虎々なるままに日暮し

他球団ニュース 11/17

≪46歳・工藤が西武入団会見 背番号は「55」≫
横浜を戦力外となり、西武復帰が決まった工藤投手が16日、埼玉県所沢市内の球団事務所で入団会見に臨んだ。正式契約は後日となるが、年俸3000万円プラス出来高払いの1年契約で合意。背番号は「55」。
実働28年でプロ野球記録を更新中の工藤は、1994年以来の古巣復帰。手薄な左の救援として期待がかかる。
工藤は82年に西武入り。黄金期に主力として活躍。ダイエー、巨人、横浜と移り、歴代13位の224勝(140敗)を記録。今季は46試合で2勝3敗、防御率6・51。(金額は推定)

―現在の心境は
「ワクワクとドキドキが入り交じっている」
―古巣からオファー
「嬉しかった。気に掛けてパ・リーグを見ていた。若いチームに入ることに多少の戸惑いはあるが、お世話になろうと思った」
―背番号は今までの「47」でなく「55」に
「子供たちから『イケイケゴーゴー』だと言われた。誕生日も5月5日なのでいいと思う」
―渡辺監督は2歳下
「やり辛さはない。年下でも、一線を引く」
―若手への助言は
「(色々と)聞いてほしい。だが、基本的には競争の世界。負けないように頑張りたい」
―ドラフト1位指名の菊池(岩手・花巻東高)について
「一緒のユニホームを着てグラウンドに立つのが楽しみ」
―現役を長く続けられる秘訣は
「運の強さ。西武の13年間でリーグ優勝11度、8度の日本一。西武で育ててもらったことで、今まで野球を続けられた」
―起用法の希望は
「いけ、と言われたら、どこでもいく。救援になるのかな、とは思う」

西武・前田康介球団本部長
「左の投手が手薄で、中継ぎが今季の課題だった。純粋に戦力として十分やってくれると判断した」
★「55」で再スタート
工藤は、代名詞の背番号「47」ではなく、「55」で再スタート。左投手の象徴となった47番は現在、先発左腕の帆足がつけており、配慮した形だ。
新背番号は家族の薦めと、誕生日の5月5日にちなんだという。
さらに、ダイエー時代の同僚で、2000年に病気のため31歳で亡くなった藤井将雄氏の背番号「15」を意識。工藤は「彼の5番が入るのでいいと思う。彼の分も野球を続けていこう、と心に決めていた」と神妙に語り、プロ29年目のシーズンへ意気込みを新たにした。

⇒工藤には、ここまできたらやり抜いてほしいと思っています。頑張れ、工藤!(^^)!


≪藤本がFA権行使「ゼロからの出発」≫
15日付けの自身のブログで「FAを行使する決意を固めました」と表明していた阪神の藤本は16日、正式に権利の行使を表明し、球団に書類を提出した。
「本当に今日まで悩みぬいて出した結果なので、今は何の迷いも無くすっきりした気持ちです。阪神タイガースで9年間やらせてもらって得た権利。まだもう1度チャレンジしたいという気持ちがあった」と球団を通じてコメント。
さらに「タイガースが僕自身を必要としてくれるのは感じたが、自分で思ったことを曲げずにいこうと思ったし、他球団の話も聞いてみたい。タイガースは自分自身を育ててもらったチームだし、感謝でいっぱいです。あたたかい声援を9年間いただき、今まで応援してくださったファンの皆さんにはありがとうと言いたい。行使をして今日で一区切り、ゼロからの出発。阪神タイガースの名前は無いが、1人の藤本敦士という野球人として野球に励んでいきたい」と、ファン、関係者に感謝を述べ、今後の意気込みを語った。
藤本は今季初めて国内FA権を取得。今季は47試合に出場し、打率・219、0本塁打、1打点という成績だった。
プロ通算9年では843試合に出場し、打率・256、11本塁打、181打点。03年、05年にはチームのリーグ優勝に貢献した。

⇒燕の皆さん。藤本のポップは芸術品です。よろしくですm(__)m


≪ロッテ・金泰均が会見「成績残してメジャー」≫
ロッテが獲得したWBC韓国代表の4番、金泰均内野手が16日、千葉市内のホテルで入団会見し「日本に多くいるいい投手と対戦することで自分のレベルも上がる。日本でしっかり成績を残してメジャーに行きたい」と米大リーグを最終目標に掲げつつ抱負を述べた。
日本行きの経緯については「WBCで好結果を残し、挑戦を決めた」。ロッテには、かつて所属していた李承ヨプ(巨人)から話を聞き、好印象を抱いていたという。
昨年は韓国プロ野球ハンファで本塁打王。同席した西村監督には4番候補に挙げられ、意欲を示しながら「状況に応じて、本塁打であったり安打であったり、チーム打撃をする」とも話した。背番号はハンファでつけていた「52」を選んだ。
ロッテ・金泰均内野手
「これまでも4番を任されてきたが、本塁打だけではなく、安打も放ってきた。両方を意識しながら、4番をつかんでいきたい。日本の野球でも成功したいが、その後はメジャーに行きたい」
ロッテ・西村徳文監督
「4番候補の一人。変化球に対応できる意味でもいい選手。既に日本の投手を映像で見ている、と。守りもうまい。若いから、ロッテで長くやってもらいたい」

⇒ふ、ふ~ん…(-_-;


≪キャンプ合流で「尾花野球」の浸透図る≫
就任してすぐ沖縄・宜野湾での秋季キャンプに合流し、新体制をスタートさせた尾花新監督。2年連続最下位という低迷からの脱出のため、選手には目的意識の徹底という「尾花野球」の浸透を図っている。
そんな中、ソフトバンク投手コーチ時代の教え子・寺原にハッパをかけた。「今までは目標が低かった。15勝を目指してほしい」と奮起を促した。来季の先発ローテーション構想についても言及。三浦、清水、寺原、ランドルフの名を挙げ、「ローテを1年間守り、2桁勝ってくれないと計算が立たない」と話した。

⇒個人的にですが、今年の横浜は変わりそうな気がする…


≪巨人・渡辺会長、期待は大きく「V10」≫
日本シリーズを制した巨人の祝賀会が16日、東京都内で開かれ、政財界などから約2千人の支援者が集って7年ぶりの栄冠を祝福した。
渡辺球団会長は冒頭の挨拶で「ベテラン、若手、外国人がものすごく活躍してくれた。投手をあと1、2人良くしてくれたら、10連覇も可能」と、かつての日本シリーズ9連覇を超える偉業を期待した。
ハッパを掛けられた原監督は「大志を抱いた方が目標に近づくことができる」と意欲的。「WBCの世界一と巨人の日本一、どちらが嬉しいかと言われたら、今日が一番嬉しい」とも話し、大きな拍手を浴びていた。

≪阿部、FA宣言せず残留≫ 
国内FA権を取得している巨人の阿部が16日、残留する意向を表明した。
「ある程度合意した。来年巨人でプレーするのは決めた」と明言した阿部は「迷いもなかったし、残りたいと思っていた」と説明。今後細部を詰めるが、条件面については「複数年は用意してもらっている」とした。

≪高橋尚、巨人好きでも…FA行使に含み?≫
巨人の高橋尚は16日、東京都内で開かれた優勝祝賀会の終了後に「明日(17日)きちんとした形で発表したい」と話し、FA権の行使に含みをもたせた。
高橋によると、すでに球団側とは残留に向けた交渉を行っているといい「評価はしてもらっているし、(清武)代表とも意見を交わした」としている。高橋は「1つ言えるのはジャイアンツが好きだということ。明日(球団側と)話をした上で決めたい」と揺れる胸中を明かした。
高橋は2000年、社会人の東芝から巨人にドラ1で入団。今季は10勝6敗、防御率2・94で、チームの日本人投手の中ではただ一人2桁勝利を達成した。

≪巨人・クルーン、帰国 今月中に手術の予定≫
巨人・クルーンが、米アリゾナ州の自宅へ向け帰国した。今季リーグ4位の27セーブを挙げた守護神は、今月中に右肘の遊離体、骨棘除去の手術を受ける予定。肘を完全にして完全燃焼、来季限りでの引退を表明しており、「キャンプ初日にキャッチボールぐらいはできると思う。僕が米国で命を落とすことがなければ来年も会えるよ」とブラックジョークを残して機中の人となった。

≪小笠原、男泣き!Gスピリット賞受賞≫
小笠原が「第11回ゴールデンスピリット賞」を受賞し、16日に都内のホテルで表彰式が行われた。99年から始まったプロ野球選手、監督らの社会貢献活動を表彰する同賞で、巨人から選出されるのは第1回の松井秀喜に次いで10年ぶり2人目。チームを7年ぶり21度目の日本一に導いた主砲に大きな勲章だ。
壇上の小笠原が泣いていた。活動が認められたから、だけではない。再会を果たした子供たちの元気な姿に思わず涙腺が緩んだ。
「未熟な僕が何かできるとすれば“身近なこと”だと思ってやってきた。名誉な賞を頂いて、本当にありがたい」
6月に訪問した東京・世田谷の小児癌患者とその家族のための滞在施設「シャイン・オン!ハウス」の子供が受賞パーティーに駆けつけ、手紙と手作りのミサンガをプレゼントしてくれた。
小笠原は2000年から自宅のある千葉・市川の社会福祉法人に寄付を続けている。9年間で寄付総額は700万円に達し、交通遺児の奨学金などにあてられている。日本ハム時代は、札幌ドームと東京ドームに「小笠原シート」を設置。児童福祉施設の子供を招待してきた。
選考委員の長嶋巨人軍終身名誉監督も「おめでとう。来年もまた頑張ってください」と祝福。こつこつ積み重ねてきた努力が認められた。
「自分たちの活動がクローズアップされれば、1人でも多くの笑顔が見られる。自分にできることを一年でも長くやっていきたい」
来季からは東京ドームに再び「小笠原シート」を設置する予定。2010年もガッツのバットが全国の子供とG党に『希望』を届ける。

⇒以上、Gの皆さんでした(笑)


≪楽天・田中が米から帰国、ハードトレ手応え≫
オーバーホールのため渡米していた楽天の田中が16日、帰国した。「ハードでした。初めての環境で、今までやったことがないようなトレーニングもできました」。アリゾナ州テンピの施設で1週間、体を休めながらメジャー式のトレーニング方法を学ぶのが目的だったが、全身の筋力やパワーを数値化して実際に体を動かすと…。中身の濃いトレーニングになっていた。「いい経験ができました」。オーバーホールならぬ“オーバーワーク”も大きな収穫を得た。

⇒今年も楽天を引っ張ります!


≪オリックス・岡田監督、助っ人天国にメス!≫
ゆったりムードの助っ人天国にメス!どんでんが16日、来年2月の宮古島キャンプでは外国人選手を初日から参加させ、調整を徹底管理する方針を示した。
「(日本に)来た時点でどれぐらい体ができているかわからん。基本的に沖縄での紅白戦は(出なくて)エエけどな」
今年の春季キャンプでは各自の事情でフェルナンデスとカブレラは14日、ローズの合流は20日まで遅れた。2月1日から動いた助っ人打者はラロッカだけという有り様。岡田監督が、そんな“助っ人天国”を改革する。沖縄では実戦を免除するものの、練習内容は必ずコーチと相談。我が儘を許さず、仕上がり具合を監視下に置く。
「紅白戦の日も2軍の練習場が空いていれば打ち込ませる」。正田打撃コーチは特別扱い撤廃を予告した。南国ムードは一切なし。実績ある助っ人大砲にも甘い顔は見せない。

⇒どんでん改革!!



by,tora-neco



ランキング参加中。応援クリックお願いします(*^_^*)
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 野球ブログへ
[PR]
by kuru2chanbei | 2009-11-17 18:45 | 他球団

わたくし“スーパー・ポジティブ”な関西人・tora-necoが、タイガース日記を気ままに書いてみる。
by kuru2chanbei
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新のトラックバック

2011年春季キャンプ、..
from りが・みりてぃあ野球殿堂
守りのミス連発、久保田投..
from 自由気ままに虎など ガンバレ..
守りのミス連発、久保田投..
from パイプの部屋
必死のパッチの決勝弾!ア..
from 自由気ままに虎など ガンバレ..
必死のパッチの決勝弾!ア..
from パイプの部屋
金本、残念!でも素晴らし..
from 今日の特選情報!
勇気ある決断、1492試..
from 自由気ままに虎など ガンバレ..
勇気ある決断、1492試..
from パイプの部屋
また苦手を作ってしまったか?
from 自由気ままに虎など ガンバレ..
また苦手を作ってしまったか?
from パイプの部屋
甲子園開幕戦、AK砲炸裂!
from 自由気ままに虎など ガンバレ..
甲子園開幕戦、AK砲炸裂!
from パイプの部屋
【2010 公式戰】 ○..
from 仙丈亭日乘
下さん好投虚し、拙攻で3..
from 自由気ままに虎など ガンバレ..
下さん好投虚し、拙攻で3..
from パイプの部屋

検索

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな