虎々なるままに日暮し

2009年 12月 25日 ( 2 )

オフ虎ニュース・2 12/25

≪虎の2010年初戦は豪華JBM揃い踏み!≫
2年目を迎えるブラゼル内野手が、来年の沖縄・宜野座キャンプでいきなりパワー全開だ。2月13日に予定される初の練習試合、日本ハム戦に出場する可能性が出てきた。真弓監督は25日、外国人選手の実戦起用について「(外国人選手は)調整の仕方がゲームに出ながらだからね。早い段階で起用?そうなると思います」と明言した。
豪華「JBM」の揃い踏みとなる。既に初戦から出場が見込まれていた城島、同じく新加入マートンに加え、ブラゼルまで出場すれば、ファンや他球団に与えるインパクトは絶大だ。昨季のパ覇者を相手にした10年シーズンの本格スタート。真弓監督はブラゼルの米国での自主トレ状況について、「だいぶん仕上がっているみたい」と報告を受けている。
昨年途中で入団したブラ砲は、左肩や左大腿四頭筋を痛めるなど終盤は苦しんだ。それでも16本塁打を放ったパワー、真面目な性格を加味すれば2年目はより期待できる。実際に本人も「144試合出るつもりでやる」と個人トレーナーとの契約を掲げて米国へ帰国していった。
5年ぶりのV奪還を果たす上で、鍵を握る男たちの早期実戦出場。今季はシーズンで活躍することはなかったが、メンチがデビュー戦となったヤクルトとの練習試合で本塁打を記録。首脳陣へ猛烈にアピールした。2年目の真弓阪神にとって、JBMの揃い踏みは心強い限りだ。

⇒あれ?メンチとか懐かしい名前が…


≪虎の左腕はダイジョ~ブ!甲子園西日対策≫
岩田も能見もフォッサムも、虎の左腕はダイジョ~ブ!甲子園球場が、総工費約3000万円をかけて「西日対策工事」に着手したことが25日、分かった。
大規模リニューアル工事の集大成となる3年目の甲子園改修で「西日対策」が完成する。球場関係者は「左投手がマウンド上でプレーしやすい環境を整えるためにやっています」と胸を張った。
甲子園は現在、芝の全面張り替えや銀傘の上に太陽光発電パネルを設置するなど、改修工事を重ねている。その中に、左投手の活躍を後押しする西日対策工事が含まれていた。
甲子園の一塁側から注がれる西日は、左の先発投手を苦しめてきた。ナイター開始直後は厳しい日差しがマウンドを直撃して、リズムを狂わせる場合があった。ベテラン下柳は、08年7月26日中日戦で岡田監督(当時)の勧めに従い、サングラスを着用したこともある。
今季の甲子園は、内野スタンド中段に外部からの風を通す横長のスペースを作った。だが一塁側の空間から西日が差し込んで、左投手の視界を乱す可能性が生じた。球場側は暫定的な措置として、一塁側アイビーシート上に「目隠しネット」を張り巡らせ、太陽光を拡散させていた。
しかし、来季以降もネットを完全定着させるためには、消防法上の問題があった。約50mにわたる「目隠しネット」の前方にある座席上に、スプリンクラーを設置することが義務付けられた。それがなければネットを外さなければならず、左投手のプレーに支障が出る。そのためネットを含めた本格工事に着手した。
スプリンクラーは計80台で、ネット工事を加えた総工費は約3000万円。費用も時間もかかる大工事になったが、左投手が西日を気にしないで、ピッチングに集中できる環境を整えることを最優先した。
来季の阪神は、左腕王国の完成を目指している。岩田、能見、下柳に加えて、新外国人フォッサムも先発起用される可能性がある。本拠地で先発左腕が西日に晒されてパフォーマンスを発揮できなければ、リーグV奪回はおぼつかない。左腕が活躍してくれるなら、3000万円は安いもの。太っ腹な球場側の心意気で、左腕に優し~いホームスタジアムが完成する。

⇒段々きれいになっていく…昔の面影が段々なくなっていく…のか?


≪虎、ドミニカ開拓や!“金の卵”発掘へ≫
阪神が、2010年から、地球の裏側で新助っ人発掘作業を開始することを決めた。
中南米進出を目指していた球団は、今月に入ってドミニカ・ウインターリーグ視察に国際担当を派遣。現地で阪神OBのリベラ氏の協力を得て調査を行い、現在は帰国した担当者から報告を受けている段階だ。
球団幹部は「金の卵がゴロゴロしているようだ」と話し、卓越した身体能力と、未知なる可能性を秘めた選手が豊富なドミニカ市場に進出する方針を示した。
ただし「そのまま使える選手は多くない。日本に呼んで育成する必要がある」といい、米国での即戦力獲得作業と並行して、ドミニカは中長期的ビジョンで、育成選手獲得の場としたい考えだ。
実際の獲得作業には、投打の現役コーチを派遣する。「現場の目で、この選手の、ここを磨けばおもしろいという観点から獲得するのがベスト」(球団幹部)。来日後に実際に指導に当たるコーチの意向を最優先する。
ターゲットは20代前半、理想は20歳前後を想定しており、まさに“金の卵発掘”の趣となる。でも、チームはおっさんまみれwww
日本球界では、04年オフから中日が選手、コーチをドミニカ・ウインターリーグに派遣し、今季は現地で発掘したブランコが活躍。巨人でも育成出身のオビスポが奮闘。こうしたドミニカ人選手の成功例が目立つ中、阪神がそのドミニカに新規参入する。

⇒前もそんなんいうてましたね。


≪球児流維新!覇権奪回へ新境地≫
鮮烈なブレークで球界を代表する右腕となってから5年。未踏の荒山を征服することを生きがいとしながら、猛虎の勝利のために全てを捧げてきた。そして迎える2010年シーズン。しかし、球児は言うのだ。
「もうセーブはいらないし、タイトルもいらない。自分の中では、抑えとしてやり残したことがない」
山本和行の持つ球団記録130セーブに後3と迫っているが、屈辱の09年シーズンを戦い終えて辿り着いた新境地。球児が来季を戦う上での最大のモチベーションを語った。
「自分の子供や、応援してくれる子供たち。それと周りの支えてくれる人たちのために投げたい」
これから残すであろう自らの足跡を、子供たちや後輩たちの道標にしたい…それが球児の思いだ。
「自分の子供も野球を始めたし、これから野球選手を目指す子供たちもいる。後からくる若い選手もいる。自分を目指してくれてる人のために、姿を見せないといけない」。見る者に結果や数字だけでは計れない「何か」を与えることを生きがいに、来季を戦う考えだ。
宿敵巨人の影すら踏めなかった今季。「中にいる選手の1人として恥ずかしかったし、ファンの人にも恥ずかしい思いをさせてしまった」と無念さを滲ませる。覇権を勝ち取ってこそ満たされる抑え投手としての魂。次代に何かを残したいという思いを心の支えに、ペナント制覇という絶対目標の達成を目指す。
腹の底から闘志をかき立てる、何かが欲しかった。その一心で臨んだ母校での自主トレ。「心が洗われた。帰ってきてよかった…」。最新鋭のウエート器具はない。外野には芝生もない。しかし何より大切な球児の原点が、ここにあった。

⇒球児とはあんまり歳変わらないのに、立派ですね…いや、彼の方が年上ですけど(そこ!?)



by,tora-neco



ランキング参加中。応援クリックお願いします(*^_^*)
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 野球ブログへ
[PR]
by kuru2chanbei | 2009-12-25 00:16 | 虎球団

オフ虎ニュース 12/25

25日、東京都内のホテルでクリスマストークショーに参加した、平野選手と桜井選手の来季への思いは?
≪平野、来季もスパイク“4色変化”≫
平野は来季も“4色変化”で地に足をつける考えだ。スパイクを『晴れ、雨、人工芝、土』と使い分ける。「ソールやクッション性とか(スパイクの)歯とかが違う。足のケガが怖いんでね」。また、27日には神奈川県の母校・稲田中学で野球教室も開く。

≪振りまくる!桜井、専属打撃投手雇う≫
決意の1対1!桜井外野手が来年1月の沖縄・宜野座自主トレは単独でしかも打撃投手も連れて行うプランを明かした。
「来年は選手では1人。少しでも多く生きた球を投げてもらってね。水落(打撃投手)が来てくれるので、ありがたい。1球も無駄にしないように、しっかり打ちたい」
年明けからキャンプ地の沖縄・宜野座での単独トレを明かした。今年1月も水落打撃投手を引き連れ、同地で自主トレを行った。打撃投手の滞在費用分など約30万円を“自腹”で負担して敢行。ただ、今年は後輩の高橋勇も帯同したが、来年は単独で10日間前後。打撃投手を1人で“占有”する自主トレは、異例とも言える。
打撃投手はシーズン中で大体、1日200球投げる。生きた球を新年からこれだけ自分のために使えるし、振り込める。これこそ、桜井の2010年に懸ける並々ならぬ決意の表れ。今季は規定打席に到達しなかったものの、自己最高の成績。しかし、トークショーで司会を務めたOBの亀山氏から「メンチを使わなきゃいけなかったのは、キャンプで不振に陥った桜井にある」とキツ~イ指摘を受けた。「僕もそう思っています」と返したように、キャンプからオープン戦にかけて不振に陥ったことでメンチの右翼レギュラーを早々と確定させてしまった。来季こそシーズン通して活躍したい。
「(今季は)前半戦で結果がでなかった。結果を出していれば…。来季は前半戦からガンガンいきたい」
来季も横一線なのはわかっている。中堅、右翼を新外国人のマートンを筆頭に、桜井、葛城、林、平野、浅井らが競う。赤星が抜けたとは言え、激戦区には変わりない。メンチに譲った今季の轍はもう踏みたくない。
「結果しかない。ダメだったら外国人を使うようになる。僕は調整とかいえる選手じゃないし、オープン戦から結果を出したい」。決意の単独トレで、今度こそ春から満開にしてみせる。

⇒桜井には出てきてほしいし、平野のガッツは見たいし…楽しみvv


≪二神、球児発言に恐縮≫
二神投手が25日、地元・高知からの知らせに恐縮した。前日24日に、同じ高知県出身の藤川が“弟子入り歓迎”の意向を示したが…。
「連絡をとれる間ではないので…今は自分のできることを一生懸命やっていきたい」。来春のキャンプで1軍スタートになれば、沖縄での“高知タッグ”結成も夢じゃないが、まずは一歩一歩確実に進んでいく。

⇒ビビったか(笑)


≪体をいじめぬく!阿部がゴルフ場トレ≫
阿部は今オフもゴルフ場トレーニングを行う予定だ。愛媛・松山市内のゴルフ場で楽天・藤井らと合同自主トレを行う。来年1月10日から「1ホール目から18ホールまで走ります。足がパンパンになりますよ」と体をいじめぬく構え。中継ぎの一角を狙う右腕は、新助っ人に負けないように、体を仕上げていく。

⇒趣味と実益を兼ねてます。


≪久保&清水施設慰問で笑顔≫
阪神の久保と清水が25日、大阪府泉大津市内にある障害者支援施設「かりん」のクリスマス会に参加。質問コーナーで「しんどい練習は?」と問われると2人とも「全部しんどいです」と答え、会場を沸かせた。施設訪問に初めて訪れたという久保は「(自分が)悩みを抱えていても吹き飛ぶぐらい。すごく前向きやなと感じた」と笑顔で話した。

≪久保「大みそかも元日も動きます」≫
「雨が降らない限り、大晦日も元日も動きます。朝から昼ぐらいまでは練習に使うつもりです。理にかなった動きを身に付けたい」と正月も無休で体を動かす。また、未更改の自身の契約交渉には「こちらからは特に何もないです」と語るに留めた。

⇒今頃動いてるのだろうか…(現在正月w)


≪真弓監督、マートンはOP戦から起用≫
真弓監督は新外国人の前ロッキーズのマートン外野手と2年目のブラゼルについて、来年2月27日のオリックス戦(安芸)から始まるオープン戦で、積極的に起用する方針を明かした。
「(自主トレを)やってきたと言っても日本とはやり方が違う。同じメニューとはいかない。ゲームには出る。ゲームに出ながら調整していくのが向こうのやり方だから。日本人のように、練習だけでというのは難しいだろうからね」
来日3年目を迎えるブラゼルとマートンは代理人が同じ。代理人を通じて2人が精力的に自主トレをこなしている情報は入っている。が、来春キャンプからいきなり日本式のハードな練習をこなすのは、故障などの危険も伴うと判断。別メニューでの調整を指示する一方で、メジャー式のゲーム出場をこなしながら仕上げる調整法を認めることになる。
マートンにとっては、従来の方法で仕上げられることになるが、早い時期からの試合出場は他球団に情報を与えるデメリットもある。こうしたリスクを覚悟での“メジャー式調整”。指揮官の配慮に新助っ人は成績で応えるしかない。

≪アッチの代役へ!阪神、メッセは中継ぎ起用≫
前マリナーズのメッセンジャー投手は中継ぎとしての起用が決定した。「先発はできない」と真弓監督。今季はメジャーで12試合に登板し、0勝1敗、防御率4・35も、最速152キロの直球を主体に、3Aタコマでは25S。家庭の事情で退団したアッチソンの代役としての期待がかかる。

≪フォッサム先発試す!≫
前カブスのフォッサム投手に対し、先発テストも行うことを明かした。気になる先発陣の充実に、“ポスト・ジェフ”のセットアッパー候補として獲得したはずの左腕にも、新たな可能性を探る。
「右(メッセンジャー)は先発はできない。左(フォッサム)はここ何年かメジャーではリリーフだけど、タイプ的には先発もいけるタイプ」
左肩痛で解雇したセットアッパーのウィリアムスの代役として獲得した。145キロ前後の直球と数種類のカーブとチェンジアップがウリ。1イニング、ワンポイントとしての活躍が見込まれていたが、それだけではもったいない。
フォッサムはメジャー通算40勝53敗2S、防御率5・45。06年までは主に先発で、中継ぎに回ったのは近年。通算でも登板237試合のうち先発マウンドが120試合。今季も3Aでは先発を務めた。ならば最初から役割を決めつけず、春季キャンプを通し、ブルペン、実戦マウンドで秘める可能性をテストした方がいい。
「それ(チーム事情)は絶対、他の投手との兼ね合いでしょう。タイプ的にどっちが向いているかで判断します」
真弓監督が力を込めるように投手陣で当確ランプが灯っているのは守護神の藤川、先発も岩田、能見ぐらい。特に先発陣は、即戦力としてドラフトで二神、藤原を獲得したが、これも未知数だ。坂井オーナーも「少し先発投手が足りないんじゃないか」ともらすように、絶対数が足りない。だから、中継ぎの江草の復調と筒井の成長との両睨みで、フォッサムの先発起用がチームにとってプラスとなるか見極めていくのだ。
フォッサムも望むところだ。虎入りが決まった際、「(先発とリリーフ)両方の経験をしているので、日本では、キャンプで監督に自分の適性を見て、決めていただきたいと思っています」とコメントを寄せた。
先発陣に加われば岩田、能見、下柳、新人の藤原、そしてフォッサム。江草、筒井らがウィリアムスの後釜に納まれば、ただでさえ質量豊富な左腕先発がさらに充実し、左腕王国も見えてくる。大きな可能性…。指揮官が鋭い眼力で最高の判断を下す。

⇒以上、外国人選手についての真弓監督のお言葉でした。


≪年内の更改なし…阪神、金本ら5人越年決定的≫
阪神のこのオフの契約更改交渉で超異例の5人が越年することが25日、決定的となった。球団首脳がこの日、「年内の(5選手との契約)予定はありません」と語った。
依然、契約で合意に至っていないのは、下柳投手、藤川投手、久保投手、鳥谷内野手、金本外野手の主力ばかり5選手。ともに下交渉は重ねている。ただ、球団の年内営業は28日午前中まで。滑り込み更改が実現するのは現実的には不可能な状況。表面的には今オフの阪神の更改は表向きには保留者はゼロながら、大量越年者が出るという事態となった。
阪神では07年度のオフに4選手が越年、2選手がキャンプ中に契約する非常事態が発生したが、5人となると阪神だけでなく、最近の他球団を見渡してもあまり例がない。このオフは現時点で西武が3人の越年が決定しているが、5人となると12球団で最多。5年ぶりのBクラスによる厳冬更改の影響が色濃く出たとも言える。
5人の中でも今季5億5000万円の金本は1992年の広島入団以来初めての越年となった。さらに藤川は4億円から、下柳は1億9000万円からの、それぞれ現状維持かダウン提示となる模様。鳥谷は1億1000万円、久保は6400万円からのアップが予想されているが…。年をまたいで虎の銭闘は続く。

⇒鳥谷、後半の神懸かりのおかげ…?



by,tora-neco



ランキング参加中。応援クリックお願いします(*^_^*)
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 野球ブログへ
[PR]
by kuru2chanbei | 2009-12-25 00:09 | 虎球団

わたくし“スーパー・ポジティブ”な関西人・tora-necoが、タイガース日記を気ままに書いてみる。
by kuru2chanbei
プロフィールを見る
画像一覧

最新のトラックバック

2011年春季キャンプ、..
from りが・みりてぃあ野球殿堂
守りのミス連発、久保田投..
from 自由気ままに虎など ガンバレ..
守りのミス連発、久保田投..
from パイプの部屋
必死のパッチの決勝弾!ア..
from 自由気ままに虎など ガンバレ..
必死のパッチの決勝弾!ア..
from パイプの部屋
金本、残念!でも素晴らし..
from 今日の特選情報!
勇気ある決断、1492試..
from 自由気ままに虎など ガンバレ..
勇気ある決断、1492試..
from パイプの部屋
また苦手を作ってしまったか?
from 自由気ままに虎など ガンバレ..
また苦手を作ってしまったか?
from パイプの部屋
甲子園開幕戦、AK砲炸裂!
from 自由気ままに虎など ガンバレ..
甲子園開幕戦、AK砲炸裂!
from パイプの部屋
【2010 公式戰】 ○..
from 仙丈亭日乘
下さん好投虚し、拙攻で3..
from 自由気ままに虎など ガンバレ..
下さん好投虚し、拙攻で3..
from パイプの部屋

検索

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな