虎々なるままに日暮し

<   2009年 10月 ( 62 )   > この月の画像一覧

世間はCS、こち”虎”オフw  10/15

≪星野&加藤2軍コーチが退団≫
阪神は15日、星野伸之ファーム投手コーチ、加藤安雄ファーム育成コーチの今季限りでの退団を発表した。両コーチはこの日、兵庫県西宮市の球団事務所を訪れ、退団のあいさつを行った。オリックスの投手コーチ就任が内定している星野コーチは、先発ローテに定着した能見、岩田について「来季はエース級と当たっていく。ローテの柱になって欲しい」とエール。加藤コーチは、2軍時代に育成した狩野について「自分の色を出していけば、みんなに信用される捕手になれる」と期待を寄せた。

⇒またお別れの季節ですか…ありがとう、両コーチ。星野さんの若手投手育成は、良かったのになぁ…


≪白仁田 リベンジ先発でプロ初完投≫
「フェニックスリーグ、西武3-8阪神」(15日・南郷)
白仁田寛和投手が、フェニックスリーグ・西武戦で9回を7安打3失点(自は2)に抑えプロ初完投。「球持ちとか自分の間で投げられるようになった」と表情を緩ませていた。
8日の日ハム戦で5回14失点と大炎上。だが、この日は別人の投球だった。3回までパーフェクト。5回こそ3連打を浴びた後、原に右前2点打を許したが、動揺せずに最後まで投げきった。中西2軍投手コーチは「打者に向かっていっていた。自信をもたせるために九回までいかせた」と話した。
前回登板以降、フォーム修正に取り組んだ。「足を上げたときのグラブの位置を胸から腰の辺りまで下げた。ためもできている」と中西コーチ。5日間で3度ブルペンで投げ込んだことが結果に出た。期待のかかるドラ1右腕が、やっと一歩踏み出すことができた。

⇒今年のキャンプも「今年は!」と言われながら、結局一軍デビューならず。で、黒田は?


≪永尾スカウト入閣で若虎育成体制できた≫
阪神が来季コーチ人事の大枠構想を固め、永尾泰憲・編成部スカウトが2軍守備走塁コーチに就任し、14年ぶりに現場復帰することが分かった。今月末のドラフト会議後、スカウト業務にメドがつき次第、チームに合流する予定だ。
来季は、若手の実戦機会を増やすために、ウエスタン・リーグ公式戦以外でも、対外試合を30試合程度組む予定で、今秋ドラフトでも、相応数の育成枠選手を獲得する予定。2軍スタッフの手腕に期待がかかる。
一方、オリックス投手コーチとして移籍確実となっている星野2軍投手コーチの退団後、後任は置かない方針だ。
沼沢球団本部長は、この日、来季スタッフについて「秋季練習が始まる17日にすべて間に合えばと思っている。新体制でのスタートが理想ですから」と話した。

⇒永尾さん、おかえりm(__)m 


≪今岡、前田の“就活コンビ”が鳴尾浜で汗≫
戦力外通告を受けた今岡と前田の“就活コンビ”が、鳴尾浜で汗を流した。ランニング、ダッシュのあと、2人で交互に打撃投手を務めてフリー打撃を行い、快音を響かせた。ともにPL学園高-東洋大出身の2人は、他球団からの連絡を待つ一方で、11月中に行われるトライアウトへ向けて調整中。じっくりと体を動かした。

⇒2人とも、頑張るのだぞ!(^^)! どこの球団に行っても応援してるからな!


≪新勝利の方程式!阪神、小林雅を獲得へ!≫
メジャー帰りの右腕が、甲子園にやってくる!猛虎の勝利の方程式に、新たな顔が加わろうとしている。阪神が中継ぎ強化のため、米大リーグ・インディアンスを契約解除された小林雅英投手=元ロッテ=の獲得調査を進めていることが15日、分かった。今季は渡辺亮投手の不調もあり、江草貴仁投手は後半四球に苦しみ、中継ぎ右腕はアッチソン投手が75試合登板のフル回転。負担軽減のため、巨人などとの争奪戦も覚悟の上の参戦だ。
「調査はしている。他の球団も来ているようだがウチも結構、本気で(調査に)いっている」
真弓監督は藤川、アッチソンら一部を除き、来季は1、2軍投手のほぼ全員を先発調整させる方針。そのため中継ぎ、特に右腕を調査していた。
小林雅はロッテ在籍9年で歴代4位となる227S。シュートを武器に01~07年にはプロ野球記録となる7年連続20S、06年に最速となる8年目での通算200Sを達成した。07年オフにFA権を行使して米大リーグ・インディアンスに移籍。今季は不振により7月に契約解除され、帰国した。現在は日本球界復帰に向けてBCリーグ・群馬ダイヤモンドペガサスで練習をしながら、オファーを待っている。
すでに横浜、巨人など複数球団が調査。ロッテ時代の実績から、年俸は6000万円前後と予想される。坂井オーナーは「(資金は)やみくもに使うわけにはいかないが、惜しみなく使わなければいけない」と話しており、ある程度の争奪戦は覚悟の上だ。
「今オフは投手、捕手、野手とすべてが補強したいところ。可能性のあることはすべて、外国人、トレードも含めてすべてやっていきます」
沼沢球団本部長も、改めて積極補強の姿勢を明確に打ち出した。
今秋ドラフトでは岩手・花巻東高の菊池を1位指名の方針。外れ1位も立命大の左腕・藤原をリストアップ。左腕はドラフト、右腕は幅広い範囲から求める。
今季22連勝をマークした、球児-アッチソンの『AF』継投をさらに強固にする。加えて2人の“勤続疲労”も回避できる。
相手は永遠のライバル。目指すはグラウンド外での“G倒”だ。その目玉が小林雅。鉄壁リリーフ陣を、より盤石とする。

⇒って、ちょっと待てーい!コバマサ劇場ですよ!!?「リードを守りきれれば何点取られてもいい」ですぞ!?落ち着け、フロント!!!!



…ま、この時期のニュースなんてただの噂な場合が多いですから(-_-;



by,tora-neco



ランキング参加中。応援クリックお願いします(*^_^*)
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 野球ブログへ
[PR]
by kuru2chanbei | 2009-10-15 21:23 | 虎球団

オフの行き込み 10/14 他球団

≪ノムさん、ベース投げ「ブラウン吹っ飛べぇ!」≫
「ブラウン、吹っ飛べぇ!!」楽天・野村監督が、自身の後任と目される広島・ブラウン前監督の「十八番」ベース投げを演じた。他にも色々投げるけどね(笑)CSへ向けた練習で、カメラマンに「何かポーズとろうか?リクエストある?」とサービス。周囲が冗談半分でベース投げを提案すると、嫌な顔一つせずパフォーマンスを披露した。「(三塁ベースは)重いよ、投げるの大変だ。この世界に50年以上もいて、こんなに重いの知らなんだ」と苦笑いを浮かべていた。

⇒ベース投げを頼む方も頼む方だけど、投げるノムさんもノムさんだ(笑)。こんなノムさんがいなくなるなんて、楽天も寂しくなりますね…田尾の時のそれぐらい思えって話ですがw


≪巨人・グラ、右ひじに張り CSへ暗雲≫
グライシンガー投手が、21日から始まるCS第2ステージに向け不安を残した。
グラは14日の全体練習でシート打撃に登板したが、わずか14球を投げたところで「(右肘に)張りが出た」と自ら降板を申し出た。
グラーは9月29日の中日戦(ナゴヤ)で先発し5回1/3を6安打4失点で降板して以降、実戦から遠ざかっている。12日から2日間で予定していた秋季教育リーグのフェニックス・リーグ(宮崎)での調整登板も右ひじの炎症のため回避。今季13勝を上げた右腕のCS登板に暗雲が立ちこめてきた。

⇒えらいこっちゃ。巨人は層が厚いとはいえ、グラ抜けると…どうなの?


≪ロッテ新監督に西村徳文ヘッドコーチ≫
ロッテは8日、バレンタイン監督に代わる来季の新監督に西村徳文ヘッドコーチが昇格すると発表。2年契約で、契約金はなく年俸は5千万円。背番号はコーチ時代と同じ「78」。ロッテでは八木沢荘六元監督以来、16年ぶりの生え抜き監督は「球団への愛情は誰にも負けない。常勝軍団をつくるために全力で頑張る」と抱負を述べた。
西村新監督は22日、鹿児島の秋季キャンプで本格始動。2年連続Bクラスチームの再建へ、早くも来季キャプテンに西岡を指名。目指すスタイルについては「わたしの野球をやる」と前監督と一線を画すことを強調。「わたし自身が無名でプロ入りした。必死に練習するのが大事」と猛特訓復活の考えも示した。

ロッテ・バレンタイン前監督
「95年には選手、04年からはヘッドコーチとして、そして友人として自分のすぐ近くにいてくれた。彼ならば、いつでもどんな状況でも、正しい判断、決断を下してくれると思ってもらっていい」
ロッテ・西村徳文新監督
「いつかは監督になることを目標にしてきた。不安は一切考えず、前向きに。今までの反省から細かいプレーをやらないと勝てないのが頭にある。そして打つ、走る、守るでアグレッシブな姿勢を前面に出していく」
ロッテ・清水直行選手会長
「来年のこの時期に西村監督を胴上げできるように、僕らは精いっぱい頑張るだけ」
ロッテ・重光昭夫オーナー代行
「誰よりも西村さんがチーム、選手を理解し、チームを愛し、誇りに思っていると考える。ロッテが生んだスター選手がコーチを経て監督となりチームを勝利に導く。これほどうれしい夢はない」
ロッテ・瀬戸山隆三球団社長
「バレンタイン前監督を一番そばで支えてきた。いいところは引き継ぎ、修正すべきところは西村流で変えていってほしい」

西村徳文(にしむら・のりふみ)
宮崎・福島高から鹿児島鉄道管理局を経て82年、ドラフト5位でロッテに入団。両打ちを生かした巧打や俊足を武器に主力選手へ成長。90年に首位打者、盗塁王には86年から4年連続で輝いた。ロッテ一筋で通算1433試合に出場、1298安打、363盗塁を記録した。97年に現役生活を終え、翌年からロッテでヘッドコーチなどを歴任。49歳。宮崎県出身

⇒若い監督誕生!西村が監督ですか…wktk



はてさて、オフはオフで色々あるので、記事がおっついておりません(笑)



by,tora-neco



ランキング参加中。応援クリックお願いします(*^_^*)
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 野球ブログへ
[PR]
by kuru2chanbei | 2009-10-14 20:31 | 他球団

オフの意気込み  10/14

≪狩野、オリックス岡田監督驚かす≫
狩野捕手が14日、オリックスの監督に就任した岡田前監督に「会うときにはしっかりした姿を見せたい。成長したところを見せて、驚かせてあげたい」と直接対決での“恩返し”を誓った。
「07年に使ってもらった恩がある」。狩野がそう話すように、プロとしての本格的な一歩を踏み出したのは岡田政権下だった。忘れもしない、同年の4月20日の巨人戦(甲子園)、延長12回に豊田からプロ初安打、初打点となる劇的なサヨナラ安打!これをきっかけに、このシーズンは当時の自己最多となる54試合に出場。主に代打として起用され3本塁打も記録した。
だが、08年は右肘の手術の影響もあり不本意なシーズンに。真弓監督に指揮官が代わった今季は、ほぼ1年間マスクを被り、まだまだとはいえある程度独り立ちを見せた。特に10盗塁という数字は、捕手のみを守った選手としては球団初という記録。昔、関川ってのもいましたが(笑)
向上心が衰えることはない。この日は甲子園室内でウエートトレを行うなど、視線は来季へ向かっている。秋季練習、秋季キャンプでは課題の送球を「重点に置いてしっかりやりたい」と目を輝かせた。さらに打撃に関しても「(調子の)波が激しかったですしね。打てなくても四球を選んだりできるようになりたい。スクイズの失敗もありましたしね」と、次々に目標が口をついた。

⇒目指すは、ラーメン・つけ麺・僕スタメン!!


≪阪神・下柳、孤独の奄美で来季復肩や!≫
“孤独トレ”で復肩や!下柳剛投手が毎年恒例となっている鹿児島・奄美大島での自主トレを少数精鋭で行う考えであることが14日、分かった。昨オフは約2カ月にわたって合宿形式で行ったが、今オフは封印。おなじみだったトップアスリートらとのコラボレーションもせず、超集中モードで、勝負の年に挑む。
メスを入れた右膝の影響もあった。CS進出がかかった勝負どころで再調整を命じられる屈辱。42歳で迎える来季は勝負の年。「気合がこれまでと違っていますし」。チーム関係者はそう鼻息の荒さを証言した上で、下柳の今オフに描く青写真を明かした。
「(08年は)たくさんの人でワイワイとやっていたのですが、今回は人数も日程もかなり、しぼると聞いている」
昨年は12月15日に奄美大島に渡った後、一時帰阪。年末年始をはさんで、再び奄美に。他のアスリートらと共に、朝は愛犬の散歩から始まり、飯を作るという合宿形式で約2カ月にわたり、汗を流した。
勿論、昼間はみっちりトレーニング。左腕に誘われて参加した金村暁が「走ってばっかりでビックリしました」と目を丸くするほど、インターバル走、砂浜でのダッシュを繰り返した。だが、今回はワイワイガヤガヤを封印。少数精鋭で行う。これまでも、親交の深い格闘家、桜庭和志らと合同トレーニングを行うなど、違う世界で活躍するアスリートとコラボレートすることで、刺激を得てきたが、復肩へ向け、背水の覚悟で挑む。
「すべては(秋季練習開始の)17日に話し合うことになるでしょう」
球団関係者は来季に向けて動き出す日に詳細などを詰めることを明かした。5年ぶりの一桁、8勝止まりで終わった雪辱を果たすべく、孤独キャンプで集中する。

⇒夢は、結婚・子作り!アラフォー、まだまだ元気で現役(笑)!!


≪桜井、地獄の安芸で4番頂く≫
今月末から予定されている安芸・秋季キャンプが昨年の1.5倍増の日程になることが14日、明らかになった。甲子園のクラブハウスを訪れトレーニングなどを行った桜井外野手は意気込みも新た。
不本意ながら早く訪れたシーズンオフ。それは来季への準備の時間が長くなったことも意味する。その時間で、桜井が徹底的に自己研鑽を積む。
「トレーニングだけです。バットは少し握ってスイングした程度。きょうも頑張りました」17日から始まる秋季練習を前に再始動。甲子園で約2時間半、汗を流した。
秋季キャンプは今月27日に安芸入りし、同28日から11月17日までの最長21日間の予定が組まれていることが判明。昨年はCSに進出したため、13日間だった(休日2日を含む)が、今年は例年より1.5倍の長期間で臨む。17日にもコーチ会議が行われ“強化指定選手”を選ぶ。鳥谷、大和らも参加予定で、昨年、真弓監督が就任した際に掲げたように少数精鋭主義になりそうだ。
若手の台頭が見込めれば、クリーンアップを再考する可能性は十分ある。来季はクリーンアップ白紙を明言した真弓監督だが、主砲・金本、新井を脅かす存在が出てきてほしいというのが本音。桜井は勿論、その一番手候補だ。しかし、右太股裏を痛めるなどで9月2日には登録抹消。ここぞって時に戦線離脱していては、中軸は任せられない。古傷となった左膝も完璧な状態ではないが、「怪我もあったんで、しっかり体づくりをすること」と自身も課題を掲げる。
今季は103試合に出場、打率.302、12本塁打、42打点。8年目で最も貢献した1年だった。それだけに、外国人選手の調子によって起用を左右されない本物の実力をつける期間にしなければいけない。
「何かつかんだというよりいい状態が多かった。忘れないように、キープできるように。打ち込みをする時期なんでね」
まだ成長できる。正真正銘のレギュラーになるために一から鍛え直す。桜井が汗と土にまみれる、地獄の猛特訓で真の主軸へ成長してみせる。

⇒広大にはね、やってもらわないと!怪我をせず一年やり通せれば、4番は君の席だと思うよvv そして、真弓監督も1.5倍、采配について勉強してきて下さいm(__)m


≪阿部、アリゾナ秋季リーグ参加へ≫
阿部健太投手が14日、米アリゾナ秋季リーグに途中参加することが明らかになった。今月末にも渡米し、先に派遣されていた西村と交代する流れとなる。
「そのためにも、今こうして投げられるのはいいことですね。いい経験になると思います」。現在は宮崎で行われている2軍フェニックスリーグに帯同中。中継ぎとして実戦登板を積んでいる。アリゾナでは将来のメジャーリーガーたちと多くの実戦機会を通じ、レベルアップを図る。

⇒今季はあーんまりいい活躍が出来ていなかった、アベケン。頑張れ!


≪矢野 完全復活へアリゾナ始動構想≫
甲子園クラブハウスでトレーニングを続ける矢野様が14日、来年1月に米国アリゾナ州で海外自主トレを行う可能性を明かした。今のところ模索段階で日取りなど具体的なプランは未定だが、もし実現すれば自身初の試みになる。
完全復活への青写真はアメリカで描くかもしれない。「まだ何も決めてないけどね」。矢野はそう前置きしながら、来季プロ20年目を迎える猛虎の要が米国西海岸で来年へ向けて本格始動する可能性が出てきた。「環境を変えるというか、新しいことをやってみようかなという思いはある。まだ(右)足がこんな状態だし、何とも言えないんだけど、行くんだったらアリゾナになると思う」
3日のヤクルト戦(甲子園)で右足くるぶしを骨折、CS争いの土壇場で出場選手登録を抹消された。だが、今季終了直後の10日には「休んでられない」と鳴尾浜でトレーニングを再開。矢野は既に来年へ向けた方向性を描いていた。
周囲にもアドバイスを求め、昨年11月に手術した右肘、春先に痛めていた右脹脛、そして骨折した右足など…呪われてるかと思うぐらい、右ばっかり。現段階でメンテナンスが必要な患部の再生も含め、12月で41歳を迎える自身がとるべきベストな方法を模索。様々な選択肢の中で、1月の気候が国内よりはるかに温暖な米国アリゾナ州フェニックスでの自主トレ案が浮上した。今後はトレーニングの進行状況や、帯同可能なコンディショニングスタッフの有無によって、その可能性を探る。あくまでまだ構想段階だが、矢野は「行ってみたい気持ちはある」と条件さえ整えば前向きに検討する構えだ。
この日は午前中から甲子園のクラブハウスでウエートトレに励んだ。右足には依然ギプスを装着するが、既に自力歩行は可能で順調に快方へ向かっている。「階段の上り下りは痛みはある」が、段階を経てスイメックス(水中トレ)も取り入れていく予定だ。
「不安なくゲームに出れること、ゲームに出て結果を出すことがベストだから」。来年1月、矢野が完全復活の青写真をどこで描くのか。新境地も視野に入ってくる。

⇒狩野をまだまだ鍛えるためにも、虎が勝つためにも、ベテラン・矢野様のお力は必要です



by,tora-neco



ランキング参加中。応援クリックお願いします(*^_^*)
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 野球ブログへ
[PR]
by kuru2chanbei | 2009-10-14 20:11 | 虎球団

「阪神ファンも応援して」オリックス・岡田新監督が就任 10/14

オリックスの岡田“どんでん”彰布新監督が14日、京セラで就任会見を行った。
会見場所は阪神の指揮を執っていた昨シーズンの10月20日、中日とのCS第1ステージに敗れ、涙ながらにタテジマと別れを告げたグラウンド。スーツ姿の岡田イケメン新監督は詰めかけた約100人の報道陣を前に、緊張しながらも力強い表情で話した。
岡田新監督は1980年に早大から阪神入りし、94年から2シーズンはオリックスでプレー。引退後はオリックスと阪神で2軍コーチなどを歴任し、04年から08年まで阪神の監督を務めた。背番号は阪神監督時代と同じ「80」。
オリックスは昨季2位に躍進し、今季は優勝候補の一つにも挙げられていたが、ペナントレースから早々と脱落。最下位の責任を取る形で大石大二郎監督が退任した。
宮内義彦オーナー◆「オリックス球団への“復帰”を心から歓迎します。岡田新監督は選手、コーチ、監督として素晴らしい実績を収められており、その手腕に大いに期待しています」

―オリックス監督を引き受けた理由は
「1カ月ぐらい前に話を頂いた時は、もう少しネット裏から野球を勉強したい、という気持ちもあった。でも、大変光栄なこと。プロ野球の監督をできるのは、12人しかいないしね。それに野球人として血が騒いできた。オリックス以外なら引き受けなかったが現役時代を過ごし、指導者としてスタートしたところでもあり、恩返ししたいという気持ちになった」
―阪神では「JFK」を確立した。オリックスではどんな野球をしたいか
「やはり投手を中心とした守りの野球を重視したい。ほとんど選手の顔も知らないし、秋季キャンプで、若い力をみたいと考えている。選手も今年、最下位に終わったのはなぜか考えてほしい」
―オリックスといえば外国人選手のイメージ。来年もその方針は変わらないのか
「(ローズ、カブレラら)すごくいい外国人選手がいるな。ボク(が阪神監督の5年間)のときに彼らがいたら、あと2回ぐらい優勝できていたかな。でも、外国人選手が増えると日本人選手が出場する機会も少なくなる。ボクは若い選手を育てることも大事な仕事と思っている」
―コーチ人事は決まったか
「だいたいは決まった。それほど(今季と)大きな変更はない。今年はなぜチーム成績が悪かったのか、これからコーチともコミュニケーションをとっていきたい」
―今年のオリックスは打撃優先の野球を目指した。来季は、どんなチームにしたいか
「それより、どうしたら勝てるか、が一番。だから選手個々の実力を見極めたい。でも、基本は守り。ボクは野手出身だけど打つ方はあまり期待しない。投手を中心とした野球をやりたい」
―期待する選手というか、キーマンは
「小松、いや間違えた(間違えたるなよw)、金子かな。名前をあげれば、いっぱいあがるが…。最近の若い選手は名前をあげるとうぬぼれるので言わない方がいいかなと(笑)」
―来季の目標は
「ボクは優勝とかは言わない。怖いから。そんなに簡単にできるわけがないと思う。でも、そんなに他球団とは、力の差はないと思っている」
―交流戦で阪神と戦うのは楽しみですか
「めちゃくちゃ楽しみ。勝ち負けはそのときのチームの力がどうなっているかや。全部勝つのはしんどいからな(笑)」
―オリックスファンにメッセージは
「オリックスを離れて12年たった。お世話になった仰木監督のときに戻ってこられなくて寂しいが、恩返しをするつもりでやりたい。オリックスファンの方も球場に足を運んでいただきたいと思っています」
―最後に、阪神ファンに対してもメッセージをお願いします
「現役時代からいっぱいもらった声援は忘れません。ボクとしてはオリックスと阪神が関西を盛り上げるかたちになれば、と思っている。阪神ファンの方もオリックスを応援してください」

⇒オリックス監督就任、おめでとう♪どん様(*^^*) 関西リーグになれるよう、来季が楽しみですvv



ぶっちゃけ、オリックスユニのどんちゃんを見たら笑ってしまいそうですが(笑)



by,tora-neco



ランキング参加中。応援クリックお願いします(*^_^*)
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 野球ブログへ
[PR]
by kuru2chanbei | 2009-10-14 20:01 | 他球団

来季の構想は如何に!?  10/13 他球団 

≪広島新監督に野村謙二郎氏 14日にも正式発表≫
プロ野球広島の来季監督に、OBで解説者の野村謙二郎氏が就任することが13日、決まった。松田元オーナーらがこの日、就任を要請し、野村氏が受諾した。14日にも正式発表される見通し。
野村氏は大分・佐伯鶴城高から駒大を経て、1989年にドラ1位で広島に入団。俊足好打の内野手として活躍し、95年には打率.315、本塁打32、盗塁30で「トリプルスリー」を達成盗塁王に3度輝き、ベストナインに3度選ばれた。05年に通算2千安打を達成し、この年限りで現役を引退した。
広島は今季5位に終わり、3位以内が続投の条件だったブラウン監督と契約を更新しない
ことを決めていた。

⇒赤ヘル達よ、怠慢プレーは“本気で”許されませんで。…と、あの解説を知ってると思いました(^_^;


≪田中幸雄氏が日本ハム2軍打撃コーチに就任≫
日ハムは13日、2軍打撃コーチにOBの田中幸雄氏が就任したと発表した。宮崎県内で行われている教育リーグで、15日から指導を始める。背番号は72。
田中氏は日ハムで22年の現役生活を送り、通算2千安打を達成した07年に引退。就任会見では「自分がやってきたことを押しつけるのではなく、その選手の持っているいいものを見つけて引き出したい」と意気込みを口にした。

⇒引退時にコーチにならんか言われて断ってなかったっけ?(笑)何はともあれ、ユキ、おかえり(^-^)


≪ロッテ・小林宏、来オフFAメジャー挑戦へ≫
今年、国内フFA権の資格を取得したロッテ・ロr…小林宏之投手が13日、来オフのメジャー挑戦の意向を口にした。
国内FA権の行使について「まだ何も決めていない」とする一方で「メジャーに行きたい気持ちはここ何年か、ずっとある。行くなら若いうちに行きたい」と話した。
順調にいけば来年には海外FA権を取得する。球団主導のポスティングシステムを経由する必要がなく、自らの意思で米大リーグの移籍先を選択できる。
今季は4勝13敗、防御率4.29と不本意な一年だっただけに「(新監督の)西村さんのために貢献できればという気持ちもある」。来季、結果を残してからメジャー移籍を目指すことになりそうだ。

⇒今年も出ました!メジャーに挑戦したい人!



来年も各球団に新しい顔ぶれが現れそうです。
今から楽しみなような、寂しいような…



by,tora-neco



ランキング参加中。応援クリックお願いします(*^_^*)
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 野球ブログへ
[PR]
by kuru2chanbei | 2009-10-13 23:00 | 他球団

来季の構想は如何に!?  10/13

≪やるしかない!リンちゃん、教育Lから強制送還 ≫
今オフ、トレード要員に挙げられている林威助外野手がフェニックス・リーグが行われている宮崎から鳴尾浜へ送還された。
自身の置かれた状況を考えれば、のんびりと休んではいられない。もう“指定強化選手”ではない。汗をしたたらせた林が、険しい表情で口を開いた。
「課題は打撃も守備も全部です。全ての面でレベルアップしないといけない。休んではいられない?そうですね。時間を見つけてやっていかないと」
鳴尾浜を訪れると、オフの無休の決意を見せた。やるしかない-正念場に立たされた男の決意。2軍関係者は宮崎からの送還の理由について「1軍がCS進出することを想定して調整させていたが、出なくなったため」と説明した。もう三十路で若手ではない。トレード要員に位置付けられていることと無関係とはいえない。多くの試合に出し、優先的に力を伸ばしたい選手ではないことを示していた。
秋の冷たい空気が包み込む中、ランニング、キャッチボールなどで体を温めると、室内練習場で1時間以上のマシン打撃を行った。「今季は悔しい思いがある」。来季で31歳になる左の強打者が、“鳴尾浜送り”から再スタートだ。
今季は1軍で56試合の出場、打率.208、3本塁打、11打点。レギュラー定着を期待されたが、開幕1軍を外れるなど、2軍暮らしが続いた。球団首脳は「本来なら中軸を打たなければならないのに、成長が止まっている」と話している。確固たる成績を残していない以上、何かを言える立場にない。長い林のオフが始まった。

⇒ソフトバンク戦では、リンちゃんの一発で負けずに済みましたし、中日戦の走者一掃タイムリーも記憶に新しい…リンちゃん!頑張れ!!リンちゃんの笑顔を虎で見たいぞ!!


≪阪神、G.G.佐藤トレード獲得申し入れへ≫
やはり“恋人”はこの男!阪神が来季にむけての戦力補強で、西武のG.G.佐藤外野手をトレード獲得の“本命”に考えていることが13日、明らかになった。金本の4番も白紙となるクリーンアップの期待も込めて、今季打率.291、自己最多の25発、83打点をあげた大砲の獲得に全力を注ぐ。
クリーンアップの再構築も検討する真弓監督へ、球団は最高の大砲を用意する。阪神がG.G.佐藤をトレードでの獲得筆頭候補に据え、近く交換トレードを申し入れることが分かった。
今季も阪神は課題の右打ちの外野手を探し、G.G.佐藤の調査を進めてきた。期限ギリギリの7月末まで水面下で交渉してきたが、交換要員が折り合わず、合意に至らなかった。7月中旬に抑え確立に苦しむ西武から藤田太陽を要求され、水田で折り合う形でトレードが成立。すんごく微妙でしたが…
「阪神が西武の要望を飲むかたちだったから、こちらの方に貸しがある。『やりましょう』といえば、ある程度いける」
球団幹部が勝算を口にした。
交換要員としては球団関係者が西武から高い評価を受けている、巧守とシャープな打撃が売りのヒロシが検討されている。
金本は打率.261と低迷し、新井&鳥谷も開幕直後から大不振に陥った。「大きなところ(主軸)を打てる選手。(交換要員として)こちらがどの選手を出せるか次第、というところがある」と別の球団幹部が語っており、折り合い次第では一気成立の可能性も。金本、新井、ブラゼルに続く長距離砲獲得で、得点力アップを目指す。

⇒キモティ~…ってか?ヒロシは虎におってほしいですね。西武のユニも似合わんこともないですが…でも、ヒロシはや。


≪虎・真弓監督、バーンサイドら先発獲り訴え≫
真弓監督が13日、坂井オーナーへのシーズン終了報告の際、今オフの大補強で意見が一致。球団は巨人を退団することが決定的なエイドリアン・バーンサイド投手をリストアップした。
「『来季に向けて』という話が多かった。優勝できるチーム作りをしていこうと。補強の話もした。ぼちぼち出てくると思うが、やはり先発投手が一番悩んだところ」
フロントに補強を一任した昨年とは一変。厳しい表情を崩すことなく、チーム強化策を話し合ったことを明かした。「こちらから要望は出していない」と話したが、テーブルで1人の外国人投手の名前が挙がっていた。
それは、今季まで2年間、巨人に在籍した左腕・バーンサイド。豪州出身で、07年に北京五輪豪州代表として来日。日本代表との壮行試合で好投して巨人の目に留まり、同年オフに入団した。
今季はグライシンガー、ゴンザレス、クルーンに加えオビスポの台頭で1軍出場なし。2軍で13試合に登板し、1勝3敗1S、防御率4.13だった。ただ、08年には15試合で5勝3敗、防御率3.48。先発、中継ぎをこなす器用さ、打ちにくい独特のフォームで安定した成績を残した。
阪神は昨年獲得したリーソップが戦力にならず、シーズン途中で帰国。ジェンが3試合先発した以外は、シーズンを通じて助っ人不在で先発投手陣を回さなければなくなった。巨人と比較しても脆弱な陣容。充実した外国人投手陣を誇る宿敵の来季戦力構想から外れ、すでに帰国している左腕がターゲットだ。長年リリーフ陣を支えてきたジェフが左肩手術で解雇の方針が決まっているだけに、リストアップ済みのマット・ソーントン投手(ホワイトソックス)と共に調査する。
報告を受けた坂井オーナーは「何かが足らなかったから4位。やっぱり補強は必要ですし、現有戦力の上積みにも期待しながら、(補強を)考えていかなアカンね」と後方支援を約束。2年目のVに期待を寄せた。
真弓監督は「来季は最後まで優勝争いをして、リーグ優勝するシーズンにしたい」とギラリと大きな目をむいた。総帥には「3年後をみすえた中では適任の監督」とお墨付きをもらったが、2年目もチーム不振に陥れば、未来は切り開けない。3年目以降の続投を勝ち取るためには、2年目の好成績は必須条件になる。何が何でも勝ちに行く。まずはチームの立て直しに、心血を注ぐ。

⇒先発3本柱はほしいけれど、それがバーンサイドにいっちゃうか。


≪4番・金本白紙!虎クリーンアップは再編≫
オーナー報告会を終えた真弓監督が13日、来季のクリーンアップの白紙を強調した。
来年、巨人を倒して優勝するためには、攻撃陣の爆発力は不可欠。主軸を中心とした打線の“再編”で、チームを立て直す。
固定観念の排除無くして、抜本的改革などありえない。真弓監督が就任時から理想としてきた3番・鳥谷、4番・金本、5番・新井のクリーンアップについて、言及した。
オーナー報告会を終えると「(来年)シーズンが始まる時点で、新しい補強選手もいるだろうから今の時点では白紙」と再編を宣言。それは同時に、不動の4番が“不可侵”ではないことを示していた。「金本も例外ではない?そういう選手が(他に)いればね。今のところは、いないけれど」
虎移籍後の03年に3番で18年ぶりVに導いた金本は、岡田監督の就任した04年から4番へ。今年は掛布雅之、田淵幸一を抜き、阪神の4番としての出場試合数は862試合に達した。これは藤村富美男の1069試合に次ぐ球団史上2位となった。フルイニング世界記録も続ける主砲。ここ6年間、虎のスタメン表の中心は一度も動いたことがなかった。
しかし41歳の今季は、打率.261、21発、91打点に終わった。3番・鳥谷、5番・新井もシーズン途中に一時的に“降格”されるなど、得点力不足が大きな課題となって、虎は5年ぶりのBクラスに終わった。
球団関係者によると、オーナー報告会では、出席した南球団社長から「もう一枚、大砲がいないと厳しい」という意見が出たという。現場よりも球団側からクリーンアップ再考を求める声が出た。チーム内では、今季12本塁打を放った26歳の桜井が筆頭候補。真弓監督は「挑戦していくのは、いくらでもしていってくれたらいい。1年で(奪う)とは限らないけれど」と4番については慎重も、クリーンアップとして期待は大きい。さらに最優先の補強ターゲットにリストアップしたG.G.佐藤ら外部からのトレードなどによる補強や、新外国人…
勿論、今季の屈辱的な成績に金本が発奮し、力を見せつければそれも良し。とにかく、優勝するためには主軸のテコ入れは絶対不可欠。真弓-坂井会談で、現場とフロントが一致したことは間違いない。

⇒サード・新井さん、今季10失策。去年のゴールデン何たら賞は……まあ、それでも、金本や新井に代わる4番と5番がいないのも事実。結局、金本が4番な気もします(^_^;


≪阪神、ヤンキース・松井秀の調査は続行≫
阪神は13日現在、今季で契約切れのヤンキース・松井秀喜外野手の動向にも注目している。8月にはヤンキースに新球場視察の招待を受け、南信男球団社長が渡米。11日にヤンキースタジアムでブルージェイズ戦を観戦し、特大同点弾を放った松井秀の打撃に「すごかった」と興奮を隠さなかった。
松井秀は米国時間10月31日(日本時間11月1日)で契約満了になり、翌日にFA権を取得し、日米の球団と交渉可能。球団トップ直々にチェック済みで、すぐにでも交渉に対応できる態勢だ。

⇒正直、今年の三浦ほど欲しいと思わない。むしろ、いらないw お前らだけで頑張れ!…と、虎に言いたいです(笑)


≪福原、早期始動ににじむ危機感≫
トレードの交換要員に浮上していることが判明したおはぎが13日、鳴尾浜で汗を流した。キャッチボールや、ストレッチなどで約1時間体を動かし「落ちるボールをやっていきたい」と来季に向けての課題を挙げた。今季は14試合に登板し、わずか3勝(10敗)、防御率4.48と苦しんだ。ベテランの早期始動に危機感ににじみでていた。

⇒福原のおかげで勝てた試合もあるんだけれど、福原のせいで負けた試合の方が多くて、申し訳ないけど、今年もいいイメージがない…


≪第2の虎風荘できる…2軍2チーム構想≫
将来の「2軍2チーム」構想を目指して育成選手枠を拡張する阪神が、今オフにも“第2虎風荘”の設置を検討していることが13日、明らかになった。
現在、鳴尾浜球場に隣接する虎風荘はほぼ満室状態。今オフは6人が退寮予定だが、ドラフトでは育成枠も含めてそれ以上の獲得を見込んでいる。現状では部屋を拡張することも難しく、場合によっては新人が入寮できない可能性も出てくる。球団幹部は「(マンションを)借り上げることも考えている」と明かした。鳴尾浜から徒歩圏内の物件を球団が賃貸契約し、そこに住まわせるという。
食事は虎風荘まで歩いて食べに行く形になる。寮よりも不便な点はいくつか残るが、若虎たちのハングリー精神は間違いなく鍛えられそうだ。

⇒育成の藤井宏政内野手も、先日のフェニックス・リーグで活躍したというし、若い力の底上げが欲しいところ。やっぱり生え抜きの活躍が見たいんですよ。


≪真弓阪神“友情トレード”岡田オリ≫
真弓阪神、岡田オリックスで友情トレードや。
南球団社長が阪神電鉄本社で行われたオーナー報告会を受けての会見後、取材陣に対応。13日、阪神前監督・岡田どんでん氏の監督就任が決まったオリックスと、トレードなどの人事交流で相乗効果を図る考えを示した。もちろん、両軍にとってメリットがあることを念頭に置き「互いにプラスになればね」と前向きな姿勢をみせた。
DONGDENGは昨年まで阪神の指揮を執り、チームを4年連続のAクラス入りに導いた。南球団社長との親交も厚く、他球団の監督に就任することに関してもわだかまりはなかった。同社長は球団広報時代、現役時代のイケメンとも接しており、旧知の仲でもある。
14日にオリックス・岡田監督の就任会見が行われることに関してコメントを求められると「僕の中では注目度は高まりますね。長年の付き合いですから。それは致し方ないですね」と言及。他球団の動向とはいえ、岡田氏が絡むとなれば気にならないわけはない。
最近では07年のオフ、浜中、吉野と平野、阿部の2対2のトレードが成立。それぞれが移籍先で活躍しており、一定の成果を収めているという実績もある。さらに、どん様は阪神、オリックスのOBで、両球団での指導経験もあるだけに、戦力の見定めという部分での眼力も申し分ないはずだ。
12球団の中で85年に日本一を達成したV戦士が関西の2チームを牽引するという来季。真弓阪神と岡田オリックスとの間での人事交流が功を奏せば…“関西ダービー”での日本シリーズなど夢は大きく広がる。

⇒オリの勝利インタビューで「そりゃぁ…お前、あそこで桧山出さなきゃダメなんよ」とか言いそう(笑)。浜ちゃん、帰ってこーへんかな?



まあ、この時期のニュースはあまりあてになりません(笑)



by,tora-neco



ランキング参加中。応援クリックお願いします(*^_^*)
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 野球ブログへ
[PR]
by kuru2chanbei | 2009-10-13 22:58 | 虎球団

真弓監督がオーナー報告/09年勝手に一言

≪真弓監督がオーナー報告≫
13日、阪神電鉄本社(大阪市)において、真弓監督が坂井信也オーナーにシーズン終了の報告をおこない、終了後に南社長とともに会見を行った。

真弓監督のコメント(会見より)
1年間、ご支援ご声援ありがとうございました。今季は思い通りのシーズンにできず苦労しましたが、選手たちは最後までよく戦ってくれ、最後までファンの応援をいただける戦いができたのではないかと思う。早いうちに巨人に優勝を決められ、ふり返ると反省するところもあったし、悔しいシーズンで終わった。来シーズンはこの悔しさを晴らす年にしたいです。
―どんな報告を。
オーナーは試合をご覧になることも多いので、スタートダッシュがつかなかった、オールスター明けは盛り返してくれたといったお話が出た。今年の話よりもやはり来シーズンに向けて、というところが大きな話になった。守りに重点を置いたチーム、機動力を使うことを目標にしてきたが、今年思い通りにできなかったことは、来シーズンにむけての課題となってくると思うし、一方では若い選手もでてきて、これは来季につながる。来シーズンは何とか優勝できるチームづくりをという言葉をもらいました。
―シーズンふりかえって。
シーズンを戦う上では、開幕スタートダッシュが比重が多いと思うが、それができなかったことで苦しいシーズンになった。借金が増えたが、最後はその借金を返済するくらい選手ががんばってくれた。
―こうした方がよかったという点。
先発ピッチャーと中継ぎ、抑えという、ピッチャーのバランスというところ。最近の先発ピッチャーは中6日で投げている中で、回の早くに変えてしまうと、中のピッチャーに負担が大きくなるということがあり、シーズンの初めにはかなり我慢してというか、そういうところで少し負けがこんでしまったと思う。負けていい、ということはないが、そういう経験からたくましくなってもらって、たくましい先発ピッチャーが1人でも2人でも育ってほしい。
―来季に向けて抱負を。
今年は早い時期に優勝を決められたが、来シーズンは最後まで優勝争いし、リーグ優勝できる、そういうシーズンにしたい。

南社長のコメント(会見より)
今シーズン最後まであきらめずによくやってくれましたが、借金も残し満足のいく結果ではなかった。ファンの期待にも応えられず申し訳なく思っている。1年間、シーズンは長いですから、特に前半は苦しい、しんどい時があったと思うが、そんな時にも真弓監督は変わらず、愚痴も言わず我慢強くがんばってくれた。腹もすわっているし、私としては全幅の信頼を寄せています。これから来季にむけて態勢をととのえていきたい。引き続きファンの皆さまにはご声援のほど、よろしくお願いします。


⇒開幕戦を白星スタートしたので幸先いいかと思いきや、結果、4位。しかし、優勝した年って、開幕戦黒星スタートなんですよ…来年は、気を抜いていいぞ(笑)

今年の阪神について、まずは投手陣から。
とりあえず、先発3本柱が欲しいところなのに、前半こそ安藤と下柳が支えたものの、後半に失速。福原に至っては、トレード要員と言われる始末。
しかし、勝ち頭となった能見の成長と、岩田が怪我で出遅れながらも好投したことが、結果、CS争いに食い込める要因になったと思います。
また、久保は途中不安定になりながらも、結局9勝8敗。勝率.529ですし6回までは試合を作ってくれるでしょうから、それ以降は様子を見ながら継投策を練ればいいと思うので、中継ぎにするのはやめてほしいです(^_^;

また、中継ぎ陣。相変わらずよかったのは、3年連続20セーブ以上という球団記録を作った、球児。春先には打ちこまれる場面も見られ、5月には右肩故障で一時戦線を離脱したり、セーブをつけたくてもそんな試合状況じゃなかったり…後は、アッチソンが去年共々神っぷりを見せつけ、『AF』という新たな勝利の方程式を確立。
しかし、去年まで好投した渡辺が終盤に調子を落とし、春には最強だった江草も後半には四球王、9月の中日戦では逆転を許しベンチで涙する姿も…阿部も結局、秋には二軍落ち。唯一成長したのは、先発としてはダメでしたけど、筒井ですね。

そして、捕手。
言い方は悪いですが、棚ボタ式に開幕マスクを被り、ほぼ一年間通して捕手として務めてきた、狩野。最初は、リード面も牽制球も「矢野様、カムバーック!!」状態だったんですが、元々足は速いし、打撃力もあります。後半には本当に成長して、リード面も良くなり、送球もマシに。まあ、捕手というのは育てるのが一番難しいポジションですから、それがこの1年間であそこまで育ったのは、虎の将来にとって明るいものかもしれません。
矢野様も、7月になってやーっとカムバック。しかし、リードする試合ではなかなか白星に恵まれず…それでも、決めてほしい試合で2ラン(G戦)を放つなど、相変わらずの虎の正妻っぷり。最後、怪我で戦線離脱したのは痛かったですが…

また、打線。
前半は金本の孤軍奮闘状態。3番も機能せず、5番がここ一番でいつも凡退…これで、更に真弓監督への批判が強かったりしました。
しかし、夏場あたりから金本が一気に失速。直球に差し込まれて始めたり、鳥谷に代打が送られたり、打順も色々変わったり…(涙)
それが、球宴後、打順を開幕時に戻してから、3番と5番が覚醒。4番は起きたり眠ったりなんですが、故障者も続々と現れる中、それでも下位打線が力を見せたりしました。

結局、総合的にバランスが悪かったですね。投打の歯車がひっついたり離れたり…それで前半負けが込んで、借金が返せていない。
それでも、若い力だって頑張った!大和だって、スクイズで初打点。守備や走塁でチームの力となり、野原が育成から這い上がってガッツあふれるプレーを披露!

来季は寅年!こりゃ~いっちょやったらなアカンでしょ(^v^)




by,tora-neco



ランキング参加中。応援クリックお願いします(*^_^*)
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 野球ブログへ
[PR]
by kuru2chanbei | 2009-10-13 22:41 | 虎球団

前を向いて… 10/12 他球団

≪ロッテ・バレンタイン前監督が涙浮かべ帰国≫
ロッテ・バレンタイン前監督が12日、成田空港から米国へ帰国した。見送りに集結した一部ファンとの別れ際には涙を浮かべ、2度にわたってロッテで指揮を執った日々を「人生で最高の7年間だった」としみじみ振り返った。
一方で、5位に低迷した今季は「良い思い出として振り返ることはできない」。自らと同じくシーズン前から退任が既定路線だった楽天の野村監督のケースに触れ「楽天は最後まで正式に解任を伝えず、シーズンの妨げにならなかった」と話し、昨年末に退任を通告したロッテ球団との対立の根深さもうかがわせた。

⇒今季のロッテはゴダゴダが影響した感があります。西岡の件とかね。ボビーには、穏やかに退団してもらいたかったです…


≪今季で引退の中日・立浪がセ・リーグ特別賞≫
セ・リーグは12日、今季の特別表彰の受賞者を以下の通り発表した。
▽最優秀監督賞 原辰徳監督(巨人)
▽スピードアップ賞 三浦大輔投手(横浜)
▽特別賞 立浪和義内野手(中日)
▽カムバック賞 該当者なし
▽審判員奨励賞 名幸一明審判員


⇒三浦…おめでとう||電柱||q・ω・〃)ポッ。.:*・゜


≪巨人・ラミが初の首位打者 セ・リーグ全日程終了≫
セは12日、レギュラーシーズンが終了。個人タイトルを発表した。

首位打者、最多安打・ラミレス(巨人)(.322、186安打/3度目の最多安打)
「初めて首位打者を達成できて光栄。右打者で内野安打を稼ぐタイプではない僕にとっては特別なことだ」
最多本塁打、最多打点・ブランコ(中日)(39本塁打、110打点)
「1年目でタイトルを取ることができたのはとてもうれしい。ただ、もっと自分は打てた。打点はチームのみんなの協力があって達成できたもの」
最多盗塁・福地(ヤクルト)(42盗塁/2年連続)
「目標の50盗塁にちょっと届かなかったが、連続というのがうれしい。今年は凌ぎ合いの中で走れたのが大きい。質を求めてできている」
最高出塁率・青木(ヤクルト)(.400/二度目)
「諦めない気持ちを最後まで持てたから、ここまでやれた。苦しい状況で何かのタイトルを取れたのは、すごい自信になる」
最優秀防御率・チェン(中日)(1.54)
「初めて取ったタイトルですけど、非常にうれしい。ただ、自分の力だけではないので、野手の方にも感謝したい。これからも、さらに上を目指して頑張りたい」
最多勝利・吉見(中日)(16勝)
「とてもうれしく思います。周りの方の助けもあり、取ることができたタイトルだと思うので、支えてくださった皆さんに感謝したい」
最多勝利・館山(ヤクルト)(16勝)
「野手に援護してもらった勲章。石川さんがいて、リリーフがいて、飛ばせていけた。チームに取らせてもらった賞」
最多奪三振・ルイス(広島)(183奪三振/2年連続)
「自分が一番大切にしているのは、先発として試合をつくること。来年も広島に戻ってきたいと思う」
最多セーブ・岩瀬(中日)(41セーブ/3年振り3度目)
「タイトルを取れたのは非常にうれしい。これも、周りの方のサポートがあったおかげなので、皆さんに感謝したい」
最優秀中継ぎ・山口(巨人)(44HP/初)
「ホールドが付く状況で投げさせてもらえたのも、野手の人や先発の人のおかげ。去年の経験を生かし、いい調整で1年間を乗り切れた」

⇒受賞した皆さま、おめでとうございますm(__)m 虎と鯨がおりませんが…


≪燕、6連勝締め!内海4年連続2ケタ&44年ぶり90勝ならず≫
ヤクルト5―3巨人(12日・神宮)
最終戦は、悔しい逆転負けで終わった巨人。また、今季限りで引退するヤクルト・花田真人投手と城石憲之内野手の2選手途中出場、現役生活に別れを告げた。
原監督「今日は全員の力を結集したけど、残念でした。しかし、それは終わったこと。(公式戦の)144試合はまだ振り返りません。来年に向けて、課題を残したところはあるが、切り替えてCSです」

8回1死。12日ぶりマウンドの越智が、代打・城石に144キロ直球を左中間二塁打されるなど一、二塁。城石が口火を切り、衣川、吉本に連続タイムリーを浴びて3失点で逆転を許した。現役引退する城石に対して直球主体で配球せざるを得ないムードが球場にはあったとはいえ、1点リードの7回から山口、越智を投入、最後はクルーンで逃げ切るつもりの試合だった。短期決戦のCS第2ステージを前に、中継ぎ陣のコンディション整備が課題となった。反面、ヤクルトは、2人の引退に花を添えるべく奮起し、これで6連勝!

ヤクルト・花田は、7回から登板。脇谷を二ゴロに打ち取って最後の登板を終え、城石は9回に二塁の守備に就き、この回の守備から出場した右手親指骨折の宮本と二遊間のコンビを組んだ。

6回2失点と好投した先発の内海は、4年連続2ケタ勝利を逃し、チームは球団史上44年ぶり3度目のシーズン90勝もならなかった。「(自身の)10勝と(チームの)90勝(がかかる試合)で力みはありました。上体に力が入ってしまった。僕がもつれた試合にしてしまいました」と試合後、唇をかんだ。今季は5月に2軍落ちするなど一時は不調で苦しんだが、9月以降は6試合4勝1敗、防御率1.37と完全復活。CSへ向けてこちらは好材料だ。後半、能見には4試合連続で負けたけどw (負け惜しみ)

その後、マウンドでナインや荒木投手コーチからねぎらいの言葉を掛けられた後、中大の後輩の巨人・阿部から花束を渡された花田は涙を浮かべた。城石は、試合後に元同僚のラミレスから花束を受け取り、笑顔でチームメイトとタッチを交わした。
引退セレモニーでは城石の夫人でテレビ東京・大橋未歩アナウンサーら2選手の家族から花束が渡された後、ナインから胴上げされ、グラウンドを去った。

⇒坂本、松本、亀井、東野、オビスポら若手の活躍&ベテランの力が融合してリーグ3連覇を達成。チーム防御率は19年ぶりの2点台(2.94)。チーム.275はリーグトップ。阪神が五分五分でシーズン終われたのが奇跡だ(笑)



どーこー言っても、今年の巨人は強いかったですわ。補強らしい補強もなく、若い力とベテランの力で勝ち上がったんだから…ムカつくけど(笑)
来年、見とけよー(((○(+・`ω・)o...。oо○



by,tora-neco



ランキング参加中。応援クリックお願いします(*^_^*)
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 野球ブログへ
[PR]
by kuru2chanbei | 2009-10-12 21:41 | 他球団

前を向いて… 10/12

≪橋本 東野から2安打!来季こそ1軍だ≫
「フェニックスリーグ、巨人6-5阪神」(12日、サンマリン) 
橋本良平捕手が、フェニックスリーグ・巨人戦にて、今季1軍で8勝を挙げた東野から2安打1打点とアピール。「ボールも見えてましたし、いい感じで打てた。1軍の投手のボールを見れたことが良かった」と笑顔で話した。
2回二死三塁。追い込まれながらも中前適時打を放つと、4回にはカウント0-1から左中間に二塁打を放った。神様・八木2軍打撃コーチは「今は狙ったボールを打ち損じないことが一番の課題。(2回の二塁打は)一歩階段を上ったかな」と成長を感じた。
先輩のアドバイスが打撃面の成長を促している。「林さんからバットのテークバックが下がってると言われたんで気をつけている」。自分もやばい立場ながら林の教えの効果もあってか、フェニックスリーグでは4試合で13打数4安打。
今季は岡崎、清水、小宮山が1軍昇格した。身近にいる先輩が1軍でプレーすることで「自分ももうちょっとできればと思う」と手応えを感じている橋本。来季こそ初昇格するためにも宮崎できっかけをつかみたい。

⇒甲子園ではマー君と対決したこともある、良平。打撃も期待できるものがあるし、若いし、早く一軍に来いよ~


≪セ・リーグ観客動員 阪神5年連続トップ≫
セはレギュラーシーズンが終了した12日、交流戦を含む今季の観客動員数を発表し、総観客数は1269万2228人で、1試合平均は前年比5.0%増の2万9380人だった。
阪神は5年ぶりにBクラス(4位)に転落するなど成績は低迷したが、300万7074人と2年ぶりに300万人を超え、5年連続でトップ。新球場1年目の広島は34.7%の大幅増で球団最多記録を更新する187万3046人を集めた。リーグ優勝の巨人は2年ぶりに増加に転じ、293万4370人で2位。平均試合時間3時間以内(九回試合のみ)を両リーグで目標に掲げたが、セは3時間7分だった。

⇒どうも!1/300万人です(´ω`)ノ


≪筒井が結婚 今オフにも挙式&入籍≫
筒井和也投手が12日、奈良県在住の本多政敏さんの長女で元モデルの佑莉さんと結婚することを発表した。今季は中継ぎとして45試合に登板し1勝2敗、防御率3.71の成績で1軍に定着。「今年のシーズン中に結婚を決めました」といきさつを明かした。来季からは家族を持つことになったとあって「心強いし、もっと頑張らないといけない。もっと直球を磨いて勝負します」と気合十分。挙式、入籍は今オフにも行う予定だ

⇒猛アタックしたらしい…嬉しそうな、筒井(笑)ヽ(*´∀`)ノオメデト─ッ♪


≪アッチ「虎で投げたい」残留アピール≫
スコット・アッチソン投手が12日、帰国を前に報道陣の取材に応じた。
今季は外国人最多タイの登板となる75試合に登板。リードしている場面だけでなく、追う展開でもマウンドへ向かい、2イニングの登板も辞さないタフネス&神様ぶりでチームを勝利に導いてきた。
「疲れ?誰にでもあるだろう。CSに進出していれば、まだ投げられる準備はしていた」と肩をまわした。
この日はロッカーの整理でクラブハウスを訪れた。来季の契約については未定だが、球団では残留を基本線に考えている。ま、当然だ。「代理人に任せているがタイガースで投げたい気持ちはある。このチームで優勝したい。戻ってくる可能性はあると思う」とタテジマ3年目を迎える可能性を示唆していた。

⇒ジェフがどうなるか未定の今、新しい髪…やなかった、神が必要です。


≪今岡 11・17甲子園から“再出発”≫
11月17日に予定されているトライアウトの会場が甲子園に決まったことが12日、分かった。これにより阪神から戦力外通告を受けた今岡誠内野手が、慣れ親しんだ甲子園で再出発の時を迎える可能性が出てきた。
退団を発表した10日の会見では「このままではユニホームを脱げない」と他球団からのオファーを待つ構えを見せた。そしてオファーがなかった場合についても「トライアウトにも当然、行きます」と話していた。
今のところ他球団からのオファーは届いていない。というのも登録抹消以降、2軍戦にほとんど出場しておらず、各球団の編成担当も現状の実力を測りかねているのが実情だ。このままでいけばトライアウト受験は避けられそうもない。
ただ、そこは03年に首位打者、05年に打点王を獲得した変態打法の天才は運を持っていた。テストの場が13年間のタテジマ人生に何度も沸かせてきた聖地でできるのだ。
この日も鳴尾浜で前田忠節とともに打撃練習などで汗を流した今岡。虎ファンではなく編成担当が厳しい視線を送るスタンドに向けて、持てる力をすべて出す。

⇒そうそう!前田もトライアウト受けるんでしたね。2人とも、頑張れ!(^^)!


≪【赤星トーク】開幕からプレーするつもり&生涯タテジマ宣言≫
9月12日の横浜戦でダイビングキャッチを試みた際に、頸椎椎間板ヘルニアを悪化させ。「今年は、とかじゃなく、(野球人生が)終わったと思った」と語る赤星憲広外野手が12日、リハビリのため鳴尾浜を訪れた。負傷してから1カ月ぶりとなる公の場で、来季の開幕を目指してリハビリを続けていく決意を語った。

(鳴尾浜の寮の前で)
-リハビリのメドなどは
「今年のシーズン中に戻れるという状況ではなかったんで。今年無理して、来季に影響させられなかったし、来年のために、というのがあった。メドといっても、今はオフですし。シーズンは悔しい思いをして、僕も力になれず(早くに)終わってしまったんで。これから来年1月、2月まで3カ月以上ありますし、ゆっくりともう一回、戦える状態に出来るようにやっていきたいです」
-来年の開幕には間に合わせる
「僕は勿論、来年(開幕から)プレーするつもりですし、そのために(来春)キャンプには普通にやれる状態に持っていきたいと思っています。焦ればもっと早く、というのもありますが、とにかく焦らず。普通は段階を踏んで、という形になるが、それより自分の中で、出来るかどうか(を判断)。逆に先に進むこともあるでしょうし、体と相談してですね。まずは来年キャンプをそれなりの形で出来れば。その過程で失敗してしまうと来年に響くんで」
-現状は
「当初(故障を)やったときよりはいい。良くはなっています。きょうで1カ月ですが、最初の段階では今までより症状が強かったんで。焦らずやっていくことしかできない。来年もう1回元気に試合に出たいですし。1年間で3度の抹消はなかったし、3度目はそれなりのダメージを受けたんで。とにかく来年のことを考えて、焦らずやっていくしかないです」
-今後も、通院しながらになる
「これから考えます。(甲子園、鳴尾浜に限らず)いいことは色々と(治療を)やっていきたいし、転々としながら、どんなことができるか、やっていきたい」
-ファン感謝デーなどの参加は
「もちろん、参加はします。立場(選手会長)が立場ですし。競技に参加できるかは別ですが。ファンの方へ、話せる機会もあればと」

また、FA権も取得するが、00年にドラ4位で入団し、猛虎への愛着は人一倍。「阪神でずっとやると思ってやってきた。取ってもらって育ててもらったという気持ちが強い。最初から阪神でやって、阪神で終わりたいなと思っていた」“生涯タテジマ”を宣言。ラッキー♪
もう一度、優勝の美酒をこのチームで味わうため。2010年、開幕のグラウンドに立つために-。今季の悔しさを胸に抱きつつ、歩みを進めていく。

⇒満身創痍な選手会長。いい感じで盗塁リーグ1位を走っていたのに…来年は、50行こう!!とりあえず、今は安静に、そして、無理せず早く治して下さいm(__)m


≪能見2世!虎外れ1位候補は立命大・藤原≫
花巻東・菊池雄星投手のドラ1位指名を決めている阪神が、外れ1位の筆頭候補として立命大・藤原正典投手に絞り込んだことが12日、明らかになった。
虎の菊池命は変わらなが、巨人、横浜を除くほとんどの球団が本命視。抽選箱に手を入れる真弓監督が「交渉権確定」の5文字を引けばいいが…ダメな場合も想定し、数々のシミュレーションを重ねた結果、外れ1位の筆頭候補として立命大・藤原に絞り込んだ。
「キレや変化球は申し分ない。牽制も巧み。緩急をつけた投球も評価できる。現段階で外れ1位まできている。魅力?空振りをとれること」
181mの長身から上手、横手と投げ分ける。最速146キロの直球を武器にカーブ&スライダーなどを織り交ぜる。今春に左肩に張りを覚えたものの、今月4日の関学大戦(南港)では延長11回を2失点で投げきるなど順調に回復。「9割ぐらいまで戻っている」と球団関係者が語るように、今秋の関西学生リーグでは先発として4試合で3勝1敗、防御率1.38と抜群の数字。右打者内角へ攻めるクロスファイアーも魅力で、今季13勝と大飛躍した“能見2世”ともいえる。
5年ぶりのBクラスに転落したチームの最大の課題が先発型左腕の獲得。ベテラン下柳は右膝手術が影響し、8勝止まり。岩田、能見が台頭したが、江草や筒井が中継ぎ要員のため、2軍でスターターとして出番を待つのが小嶋しかいない状況。
これまで菊池を外した場合でも、高校生左腕が数名検討されていたが、藤原の回復具合や他球団の動向など総合的に判断。関西No,1左腕に照準を絞った。
今週中にスカウト会議を開く予定。そして、藤原が登板予定の24日の同大戦(西京極)をスカウトらが勢ぞろいして視察。最終チェックをした上で、29日のドラフト会議に向け、もう一人の“恋人”のハンコを押す。

⇒ま、クジ運の無さは今に始まったことではないので(笑)。「当たったらいいな」ぐらいの気持ちで見守ってますよ(笑)



過去にどれだけ恋人がいて、儚く散ったのだろう……(-_-;



by,tora-neco



ランキング参加中。応援クリックお願いします(*^_^*)
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 野球ブログへ
[PR]
by kuru2chanbei | 2009-10-12 20:42 | 虎球団

来季に向けて、、、  10/11 その参

≪中日・落合監督が最終戦で退場 CS第1Sに遺恨≫
(ヤクルト4-3中日、最終戦、ヤクルト13勝11敗、11日、神宮)
中日・落合監督が最終戦で退場。CS第1ステージに遺恨を残す試合となった。
問題の場面は2-3の7回1死一塁。デントナの左翼ポール際への打球が本塁打と判定されると、落合監督が審判員に詰め寄った。佐々木三塁塁審によると、落合監督は場内に流れた映像を見た後に「ファウルだろ。ビデオで出てるから収まりがつかないぞ」と抗議。ビデオ判定には反対の立場を取ってきたはずの指揮官は冷静さを失い、森コーチらも出てきて揉み合いとなったり、一時は中日選手全員がベンチから出てくる事態となった。
報道陣との接触を避けた落合監督の真意は分からないが、2番手の吉見に勝ちを付け、最多勝を確実にする策が実らなかったことも怒りの一因だろう。吉見は「絶対ファウルだと思う」と、試合後も興奮を引きずった様子だった
その後、守備についていた中日の選手はベンチに引き返し、落合監督だけが抗議を続けたが判定は覆らず。試合は17分も中断し、落合監督は長時間の抗議による遅延行為で退場となった。

⇒ようつべで見ましたが、HRでしょうね。ただ、煩わしい判定や誤審などが相次ぐことがこういう問題を引き起こしていると思います。審判様の体制を見直すべきだと思います。


≪ソフトバンク・摂津が球団最多登板更新≫
(楽天0-5ソフトバンク、最終戦、楽天13勝11敗、11日、Kスタ宮城)
ソフトバンクの摂津が今季70試合目のマウンドに上がり、球団記録を更新した。登板数のプロ野球新人記録には一つ届かなかったが、39ホールドポイントで最優秀中継ぎ投手を獲得したが、「数字に対しては意識してない。1試合1試合の積み重ねです」と謙虚だった。
7回途中から登板。1安打されたが、四つのアウトすべてを三振で奪うなど切れは抜群だった。「いい形でシーズンを締めくくることができた」と話した。

⇒調べてみたら年俸安っ!今年は上がるよo(^^)o


≪ソフトバンク・多村が海外FA権取得 ≫
ソフトバンクのスペr…多村は11日、1軍登録日数が9年に達し、海外移籍も可能となるFA権の取得条件を満たした
多村は横浜からトレードでソフトバンクに移籍して3年目。「すべて終わってから、じっくり考えます」と話した。

⇒海外になんか行って、全身包帯になって帰ってこられても困るので、日本で頑張って下さいm(__)m


≪鉄平、初の首位打者=中村は2冠-パ・リーグ個人タイトル≫
首位打者=楽天・鉄平(.327)
「実際に取れるとは思っていなかったが、一つの成長と受け止めたい。考えすぎず、シンプルに自分のやりたいようにできた」
最多安打、最高出塁率=西武・中島(173安打、.398)
「打てる時と打てない時があったが、この数字で取れてラッキーだったかな」
最多本塁打、最多打点=西武・中村(48本、122打点/本塁打王は2年連続2度目、打点王は初)
「4番にしてもらったし、本塁打と打点でチームに貢献できたのが良かった」
最多盗塁=西武・片岡(51盗塁/3年連続)
「3年連続で取れて良かった。イチローさんの背番号(51個)に並んだので、来年は超えたい」
最優秀防御率、最優秀投手(勝率1位)=日本ハム・ダルビッシュ(1.73、.750)
「シーズンを通じて投げられなかったことは残念だが、投げた試合では自分なりに貢献できたと思う。3年連続で防御率が1点台というのはうれしい」
最優秀投手、最多奪三振=ソフトバンク・杉内(.750、204奪三振)
「あと5勝はできたのでは。最多奪三振は球宴ころまでは無理だと思っていた。残り3登板というころには、狙える時には常に三振を狙っていた」
最多勝利=西武・涌井(16勝/2年振り2度目)
「一昨年はたまたま勝った試合があった。納得して取れた今年のタイトルの方が素直にうれしい」
最多セーブ=日本ハム・武田久(34セーブ)
「1試合1試合頑張ってきた結果だと思うし、正直うれしい。これを励みに今後もしっかり役割を果たしたい」
最優秀中継ぎ=ソフトバンク・摂津(39HP)
「一つ一つの仕事をこなし、積み重ねてきた結果。チームの勝ちに貢献する投球ができたことの証しだと思うし、うれしい」

⇒西武が頑張ってますね。今年は残念な結果に終わりましたが、西武は粘りが違う!同じセのネコ科チームに見習って頂きたいものです…



こうやって見ると、あれ?パが多いぞ(笑)



by,tora-neco



ランキング参加中。応援クリックお願いします(*^_^*)
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 野球ブログへ
[PR]
by kuru2chanbei | 2009-10-11 22:28 | 他球団

わたくし“スーパー・ポジティブ”な関西人・tora-necoが、タイガース日記を気ままに書いてみる。
by kuru2chanbei
プロフィールを見る
画像一覧

最新のトラックバック

2011年春季キャンプ、..
from りが・みりてぃあ野球殿堂
守りのミス連発、久保田投..
from 自由気ままに虎など ガンバレ..
守りのミス連発、久保田投..
from パイプの部屋
必死のパッチの決勝弾!ア..
from 自由気ままに虎など ガンバレ..
必死のパッチの決勝弾!ア..
from パイプの部屋
金本、残念!でも素晴らし..
from 今日の特選情報!
勇気ある決断、1492試..
from 自由気ままに虎など ガンバレ..
勇気ある決断、1492試..
from パイプの部屋
また苦手を作ってしまったか?
from 自由気ままに虎など ガンバレ..
また苦手を作ってしまったか?
from パイプの部屋
甲子園開幕戦、AK砲炸裂!
from 自由気ままに虎など ガンバレ..
甲子園開幕戦、AK砲炸裂!
from パイプの部屋
【2010 公式戰】 ○..
from 仙丈亭日乘
下さん好投虚し、拙攻で3..
from 自由気ままに虎など ガンバレ..
下さん好投虚し、拙攻で3..
from パイプの部屋

検索

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな