虎々なるままに日暮し

<   2009年 10月 ( 62 )   > この月の画像一覧

秋季キャンプ~安芸入り~ 10/28

≪狩野外野も…城島“捕強”で転向プラン≫
阪神の28選手とコーチ、スタッフらは28日、29日から始まる高知・安芸での秋季キャンプに備え伊丹空港から高知入りした。真弓監督は、城島の加入により来季出場機会が減りそうな狩野恵輔捕手について外野コンバートなんぞも検討していることを明らかにした。
オフの最大の補強の結果、チーム編成に大きな可能性が生まれた。城島を獲得したことで、今季捕手として急成長を遂げた狩野に外野手転向のプランが浮上。渦中の若虎は「可能性があるなら前向きに考えたい」と、慎重ながら新たな可能性に挑戦する姿勢を示した。
勿論、捕手としての実力はプロの1軍レベルに達している。今季は主戦捕手として127試合に出場し打率.262、5本塁打、35打点の成績。開幕から故障離脱した矢野の穴をしっかり埋めた実績に文句を付ける理由はない。ただ、WBC日本代表で4番・正捕手を務めたメジャーリーガーが加入するとなれば話は変わってくる。
狩野は今季、球団として捕手のみの出場では初となる10盗塁をマーク。そこで脚力と打力を生かし、外野へコンバートというプランが浮上した形だ。真弓監督は「(城島と)“勝負したい”というならしたらいい。(外野は)本人がやりたいというならね。まず話をしてから。チームの事情もあるからみんな希望を聞けるわけじゃないけど」とコメント。狩野に2つの選択肢を与えた。
「僕は言われたところでやるだけです」。捕手としてのこだわり、新たなチャンスを慎重に見極め、狩野は来季の飛躍を狙うつもりだ。

≪狩野、城島への挑戦に専念!!≫
強力なライバルを迎え入れた狩野捕手は、城島への挑戦に専念し、当面は外野転向といった雑念を捨てる決意を固めた。故障で出遅れた矢野に代わり、今季127試合に出場した「正妻」は、課題のスローイング特訓に励み、実りの秋にする。メンバーはこの日、29日開始の秋季安芸キャンプのために高知入りした。
淡々とした表情の狩野だったが、眼光だけは鋭く光っていた。城島という新たな壁は巨大でも、捕手としてのレベルアップを期すしかない…自分磨きを誓って安芸へ向かった。
チームにとっては狩野の打力と、10盗塁をマークした走力は貴重な戦力。狩野からすれば、城島が相手であっても、武器をより強力にするしかない。「キャンプではそのへん(打力、走力)も踏まえて(練習)したい」。課題のスローイング特訓にも取り組むが、まずは長所伸ばしプランを語った。
外野転向案には「いろいろ可能性があるなら(外野練習も)…。(打力、走力を評価されての案なら)前向きに考えたい」と受け流した。城島挑戦権を得るべく、捕手としての牙を研ぐことが最優先事項だ。
今春キャンプでは投手への返球もそれるほど、スローイングに苦しんだ。吉田バッテリーコーチらと練習を積み、確実に上達。右肘手術で矢野が出遅れたこともあり、開幕からスタメンマスクをかぶり、出場127試合のうち115試合に先発出場した。
堅実に歩を進めて「正妻」となった矢先だ。吉田バッテリーコーチは「どんどん強敵が現れるのがプロの世界。少ないチャンスをものにしてほしい」と語り、安芸では捕手狩野を鍛え抜く意向だ。木戸ヘッドコーチも「簡単に(外野転向は)許さんやろ。そんなん他の外野手が怒るよ」と、あくまでも捕手としての成長を願っていた。

⇒頑張れ、狩野!!こうなりゃ城島も応援しますが、やっぱり私は、生え抜き若手の狩野らに「ポスト矢野」「虎の正妻」を争ってもらいたい!!矢野様だけじゃなく、城島越えなんてしちゃったら、すげーよ、狩野!(^^)!



by,tora-neco



ランキング参加中。応援クリックお願いします(*^_^*)
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 野球ブログへ
[PR]
by kuru2chanbei | 2009-10-28 18:47 | 虎球団

速報!虎のジョー誕生!! 10/27

≪城島阪神入り決定「阪神のために力出す」≫
マリナーズを退団した城島健司捕手が27日、福岡市内で阪神と2度目の入団交渉を行い、合意に達した。城島は記者会見で「阪神のために力を出し切りたい」と引き締まった表情で話した。契約内容は推定4年総額20億円プラス出来高払い。高っ!
城島はソフトバンクでプレーした05年以来5年ぶりの日本球界復帰となる。ソフトバンクも獲得に乗り出していたが、阪神はこの日、星野仙一シニアディレクター(SD)も交渉に同席し、獲得にこぎ着けた。城島は「球団、現場、すべてが一体となった誠意が十分に伝わった。お世話になろうと決めた」と阪神入りの経緯を語った。
城島は大分・別府大付高(現明豊高)からドラフト1位でダイエー(現ソフトバンク)に入団。06年にマリナーズに移籍し、大リーグ通算成績は462試合で打率.268、48本塁打。今季は故障などの影響もあって出場71試合にとどまり、3年契約が2年残っていたが、出場機会を求めて20日に退団を表明していた。

-阪神入りを決断した理由は
「(マリナーズ退団を決意して)最初に手を挙げてくれたことです。球団、現場の一体となった誠意が十分に伝わりました」
-古巣のホークスへの未練は
「いろいろお世話になったし、正直迷いました。きのうの夜、恩師の王さん(貞治会長)には(阪神入団の)電話をいれました。ホークスも会社の問題や、(世代交代という)チーム事情があるみたいで…」
-きょうは星野オーナー付きシニアディレクターも同席したが
「素晴らしい言葉をいただきました。星野さんからは、阪神には『お前のエネルギーが必要なんだ』と」
-阪神に対するイメージは
「むこうではホークスのことは気にしていたが、正直阪神のことは全然わからない。ただ、いままで敵だった甲子園の大声援が味方に変わるということですね」
-捕手としてだけでなく中軸を打つ打者としても期待は大きい
「期待は、人がしてくれるもの。ボクは何番でもバッティングスタイルは変わらない。打席にたったときは、思いきって打ちにいく、ということだけ」
-最後に真弓監督には
「なんで真弓監督が『ジョー』と呼ばれているのかを本人から聞きたい。ボクの名前(城島もジョーがあだ名)を変えないといけないから」


⇒あぁ…とうとう誕生してしまったか…こっちの各球団(主にやっぱり虎w)ニュースの更新も間に合ってないのに。いや、個人的なことはさておき(笑)

そこまでして獲得して、果たして…第一、城島は阪神顔?どう見ても、九州顔やん!(笑)

いえ、何度も言っていますが、城島が嫌いというわけではないんです。城島がいい捕手どころか、日本でもトップレベルの捕手であることは重々承知していることですし、捕手のいいチームというのは、強いチームだということも分かっています
でも、今年一年頑張って著しい成長を見せた狩野は?(まだまだ勉強が要りますが、合格ラインだと思います)虎の正捕手として支えてきた矢野さんは?清水や岡崎、良平だって育てていかなければいけないし、若手の生え抜きに伸びてきてほしいところなのに、城島が入って試合の出場機会が減っては困るのでは?

でもまあ、真弓さんも若手育成の重要性を分かっていないわけではないでしょうし、これをいい機会に、正捕手争いが激しくなって、矢野さんや狩野を始め、他の捕手も「ダメだ」なんて思わずに必死のパッチでやってくれてもいいかな…とも。

しかし、入ってしまったものは、応援しますよ!(^^)!
うん。それしかないのだもの・・・頑張ってもらうしかない!!




by,tora-neco






さっさと更新しないと、すげー遅れをとっております(-_-;
ランキング参加中。応援クリックお願いします(*^_^*)
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 野球ブログへ
[PR]
by kuru2chanbei | 2009-10-27 22:37 | 虎球団

日本シリーズまで後… 10/27

≪ロッテが西本聖氏のコーチ就任を発表≫
ロッテは27日、巨人などで活躍した西本聖氏の投手兼バッテリーチーフコーチ就任を発表した。背番号は「71」。
西本氏は愛媛・松山商高から1975年に巨人入り。81年に沢村賞、中日に移籍した89年に最多勝のタイトルを獲得するなど、94年の引退まで通算165勝を挙げた。03年には阪神の投手コーチを務めた。西本氏は「西村監督の下で日本一を目指して頑張る。選手たちにはいい環境を提供し、ちょっとした手助けができれば」とコメントした。

⇒阪神は相変わらず生活の一部ですよ~♪で。球児が何だって?(笑)


≪ヤクルト・大塚が戦力外…2軍スタッフに≫
ヤクルトは27日、大塚淳内野手に戦力外通告したと発表した。来季からは2軍スタッフに就く予定。

⇒よく声を出すというし、2軍スタッフというのもいいかもしれませんね^^


≪引退の城石氏がヤクルト1軍コーチ就任へ≫
今季限りで現役引退したヤクルト城石憲之氏が来季、1軍内野守備・走塁コーチへ就任することが27日、分かった。近日中にも球団から正式に発表される。堅実な守備に定評があるほか、かつて選手会長を務めるなど人望も厚く、異例の抜てきとなった。公式戦で内野の守備位置すべてを守った経験を持つ適任で、引退の要因となった腰痛についても「状態は良くなっている」とノックなどにも支障はない模様。来月4日の秋季キャンプから、新人コーチとしてスタートを切ることになる。
また来季組閣も固まりつつあり、今季1軍内野守備・走塁コーチを担当していた土橋勝征氏が、2軍内野守備・走塁コーチへ配置転換される。来年はコンディショニングをトレーナーが管轄する方針で、これに伴い長田孝幸1軍コンディショニングコーチとは契約を更新しないことも分かった。

⇒城石は、やっぱり燕…のイメージ。1軍コーチですか。良かった、良かった^^


≪楽天礒部が現役引退、コーチ就任へ≫
楽天・礒部公一外野手が27日、現役引退を表明した。この日、仙台市の球団事務所で米田純球団代表からコーチ就任を打診され「(要請を)受けようと思う。年齢的にも、潮時かと思っている」と話した。
礒部は広島・西条農高から三菱重工広島を経て、97年に近鉄に入団。01年に打率.302、95打点でリーグ優勝に貢献しベストナインを受賞した。04年の球界再編では近鉄の選手会長として労使交渉で中心的な役割を果たし、新設された楽天へ移籍した。
楽天では、昨年から出場機会が激減。今季は8試合で打率.118だった。通算成績は1311試合で1225安打、97本塁打、打率.281

⇒そっかぁ…磯部、引退ですか…寂しいなぁ。ありがとう、磯部。お疲れさまm(__)m


≪巨人がカツノリ&荒井コーチを招聘≫
巨人が来季の2軍コーチとして楽天を退団した野村克則バッテリーコーチと前日本ハムコーチの荒井幸雄打撃コーチを招聘することが27日、分かった。勇退したばかりの楽天野村前監督の野球理論を引き継ぐ2人によって、伸び盛りの若手選手に“ID野球”をたたき込む。
両コーチとの契約はすでに合意に達しており、28日にも正式発表される見込みだ。2人の加入にともない、2軍バッテリーコーチの藤田浩雅コーチはフューチャーズなど育成選手を総合的に指導する立場へ配置転換される予定。2軍打撃コーチの金杞泰コーチは韓国LGの2軍監督に就任することが決まっている。

⇒…カツノリですか。そうですか。


≪西武の岸、銀仁朗ら秋季キャンプに32人≫
西武が11月1日から宮崎・南郷で行う秋季キャンプの参加選手32人を発表した。
◆投手 岸、大沼、山崎、涌井、平野、野上、許、松永、星野、山岸、木村、藤田、帆足、武隈、田中
◆野手 銀仁朗、細川、岳野、上本、中島、石井義、片岡、浅村、原、星、中村、大崎、栗山、後藤、高山、大島、松坂
休養日は5日、10日、16日。

⇒イケメン軍団、宮崎へ(笑)。西武は今年悔しい思いをしていますからね、来季、頑張れ!!


≪【巨人】グライのシリーズ先発が絶望≫
右肘痛のグライシンガー投手は、31日からの日本シリーズ先発が絶望となった。27日、川崎市のジャイアンツ球場で軽めの練習を行ったが、本格的な投球再開に至っていない。原監督は「僕の口からは…、どうでしょう。みなさん(報道陣)が具合を見ていただければ、分かるでしょう」とコメントした。

⇒ダルも先発したし、分かりませんけどね。


≪横浜が日本ハム藤井&ロッテ橋本獲りへ≫
横浜がFA権を取得している日ハム藤井秀悟投手とロッテ橋本将捕手のダブル獲得を目指す可能性が高くなった。27日、球団関係者はFA選手獲得の狙いについて「ウチの場合まず先発投手」と話し、今季22試合登板で7勝5敗の藤井がFA宣言すれば獲得に動くことを示唆。今季は先発ローテを守り通したのは三浦しかいないだけに(うわぁ…)、来季11年目の左腕に狙いを定めた。
補強ポイントは投手だけではない。捕手も昨オフにFA獲得した野口が右肩痛などで2軍が長く、若手を起用し続けたが、正捕手を決められないままシーズンを終えた。ロッテ橋本はリード面だけでなく、左打者として打撃の能力も評価している。横浜は内川、村田、吉村と右の強打者は多いが、橋本を獲得できれば打線にもバリエーションと厚みが出る。
若林オーナー、球団幹部らはこれまでも、今オフの大補強を明言している。藤井、橋本のW獲得で2年連続最下位からの大脱出を目指す。

⇒確かに、投手は欲しいところ。捕手は…定まらないのは痛いけど、細山田とか頑張ってましたけどね。


≪ロッテが元ソフトB山田秋親獲得を検討≫
ロッテが元ソフトバンクの山田秋親投手の獲得を検討していることが27日、分かった。同投手は昨年オフにソフトバンクから戦力外通告を受け、現在は独立リーグの四国・九州アイランドリーグ福岡の練習に参加している。立命大3年時に、シドニー五輪に出場。ダイエー(現ソフトバンク)入団後は、06年に右肘内側靱帯断裂、07年に左膝半月板損傷、08年に右肩痛のケガに見舞われ、プロ8年間で通算成績は98試合登板、15勝11敗1セーブ、防御率4・75。ロッテ石川晃球団副代表は「体はだいぶ良くなったと聞いている。トライアウトを見て判断します」と話した。

⇒多村2号…


≪西武西口がFA権行使せず残留≫
西武西口投手が27日、FA権を行使せず残留することを決めた。この日、西武ドームで球団と2度目の交渉を行い、年俸などの条件面で合意した。推定年俸2億円からのダウン提示を受け、「今年の成績(4勝)なので、受け止めています。先発で頑張りたいので、気を引き締め直していきたい」と決意をのぞかせた。

⇒雪辱に燃える、西口。来季は頼んだぞ!!


≪第1回「サヨナラ賞」、亀井と井口が受賞≫
セ・パ両リーグなどは27日、今季制定の「ドラマティック・サヨナラ賞」を発表した。
セは両リーグ最多の3本のサヨナラ本塁打で優勝に貢献した巨人・亀井義行外野手、パは2本のサヨナラ本塁打を放ったロッテ・井口資仁内野手がそれぞれ選ばれた。
同賞は、シーズンで最もインパクトのあるサヨナラ本塁打や安打を放った打者が対象。賞金200万円が贈られる。

⇒個人的に、虎なら関本とか前半の金本…ですか。



by,tora-neco



ランキング参加中。応援クリックお願いします(*^_^*)
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 野球ブログへ
[PR]
by kuru2chanbei | 2009-10-27 22:24 | 他球団

秋季練習~打ちあげ~ 10/27

≪真弓監督、しつこく長く細かい秋季C≫
阪神は27日、甲子園で行っていた秋季練習を打ち上げた。また、29日から高知・安芸市営球場で行う秋季キャンプ(11月16日まで)の参加メンバーを発表。真弓監督は総括し、個別練習重視のキャンプになることを改めて明言だ。
真弓監督は、走塁などの確認作業に時間を多く費やした秋季練習について、「シーズン中では長い時間をかけることができないし」と振り返った。29日から始まる秋季キャンプは「『しつこく、長く、細かく』やる。(全体の時間は)わからない。長くなったり、短くなったりする。なるべく(コーチと選手が)マンツーマンで送れるキャンプにしたい」。午後からは個別練習になる見込みで、選手それぞれの弱点を鍛え上げる方針だ。

⇒な~んか、空回りが目立った感があった去年。今年は、よろしくですm(__)m


≪林、個人練習でレベルアップだ!≫
今オフのトレード要員とあがっている林は27日、鳴尾浜で全体メニュー後にも志願して送球の練習を行った。秋季キャンプには参加しないが「練習に打ち込める時期。(個人練習も)どんどんやっていくつもり」と気合十分。この日は自身で課題に挙げる「右足の踏み込みの強さ」をテーマに、ゴロ捕球からの投球を約30分繰り返した。真弓監督は甲子園で「やるべきことを自分で分かっているはず。しっかり調整してほしい」とレベルアップを指示した。

⇒リンちゃん好きとしては、非常~にこれからがきになるところ…虎のリンちゃんが見たいのです。


≪関本、右足内転筋の回復を優先≫
関本は夏に痛めた右足内転筋の完全な回復を優先する。「体のケアだね。屋外練習は(いつ始めるか)まだ分からない」。27日は鳴尾浜で約2時間、ウエートルームにこもった。権田トレーナーは「トレーニングはまず患部以外で、患部は痛みが完全に取れてから。ウエートやプール歩行でけっこう動けていますよ。(年内に)軽いランニングやキャッチボールはするかもしれません」と説明した。

⇒セッキー、来年はあんたの好きな偶数年だよ!(^^)!(笑)


≪金村暁、FAはもっと頑張ってから≫
FA資格選手の金村暁は27日、「(FA権を)一度使ってみたい気もするけど、もっと頑張ってからの話」と今オフは権利を行使しない構え。この日は鳴尾浜でウエートトレーニングと持病の腰痛のケアに努めた。来季は先発復帰の意思を示し、「春季キャンプやオープン戦でもそのつもりでやります。中継ぎで必要とされるなら、もちろん頑張りますけど」と話した。秋季キャンプには参加せず、鳴尾浜で別メニュー調整する。

⇒今季やっと1勝ですから、FAしても微妙な気が(^_^; 虎でも少しお願いします。


≪久保田、来季も先発で起用≫
真弓監督は27日、来季の久保田について、先発で起用する考えであることを明言。「一皮むけるというか、自分のものを見つけるためにも先発で調整してもらう」と話した。アッチソンが退団危機を迎えているだけにセットアッパーでの復帰の可能性もあるが、「中継ぎは、いつでも回っていけるんじゃないか」。秋季キャンプで投げ込みを決めている右腕をスターターとして育てる方針だ。

⇒…久保田、先発ですか。不安なんですけど(-_-; そして、アッチがいなくなるかもというのは、非常に重いんですけど…


≪桜井、レギュラー獲得へ送球磨く秋≫
秋のテーマは守備力アップだ。桜井は27日、秋季キャンプでは「守りが大事になります。ピッチャーを助けられるくらいにならないと。スタートもよくしないといけない」と課題を挙げた。秋季練習中は、スローイング矯正に着手。より下半身を使い、安定する送球フォームを習得中だ。真のレギュラー獲得に向けた挑戦が続く。

⇒桜井とリンちゃんの守備は、ドキドキです(笑)。後は、体を鍛えて、フルで出れるぐらいでないと。


≪野原将、城島に「勉強させてもらいたい」≫
ジョーさん、教えてください!!城島と同じ長崎出身の野原将は27日、「好きなプレーヤーでした。勉強させてもらいたい」とパワフルな打撃の教えを請うことを願い出た。「そのためには1軍でやらないと。秋季キャンプでアピールして、何とか食い込みたい。春も呼ばれるように頑張りたい」。先輩との対面を心待ちにしつつ、まずは己を磨くことに集中する。

⇒この前のドラフト何位かの子といい、そこは「矢野さん」でしょ!あぁ~…未だに城島に対しては複雑ですわ(-_-;



by,tora-neco



ランキング参加中。応援クリックお願いします(*^_^*)
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 野球ブログへ
[PR]
by kuru2chanbei | 2009-10-27 21:55 | 虎球団

日本シリーズまで後… 10/26

≪ハム、パ優勝で札幌Vパレード決定≫
日ハムが本拠地を置く札幌市で、優勝パレードを行うことが25日、決まった。CS第2ステージ制覇から一夜明けたこの日、球団と同市が発表。パ優勝のみでは見送ることも検討していたが、CSを突破したことで踏み切ることになった。06年日本一、07年のリーグ連覇時にも行っており、選手サイドからもパレード実施すべきとの声もあり、球団と同市で協議して、結論を出した。期日、場所等は今後、双方で調整してから最終決定するが、過去の例からも11月中に、札幌駅から繁華街のすすきのへと続くメーンストリートなどを利用することが有力だ。

⇒前日のニュースですが、めでたい話なので気にしない(笑)


≪楽天、克則コーチが残留要請を再び保留。橋上ヘッドら8コーチの退任≫
楽天は26日、橋上秀樹ヘッドコーチ、池山隆寛1軍打撃、関川浩一同補佐、杉山賢人1軍投手、西俊児1軍内野守備走塁、佐竹学1軍外野守備走塁、松井優典2軍監督、芹沢裕二2軍バッテリーら8コーチと来季の契約を更新しないと発表した。
また、残留要請を受けていた楽天野村克則1軍バッテリーコーチ、通称カツノリは26日、仙台市内の球団でフロントと契約について会談したが、結論は27日に持ち越しとなった。25日に来季2軍バッテリーコーチ就任の要請を受けたが、返答を保留。この日の会談で結論を出す意向だったが、「人生の大事なことを半日では決められない。明日です」と再び態度を保留した。
また球団はこの日、仙台市内のホテルで2軍の星野おさむ打撃、高村祐投手、永池恭男内野守備・走塁、広橋公寿外野守備・走塁、米田慶三郎・吉田豊彦両育成の6コーチに来季の契約更新の方針を伝えた。

⇒懐かしい名前を久々に聞きました…


≪西武平尾、土肥がFA権行使せず残留≫
FA権を持つ平尾博嗣内野手が思わせぶりな態度?をとった。26日、西武ドームで球団とFA交渉を行い、会見の冒頭で「します!」と言って、FA権行使をにおわせた。囲まれた報道陣の顔色をうかがい、「来年もよろしくお願い『します』と伝えました」と笑わせた。また土肥義弘投手もFA交渉を行い、平尾と同じく、権利を行使せずに残留することを決めた。

⇒チャラ尾め(笑)


≪初安打が本塁打、ハム佐藤が引退≫
日ハムは26日、8年目佐藤吉宏外野手の今季限りの引退を発表た。鳥栖高から01年ドラフト4巡目で入団。パンチ力のある左打者として期待され、昨季1軍デビューした。08年4月19日のソフトバンク戦で放った本塁打がプロ初安打。今季は8月18日に旭川で楽天岩隈から放った本塁打が最後の打席。通算17試合、27打数4安打3本塁打。来季から球団スタッフ。

佐藤「支えてくださったファンの皆さまへは感謝の気持ちでいっぱいです。特に札幌ドームで受けた歓声は生涯忘れられません」

⇒ふむ…難しい世界です。糾弾スタッフとして頑張ってください!


≪中日が李炳圭と来季契約せず、打撃不振で≫
中日は26日、李炳圭外野手と来季の契約を結ばないと発表した。07年に来日したが、期待された打撃面が振るわず、今季は28試合で打率.218だった。

⇒守備のお手玉が許せなくなりましたか?


≪2冠の中日ブランコが年俸6倍で2年契約≫
ブランコ内野手が26日、名古屋市内の球団事務所で契約更改交渉を行い、年俸180万ドル(約1億6500万円)の2年契約でサインした。来日1年目の今季は年俸30万ドルながら144試合で打率.275、39本塁打、110打点をマークし、本塁打王と打点王の2冠に輝いた。

ブランコ「2年契約なので落ち着いてプレーできる。また来年もタイトルを取りたい」

⇒早速、契約内容が決まりましたか(笑)


≪多村FA権行使せずソフトBへ残留決定≫
ソフトバンク多村外野手が取得していたFA権を行使せず来季もチームに残留することが26日、決定した。この日、都内で球団側と交渉を行い、互いの意思を確認。「監督を胴上げしたい。このままじゃ何のためにホークスに来たのか分からない」と来季のV貢献を誓った。角田球団代表も「いい選手なので、何とか来季も頑張ってもらいたい」と期待を寄せた。具体的な契約内容については今後の交渉で詰めていくことになる。
06年オフに横浜から移籍した多村は、昨オフに国内FA権を取得しており、10月11日には海外球団とも自由に交渉できる権利も得ていた。今季は右肩痛で出遅れ、93試合の出場で打率.282、17本塁打、57打点の数字を残したが、CSでは直前にやはり腰を痛めて欠場。不本意な形でシーズンを終えていた。

また、NPBは26日、09年度のFA有資格者として、取得年数9年の海外FA資格を初取得した五十嵐投手(ヤクルト)ら87選手を公示。
海外FAの条件を初めて満たしたのは五十嵐に、清水直行投手(ロッテ)多村仁志外野手(ソフトバンク)ら14選手で、再取得は4度目の谷繁元信捕手(中日)ら4選手。取得年数8年の国内FA資格は阿部慎之助捕手(巨人)小林宏之投手(ロッテ)ら17選手が初めて取得した。資格を継続保有しているのは52選手。
今季は「故障者特例措置」によるFA資格取得者はいなかった。
FA権を行使する場合は、日本シリーズ終了日の翌日から土、日曜日と祝日を除く7日以内に在籍球団に通知し、NPBコミッショナー事務局から「FA宣言選手」として公示された翌日から、契約交渉が可能となる。

⇒さて、多村が海外でスペらなくてよかった…


≪G・尾花コーチが監督就任騒動を謝罪≫
横浜が来季の監督として招聘する方針を固めている巨人尾花投手総合コーチは26日の練習前、原監督、選手らに対し、日本シリーズを控える大事な時期に監督就任報道で騒がせたことについて謝罪した。尾花コーチは「皆さん(報道陣)が騒いでくれているので、申し訳ないと言った。今まで通り、一生懸命やるだけ」と話した。

⇒まあ、集中したい時ですわな。


≪ロッテがWBC2冠韓国4番金泰均獲得へ≫
ロッテが今年3月のWBCで韓国の4番として活躍した金泰均(キム・テギュン)内野手の獲得へ向けた調査を開始することが26日、分かった。金は今季FA権を取得。WBCでの強打が世界的に知れわたったことで、楽天などが獲得に興味を示している。そんな中、韓国にも球団を持ってパイプがあるロッテが、補強候補にリストアップした。
来シーズンへ向け、大砲の獲得が急務だった。かねて石川球団副代表は「外国人で4番を打てる選手がほしい」と、現状の戦力を見定めた上で補強ポイントを挙げていた。メジャーや南米などを含め、現在6人程度に絞りこまれたという補強リストの中に、「アジアの大砲」も入っていた。
金はWBCで日本と優勝を争った韓国の主砲。9試合で打率.345、3本塁打、11打点と活躍、満票で一塁手のベストナインにも選出された。MVPを獲得した松坂(レッドソックス)からは、東京ドームの左翼へ看板直撃の特大弾を放った。持ち前の長打力で、韓国の準優勝に大きく貢献した。
打撃だけでなく、ゴールデングラブ賞を受賞するなど、守備の評価も高い。バレンタイン体制から一新し、西村新監督のもと、大砲と中継ぎ投手の補強は必要不可欠。韓国残留を含め争奪戦は必至だが、負けてはいられない。

⇒うちは別の韓国の選手を狙ってましたね、確か


≪ダルがシリーズ登板へ「なんとかします」≫
左臀部痛で日本シリーズ(31日開幕)登板が厳しい状況のダルビッシュ有投手が26日、5日以来の本格的な投球練習を行った。この日、チームは札幌ドームで日本シリーズへ向けた全体練習を再開。ダルビッシュは23日にブルペン入りしても軽い立ち投げ程度だったが、この日は中2日でブルペン入りし、変化球を交えて約40球を投げ込んだ。
ダルビッシュは「この前と変わってないです。張りがなかったら、もっと思いっきり投げてますよ」と言葉少なだった。スライダー、フォークなどすべての球種を投げたが、吉井投手コーチも「今日のピッチングでは(試合は)まだ無理。前回より進歩はしたけど、試合で彼本来の投球ができる状態ではない」と、一進一退の状態を強調した。登板回避の方向性は変わってないが、ダルビッシュは復帰へひそかに燃えている。
自身の公式ブログには「僕の復帰は絶望的やと思われてますが、なんとかします」と書いている。さらにこの日は「逆風に向かって飛べ」の題で更新し、「今日は座ってもらって40球くらいかな?投げました。ちょっとずつですが、進歩してます」と、1歩ずつだが準備を進めている。吉井投手コーチも「彼はあきらめていない。この前の試合(CS)を見ていたら、そりゃあ投げたくなるだろう」と心情に理解を示した。
現時点では日本シリーズの先発ローテーションも、ダルビッシュ抜きで決定はしている。指名打者のないセ・リーグ本拠地開催の対策として投手陣が打撃練習を開始したが、ダルビッシュは行わなかった。それでも驚異的な回復にかけているのは確か。0・01%でも可能性がある限り、ダルビッシュは調整を続けていく。

⇒ダルが投げない日本シリーズ…選手層はあるけど、やっぱりダルが見たい!


≪横浜岡本1軍総合コーチが編成部長就任へ≫横浜が26日、今季1軍総合コーチを務めた岡本哲司氏が11月1日付で編成部長に就任することを選手、スタッフに発表した。同氏はこの日、1、2軍合同で秋季練習を行っている横須賀市の合宿所を訪問。田代監督代行以下、全コーチと今後の練習方針について話し合いを行った。同氏はチーム作りの方向性として「1、2軍の監督、球団が三位一体となった組織を築く必要がある」との考えを示した。また今季まで2軍内野守備走塁コーチを務めた万永貴司氏、広報担当だった欠端光則氏のスカウト転身も伝えられた。

⇒万永!また懐かしい名前を!


≪伝統の猛練習が復活!野村カープ13時間野球漬けの猛烈スタート≫
広島の日南秋季キャンプが26日、宮崎・日南市内の天福球場で始まった。
スパイク跡でデコボコになったグラウンドが、猛練習を物語っていた。野村カープは、秋季キャンプ初日から激しく動いた。野村新監督の指揮下で午前7時半から散歩を実施。夜間練習が終わった午後8時過ぎまで、13時間近く「野球漬け」になった。実戦的な守備走塁練習の実施、米国製ノックマシンの導入、実戦5試合を組むなど「3つの野村流改革」で好スタートを切った。
ボリュームたっぷりのトレーニング量。だが、野村新監督は涼しい表情で言う。
野村監督「入団したときは、こんな練習は当たり前だった。プラスアルファの1時間の打撃、守備…。やらされていると思った経験もあるが、それが自分の身になる。一流選手でも、やっていない選手はいない。間違いなくプラスになる」
猛練習に裏打ちされた現役時代だった。91年にはリードオフマンとして、チームを優勝に導いた実績もつくった。量よりも質を重視した前任のブラウン体制から大きく転換を図ったのも、経験に基づく根拠があればこそだ。まずは「3つの改革」から滑り出した。

(1)実戦的守備走塁練習
1時間20分にわたって、ほとんどの野手、投手が参加した。各守備位置に野手が散らばり、ノックを受ける。走者は全力疾走し、緊張感ある連係プレーを入念に繰り返した。1、2軍に分かれて実施。バックネット裏から見守った野村監督は「送球ミスが多くて、まだまだ雑なプレーも出てきた」と指摘するように、新たな課題も見つかった。
(2)米国製ノックマシン
守備では、指揮官の発案で初めてノックマシンを導入した。ゴロ、飛球を打ち分けられるATEC社製。約20万円相当の機器を2台購入した。鈴木球団本部長は「練習の効率は良くなるね」と説明した。今後は2軍の練習用に追加購入するプランも検討されている。
(3)実戦5試合を実施
29日に練習試合ソフトバンク戦、30日に韓国・斗山戦を実施。これは来春沖縄キャンプの参加を巡る若手の真剣勝負の場だ。さらに紅白戦3試合を追加(11月1、5、8日の予定)。指揮官が「課題に取り組めているかの確認」と話すように、1軍選手が自らのテーマを試す実戦となる。実戦的な守備走塁、投げ込み、打ち込み、特守…。昨季に比べ、初日から2時間近く練習量が増えた。盛りだくさんのメニューだったが質の高さも追求。劇的な改革で過去の栄光を取り戻す。

⇒赤ヘル軍団復活!?


≪ソフトB新垣「オフ返上」誓う≫
右肩関節炎でリハビリ中の新垣渚投手が「オフ返上」を誓った。26日は西戸崎室内練習場で約45Mまで距離を広げてキャッチボール。年明けのブルペン投球再開を目標に「(ペースを)落とすつもりはない。(休みを入れて)落としてしまっては(開幕に)間に合わない」と、秋季キャンプ終了後もほぼ無休で調整を続けていく方針を示した。

⇒濃い~顔が見れないのも寂しいですからね!頑張れよ~



by,tora-neco



ランキング参加中。応援クリックお願いします(*^_^*)
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 野球ブログへ
[PR]
by kuru2chanbei | 2009-10-26 22:08 | 他球団

秋季練習 10/26

≪虎のアライバになれ!大和&上本強化指定≫
虎のアライバになれ!大和内野手と上本博紀内野手が、強化指定選手としてくせ者化を指令された。26日、甲子園での秋季練習で特打を敢行。和田打撃コーチが見守る中で約30分間、右打ちを徹底。球界を代表する1、2番コンビの中日井端、荒木の嫌らしさを身につけるように求められた。エロさではない。
大和と上本が、流し打ちを繰り返した。内角球も引っ張らずにカットしてファウルに逃げる。右打ちを身につけるため必死で汗を流した。和田打撃コーチは「彼らには嫌らしさというプラスアルファが必要。(投手が)顔を見るのも嫌だ、というぐらいになってほしい」と狙いを説明。進塁打と、投手に球数を投げさせる技術の習得を求めた。
2人の右打ち特打は秋季キャンプ中も徹底される。大和が「打てる方向が広がると自分も得だし、カットできれば投手も嫌がる」といえば、上本も「自分みたいなタイプは相手が嫌がる選手にならないと試合に出られない」と気合十分。和田コーチは「(2人は)荒木や井端のようになれる可能性がある選手。1カ月でどこまで変わるか、楽しみ」と話した。

⇒上本の方が大和より年上な事実…大和、若さがないのか?(笑)でも、そんな嫌な1、2番って楽しみですよね^^


≪藤本FA考え中「進展ありません」≫
藤本内野手はFA権の行使の有無について熟考を重ねている。26日は鳴尾浜で汗を流し「まだ(球団とも)正式な交渉はないし、進展はありません」と話した。今年4月24日に国内移籍が可能となるFA権を取得。シーズン終了直後の15日には「まだ白紙に近い状態。せっかく頂いた権利ですし、簡単に残るとも言えないし、簡単に出るとも言えない」と悩める胸中を明かしていた。すでにヤクルトが獲得に興味を示しており、時間をかけて最善の答えを出す構えだ。

⇒ヤクルトユニより、縦縞の方が似合うってw


≪安藤11月まで肩休め下半身鍛え直す≫
安藤投手が3カ月計画で巻き返しを期す。26日、甲子園での秋季練習に参加。投手陣の中でただ1人、ノースロー調整で下半身を鍛えた。「11月いっぱいまでボールを投げないつもり。投げないことに対する不安はない。肩を休めて、体幹と下半身を鍛え直す」と話した。
今季は28試合に登板して8勝12敗、防御率3.90。9月1日ヤクルト戦を最後に6戦勝ちなしで終了。「(終盤に)バテたという感じじゃないが、納得できない部分があった。(今季を)振り返って課題は見つかった」。7年ぶりに参加する秋季キャンプでも徹底的に走り込んで体を鍛える。
「原点に戻るというか、さらに体を強くしたい。3カ月かけて体を鍛え直して、春のキャンプに備えたい」。来年1月下旬までの3カ月間は体力強化に重点を置き、力強さを増して来シーズンに向かう青写真だ。

⇒いや。結構、独り相撲見るけど(笑)。コントロールはいいんだから、もったいないですよね。


≪林、秋季キャンプメンバー外れた≫
鳴尾浜から逆襲や!林外野手が参加を志願していた高知・安芸秋季キャンプのメンバーから外れることが26日までに分かった。この日は鳴尾浜で1時間超の室内マシン打撃、キャッチボールなどで体を動かし、巻き返しに燃える決意を見せた。
「(キャンプに参加できず)残念と言えば残念ですけど、僕もそういう歳になってきたのかな、と思う。若手も多くなってきましたし、自分はできることをしっかりやっていきたい」。
07年は115試合に出場し、打率.292、15本塁打。次代を担う大砲と期待されながら、来年1月には31歳を迎える。もう若手とは言えない。普段はさわやかな笑顔を振りまく男が、珍しく危機感を隠さなかった。今季は56試合で打率.208、3本塁打、11打点。ふがいないシーズンに終わり、来季にかける思いは強い。ただ「行きたい」と志願していた秋季キャンプは不参加が決定。1軍首脳陣へのアピールの場を失う形となった。
それでも前向きに復権を目指す。今後は鳴尾浜を中心に調整予定。「逆にこっちにいた方が重点的にできるかもしれない。(春季キャンプまでに)今、しっかりやらないと。全てにおいてレベルアップしないといけない」。打つだけではなく、走って守る。ニュースタイル転向で表舞台に舞い戻る。

⇒まずは、怪我をしないこと…これで少しはレベルアップが望めるかと…



by,tora-neco



ランキング参加中。応援クリックお願いします(*^_^*)
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 野球ブログへ
[PR]
by kuru2chanbei | 2009-10-26 21:38 | 虎球団

日本シリーズまで後… 10/25

≪ノムさん、楽天名誉監督就任へ「断る理由はない」≫
今季限りで退任する楽天の野村克也監督は25日、球団から要請されている名誉監督の就任について「断る理由はない」と話し、前向きな姿勢を示した。
楽天は24日に日ハムに敗れ、パ・リーグのCS第2ステージで敗退した。野村監督は最後の指揮から一夜明けたこの日、新千歳空港で取材に応じた。ユニホームを脱いだ心境については「だいぶ前に通告されていたから、心の整理はできている」と話した。
楽天の三木谷会長からは「何をやってもいいと言われた」そうで、名誉監督になっても解説や評論などの活動に支障はないという。「年は取っているけど、体は元気。おれから野球を取ったら、何も残らないよ」と、変わらない野球への愛情を語った。

⇒ノムさんは、よっぽど楽天に愛着があるんですね^^


≪広島・野村新監督、なれ合い決別宣言!≫
広島は25日、26日からの秋季キャンプを前に、野村新監督が全体ミーティングを行った。ソフトバンク(29日)、韓国・斗山(30日)と練習試合を予定しているが「終わった段階で広島に帰ってもらう選手も出てくる」。4年ぶりに朝の散歩も復活予定で「遅刻したらペナルティーもあるでしょうね」と、なれ合いからの決別を宣言した。

⇒マジで厳しい…


≪オリックス・北川、FA権行使で残留宣言≫
オリックスの北川博敏内野手が25日、07年に取得しているFA権を今オフに行使して宣言残留することを明かした。

⇒私のオリ好きな友達が喜びそうです(^^)


≪西武、1軍投手コーチにOBの橋本氏を招聘≫
西武が1軍投手コーチとしてOBの橋本武広氏を招聘することが25日、分かった。同氏は94年にダイエーから西武入りし中継ぎ左腕として活躍。今季リーグ最多のサヨナラ負け14度を喫した救援陣立て直しに、豊富な経験を生かす。
また、河田雄祐2軍守備走塁コーチも1軍に昇格。2軍守備走塁コーチには元守備走塁コーチの鈴木康友氏が9年ぶりに復帰する。小野和義1軍投手コーチは2軍へ配置転換される。コーチ人事は26日にも発表される。

⇒西武も大幅編成が見られますね。


≪ダルビッシュ、日本シリーズ断念へ≫
日本シリーズ進出が決まっても、暗雲は晴れなかった。コンディション不良で離脱中のダルビッシュ有投手が登板を断念する見通しになった。梨田監督が24日の試合後、「たぶん無理だと思う。準備はしているけれどね」と明かした。豊かな将来性にも配慮し、来季以降へ及ぼす影響なども加味して、復帰を見送る方向性が固まった。
CSもエース抜きで突破。中継ぎ投手を7人ベンチ待機させ、やりくりしながら乗り切ったが、日本シリーズも同様の戦略で臨む見込みになった。必死の調整を続けているダルビッシュも「良かったッスね、本当に…。状態?まあ、頑張ります」とチームの進撃を喜び、復帰意欲は見せた。だが梨田監督は複雑な胸中を代弁し「投手は投げられないという、ストレスはすごいよ」と庇った。苦渋の決断を下す時が来た。

⇒とかなんとか言いながら、絶対どこかでダルが見れると思います。ていうか、見たい!(笑)頑張れ、ダル!!


≪工藤が西武へ、古巣で47歳現役!≫
西武が横浜を自由契約となった工藤公康投手を獲得する方針を固めたことが25日、明らかになった。
西武が来季で47歳、プロ29年目の働き場所を探している工藤の獲得に動く方針を決めた。昨季日本一から4位と低迷。投手陣の立て直しが急務で、西武黄金期の象徴的存在だった経験豊富なベテラン左腕にターゲットを定めた。工藤獲得の可能性について、小林信次球団社長は「気になる選手の1人。調査はしています」と興味を示した。
今季は投手陣の不振がV逸の大きな要因となった。サヨナラ負け14度は両リーグワーストタイ記録。守護神グラマンの故障離脱が響いたとはいえ、リリーフの弱点を露呈した。特に計算できる左投手が不足。今季はセットアッパーの星野が持ち味を発揮できず、長く主力として支えてきた三井も10月に戦力外。横浜で先発に中継ぎもこなせる適性を示した工藤が補強ポイントに合致した。
工藤は西武時代の94年オフ、球団と折り合わず、FA権を行使しダイエーに移籍した経緯がある。しかし、球団関係者は「当時のフロントは刷新され、獲得の障害になる可能性は低い」と話す。15年たった現在は、黄金期を支えた功労者を温かく迎え入れる用意ができている。
現役時代から親交の深い渡辺監督も「獲得の可能性?ゼロじゃない」と獲得に前向き。工藤が横浜から戦力外を受けた際には「最年長勝利のプロ野球記録(48歳=阪急浜崎)を破ってほしい」と現役続行を願うなど、良き理解者として応援してきた。同じ高卒入団で、2歳年上の先輩工藤とは当時から息も合った。テレビのスポーツ番組でキャンプリポートを務めるなど「新人類」と呼ばれ、流行語大賞を受賞。立場は指導者と選手に変わるが、タッグ復活となれば、往年のファンを魅了するはずだ。
小林球団社長は一般論と前置きして「投げるボールは、年齢を感じさせない。選手の模範になる存在」と若手への相乗効果を期待する言葉も口にした。選手会とNPBの申し合わせで、11月11日に開催される1回目の12球団合同トライアウト(甲子園)終了後までは戦力外となった選手と直接交渉できないため、実際にはそれ以降に獲得に動く。現時点でほかに獲得に興味を示している球団はなく、来季、西武のユニホームで47歳現役を迎える可能性が高くなった。

⇒ここまできたら、おじさんにも頑張っていただきたいものです!(^^)!


≪中日ブランコ複数年希望、球団応じる姿勢≫
リーグ2冠を獲得した中日トニ・ブランコ内野手が25日、来季の契約について複数年契約を希望した。球団側もこれに応じる姿勢を見せており、今オフ最大の課題の1つ、ブランコの契約問題に明るい兆しが見えてきた。
前日24日、チームは巨人とのCS第2ステージに敗れ、今季が終わった。一夜明けたこの日、ブランコは都内のホテルから名古屋に移動する前、来季の契約について問われると具体的な条件を挙げて、前向きな姿勢を見せた。
「また、日本に戻ってきたいと思っている。(契約が)うまく運べば戻ってきます。希望? 自分としては、1年より2年と、長くできたらいいなという希望はある」。
球団は外国人選手に対しては単年契約を原則としてきたが、ブランコはあえて複数年を要求。球団側も来日1年目で不動の4番として全144試合に出場し、39本塁打、110打点の2冠王となった、なんともうらやましい活躍から複数年契約にも応じる用意をしている。球団幹部は「まだ交渉はしていないが向こうが複数年を希望し、こちらも妥当だと判断すれば応じる用意はある」と説明。関係者の話を総合すれば年俸1億円の2年契約を基本線に近日中に交渉に入る見込みだ。
昨季までの4番ウッズの20分の1にも満たない推定年俸2700万円で大活躍したブランコにはシーズン中から代理人が接触するなど、球団は他球団への移籍を憂慮し、引き留めを優先課題としていた。ブランコは27日にドミニカへ帰国予定のため、交渉はその後になる見込み。首脳陣が来季も打線の核と考えるブランコ残留へ。「複数年」という1つの着地点が見えた。

⇒億積むより、安くても活躍する外国人選手…ん?うちでも今季見かけましたな(・・;



by,tora-neco



ランキング参加中。応援クリックお願いします(*^_^*)
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 野球ブログへ
[PR]
by kuru2chanbei | 2009-10-25 21:16 | 他球団

話題は城島と菊池だけ。 10/25

≪星野SD出馬へ城島獲り王会長に対抗≫
阪神が獲得を目指す前マリナーズ城島捕手との交渉で星野仙一SD“出馬”を検討することが25日、分かった。球団首脳が「星野SDに交渉に入ってもらうこともこれから考えたい」と話した。
23日に4年総額20億円(推定)の条件提示を含めた初交渉を行った阪神は、26日にも南球団社長が城島サイドと第2回交渉を持ち、獲得に前進を図る。獲得意思を表明した古巣のソフトバンクは、24日に世界の王球団会長が3時間会談するなど懸命に巻き返しているだけに、知名度抜群の星野SDの出馬で獲得に向けてダメを押す狙いがある。
北京五輪で日本代表監督を務め、中日と阪神でも監督として長くチーム作りに携わってきた星野SDは、補強交渉の場に座るのにうってつけの存在と言える。来季以降のSD職続投が内定し、球団内では編成面などでさらに手腕を発揮してもらうよう活動範囲を広げる動きもある。球団の総意で取り組む「城島獲得」プロジェクトでも、人を引きつける情熱の説得術を活用しない手はない。23日の最初の交渉に出席した真弓監督は今後の交渉に関して球団トップの南球団社長に一任する方針で、闘将のカリスマで阪神城島の誕生を決定付ける。

⇒星野SD=脅し…ですね。


≪真弓監督が抽選担当、菊池引くでぇー!≫
岩手・花巻東の菊池投手の国内志望表明を受け、阪神は25日、あらためて菊池の1位指名に変更がないことを確認した。ただ、12球団OKの菊池だけに競合は必至。その場合の抽選を担当する真弓監督は「(くじを引く)そのつもりでおるよ。普通に引くだけ」と、冷静さを装いながら、静かに気合を入れ直した。その一方で、これまでの人生で抽選経験が少なく、逆に勝ち運を残しているのではないかと聞かれ「そういうのは(ある)な…」。淡々とした表情の中に、自信ものぞかせた。
自身の強運を信じ、抽選へ臨むが、ドラフト会議当日の29日は、秋季キャンプのスタート日と重なった。それでも、交渉権を得た場合は、そのまま同日中に菊池の元へあいさつに出向く案もある。速攻出馬も視野に入れつつ、この日は、甲子園球場で若手が合流した秋季練習で、熱の入った指導。桜井、高橋勇のスローイング練習では、自分の体を動かして足の運びなどを指導していた。

⇒…最近の籤運の無さは、ある意味異常(笑)



by,tora-neco



ランキング参加中。応援クリックお願いします(*^_^*)
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 野球ブログへ
[PR]
by kuru2chanbei | 2009-10-25 20:54 | 虎球団

CS第2ステージ最終日。他… 10/24 他球団

≪日本ハム、2年ぶりに日本シリーズ進出!≫
CS・パ第2ステージの第4戦が24日、札幌ドームで行われ、リーグ優勝の日本ハムがレギュラーシーズン2位の楽天を9-4で下し、対戦成績4勝1敗(日本ハムに1勝のアドバンテージ)で2年ぶりの日本シリーズ進出を決めた。楽天はシーズンを終了し、今季限りで退任する野村克也監督にとって最後の指揮となった。
日本ハム・梨田監督「初戦のスレッジの満塁本塁打で一気に流れが来た。(楽天が)最後は岩隈と藤井の近鉄バッテリーで印象に残る試合になった。パの覇者として胸を張って戦っていきたい」
日本ハムは1回、一死から森本の遊撃内野安打をきっかけに満塁と攻め立て、第1戦で逆転サヨナラ満塁弾を放ったスレッジが中堅へ犠飛を放ち、さっそく先制点。続く2回にも田中の適時三塁打で追加点を挙げると、森本が日ハムファンの待つ左翼スタンドに2ランを放ち、この回3点を奪った。
リードが1点となった7回、スレッジの適時打と鶴岡の幸運な三塁内野安打で貴重な追加点。8回にはスレッジが3ランを放ち、楽天を突き放した。
3回まで無安打に抑えていた先発藤井は4回に失点したものの、5回3失点にまとめ、後を受けた3人がつないで最後は武田久が締めた。
楽天は4回の反撃で3点を奪い、2番手の青山も好投を見せてリズムを作ったが、勝負どころで畳み掛けることはできなかった。執念の継投で8回途中からは第2戦先発の岩隈を投入したが実らなかった。

稲葉(1敗でのCS突破にも) 「どれもしんどい試合だった。主将として僕から言ったことはなく、チームが自然と一つになれた」
田中(CS突破に) 「1、2番打者が機能した。普段と変わらず、いい野球ができた。これまでの短期決戦の経験は、間違いなく生きている」
小谷野(攻守で渋く貢献) 「自分が打つ、打たないは関係ない。短期決戦はチームとしてどう動くか。みんなのおかげで勝たせてもらった」
藤井(5回3失点) 「決め球を先に投げた」
中田(代打で出場も3球三振) 「全然、駄目。フルスイングできなかった。いい経験になった」
高橋(7回、膝の故障を押して、暴投で二進) 「紙一重の走りだった」

≪ノムさん終戦…楽天、岩隈投入もダメ押し被弾≫
(CS・パ第2ステージ第4戦、日ハム9-4楽天、日ハム4勝1敗、24日、札幌ドーム)
楽天は先発・藤原が日ハム打線に捕まり2回4失点で降板。4回に3点を返し1点差としたが、終盤に5点を失い4-9で敗れた。今季限りで退団となる野村監督は日本シリーズ進出を逃し、最後の試合となってしまった。
楽天・野村監督「間違いだらけだった第2ステージを象徴する試合だった。選手を生かせず、殺してしまった。仙台で日本シリーズができず残念。日本ハムの選手は、よく野球を心得ていた」
楽天先発のルーキー・藤原は1回裏、日本ハム・森本、稲葉に連打され、高橋には四球を与え満塁のピンチ。この場面で5番スレッジに犠牲フライを打たれ1点を失った。藤原は続く2回裏、二死二塁から田中に適時三塁打、さらに森本には2点本塁打を浴び計4失点。序盤で試合を壊し、ベンチは嫌な雰囲気となった。
4点を追う楽天は4回表、高須がチーム初安打となる左前打で出塁すると、二死一、二塁からセギノールの適時打で1点返した。さらに、満塁から宮出が中前打を放ち2者が生還。3-4とし、1点差まで詰め寄った。
しかし、楽天の反撃もここまで。7回裏にスレッジ、鶴岡の適時打、さらに8回裏には二死二、三塁のピンチでエース・岩隈を投入したが、スレッジに特大3ランを浴び5点差。最後の最後まで粘りを見せたが、この一発で完全に力尽きた。
野村監督は試合後、敵地に乗り込んだ楽天ファンの待つライトスタンド側で選手とともに一礼。球場内から大きな拍手を浴びた。そして、なんと日ハム選手も加わっての“異例の”胴上げとなり、野村監督は5回宙を舞い、満員のスタンドから再び大きな大きな拍手をもらい、球場を去った。

藤井(8回のピンチで中1日の岩隈とバッテリーで登場) 「岩隈が投げて、感動した」
草野(退任する野村監督を胴上げ) 「寂しい。体は重かったです」
藤原(2回で4失点) 「冷静に入れたつもりだったが、思うようにいかなかった」

⇒ノムさんの胴上げには、マジ泣きしました。


≪ノムさん、背番号19は「花巻東・菊池に」≫
退任する楽天・野村監督が24日、球団から永久欠番にと要望されている自身の背番号「19」を、花巻東高・菊池投手に譲る考えを明かした。菊池が日本でのプレーを希望した場合、楽天は29日のドラフト会議で菊池を1位指名する方針。抽選での交渉権獲得が条件となるが、実現すれば何よりのプレゼントになる。
野村監督は22日夜に行われた三木谷球団会長との会談で、名誉監督就任を改めて要請された。さらに感謝を込め、背番号「19」を永久欠番にする意向を伝えられた。名誉監督就任は前向きに検討している野村監督だが、永久欠番には「そんなものはいらないよ。ここ(楽天)で選手だったわけでもないし」と固辞する意向を示している。
「どうぞ次の選手がつけてください。できれば菊池がいいな。本人が喜ぶなら。ファンが喜んでくれるやろ」
菊池が日本でのプレーを希望、楽天が抽選で交渉権を獲得という二つのハードルが待っているが、野村監督は球史にその名を刻んできた「19」を菊池に譲りたいという。「18」田中、「20」長谷部、「21」岩隈と並ぶ中に「19・菊池」が入れば、近未来の黄金時代も連想させる。
そして何より、感謝を込めた最後のファンサービスという思いが強い。「楽天ファンは東北気質というか、粘り強くて温かい。日本一」。菊池は隣県の岩手出身で、18日の楽天との面談の際には「自分の中でも身近な球団」と好印象を口にしている。東北生え抜きのスターが、偉大な番号を背負う姿が見たい。

⇒結局叶いませんでしたが、ノムさんのこういうところ、好きですね。


≪中日・立浪、最後の打席は左飛「ありがとう」 ≫
(CS・セ第2ステージ第4戦、巨人8-2中日、巨人4勝1敗、24日、東京ドーム)
立浪は9回の代打での出場が現役最後の打席となった。「代打・立浪」がコールされると球場全体から大歓声がわき上がり、左飛に倒れると多くの巨人ファンも立ち上がってベテランの労をねぎらった。
ヘルメットを掲げて声援に応えた立浪は「チームメートに感謝し、巨人ファンにもありがとうと言いたい。今年の巨人は強かった。日本シリーズも頑張ってほしい」とライバルチームを称えた。

井上(現役に終止符) 「できれば日本シリーズまで行きたかった」
和田「自分達に足りないものがあったのかもしれない。そのあたりをこれからゆっくり考えたい」
井端「個人個人がいま以上に成長するしかないと思う」
荒木「一生懸命やった。この後は練習」

⇒落として痛い試合がありました…そして、立浪選手、井上選手、今まで本当にありがとう!!お疲れさまでした。


≪谷がプロ初満塁弾!巨人2年連続で日本シリーズへ≫
巨人が8-2で中日に勝ち、2年連続の日本シリーズ進出を決めた。31日開幕の日本シリーズは巨人と日ハムの対戦となる。
試合は1回裏、左翼線二塁打で出塁した巨人・坂本が、中日・中田の悪送球の際に生還し、巨人が1-0と先制。さらに亀井の適時打で1点を追加した。
3回裏、巨人は2番・松本が四球で出塁。3番・小笠原が右前打を放つと、4番・ラミレスの適時打で1点を追加した。さらに5番・亀井がセイフティーで無死満塁となり、6番・谷がレフトスタンドへ満塁本塁打を放った。谷はプロ13年目にして初の満塁本塁打。巨人はこの回打者一巡の猛攻で5点を追加し、7-0と中日を大きく引き離した。
中日は4回表、4番・ブランコが右越えにソロ本塁打を放ち、1点を返した。さらに5回表、谷繁の右前打、井端の中前打などで一死満塁。荒木が適時打を放ち、1点を返した。続く3番・森野、4番・ブランコは巨人2番手の越智に2者連続三振に打ち取られ、この回は1点を返すに止まった。
6回裏、巨人は坂本の二塁打、松本の犠打で一死一・三塁とし、ラミレスの投ゴロの間に1点を追加し、8-2とリードを広げた。
巨人大量リードのままの9回表、今季限りで引退を表明している中日・立浪が代打で登場、左飛に倒れた。中日は追加点を奪えず、巨人が逃げ切り、日本シリーズ進出を決めた。

≪巨人・脇谷、3試合10分でMVP≫
CS最優秀選手に、前日23日の第3戦で逆転の右越え2点適時二塁打を放った脇谷が選ばれた。4試合中、出場したのは代打で3打席のみだったため「3試合で10分ぐらいしか出ていないんですけど、本当にもらっていいのかな」と照れ笑い。その後は「去年は(日本一を)逃しているので、是が非でも達成したいと思う」と、日本シリーズに気持ちを切り替えていた。

⇒すいません。日ハム応援しますm(__)m


≪西武・片平2軍監督が今季限りで退団≫
西武は24日、片平晋作2軍監督が今季限りで退団すると発表した。

⇒この時期になると別れが多い…お疲れさまでした。


≪岡田オリックス、秋季キャンプを開始≫ 
岡田新監督を迎えたオリックスが24日、神戸総合運動公園サブ球場で秋季練習を開始した。阪神の監督を退いて以来、約1年ぶりにユニホームを着た岡田監督は「新鮮な気持ちになった。若手は名前と顔が一致しないけど、徐々に力量を見ていきたい」と引き締まった表情で、少しおっさんくさいことを話した。
また、初めて顔を合わせた選手、スタッフへの挨拶では、練習時の格好について規律を求める、「風紀のススメ」を説いた。「ユニホームは戦闘服。着てるものがバラバラじゃ勝てない」と言い、髪を染めている選手についても「人から似合うと言われるならいい。俺は似合わないと思うけど」と苦言を呈した。金子か?w どん様が尊敬する故仰木彬元監督も同じ方針だった。ある関係者は「一流選手が茶髪にしていれば個性になるが、そうでなければ『どこ向いて野球してる』となる」と説明する。短髪ながら茶色がかっている加藤は「自分の成績も悪かったし、控えめにしようと思う」と苦笑い。監督が伝えたかったのは髪の色の問題ではなく、自分の野球への姿勢を見つめ直すこと。岡田イズムは「心」の部分から最下位球団を染め始める。
初日から約400人のファンが集まった秋季練習は、11月20日まで神戸で行われる予定。「今日が来季へ向けてのスタート。力のある選手が多いという印象が強い」と手応えを口にした。

⇒阪神にはあまり茶髪っていないですよね。


≪広島・倉が残留表明 現状維持で1年契約≫
今季、国内FA権を取得した倉は24日、権利を行使せずに残留することを表明した。マツダスタジアムで現状維持の年俸3000万円プラス出来高払いの1年契約を結んだ。
倉は「カープに必要な戦力だと言ってもらったので、すぐに決めた。12年間やってきた中で、育ててくれたという思いがあるので、ここで結果を出したい」とチームへの愛着を決断の理由に挙げた。(金額は推定)

⇒倉といえば広島…ですから(^_^;


≪デーブ復帰西武2軍打撃コーチで若手育成≫
西武が大久保博元・編成部プロ担当を2年ぶりに現場復帰させることが24日、明らかになった。ポストは2軍打撃コーチが有力。今季4位に終わり、打撃部門強化を目指す渡辺監督が、復帰を要望していた。現有戦力の底上げを急務とする球団も、適任と判断。昨季1軍打撃コーチとして日本一へ導いた手腕を、来季は若手育成のために発揮することになった。
08年に入閣した大久保氏は早朝から打ち込む「アーリーワーク」などの熱血指導で打線を改革。リーグトップの198本塁打、715得点の打線をつくりあげ、日本一の原動力になった。だが昨年オフにプライベートの問題などもあって、1年限りで退任。編成部に配置転換された今季は、阪神からトレードで獲得した藤田が活躍。引き続き編成部を任されることが検討されたが、打撃不振もあってBクラスに転落したチームを立て直すために、再び白羽の矢が立った。
球団は伸び悩みが目立つ2軍の改革に着手。片平晋作2軍監督は今季限りで退団。後任ポストには、指導力に定評のある行沢久隆・編成部プロ担当が就任する。強烈な個性で選手を導く大久保氏とともに、日本一奪回の土台をつくる。

⇒おぉ!デーブが帰ってくるのかい(^◇^)


≪尾花氏横浜監督へ 契約残る巨人了承後に≫
横浜が来季新監督として巨人尾花高夫投手総合コーチの招聘を決めたことが24日、分かった。2年連続最下位で、投手陣の立て直しが急務と判断。指導経験豊富な同コーチに再建を託すことになった。
今月中旬、若林オーナーは「球団としての腹は決まっている」と、水面下で監督人事に着手。関係者によれば、同コーチは来季まで契約がある巨人側の了承を得た後、承諾するようだ。9月下旬の取締役会では佐々木球団社長ら4人の取締役が退任。今季途中に大矢明彦監督が解任となって田代富雄監督代行が指揮し、2軍監督に復帰した田代代行が現在秋季練習を指揮している。
尾花コーチは99年ダイエー時代に王監督のもとで投手コーチを務め、7年で3度のリーグ優勝、2度の日本一に貢献するなど経験豊富。06年からは巨人の躍進も支えた。尾花コーチは現在もベンチ入りしている。
ヘッドコーチには日ハムなどで活躍した島田誠氏、1軍内野守備・走塁コーチにオリックスを退団した馬場敏史氏、2軍バッテリーコーチに近鉄などでコーチを務めた山下和彦氏の招聘も決めた。

⇒後は、踏ん張れる投手陣と、エラーの少ない野手陣か…頑張れ、横浜!orz



by,tora-neco



ランキング参加中。応援クリックお願いします(*^_^*)
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 野球ブログへ
[PR]
by kuru2chanbei | 2009-10-24 23:14 | 虎球団

虎に激震!!他 10/24

≪アッチソン退団「日本に戻らない」≫
24日、アッチソン本人から衝撃のメールがデイリースポーツに届いた。
「来年は日本には戻りません」
猛虎のセットアッパーとして、阪神球団も来季残留を基本線としていたアッチソンが、今季限りで退団し、来季は日本球界でプレーしないことを表明した。
アッチソンはシーズン終了後の今月16日に米国に帰国。来季契約などに関して、本紙がアッチソン側に取材を申し入れたところ、本人が代理人を介さず直接回答。送付した質問状に対し、アッチソンから直接、異例の形で“退団表明”のメール回答が寄せられたのだ。
退団理由については『家族』を挙げた。
「理由はいくつかありますが、中でも一番大切なのは家族のことです。タイガースはグレートな球団だったし、僕だけでなく、僕の家族にもとても協力してくれました。しかし、僕たち家族にとって今がホームに帰る時だと考えました」
08年に阪神入団。当時、元マリナーズで現阪神になっちった城島が「日本向きの投手」と太鼓判を押したほどの“逸材”だった。当初は先発として起用され、思うような結果が残せなかったが、昨季中盤から米国時代からの本職である中継ぎ起用を受けると、終盤の必勝リレーの一角を担い神となった。今季も藤川とともに終盤を任され、外国人投手では05年・ウィリアムスに並ぶ、シーズン最多記録の75試合登板を果たし、防御率1.70をマーク。当然、来季の戦力構想にも入っていたが…。
言葉の通じない異国の地で、不自由な生活を妻子にこれ以上はさせられない…一家の大黒柱としての決断だった。
「僕自身のパフォーマンスに関してはいいシーズンでした。だからと言って満足しているわけではありません。自分ではまだ向上できると思っていますから」
こう今季を振り返った右腕は、今後については白紙状態だという。
「今後のことは全く分かりません。アメリカでプレーできるチームを探して、またメジャーリーグの舞台に戻れるようにベストを尽くします」
2年間のタテジマ生活に別れを告げる覚悟を決めたアッチソン。文面の最後をこう締めた。
「最後に、この2年間、温かい声援を送ってくださったファンの皆さんには本当に感謝しています。阪神のファンは世界一です。もちろん、チームメートのみんな、監督・コーチやフロントの方々もすばらしかった。今後の球団の発展を心から祈っています。(スコット・アッチソン)」

⇒エエエエエェェェェェェΣ(゚Д゚lll)!! でも、アッチがそう決めたなら、受け止めるしかないのかも…ありがとう、アッチソン。向こうでも頑張ってね!


≪岩田、シーズン200イニング目指す≫
エースへの自己ノルマだ。岩田稔投手が24日、来季の目標として『シーズン200イニング』を掲げた。今季は12球団を見渡しても涌井(西武=211回2/3)だけ。阪神では06年の“だっぺ”井川(現ヤンキース傘下3A…らしい)以来、誰も達成していない数字だが、それだけに価値がある。
「来年は200イニングくらい投げられるように、しっかりと土台を作っておきたいです」
秋季練習のオフ日。静養にあてた左腕だが、明確な目標に表情も引き締まる。WBCの影響もあって肩を痛めた今季は、110回2/3(16試合)と不完全燃焼。鍛錬の秋へ向け、山口コーチから走り込み指令を受けただけに、「多分、投げないと思います。体力強化ですね。徹底的に走り込む?はい」と言い切った。今季1試合平均6.9回で、29試合登板なら届く。きっちりと土台を作り、10年は虎の『鉄腕』となる。

⇒岩田や能見あたりが頼もしくなってくれると、非常に嬉しいですね^^


≪虎に強敵あらわる!!鷹が城島獲りに名乗り≫
それでも虎!もっとも恐れていた強敵、ソフトバンクが24日、マリナーズを退団した城島捕手の争奪戦に参戦を正式表明した。恩師・王貞治球団会長が福岡市内で城島と直接電撃会談を行った
「これは強敵ですね。(城島を)信じて待ちたいと思います」鷹参戦の一報をキャッチした南球団社長は、カブトの緒を締め直した。
完全に後手を踏んだ古巣・ソフトバンクの危機感が、王球団会長の直接出馬となった。城島のソフトバンク時代の恩師であり、今後の進路に多大な影響を与える可能性を持った人物だ。
しかし、そう簡単には振り返らせられない。阪神は、マリナーズから正式にフリーエージェントとなった22日に代理人と初交渉、翌23日には真弓監督と南球団社長が福岡市内へ駆けつけ、どこよりも早く誠意を示したアドバンテージがある。CSだけにw
城島が第1に求める出場機会も、阪神の方が有利。来年42歳になる矢野は、右踝骨折でリハビリ中。今季正捕手を務めた狩野も、送球に課題を残す。鷹には今季26本塁打、80打点と充実著しい田上がいる。どちらのチームがより出場機会が多いか、明らかだ。
「CSが終わった直後にも、私自身がもう一度会って、改めて誠意を示すつもりです」
南球団社長は、早ければ26日にも再び博多へ出向き改めて誠意を示す。
「ある程度のマネーゲーム?それも覚悟しないといけないでしょう。背番号については、いくらでも本人の希望を聞きたいと思っている」
すでに破格の4年20億円を提示しているが、ソフトバンクの動き次第では10%ほど上乗せして、金本の年俸5億5000万円に並ぶ4年22億円を上限に再検討に入る。さらに、現在はルーキーの柴田がつけている背番号「2」も差し出す予定だ。柴田…
秋季キャンプのメンバー選考やメニュー製作で多忙な時期のため、今回は真弓監督は出席できない見通し。神戸市内で取材に応じた坂井オーナーは「うちはやれるだけのことはやっている。(入団を)熱望しているのは間違いない」と、改めてラブコールを送った。
鷹の猛追を、大きなリードで逃げ切ってみせる。この争奪戦、まだ猛虎に利がある。

⇒まあ、27日時点でもう決まったんでうpするかどうしようか迷ったんですが、結局うpしました(笑)正直、今でも複雑です(^_^;


≪虎3年目の清水結婚 中学の同級生と≫
清水誉捕手が今オフ結婚することが24日、分かった。お相手は会社員の野田泰加(やすか)さん(25=兵庫県三木市在住の自営業・野田一夫さんの三女)。12月中に婚姻届を提出し、同12日に神戸市内のホテルで挙式予定。年内にも西宮市内で新生活をスタートさせる。
2人は三木中の同級生。中学時代からの友人関係で交際に発展した。「よく話もするし、気も合う。一緒にいて落ち着く人」と清水。高校、大学は別となったが、互いの気遣いで仲を深め、昨年12月に清水がプロポーズ。「僕は(プロポーズの言葉を)伝えたつもりですけど、彼女は言われてない、と言い張ってます」と照れ笑い。13年間の関係を実らせ、最愛の伴侶を手に入れた。
清水は1年目の07年に開幕1軍を経験。その後は人知れず右肘痛にも苦しんだが、泰加さんの支えに助けられた。3年目の今季は狩野、岡崎らと競い合い、2年ぶりの開幕1軍をゲット。開幕2戦目の4月4日ヤクルト戦でプロ初出場を果たした。その後は初スタメン、初安打も記録。1軍20試合に出場し、来季はさらなる飛躍が期待される。
阪神はメジャーから日本復帰する城島の獲得を目指しているが「自分が頑張るだけ。自分1人だけじゃなく、家族になる人もできた。1軍で試合に出ることを目指して頑張りたい」ときっぱり。この日は休日を返上し、鳴尾浜でランニングとマシン打撃。「これからも支えてくれると思っています!」。厚い信頼を置く最愛の女房とともに、虎の正妻への道を歩み続ける。

⇒清水、おめでとうヽ(*´∀`)ノ♪ やっぱり私は生え抜きが頑張ってくれた方が嬉しいから、頑張るんだぞ!!え?矢野さんは元中日?…さあ、何の事だか(笑)



by,tora-neco



ランキング参加中。応援クリックお願いします(*^_^*)
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 野球ブログへ
[PR]
by kuru2chanbei | 2009-10-24 22:01 | 虎球団

わたくし“スーパー・ポジティブ”な関西人・tora-necoが、タイガース日記を気ままに書いてみる。
by kuru2chanbei
プロフィールを見る
画像一覧

最新のトラックバック

2011年春季キャンプ、..
from りが・みりてぃあ野球殿堂
守りのミス連発、久保田投..
from 自由気ままに虎など ガンバレ..
守りのミス連発、久保田投..
from パイプの部屋
必死のパッチの決勝弾!ア..
from 自由気ままに虎など ガンバレ..
必死のパッチの決勝弾!ア..
from パイプの部屋
金本、残念!でも素晴らし..
from 今日の特選情報!
勇気ある決断、1492試..
from 自由気ままに虎など ガンバレ..
勇気ある決断、1492試..
from パイプの部屋
また苦手を作ってしまったか?
from 自由気ままに虎など ガンバレ..
また苦手を作ってしまったか?
from パイプの部屋
甲子園開幕戦、AK砲炸裂!
from 自由気ままに虎など ガンバレ..
甲子園開幕戦、AK砲炸裂!
from パイプの部屋
【2010 公式戰】 ○..
from 仙丈亭日乘
下さん好投虚し、拙攻で3..
from 自由気ままに虎など ガンバレ..
下さん好投虚し、拙攻で3..
from パイプの部屋

検索

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな