虎々なるままに日暮し

2010年 01月 05日 ( 2 )

オフ虎ニュース・2 1/5

≪今岡、ロッテ合格へ原点安芸から孤独な始動≫
目を閉じれば鮮明に思い出すことができる。これまでに味わったことのなかった雰囲気。日の丸を背負い、世界の頂点を目指した若き日の記憶が蘇ってくる。96年のアトランタ五輪、キューバと戦った決勝の舞台。二塁を守った今岡が、遊撃を務めた井口と14年の時を経て、同じユニホームを着るチャンスを掴もうとしている。
「大学1年生のときから東都リーグ(東洋大・今岡、青学大・井口)でライバルとしてやってきた。オリンピックでも準決勝、決勝と二遊間を組んだ。その井口と一緒に野球をやりたい」
阪神を退団しテスト生としてロッテ・石垣島キャンプに挑む。正式に支配下登録選手という立場をつかみ取り、かつて鎬を削った同級生と一緒に戦うことが、孤独な闘いを続ける今のモチベーションとなっている。
「向こうはメジャーも経験してますし、立場は違いますけどね。色々とね、昔からお互いに言わなくても、分かることもある。今年で36歳になりますけど、ここから互いに向上することがあると思う」。野球人生をかけた勝負のキャンプ。そこを勝ち抜いたとき、野球人としての新境地が見えてくる。一度は現役引退の危機を味わった男が目の色を変えている。
この日はプロとしての原点でもある高知・安芸で始動。安芸ドームで初日からバットを握り、ティー打撃、マシン打撃を行った。さらにトレーニング室に場所を移し加圧トレーニング。午前10時から午後にかけて今年最初の自主トレを行った。練習開始前には松本憲治安芸市長から激励を受け、笑顔をみせた。
「ここ何年か、結果を残せてないですけど、加圧トレの効果も感じてるし体の状態はいい。アクシデントがなければ2月1日にはいい感じで入っていけると思う」と確実に手応えを感じている。挑戦者の心を持ち、攻撃的に自らの立場を確立していくつもりだ。
今岡にとって、2月1日はある意味“開幕”。速攻で勝負を決めるつもりでいる。「ロッテの球団、ファンに早く認めてもらえるようにしたい。去年、1年間はファームでも試合にほとんど出ていないけど、やっぱり、やってくれそうやなという雰囲気を早く出さないと」。入団テストをパスし猛虎からマリンへ。そして、その向こうにある井口とのプレーを目指し-。“天才打者”が汗にまみれている。

⇒IMAOKA!IMAOKA!…って、応援しまっせ^^


≪虎の顔になる!D4秋山、美顔器持参入寮や≫
虎の顔になる!!2010年ドラ4位・秋山が5日、愛媛県西条市内の同校で自主トレを公開した。キャッチボールやダッシュなどで約2時間汗を流した後、1月上旬の入寮の際に持ち込むものとして、美顔器を検討していることを明かした。
1m86、92キロという大型新人。最速150キロの直球が武器の剛腕・秋山が自主トレ後、ニヤリと笑ってこういった。
「入寮の時に何か特別なものを持っていった方がいいんですよね」
それは頑丈な肉体をさらに鍛えるトレーニング器具か…。いや、違う。なんと、ルーキーの思い描くブツは想像とは正反対の美顔器だった。
「ゲルマニウムローラーみたいなやつを持っていこうかと思っています。これから、活躍できたら顔がテレビに映る機会が多いんで」
18歳らしい初々しさ満点のコメントで報道陣を爆笑の渦に巻き込んだ。というのも、「太ったら、(顔のむくみが)すぐ顔にでてしまう」のが難点。地元・愛媛でも阪神ファンは多く、注目度は高い。それだけに、マッサージ器具を使って、テレビ映えも意識した“小顔美男”を目指す!?というわけだ。
ちなみに『顔』つながりでいえば、西条高OGにはニキビ用スキンケア『プロアクティブ』のイメージキャラクターとして有名な眞鍋かをりがいる。直接会ったことはないが「(3年)夏の甲子園のとき、宿舎に電報とポカリ(スポーツ飲料)を送ってもらいました」とほほえんだ。
とはいえ、美顔を茶の間に届けるためにもまずは1軍入りが先決。昨夏の甲子園敗退(2回戦)後は、とっておきの“山登りトレ”に励んできた。「下半身の強化です」。学校近くの標高197mの八堂山が鍛錬の場。学校から山の中腹までの片道5キロを駆け上がるという。年末年始も体を動かし、13日から始まる新人合同自主トレに向け、準備に余念はない。
「早く1軍に上がって、投げたいです!!」
大きな体には無限大の可能性が詰まっている。期待の高卒右腕が名実とも、虎の『顔』になる。

⇒…えらいもん持ってくるのね(笑)


≪ヤジって!城島「何しとんねん」歓迎≫
ジョーをヤジれ!!城島の恩師、佐世保軟式野球連盟の村川勇理事長が5日、「阪神に行ってよかった。ヤジられた方がいい。強気な性格が阪神でプラスになる」と話した。負けん気が強い城島を幼少期から知る育ての親が、虎党の厳しい声がさらなる進化につながると太鼓判を押した。
コラ、城島!!それでも大リーガーか!!打てんのやったら、佐世保に帰れ!! 寅年の主役は、虎党の痛烈なヤジをガソリンにする。城島の恩師が新天地でのレベルアップに太鼓判を押した。小4から佐世保の相浦少年クラブで野球を始めた時から、大器の成長を間近で見てきた人物だからこそ、言えるセリフだった。
村川理事長は「個人的には阪神にいって良かったと思っているんですよ」と前置きした後、その理由を明快に述べた。
「阪神でうまくいかなかったり、ヤジられたりする方がいい。性格的に向いていると思う。私は活躍すると思いますよ」
城島がプロ入り後、キャッチングや打撃を批判された新聞記事を、ロッカーに貼っていた話は有名だが、少年時代から、人一倍の負けん気の強さを持っていたという。打てなかったり、指導者に怒られると、涙を流し、人目に隠れて猛練習を積んだ。そして実戦で見返したこともたびたび。跳ねっ返りの強さが成長を支えてきた。
城島はプロに入り、地元で自主トレを行ってきた。恩返しとして、故郷の子供たちを対象に野球教室を開催。毎年1月に顔を合わす村川理事長によると、大人になってもその反骨心は変わっていないという。
「性格的なものは同じですね。彼は子供の頃から物の考え方が強気でした。だから怒られたりしたら、見返してやろうと必死でがんばるタイプだった。厳しい環境の阪神でプレーすれば、まだまだ成長すると思いますよ」。活躍すれば、どこまでも持ち上げられるが、結果を出せなければ、強烈な逆風が待っているのが阪神という人気球団。ソフトバンクやマリナーズ時代とは比べものにならないプレッシャーが待っているが、この厳しい環境がさらに進化させる。
九州や地元佐世保には今でもマ軍退団後、古巣ソフトバンクに復帰しなかったことを残念がる声が多いという。だが、城島の父・昭司さんと頻繁に食事をする仲という村川理事長は、タテジマを選んだ教え子の決断を尊重する。
「確かにソフトバンクに戻って王監督と一緒に日本一を目指してほしいという声はあります。でも、それじゃあ、これまでと同じ。阪神で頑張ってほしい」
脂が乗りきった33歳。現状が完成型ではない。36本塁打(2004年)、119打点(03年)、打率・338(04年)の打撃3部門での自己新更新、そして阪神、5年ぶりのリーグ優勝…ヤジれば、ヤジるほど、とんでもない選手になる。

⇒甲子園の野次を甘く見ない方が……



by,tora-neco



ランキング参加中。応援クリックお願いします(*^_^*)
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 野球ブログへ
[PR]
by kuru2chanbei | 2010-01-05 23:20 | 虎球団

オフ虎ニュース 1/5

≪南社長「優勝に飢えてる」に拍手≫
阪神が5日、兵庫・西宮市内の球団事務所で年賀式を行った。南球団社長が、年頭の挨拶で「チームの目標は優勝です。チーム内でも選手たちは優勝に飢えていると思います。何より応援してくれるファンのためにもリーグ優勝を勝ち取りたい」と力強く宣言して、会場から大きな拍手を浴びていた。
4位に終わった昨年からの巻き返しを期している。南球団社長は「甲子園では全勝するくらいの気持ちでやってほしい。(セ・リーグで)3連覇しているチームを倒さないと上も見えない」と、打倒巨人を宣言した。

≪坂井オーナー、阪神優勝の経済効果に納得顔≫
南球団社長が5日、西宮市内の球団事務所で行われた球団年賀会で、優勝し関西経済への貢献する意気込みを口にしたことに関して坂井オーナーは納得顔。大阪・野田の電鉄本社で「経済効果は色々な指標がありますが、実は先日、関西のビールの売り上げが全国平均の90%程度と低いという話になりました。タイガースが優勝したら(全国平均を)超えるんでしょうな」と一例を挙げた。優勝してビールの消費量が上がるだけでも相当な経済効果。猛虎Vで勝利の美酒が増えれば、この貢献は間違いない。
「1に優勝、2に優勝。3、4も優勝。5に優勝」と力強いメッセージで、今年の“合言葉”を発した。

≪意見ぶつけ合え!南社長、メール禁止令≫
南球団社長は5日、西宮市内の球団事務所で行われた球団年賀会で“メール禁止令”を発した。近年、メールのやり取りが増加して球団内の議論の場で突っ込んだ話し合いが行われていないことを憂慮しての強権発動だ。意見をぶつけ合うことがV奪回への第一歩。あなたの会社の活性化にも役立つのでは?
あなたの側にいませんか?メールではもっともらしい意見を並べてくるが、いざ顔と顔を合わせると、からっきし言葉を発しないタイプ。社会の悩みは阪神球団の悩みでもあった。
「最近はどの組織でもすぐメールでやり取りする。でも、それだけ突っ込んだ議論ができない。顔を合わせて話し合わないと、コミュニケーションは取れない」
年始の所信表明で南社長は最近感じた議論不足を“メール会話”の禁止によって、改善する意向を示した。
「チームにも、営業にも、フロントにも同じことを言った。同じことをしていては、同じ成果しか生まれない」
リーグ優勝には5年、日本一には25年遠ざかっている阪神。年頭から「優勝」を連呼して大号令を発している球団トップは、組織内の議論の停滞にも大なたを振るった。
球団の1人1人が声高に主張し、議論を戦わすことも、優勝への大事な貢献となる、という発想だ。
甲子園で勝て!!巨人を倒せ!!2大目標を支える球団内では自分の口で意見を言え!!南イズムで2010年の猛虎がスタートを切る。

⇒今年もよろしくm(__)m


≪ドラ1二神「道の駅」で後援会発足≫
ビックリ後援会発足は「道の駅」!!阪神ドラ1位・二神が5日、地元の高知県幡多郡大月町内ので行われた阪神入団祝賀会に参加し、同時に後援会が発足した。
高級料亭でもホテルの1室でもない。人口6000人あまり、総面積の7割が森林という町ならではの、アットホームな祝賀会場は「道の駅 大月」2階のカフェ&ダイニングレストランだった。当初は格式高い場所が予定されたが、参加希望者が殺到。スペースが広く、二神とふれ合えるこの場所が選ばれた。
この日は二神の両親に小中学校時代の恩師、町長ら80人超が参加。町民たちの人柄に触れ、二神の笑顔は絶えることがなかった。「こういう風に町長さんとかにも足を運んでいただいてやる会は初めて。町をあげてやって頂いているんで、頑張らないといけないですね」と決意を新たにした。
後援会はドラフト直後から二神と顔なじみの人々が中心となってプランを練り始め、昨年12月7日の新人入団発表会見を受けて本格的に動きだした。今後はこの日集まったメンバー以外にも会員募集をかける予定。後援会関係者は「まだ具体的な動きは決まっていないですが、年末に会を開いたり、(自分たちで)バスを出して(高知)キャンプまで応援に行ったりできたら、と思っています」と説明。これから荒波に飛び込んでいくドラ1ルーキーに、強力な応援団が誕生した。

⇒地元の皆さんの応援を背に、頑張れvv


≪金本ら5選手交渉長期化で自費キャンプも≫
金本、藤川が自費キャンプ!?沼沢球団本部長が5日に西宮市の球団事務所で取材に応じ、金本知、藤川球児ら契約未更改5選手との交渉が長期戦に突入する可能性を示唆した。
思わぬ所で浮上した阪神の「契約問題」は、年が明けて一件落着とはいかないようだ。金本、藤川、鳥谷、下柳、久保の主力5選手が契約未更改のまま、年を越した。交渉役の沼沢球団本部長の口ぶりは、この日行われた年賀式でも歯切れが悪かった。「色々トレーニングの予定もあるだろうし、合意は(1月)下旬までかかるかもしれない」と長期戦を視野に入れていることを明かした。
問題解決まで大きなテーマは2つある。5年ぶりにBクラスに転落し、多くの選手が年俸のダウン提示を受けた。それはチームの顔と言える金本や藤川も例外ではなかった。さらに赤星や今岡らチームの功労者が相次いで、チームを去った。代わりに、城島ら新戦力が加入するが、急速な血の入れ替えに疑問を呈する声もある。実際に藤川は「残ったプレーヤーにも気持ちがあるから大事にしてほしい」と心境を語った。チーム運営に納得するまで交渉を続けたいという主力選手の考えがあるのは事実だ。
球団側も中途半端なまま問題を終わらせる気はない。条件面に関して、沼沢球団本部長は「選手もそうだろうが、こちらも妥協することはない」と強い姿勢で臨む決意を持っている。球団の方針を理解してもらう作業にも時間を費やす覚悟はある。南球団社長は「チームも営業も総務も各部署で、顔をつきあわせて議論することが大事」と“対話路線”を重視することを表明。自ら契約更改の場に出る可能性もあるが、「キャンプでキーマンとなる選手と話をしたい」と沖縄での会談設定に意欲を燃やした。
状況次第では、複数の主力選手が自費キャンプに突入する異例の事態に発展する可能性もある。フロント、現場の結束まで時間が必要。V奪還の道のりは容易ではないが、妥協しない精神の表れでもある。

⇒あらららら…


≪新井、謙虚に「4番は金本さん」≫
新井が、4番金本のサポート役に力を注ぐ。5日、今年初めて甲子園クラブハウスで練習。「4番を外してほしい」と発言している金本の代役として、真弓監督ら首脳陣から「腰の故障が癒えてきたんじゃないかな。去年の後半ははつらつとしたプレーできてたんで、4番に座ってもいいかな」と期待をかけられている。しかし、新井は「4番には金本さんがいる。金本さんが打ち続けると思います」と慎重だったが、指揮官の高評価については「素直に嬉しい。そう認めてもらっているのは嬉しい」と感謝した。
球団の仕事始めとなったこの日、新井はさっそく甲子園クラブハウスを訪れ、トレーニングに励んだ。
「例年、オフはあまり打たないんですけど、今年は昨季後半の感触を忘れないように、継続的に打ってますね」。昨季は打率2割台に低迷した前半戦から一転、後半は打率・319、6本塁打、44打点とバットが振れた。
今オフは下半身の筋力アップと打撃練習を継続。悩まされた腰痛と決別して「去年の今頃に比べるといい。(好調だった)去年後半ぐらいやれればいい成績が残ると思う」と手応え。昨季は2割1分台だった打率を2割6分まで引き上げてフィニッシュ。ただ満足はしていない。「去年の自分は帳尻合わせ。好不調はあるけど、大きな波を作ってはダメ。波が少ないのがいい選手」と話した。
プロ12年目は金本から教えられた「打率と本塁打を比例する」という理想に向けてハイレベルな打撃へのチャレンジを掲げている。「確実性と長打力は比例するんじゃないかと思い始めた。その感覚を大事にしたい」と、新年から精力的に汗を流した。

⇒…とにかく、いつぞやの広島時代の新井さんには戻らないでね。



by,tora-neco



ランキング参加中。応援クリックお願いします(*^_^*)
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 野球ブログへ
[PR]
by kuru2chanbei | 2010-01-05 23:06 | 虎球団

わたくし“スーパー・ポジティブ”な関西人・tora-necoが、タイガース日記を気ままに書いてみる。
by kuru2chanbei
プロフィールを見る
画像一覧

最新のトラックバック

2011年春季キャンプ、..
from りが・みりてぃあ野球殿堂
守りのミス連発、久保田投..
from 自由気ままに虎など ガンバレ..
守りのミス連発、久保田投..
from パイプの部屋
必死のパッチの決勝弾!ア..
from 自由気ままに虎など ガンバレ..
必死のパッチの決勝弾!ア..
from パイプの部屋
金本、残念!でも素晴らし..
from 今日の特選情報!
勇気ある決断、1492試..
from 自由気ままに虎など ガンバレ..
勇気ある決断、1492試..
from パイプの部屋
また苦手を作ってしまったか?
from 自由気ままに虎など ガンバレ..
また苦手を作ってしまったか?
from パイプの部屋
甲子園開幕戦、AK砲炸裂!
from 自由気ままに虎など ガンバレ..
甲子園開幕戦、AK砲炸裂!
from パイプの部屋
【2010 公式戰】 ○..
from 仙丈亭日乘
下さん好投虚し、拙攻で3..
from 自由気ままに虎など ガンバレ..
下さん好投虚し、拙攻で3..
from パイプの部屋

検索

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな