虎々なるままに日暮し

2009年 10月 26日 ( 2 )

日本シリーズまで後… 10/26

≪ハム、パ優勝で札幌Vパレード決定≫
日ハムが本拠地を置く札幌市で、優勝パレードを行うことが25日、決まった。CS第2ステージ制覇から一夜明けたこの日、球団と同市が発表。パ優勝のみでは見送ることも検討していたが、CSを突破したことで踏み切ることになった。06年日本一、07年のリーグ連覇時にも行っており、選手サイドからもパレード実施すべきとの声もあり、球団と同市で協議して、結論を出した。期日、場所等は今後、双方で調整してから最終決定するが、過去の例からも11月中に、札幌駅から繁華街のすすきのへと続くメーンストリートなどを利用することが有力だ。

⇒前日のニュースですが、めでたい話なので気にしない(笑)


≪楽天、克則コーチが残留要請を再び保留。橋上ヘッドら8コーチの退任≫
楽天は26日、橋上秀樹ヘッドコーチ、池山隆寛1軍打撃、関川浩一同補佐、杉山賢人1軍投手、西俊児1軍内野守備走塁、佐竹学1軍外野守備走塁、松井優典2軍監督、芹沢裕二2軍バッテリーら8コーチと来季の契約を更新しないと発表した。
また、残留要請を受けていた楽天野村克則1軍バッテリーコーチ、通称カツノリは26日、仙台市内の球団でフロントと契約について会談したが、結論は27日に持ち越しとなった。25日に来季2軍バッテリーコーチ就任の要請を受けたが、返答を保留。この日の会談で結論を出す意向だったが、「人生の大事なことを半日では決められない。明日です」と再び態度を保留した。
また球団はこの日、仙台市内のホテルで2軍の星野おさむ打撃、高村祐投手、永池恭男内野守備・走塁、広橋公寿外野守備・走塁、米田慶三郎・吉田豊彦両育成の6コーチに来季の契約更新の方針を伝えた。

⇒懐かしい名前を久々に聞きました…


≪西武平尾、土肥がFA権行使せず残留≫
FA権を持つ平尾博嗣内野手が思わせぶりな態度?をとった。26日、西武ドームで球団とFA交渉を行い、会見の冒頭で「します!」と言って、FA権行使をにおわせた。囲まれた報道陣の顔色をうかがい、「来年もよろしくお願い『します』と伝えました」と笑わせた。また土肥義弘投手もFA交渉を行い、平尾と同じく、権利を行使せずに残留することを決めた。

⇒チャラ尾め(笑)


≪初安打が本塁打、ハム佐藤が引退≫
日ハムは26日、8年目佐藤吉宏外野手の今季限りの引退を発表た。鳥栖高から01年ドラフト4巡目で入団。パンチ力のある左打者として期待され、昨季1軍デビューした。08年4月19日のソフトバンク戦で放った本塁打がプロ初安打。今季は8月18日に旭川で楽天岩隈から放った本塁打が最後の打席。通算17試合、27打数4安打3本塁打。来季から球団スタッフ。

佐藤「支えてくださったファンの皆さまへは感謝の気持ちでいっぱいです。特に札幌ドームで受けた歓声は生涯忘れられません」

⇒ふむ…難しい世界です。糾弾スタッフとして頑張ってください!


≪中日が李炳圭と来季契約せず、打撃不振で≫
中日は26日、李炳圭外野手と来季の契約を結ばないと発表した。07年に来日したが、期待された打撃面が振るわず、今季は28試合で打率.218だった。

⇒守備のお手玉が許せなくなりましたか?


≪2冠の中日ブランコが年俸6倍で2年契約≫
ブランコ内野手が26日、名古屋市内の球団事務所で契約更改交渉を行い、年俸180万ドル(約1億6500万円)の2年契約でサインした。来日1年目の今季は年俸30万ドルながら144試合で打率.275、39本塁打、110打点をマークし、本塁打王と打点王の2冠に輝いた。

ブランコ「2年契約なので落ち着いてプレーできる。また来年もタイトルを取りたい」

⇒早速、契約内容が決まりましたか(笑)


≪多村FA権行使せずソフトBへ残留決定≫
ソフトバンク多村外野手が取得していたFA権を行使せず来季もチームに残留することが26日、決定した。この日、都内で球団側と交渉を行い、互いの意思を確認。「監督を胴上げしたい。このままじゃ何のためにホークスに来たのか分からない」と来季のV貢献を誓った。角田球団代表も「いい選手なので、何とか来季も頑張ってもらいたい」と期待を寄せた。具体的な契約内容については今後の交渉で詰めていくことになる。
06年オフに横浜から移籍した多村は、昨オフに国内FA権を取得しており、10月11日には海外球団とも自由に交渉できる権利も得ていた。今季は右肩痛で出遅れ、93試合の出場で打率.282、17本塁打、57打点の数字を残したが、CSでは直前にやはり腰を痛めて欠場。不本意な形でシーズンを終えていた。

また、NPBは26日、09年度のFA有資格者として、取得年数9年の海外FA資格を初取得した五十嵐投手(ヤクルト)ら87選手を公示。
海外FAの条件を初めて満たしたのは五十嵐に、清水直行投手(ロッテ)多村仁志外野手(ソフトバンク)ら14選手で、再取得は4度目の谷繁元信捕手(中日)ら4選手。取得年数8年の国内FA資格は阿部慎之助捕手(巨人)小林宏之投手(ロッテ)ら17選手が初めて取得した。資格を継続保有しているのは52選手。
今季は「故障者特例措置」によるFA資格取得者はいなかった。
FA権を行使する場合は、日本シリーズ終了日の翌日から土、日曜日と祝日を除く7日以内に在籍球団に通知し、NPBコミッショナー事務局から「FA宣言選手」として公示された翌日から、契約交渉が可能となる。

⇒さて、多村が海外でスペらなくてよかった…


≪G・尾花コーチが監督就任騒動を謝罪≫
横浜が来季の監督として招聘する方針を固めている巨人尾花投手総合コーチは26日の練習前、原監督、選手らに対し、日本シリーズを控える大事な時期に監督就任報道で騒がせたことについて謝罪した。尾花コーチは「皆さん(報道陣)が騒いでくれているので、申し訳ないと言った。今まで通り、一生懸命やるだけ」と話した。

⇒まあ、集中したい時ですわな。


≪ロッテがWBC2冠韓国4番金泰均獲得へ≫
ロッテが今年3月のWBCで韓国の4番として活躍した金泰均(キム・テギュン)内野手の獲得へ向けた調査を開始することが26日、分かった。金は今季FA権を取得。WBCでの強打が世界的に知れわたったことで、楽天などが獲得に興味を示している。そんな中、韓国にも球団を持ってパイプがあるロッテが、補強候補にリストアップした。
来シーズンへ向け、大砲の獲得が急務だった。かねて石川球団副代表は「外国人で4番を打てる選手がほしい」と、現状の戦力を見定めた上で補強ポイントを挙げていた。メジャーや南米などを含め、現在6人程度に絞りこまれたという補強リストの中に、「アジアの大砲」も入っていた。
金はWBCで日本と優勝を争った韓国の主砲。9試合で打率.345、3本塁打、11打点と活躍、満票で一塁手のベストナインにも選出された。MVPを獲得した松坂(レッドソックス)からは、東京ドームの左翼へ看板直撃の特大弾を放った。持ち前の長打力で、韓国の準優勝に大きく貢献した。
打撃だけでなく、ゴールデングラブ賞を受賞するなど、守備の評価も高い。バレンタイン体制から一新し、西村新監督のもと、大砲と中継ぎ投手の補強は必要不可欠。韓国残留を含め争奪戦は必至だが、負けてはいられない。

⇒うちは別の韓国の選手を狙ってましたね、確か


≪ダルがシリーズ登板へ「なんとかします」≫
左臀部痛で日本シリーズ(31日開幕)登板が厳しい状況のダルビッシュ有投手が26日、5日以来の本格的な投球練習を行った。この日、チームは札幌ドームで日本シリーズへ向けた全体練習を再開。ダルビッシュは23日にブルペン入りしても軽い立ち投げ程度だったが、この日は中2日でブルペン入りし、変化球を交えて約40球を投げ込んだ。
ダルビッシュは「この前と変わってないです。張りがなかったら、もっと思いっきり投げてますよ」と言葉少なだった。スライダー、フォークなどすべての球種を投げたが、吉井投手コーチも「今日のピッチングでは(試合は)まだ無理。前回より進歩はしたけど、試合で彼本来の投球ができる状態ではない」と、一進一退の状態を強調した。登板回避の方向性は変わってないが、ダルビッシュは復帰へひそかに燃えている。
自身の公式ブログには「僕の復帰は絶望的やと思われてますが、なんとかします」と書いている。さらにこの日は「逆風に向かって飛べ」の題で更新し、「今日は座ってもらって40球くらいかな?投げました。ちょっとずつですが、進歩してます」と、1歩ずつだが準備を進めている。吉井投手コーチも「彼はあきらめていない。この前の試合(CS)を見ていたら、そりゃあ投げたくなるだろう」と心情に理解を示した。
現時点では日本シリーズの先発ローテーションも、ダルビッシュ抜きで決定はしている。指名打者のないセ・リーグ本拠地開催の対策として投手陣が打撃練習を開始したが、ダルビッシュは行わなかった。それでも驚異的な回復にかけているのは確か。0・01%でも可能性がある限り、ダルビッシュは調整を続けていく。

⇒ダルが投げない日本シリーズ…選手層はあるけど、やっぱりダルが見たい!


≪横浜岡本1軍総合コーチが編成部長就任へ≫横浜が26日、今季1軍総合コーチを務めた岡本哲司氏が11月1日付で編成部長に就任することを選手、スタッフに発表した。同氏はこの日、1、2軍合同で秋季練習を行っている横須賀市の合宿所を訪問。田代監督代行以下、全コーチと今後の練習方針について話し合いを行った。同氏はチーム作りの方向性として「1、2軍の監督、球団が三位一体となった組織を築く必要がある」との考えを示した。また今季まで2軍内野守備走塁コーチを務めた万永貴司氏、広報担当だった欠端光則氏のスカウト転身も伝えられた。

⇒万永!また懐かしい名前を!


≪伝統の猛練習が復活!野村カープ13時間野球漬けの猛烈スタート≫
広島の日南秋季キャンプが26日、宮崎・日南市内の天福球場で始まった。
スパイク跡でデコボコになったグラウンドが、猛練習を物語っていた。野村カープは、秋季キャンプ初日から激しく動いた。野村新監督の指揮下で午前7時半から散歩を実施。夜間練習が終わった午後8時過ぎまで、13時間近く「野球漬け」になった。実戦的な守備走塁練習の実施、米国製ノックマシンの導入、実戦5試合を組むなど「3つの野村流改革」で好スタートを切った。
ボリュームたっぷりのトレーニング量。だが、野村新監督は涼しい表情で言う。
野村監督「入団したときは、こんな練習は当たり前だった。プラスアルファの1時間の打撃、守備…。やらされていると思った経験もあるが、それが自分の身になる。一流選手でも、やっていない選手はいない。間違いなくプラスになる」
猛練習に裏打ちされた現役時代だった。91年にはリードオフマンとして、チームを優勝に導いた実績もつくった。量よりも質を重視した前任のブラウン体制から大きく転換を図ったのも、経験に基づく根拠があればこそだ。まずは「3つの改革」から滑り出した。

(1)実戦的守備走塁練習
1時間20分にわたって、ほとんどの野手、投手が参加した。各守備位置に野手が散らばり、ノックを受ける。走者は全力疾走し、緊張感ある連係プレーを入念に繰り返した。1、2軍に分かれて実施。バックネット裏から見守った野村監督は「送球ミスが多くて、まだまだ雑なプレーも出てきた」と指摘するように、新たな課題も見つかった。
(2)米国製ノックマシン
守備では、指揮官の発案で初めてノックマシンを導入した。ゴロ、飛球を打ち分けられるATEC社製。約20万円相当の機器を2台購入した。鈴木球団本部長は「練習の効率は良くなるね」と説明した。今後は2軍の練習用に追加購入するプランも検討されている。
(3)実戦5試合を実施
29日に練習試合ソフトバンク戦、30日に韓国・斗山戦を実施。これは来春沖縄キャンプの参加を巡る若手の真剣勝負の場だ。さらに紅白戦3試合を追加(11月1、5、8日の予定)。指揮官が「課題に取り組めているかの確認」と話すように、1軍選手が自らのテーマを試す実戦となる。実戦的な守備走塁、投げ込み、打ち込み、特守…。昨季に比べ、初日から2時間近く練習量が増えた。盛りだくさんのメニューだったが質の高さも追求。劇的な改革で過去の栄光を取り戻す。

⇒赤ヘル軍団復活!?


≪ソフトB新垣「オフ返上」誓う≫
右肩関節炎でリハビリ中の新垣渚投手が「オフ返上」を誓った。26日は西戸崎室内練習場で約45Mまで距離を広げてキャッチボール。年明けのブルペン投球再開を目標に「(ペースを)落とすつもりはない。(休みを入れて)落としてしまっては(開幕に)間に合わない」と、秋季キャンプ終了後もほぼ無休で調整を続けていく方針を示した。

⇒濃い~顔が見れないのも寂しいですからね!頑張れよ~



by,tora-neco



ランキング参加中。応援クリックお願いします(*^_^*)
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 野球ブログへ
[PR]
by kuru2chanbei | 2009-10-26 22:08 | 他球団

秋季練習 10/26

≪虎のアライバになれ!大和&上本強化指定≫
虎のアライバになれ!大和内野手と上本博紀内野手が、強化指定選手としてくせ者化を指令された。26日、甲子園での秋季練習で特打を敢行。和田打撃コーチが見守る中で約30分間、右打ちを徹底。球界を代表する1、2番コンビの中日井端、荒木の嫌らしさを身につけるように求められた。エロさではない。
大和と上本が、流し打ちを繰り返した。内角球も引っ張らずにカットしてファウルに逃げる。右打ちを身につけるため必死で汗を流した。和田打撃コーチは「彼らには嫌らしさというプラスアルファが必要。(投手が)顔を見るのも嫌だ、というぐらいになってほしい」と狙いを説明。進塁打と、投手に球数を投げさせる技術の習得を求めた。
2人の右打ち特打は秋季キャンプ中も徹底される。大和が「打てる方向が広がると自分も得だし、カットできれば投手も嫌がる」といえば、上本も「自分みたいなタイプは相手が嫌がる選手にならないと試合に出られない」と気合十分。和田コーチは「(2人は)荒木や井端のようになれる可能性がある選手。1カ月でどこまで変わるか、楽しみ」と話した。

⇒上本の方が大和より年上な事実…大和、若さがないのか?(笑)でも、そんな嫌な1、2番って楽しみですよね^^


≪藤本FA考え中「進展ありません」≫
藤本内野手はFA権の行使の有無について熟考を重ねている。26日は鳴尾浜で汗を流し「まだ(球団とも)正式な交渉はないし、進展はありません」と話した。今年4月24日に国内移籍が可能となるFA権を取得。シーズン終了直後の15日には「まだ白紙に近い状態。せっかく頂いた権利ですし、簡単に残るとも言えないし、簡単に出るとも言えない」と悩める胸中を明かしていた。すでにヤクルトが獲得に興味を示しており、時間をかけて最善の答えを出す構えだ。

⇒ヤクルトユニより、縦縞の方が似合うってw


≪安藤11月まで肩休め下半身鍛え直す≫
安藤投手が3カ月計画で巻き返しを期す。26日、甲子園での秋季練習に参加。投手陣の中でただ1人、ノースロー調整で下半身を鍛えた。「11月いっぱいまでボールを投げないつもり。投げないことに対する不安はない。肩を休めて、体幹と下半身を鍛え直す」と話した。
今季は28試合に登板して8勝12敗、防御率3.90。9月1日ヤクルト戦を最後に6戦勝ちなしで終了。「(終盤に)バテたという感じじゃないが、納得できない部分があった。(今季を)振り返って課題は見つかった」。7年ぶりに参加する秋季キャンプでも徹底的に走り込んで体を鍛える。
「原点に戻るというか、さらに体を強くしたい。3カ月かけて体を鍛え直して、春のキャンプに備えたい」。来年1月下旬までの3カ月間は体力強化に重点を置き、力強さを増して来シーズンに向かう青写真だ。

⇒いや。結構、独り相撲見るけど(笑)。コントロールはいいんだから、もったいないですよね。


≪林、秋季キャンプメンバー外れた≫
鳴尾浜から逆襲や!林外野手が参加を志願していた高知・安芸秋季キャンプのメンバーから外れることが26日までに分かった。この日は鳴尾浜で1時間超の室内マシン打撃、キャッチボールなどで体を動かし、巻き返しに燃える決意を見せた。
「(キャンプに参加できず)残念と言えば残念ですけど、僕もそういう歳になってきたのかな、と思う。若手も多くなってきましたし、自分はできることをしっかりやっていきたい」。
07年は115試合に出場し、打率.292、15本塁打。次代を担う大砲と期待されながら、来年1月には31歳を迎える。もう若手とは言えない。普段はさわやかな笑顔を振りまく男が、珍しく危機感を隠さなかった。今季は56試合で打率.208、3本塁打、11打点。ふがいないシーズンに終わり、来季にかける思いは強い。ただ「行きたい」と志願していた秋季キャンプは不参加が決定。1軍首脳陣へのアピールの場を失う形となった。
それでも前向きに復権を目指す。今後は鳴尾浜を中心に調整予定。「逆にこっちにいた方が重点的にできるかもしれない。(春季キャンプまでに)今、しっかりやらないと。全てにおいてレベルアップしないといけない」。打つだけではなく、走って守る。ニュースタイル転向で表舞台に舞い戻る。

⇒まずは、怪我をしないこと…これで少しはレベルアップが望めるかと…



by,tora-neco



ランキング参加中。応援クリックお願いします(*^_^*)
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 野球ブログへ
[PR]
by kuru2chanbei | 2009-10-26 21:38 | 虎球団

わたくし“スーパー・ポジティブ”な関西人・tora-necoが、タイガース日記を気ままに書いてみる。
by kuru2chanbei
プロフィールを見る
画像一覧

最新のトラックバック

2011年春季キャンプ、..
from りが・みりてぃあ野球殿堂
守りのミス連発、久保田投..
from 自由気ままに虎など ガンバレ..
守りのミス連発、久保田投..
from パイプの部屋
必死のパッチの決勝弾!ア..
from 自由気ままに虎など ガンバレ..
必死のパッチの決勝弾!ア..
from パイプの部屋
金本、残念!でも素晴らし..
from 今日の特選情報!
勇気ある決断、1492試..
from 自由気ままに虎など ガンバレ..
勇気ある決断、1492試..
from パイプの部屋
また苦手を作ってしまったか?
from 自由気ままに虎など ガンバレ..
また苦手を作ってしまったか?
from パイプの部屋
甲子園開幕戦、AK砲炸裂!
from 自由気ままに虎など ガンバレ..
甲子園開幕戦、AK砲炸裂!
from パイプの部屋
【2010 公式戰】 ○..
from 仙丈亭日乘
下さん好投虚し、拙攻で3..
from 自由気ままに虎など ガンバレ..
下さん好投虚し、拙攻で3..
from パイプの部屋

検索

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな