部屋

検索

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな