虎々なるままに日暮し

キャンプ2010 2/14

≪城島困った!雨地獄で肩作れない!!≫
沖縄の空はジョーを嘲笑っているのだろうか。いや、試練を与えているのだろうか。球場到着時は僅かながら太陽の光が差し込んでいた。しかしその1時間後、マシン打撃を終えた城島を待っていたのは土砂降りの雨。目を丸くしながら「うわっ、ま~た雨?試合も中止になったの?」と宜野座を覆った分厚い黒雲を恨めしそうに見上げた。
今キャンプで、快晴と言える日は2、8、9日のわずか3日間だけ。さらに雨だけでなく、強風や予想外の寒さもチームを苦しめている。城島は宜野座キャンプの仕上げとなる最終クールに、遠投や二塁へのスローイング練習を予定しているが「如何せん、晴れてくれないとね。ドームじゃ遠投はできないから」と渋い表情を浮かべる。
当初は気温が低くなる安芸へ移動する前に、遠投を行って沖縄で肩にハリを持たせる計画を立てていた。だがこのまま長雨が続けば、調整ペースに狂いが生じる可能性は否めない。18日までの週間予報は曇と雨マークが並ぶ。吉田バッテリーコーチは「今クールからずっと遠投をしたいと言っていた」ことを明かした。“ジョー・バズーカ”を完璧に仕上げるために、今は何よりも太陽の存在が必要だ。
ただ、ここまで荒天に見舞われながらも「調整は順調に来ている。バッティングも徐々に振れてきている」と手応えを口にしたジョー。早朝ウエート後に行ったマシン打撃では、打つポイントをしっかりと確認しながら黙々と打ち込んだ。
さらに雨でぬかるんだグラウンドに勢いよく飛び出し、フリー打撃では65スイングで2本のサク越えを放った。特に最後の4球は、目を見張るほどのスイングスピードで軽々と左翼席へ放り込むなど、本来の打撃が見えつつある。降り続く雨に負けないほど流した大粒の汗が、全力でバットを振っている証拠だ。
それだけに16日からは太陽が顔を出して欲しい。キャンプ序盤には「雨男は誰だ~?あっ、俺か」と自虐ネタで笑いを誘っていたジョー。輝かしい実績を持つ球界No.1捕手には冷たい雨ではなく、太陽の光がよく似合う。

≪球児 練習試合直前の若トラに火の玉勝負≫
若手選手が巻き返しを意気込む一戦の直前に、最高のレッスンの舞台が用意される。16日の日本ハム戦(名護)の試合前練習を宜野座球場で行い、そこで藤川が打撃投手を務めることになった。
山口投手コーチが「(対戦は)ゲームに行く前のメンバー」と話したように、対戦するのは残留する金本や城島らではない。まだ藤川が調整段階とはいえ、その直球を若手選手が体感できる意味は大きい。5-11で敗れた13日の日本ハム戦を思い返せば、尚更だ。
真弓監督は「まだまだ早い時期でもあるけど、速い球への対応がうちのバッター全体の課題というのがある。タイミングの取り方次第なんだろうけど」と振り返った。試合後には和田、片岡の両打撃コーチが覇気の見られなかった清水、大和、上本、野原将、藤川俊の5選手にゲキを飛ばしたほど。だからこそ、試合前練習でも藤川に食らいつく姿勢が求められる。
藤川との対戦の可能性について、野原将は「打てるのはその時だけですけど、今後にも繋がります」と気合。また、藤川俊は「結果というより、積極的に食らいつきたい。いやらしいバッターというのを見せられれば」と意気込んだ。「藤川打ち」を果たせれば大きな自信となり、できなくても得るものはある。
自身の調整であり、若虎を迎え撃つ形にもなる藤川は、ブルペンで鳥谷を想定して左打席に打者を立たせるなど40球を投げた。投球後に、城島とブルペン内で話し込んだことには「野球の話です。自分と城島さんの話。コミュニケーションというより戦術の話です」と話すにとどめたが、投球については饒舌だった。
「(16日は防球の)ネットなしで投げるんで、打球が当たらないように実戦を想定して投げた。他のチームのバッターを絞ってやったと思われるのが嫌やから、鳥谷にしておこうかと。(結果は)レフト前かな」とニヤリ。守護神対若虎。両者にとって意義深い一日となりそうだ。

≪浅井 マートンダメなら「1番中堅」≫
真弓明信監督が、浅井をマートンに次ぐ「1番中堅」の候補に指名した。
「今のところ一番近いのは浅井でしょう。去年あれだけ頑張ったし、今年を見ても動きが良くなってるしね」
真弓監督は巧打の外野手に、信頼の言葉を続けた。2010年初の対外試合となった、13日の日本ハムとの練習試合。「1番中堅」で先発出場したマートンは、見逃し三振を含む3打数無安打。不慣れなセンターの守備でも、浅いフライに目測を誤るなど不安を露呈した。現状、あくまで基本方針はマートンの起用だが、改善が見込まれなければ、代替案を用意しなければならなくなる。
そこで浮上するのが浅井だ。昨季も1番打者として12試合に出場し、52打数17安打。打率・327で3本塁打と積極的な打撃が目立った。13日も「7番・左翼」で先発出場すると、3打数2安打の活躍。この日の打撃練習でもサク越えを連発するなど、猛烈に定位置獲りをアピールしている。
「人数的にフル出場してもらわないと間に合わない」。真弓監督は右翼については、オープン戦でも桜井を固定で使い続ける方針で、中堅はマートンに浅井、藤川俊らの争いになる。「そのポジションにつけるよう、しっかり頑張りたい」と浅井。捕手で入団して一昨年、外野に本格的に転向した。プロ9年目の苦労人が、虎視眈々とレギュラーの座を狙っている。

≪マートン レギュラー死守へ打ちまくり≫
中堅レギュラー死守へ攻守両面での対応が求められるマートンは、午前から打ちっ放しの1日。フリー打撃を終えると室内でマシン打撃。さらにはランチ特打を約30分にわたってこなした。
13日の練習試合では3打数無安打。真弓監督は「大きな穴はなさそう」と意に介さなかった。しかし本人は、朝から精力的に打ちまくった。午前のフリー打撃で45スイング中、5本のサク越えを放つと、すぐさま室内に直行してマシン打撃。さらに正午前には再びメーングラウンドに戻り、ブラゼルとともにランチ打撃を開始。54スイングで8本のサク越えを放った。
16日の練習試合にも中堅でスタメン出場予定。日本投手への対応のほか、不慣れな守備位置に早く順応させるべく、指揮官も可能な限り実戦機会を与える方針だ。

≪安藤“原点回帰”だ!フォーム05年型戻す≫
安藤が、先発転向初年度である05年型のフォームに原点回帰する考えを明かした。
なかなかイメージ通りに投げられない。昨季からの巻き返しを期す今キャンプ。2年連続で開幕投手を務めた大黒柱は、苦しい調整を強いられている。
「僕らが求めるのは強い安藤。(11勝を挙げた)05年のような感じを、もう一度思い出そうという話をしています」。久保投手コーチが、現在の取り組みの一端を明かした。この日のブルペン練習では、捕手のミットを地面ぎりぎりに構えさせてフォームを微調整。球児にもアドバイスを求めるなど、懸命に不振脱却の糸口を探っている。
「思い出してるんじゃなく、元に戻してるという感じ。自分を生かすためには、あの時のフォームがいいのかな」と右腕。決意の減量とともに臨む今季。引き締まった体にもう一度、あの日の感覚を叩き込む。

≪死球退場の柴田が右手甲骨折≫
阪神は14日、13日の日本ハムとの練習試合で右手甲に死球を受けた柴田が、試合後に沖縄市内の病院で「右手第3中手骨骨折」と診断されたことを発表した。
常川チーフトレーナーは「今日は宿舎で静養し、明日(15日)朝イチで帰阪して精密検査を受ける予定です」と語った。現在は患部をシーネと呼ばれる器具で固定しており、全治までは最低でも4週間はかかるという。帰阪後に精密検査を受けて、手術も視野に治療方針を決める。
真弓監督は「なるべく早く治してね。せっかくチャンスを掴みかけたわけやから」と早期の復帰を願った。なお、柴田の離脱による安芸組からの緊急招集は行わない予定だ。

≪育成2位・田上守備でもアピール≫
育成ドラ2位・田上が韓国・SKワイバーンズとの練習試合にフル出場。ヒットは出なかったものの、外野守備で溌剌としたプレーを披露した。
3回の第2打席で四球を選び出塁。しかしスタートが切れず盗塁に結びつかなかった。「足がアピールポイントなのに、ミスがあってはいけない」と試合後に中村2軍守備走塁コーチの指示を仰ぎ、スタートの特訓を約30分間繰り返した。
宜野座では真弓監督が「2軍では田上の動きがいいと聞いている」と評価。1軍合流後の20、21日に行われる紅白戦は絶好のアピールの場となりそう。田上も「意識して足や守りでアピールしたい」と闘志満々だ。
この日は沼沢正二球団本部長が視察し「赤星が抜け、センター争いのチャンス」と期待を込めた。支配下登録についても「戦力になりそうであれば、開幕前にも登録はある」と示唆。連日、室内練習場の消灯ぎりぎりまで居残り練習する努力家。シンデレラボーイになる可能性を十分秘めている。

⇒柴田が心配ですねぇ…開幕絶望との話も。でも、育成の田上が元気そうで!


番外編
≪阪神のチョコ獲得レース、アラフォーが独占≫
阪神球団が14日、キャンプ地に届いたチョコレートの集計結果を発表。1位は19個で並んだ金本、矢野3位は12個の下柳。ナント、アラフォートリオで“金銀銅”を独占してみせた。以下、4位が藤川(8個)5位が鳥谷、平野、林(6個)、8位が桧山、江草(5個)10位が安藤、新井、狩野(4個)。選手以外では和田打撃コーチが11個で相変わらずの人気だった。(宜野座)

⇒ここでは城島の名は上がらないのなwww



by,tora-neco



ランキング参加中。応援クリックお願いします(*^_^*)
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 野球ブログへ
[PR]
by kuru2chanbei | 2010-02-14 22:20 | 虎球団

わたくし“スーパー・ポジティブ”な関西人・tora-necoが、タイガース日記を気ままに書いてみる。
by kuru2chanbei
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

最新のトラックバック

2011年春季キャンプ、..
from りが・みりてぃあ野球殿堂
守りのミス連発、久保田投..
from 自由気ままに虎など ガンバレ..
守りのミス連発、久保田投..
from パイプの部屋
必死のパッチの決勝弾!ア..
from 自由気ままに虎など ガンバレ..
必死のパッチの決勝弾!ア..
from パイプの部屋
金本、残念!でも素晴らし..
from 今日の特選情報!
勇気ある決断、1492試..
from 自由気ままに虎など ガンバレ..
勇気ある決断、1492試..
from パイプの部屋
また苦手を作ってしまったか?
from 自由気ままに虎など ガンバレ..
また苦手を作ってしまったか?
from パイプの部屋
甲子園開幕戦、AK砲炸裂!
from 自由気ままに虎など ガンバレ..
甲子園開幕戦、AK砲炸裂!
from パイプの部屋
【2010 公式戰】 ○..
from 仙丈亭日乘
下さん好投虚し、拙攻で3..
from 自由気ままに虎など ガンバレ..
下さん好投虚し、拙攻で3..
from パイプの部屋

検索

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな