虎々なるままに日暮し

2009年 11月 27日 ( 2 )

オフ虎ニュース・2 11/27

≪新井、新選手会長・鳥谷支える!≫
新井内野手が27日、甲子園クラブハウスを訪れ、阪神の新選手会長に就任した鳥谷内野手を全力でサポートすることを誓った。
「何でも分からないことがあれば、聞いてほしい。そうして会話していかないと、何も分からないままだから」
26日に行われた選手会で、会長に選出された虎の若大将を、新井が力強く支える。自身も広島在籍時の06、07年と選手会長を務め、今はプロ野球選手会の会長でもある。責任ある立場を経験してきたから、人間として大きくなれたと実感する。だから「分からないことは恥ずかしことじゃない。分からないままにしておく方が恥ずかしい」と鳥谷からの質問を歓迎した。
「これからはどんどんトリ(鳥谷)がやっていかないとね」。頼もしいバックアップでヤングリーダーを支える。

⇒あんたは、どうやったらプレッシャーに強くなれるか聞きなさい(笑)


≪最低8時間!野原祐、寝てさらなる飛躍や!≫
寝る子は育つ!野原祐也外野手が27日、神戸市内で行われた新人研修会に参加。同期入団の選手とともにトレーニング法、体調管理法などを学んだ。講義の後、野原祐は睡眠時間を増やす考えを明かした。「(睡眠を)8時間以上とったほうがいいと言われた。ルーティーンとして実行したい」。研修で石原チーフトレーナー補佐から睡眠時間によって疲労回復が異なることを教わった。これまではテレビの深夜番組のために夜更かしすることがあったが、睡眠時間の固定が疲労回復につながることを学ぶと「実行していきたい」と改善を決意。今後は毎日同じ時間に床に入り、規則正しい生活リズムで体力強化を図る考えだ。
今季は育成から支配下登録され、一軍でも出場。「チャンスを貰えたら一打席、一打席という気持ちでやる」とさらなる活躍を誓っていた。

≪蕭、食事改善で1軍定着目指す≫
阪神の新人研修会が27日、神戸市内の六甲山ホテルで行われた。研修に参加した蕭は野菜中心の食事に意欲。「バランスよく食べたい。とくに黄、赤、緑のもの。肉をあまり食べずに野菜を多めにとりたいと思っている」。石原チーフトレーナー補佐の話に刺激を受けた。昨季は2軍で最多勝を獲得したが、1軍登板はなし。「一年間、同じ力を出せるような体にしたい」。食事改善で1軍定着を目指す。

⇒若手たちよ、育ちなさい。


≪狩野、能見とのバッテリー継続を熱望≫
来季も熱愛継続や!狩野捕手は27日、能見投手とのバッテリー継続を熱望した。能見が先発した今季25戦中24試合で先発マスクを被った狩野は、その13勝左腕とともに「M-1」を獲得。城島加入で立場が厳しくなったが、今オフも“相方”と2年連続で合同自主トレを実施して相性の良さを極めていく。
不測の事態が起こらない限り、この先何年も「正捕手城島」は既定路線。ただ指をくわえてこれを見続ければ、捕手としての“賞味期限”を失う。活路を見いだすため、狩野にも譲れないことがある。
今季9年目で自己最多127試合に出場した狩野は、城島に正面からぶつかる覚悟を決めた。「野球選手は1年1年が勝負。(試合出場のためには)ライバルに勝たないといけないし、頑張らないと」
中でも譲れないのが能見とのバッテリー継続だ。ともに初めてフルシーズン1軍で戦い抜くことで信頼感も深めた。
「そうやって一番分かっているというか、それも試合に出る近道ですから。(今年の自主トレは)僕にとっても良かったですし、能見さんも良かったみたいです。結果も出た。能見さんがそうしたい(早い時期から投げたい)なら、サポートしますし、僕にとってもプラスになる」
お互い崖っぷちの状況で臨んだ09年1月。何かを変えるため、福原のもと、南国の地で約2週間、汗を流した。朝から晩まで寝るとき以外は顔をつき合わす生活。「話し合いもプラスになった。僕の感じたことと、能見さんが感じることは違いますからね」。濃密な時間を過ごし、信頼関係を築きあげた。
「打者なら投げやすい、とか見やすい球もわかりますから」
飛躍の1年に“直接対決”が大きな役に立った。打撃投手を能見が務め、フリー打撃を敢行。ただ、ブルペンで受けるだけではわからない微妙なクセや傾向。「いま変化を投げると思っていましたよ!!」。打者の視点から分析した。知っているからこそ、ゲームで生きた。
“専属捕手”になるのも試合に出場する立派な手段ひとつ。そこから、風穴を開ける。
プロ10年目となる2010年へ、選手会総会で役員にも選ばれた。「(選手会長の)鳥谷さんの助けになりたい。責任を持つ、役職についたのは今までと違う風に見られると思う。1年1年、野球選手は勝負。怪我をしたら1軍にいることもできないし、ライバルにも勝たないといけない」
出場機会が減ることは避けられないが、能見との相性の良さを武器に、背番号99が突破口を開く。

そんな狩野が同日、兵庫・西宮市内で甲子園署の1日署長を務めた。甲子園球場の真横で行われた式典では壇上に上がり、背筋を伸ばして署員に敬礼。式典後は甲子園周辺を歩いて市民に交通安全を呼び掛けた。狩野は「ユニホームと同じで、制服を着ると身が引き締まりました。西宮は自転車の交通量も多いので、車も自転車も交通マナーをしっかり守ってほしい」と話していた。

≪能見、狩野の“ラブコール”「ぜひ」≫
27日、大阪市内のホテルで行われた『虎仙会』に出席した能見は狩野の“ラブコール”を素直に受け取った。
「狩野と組んだ結果が今年の結果(13勝)につながった。まだお互いに成長できると思っている」。勿論、城島とも積極的にコミュニケーションを図る考えだ。「城島さんには城島さんの考えがありますから(知っておかないと)。(バッテリーは)あとは監督が決めることですけどね」。来年も年明けの狩野、福原、太陽(西武)らと行う予定の沖縄自主トレを「ぜひ、やりたいですね」と意欲をみせた。

⇒私は狩野を応援してるので、是非とも頑張ってほしいものです!7月の巨人戦で見せた能見との相性に、来季も期待したいですね^^


≪星野SDが矢野に「今後のため勉強を」≫
帝王学を学べ!星野SDが、悩める教え子に“闘将流”のエールを送った。27日に大阪市内のホテルで行われた自らの後援会「虎仙会」のパーティーに出席。城島の加入で厳しい立場に置かれた矢野捕手の話題に触れた。
お前の価値は、試合に出ることだけじゃないんや…ルーキーイヤーから矢野を知るからこそ、闘将はさらに“その上”を求めた。「テル(矢野)はいくつになった?ありあまるくらいに頑張ってきたからね。あちこち痛くもなってくるが、テルの仕事はマスクも含め、チームをまとめたり、若い投手を見たりということもある。今後の野球人生を考えて、勉強するべきだ。そういう選手だよ。オレが取った選手だしな」俗に言う、ワシ育てwww
城島の加入で来年、出番の激減は確実。どん監督のラブコール発言で渦中の人にもなった。モチベーションをどこに見いだすか難しい。
それでも“恩師”は言いきった。「何で難しいんや。本人は謙虚に言っているだけ。40歳にもなれば…。そりゃ現役でバリバリやるのが理想だけれど、30歳後半からは、そういうことも考えて勉強もすべき」。
矢野は近い将来に指導者として阪神を支える人材だ。控え捕手という役割を務めることになっても、学ぶことはたくさんある。そんなメッセージを発信した。
星野SDにとって、矢野は思い入れのある選手だ。91年。自身が中日監督の時にドラ2位で獲った選手。プロ初安打で握手を交わし、容赦なく鉄拳も食らわせた。阪神へトレードへも出し、02年からは虎で再び師弟関係に。03年に優勝もした。08年北京五輪でもチームのまとめ役とともに、ここ一番ではマスクも託した。
「北京は別としても…。でもあの時も阿部(巨人)がいて、出る幕ない感じだったけれど、大事な場面で出た。何が起こるかわからないのが捕手というポジション。やることはたくさんある」
『矢野輝弘』の価値を知るからこそ、のゲキは恩師からの熱いエールだった。「現役プラスやることはいっぱいあるんだ」。真弓監督にも「(城島や矢野らの起用に)何も気をつかう必要はない。好きなようにいい選手を使えばいい」と背中を押した。
大幅減俸も含め、逆風にさらされる矢野を思って、星野SDは激励の言葉をプレゼントした。矢野にとってもチームにとっても、実りある2010年へ―闘将が力強い道筋を示した。

≪矢野「特に話すことはない」≫
『虎仙会』に出席した矢野は「この間、話したから。今日はもう特に話すことはないよ」とコメントした。
24日に城島加入後に初めて胸中を激白。どんでん監督の獲得を望んだ発言を1選手として「ありがたい」とした上で、「城島の加入でいろんなことが厳しくなる。でも自分のやることは変わらない。年俸が下がろうがね。阪神に、ファンに恩返しできるように頑張るだけだから」と語っていた。

⇒城島より、矢野様の方が男前なんやもん…応援せいでか(そこかw)



by,tora-neco



ランキング参加中。応援クリックお願いします(*^_^*)
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 野球ブログへ
[PR]
by kuru2chanbei | 2009-11-27 21:27 | 虎球団

オフ虎ニュース 11/27

≪現役トップは桧山6位 OB会ゴルフ≫
阪神タイガースOB会チャリティーゴルフコンペが27日、兵庫県加東市の「阪神タイガースゴルフクラブ」で行われた。阪神OB、桧山進次郎外野手ら現役5選手など144人が参加。一般から参加した佐々木志朗氏が優勝を飾った。なお、チャリティーの収益金は関連団体に寄付され、子どもへの暴力防止プロジェクトに役立てられる。

⇒ゴルフはよう分からんw


≪勇退の安藤OB会長が城島にエール≫
阪神タイガースOB会長・安藤統男氏が27日、来季から新加入する城島捕手にエールを送った。この日は兵庫県内で行われたOB会ゴルフに出席した。
低迷期から黄金期へ。そして4年間の雌伏を経て、再び飛躍の息吹を感じる。「2回(03、05年)優勝したし、良かったと思いますね」。8年間の在任期間を振り返りながら、安藤氏は城島の加入を心から喜んだ。
「タイガースにとっても良かった。周りの選手にも刺激を与えると思う」。大型補強を成功させた球団を評価しつつ「ファンの注目度がキツいかもしれないけど頑張って欲しいね」。来季の城島の勇姿に思いをはせつつ、5年ぶりの覇権奪回を願った。

≪安藤OB会長、田淵氏にバトンタッチ≫
28日のOB総会で田淵幸一氏へバトンタッチする安藤統男OB会長は「星野くんの1年目からだから、もう8年か。2度も優勝させてもらったし、まあまあ良かったかな」と目を細めた。
「最近は若いOBがあまり来なくなっているから。ここで若返りをした方がいいかなと思った。OBにもっと、集まってもらいたいね」
役員には湯舟敏郎氏(43)、亀山努氏(40)、田中昌宏氏(55)と若い3人を抜擢。

⇒以上。安藤OB会長のお言葉でした(笑)


≪阪神がドラ4位の秋山と仮契約≫
ドラ4位指名、秋山拓巳投手=西条高・186cm、92キロ、右投左打=が27日、西条市内のホテルで交渉し、契約金4000万円、年俸600万円で仮契約した。
ジョーの教えを請いたいのは野球…だけではなかった。父親の正二さんは「城島選手に釣りを教えてもらいたいと言うてました」と笑顔で明かした。秋山の趣味は阪神に新加入した城島と同じ磯釣り。「本当に色んなことを経験されてるんで、自分が悩んだりすることがあれば意欲的に聞きたい」と城島道場への入門を志願し、“磯トーク”に花を咲かせたい考えだ。
釣りは小さい頃から慣れ親しんだ遊びだった。実家から自転車で10分も行けば、瀬戸内海有数の漁場である燧灘が広がっている。父親の正二さんの影響で、磯場と慣れ親しんできた秋山。腕前は相当なもので、9月には超特大の部類に入る90㎝のスズキを釣り上げたという。
「現役の(高校野球をやっていた)時はできなかったんですけど、中学3年の夏休みは毎日のようにやってました。今狙うのはスズキか太刀魚ですね」と言葉を弾ませた秋山。ちなみに城島の釣りの腕前はプロ級だ。メジャー時代はロッカーに釣り雑誌を持ち込んで試合前に読んでいた。自ら“佐世保市の城島さん”として釣果を投稿するなど、釣りに関するエピソードは事欠かない。
10月末に虎入りが決まった直後に、城島は「明日は天気が良いから釣りに行きます。明後日も釣りです」と語り、ゴルフのチャリティーコンペに参加した際には「釣りのチャリティーがあったらいいのに」とマジメに言い切っていたほど。ジョーの門下生1号となれば、本業の野球も趣味の釣りも大きな飛躍が期待できる。
「メジャーの試合を見ていてすごい人だなと思いましたし、テレビで見ててもピッチャーのことを常に思って下さっている。近いうちに(ボールを)受けてもらえたらなと思っています」と意欲的に語った秋山。「1年でも長くプロでやりたい」と語る18歳は、ポジションは違えど、師匠の背中を目指してプロの道を歩んでいく。
直球は最速150キロ。期待の高卒ルーキーは「高校の時は(周囲の)皆さんの力で甲子園に出られた。プロではできるだけ早く、みなさんに甲子園に足を運んでもらえるようにしたい」と意気込みを見せた。(金額は推定)

⇒城島城島と…そこは矢野様やろ、コラ


≪虎が動く!西谷、岡本ら育成枠獲得へ≫
阪神が前楽天・西谷尚徳内野手と、前横浜・岡本直也投手の入団テストを、12月2日に鳴尾浜で行うことが明らかになった。支障がなければ育成枠で獲得する方針。“合格”となれば、大化けの可能性のある素材が虎に加わる。
「できる戦力補強はしていく。西谷と岡本?その2人の予定」
藤本がFAでヤクルトへ移籍したことで、競争が活性化する内野手と、球界では貴重な左腕の獲得へ乗り出すのだ。
右投左打で二塁が本職の西谷は俊足巧打の内野手として、04年にドラ4位で明大から楽天に入団。広い守備範囲にも定評があったが、06年の右肘手術の影響もあり、近年は2軍暮らし。今季は1軍戦6試合の出場に留まり、22打数2安打の打率・091、0本塁打3打点だった。
岡本は岡山理大付高から01年にD4位で横浜に入団。変化の大きいカーブを得意とし、左の中継ぎとして期待された。07年にはイースタン最多の46試合に登板するなど、クローザーとして力を伸ばしたが、最近2年間は1軍出場ゼロ。今季はイースタンで19試合に登板し、1勝0敗、防御率5・28だった。
今季限りで戦力外の通告を受けた2人は現役続行を強く希望し、11月11日(甲子園)と25日(神宮)に行われた12球団合同トライアウトに参加。阪神はそこで2人の状態を確認。戦力になりうると判断し、最終テストを行うことを決めた。鳴尾浜で実際の動きをチェック。支障がなければ、育成枠で契約を結ぶことになる。

⇒ちゃんと育成できるのだろうか…


≪城島の目で断!虎助っ投、メッセンジャー有力≫
ジョーの虎初仕事。阪神が右の中継ぎとして米大リーグ・マリナーズのランディ・メッセンジャー投手を最有力候補にリストアップしたことが27日、明らかになった。元同僚の城島捕手の評価も拠り所に最終判断。失敗の許されない新外国人獲りへ、異例のチェック体制を敷く。
“ジョーの目”が、虎の生命線を見極める-。アッチソンの代役となる右の中継ぎ投手の獲得へ。球団関係者は、メジャーリーガーだった城島に“助言”を求めた上で最終判断する考えを明かした。
城島の入団が決まった10月27日に、沼沢球団本部長も「(新外国人のアドバイスなど)そういう協力はしてもらうつもり。参考として意見を聞いてみたい」と話した。球団が補強に関して選手に意見を求めるのは異例だが、城島の場合は別。マリナーズで4年間培った経験は、どんなスカウトの目よりも新しく確か。“虎初仕事”として目を通すことになる候補リストもこのほど完成。マリナーズでバッテリーを組んだこともある右腕、メッセンジャーを最有力候補とした。
“ビッグメス”という豪快な愛称の通り、1m98、120キロの巨漢投手。今季、マリナーズの3Aで52試合、防御率2・86、25セーブの好成績。メジャーでも12試合に中継ぎ登板、0勝1敗、防御率4・35だった。
05年にマーリンズでデビューし、ジャイアンツ、マリナーズと5年間で、メジャー通算173試合(4勝12敗、防御率4・87)。右の中継ぎとして将来性を買って獲得に動いたツインズのモリーヨ投手は楽天の横やりで逃がしたが、実績と経験ならメッセンジャーの方がはるかに確実だ。すでにフリーの身で獲得に障害もない。
メジャー経験者に絞った右の中継ぎリストには、さらにマリナーズのエリック・ハル投手や、同じア・リーグ西地区のエンゼルスに所属するジェイソン・バルジャー投手らを載せた。オマリー駐米スカウトを解雇し、厳しく見直しを進める渉外部門だけに、“ポスト・アッチソン”は絶対に失敗が許されない。
12月中にも獲得のメドをつけたいだけに、ここからが最終段階。渉外担当、フロント、指揮官ら首脳陣…。より確実性を求めた綿密な絞り込み作業に、城島のチェックを加えて万全を期す。

⇒で、GWに…いや、なんでもない。



by,tora-neco



ランキング参加中。応援クリックお願いします(*^_^*)
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 野球ブログへ
[PR]
by kuru2chanbei | 2009-11-27 21:17 | 虎球団

わたくし“スーパー・ポジティブ”な関西人・tora-necoが、タイガース日記を気ままに書いてみる。
by kuru2chanbei
プロフィールを見る
画像一覧

最新のトラックバック

2011年春季キャンプ、..
from りが・みりてぃあ野球殿堂
守りのミス連発、久保田投..
from 自由気ままに虎など ガンバレ..
守りのミス連発、久保田投..
from パイプの部屋
必死のパッチの決勝弾!ア..
from 自由気ままに虎など ガンバレ..
必死のパッチの決勝弾!ア..
from パイプの部屋
金本、残念!でも素晴らし..
from 今日の特選情報!
勇気ある決断、1492試..
from 自由気ままに虎など ガンバレ..
勇気ある決断、1492試..
from パイプの部屋
また苦手を作ってしまったか?
from 自由気ままに虎など ガンバレ..
また苦手を作ってしまったか?
from パイプの部屋
甲子園開幕戦、AK砲炸裂!
from 自由気ままに虎など ガンバレ..
甲子園開幕戦、AK砲炸裂!
from パイプの部屋
【2010 公式戰】 ○..
from 仙丈亭日乘
下さん好投虚し、拙攻で3..
from 自由気ままに虎など ガンバレ..
下さん好投虚し、拙攻で3..
from パイプの部屋

検索

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな