虎々なるままに日暮し

タグ:クライマックスシリーズ ( 9 ) タグの人気記事

CS第2ステージ最終日。他… 10/24 他球団

≪日本ハム、2年ぶりに日本シリーズ進出!≫
CS・パ第2ステージの第4戦が24日、札幌ドームで行われ、リーグ優勝の日本ハムがレギュラーシーズン2位の楽天を9-4で下し、対戦成績4勝1敗(日本ハムに1勝のアドバンテージ)で2年ぶりの日本シリーズ進出を決めた。楽天はシーズンを終了し、今季限りで退任する野村克也監督にとって最後の指揮となった。
日本ハム・梨田監督「初戦のスレッジの満塁本塁打で一気に流れが来た。(楽天が)最後は岩隈と藤井の近鉄バッテリーで印象に残る試合になった。パの覇者として胸を張って戦っていきたい」
日本ハムは1回、一死から森本の遊撃内野安打をきっかけに満塁と攻め立て、第1戦で逆転サヨナラ満塁弾を放ったスレッジが中堅へ犠飛を放ち、さっそく先制点。続く2回にも田中の適時三塁打で追加点を挙げると、森本が日ハムファンの待つ左翼スタンドに2ランを放ち、この回3点を奪った。
リードが1点となった7回、スレッジの適時打と鶴岡の幸運な三塁内野安打で貴重な追加点。8回にはスレッジが3ランを放ち、楽天を突き放した。
3回まで無安打に抑えていた先発藤井は4回に失点したものの、5回3失点にまとめ、後を受けた3人がつないで最後は武田久が締めた。
楽天は4回の反撃で3点を奪い、2番手の青山も好投を見せてリズムを作ったが、勝負どころで畳み掛けることはできなかった。執念の継投で8回途中からは第2戦先発の岩隈を投入したが実らなかった。

稲葉(1敗でのCS突破にも) 「どれもしんどい試合だった。主将として僕から言ったことはなく、チームが自然と一つになれた」
田中(CS突破に) 「1、2番打者が機能した。普段と変わらず、いい野球ができた。これまでの短期決戦の経験は、間違いなく生きている」
小谷野(攻守で渋く貢献) 「自分が打つ、打たないは関係ない。短期決戦はチームとしてどう動くか。みんなのおかげで勝たせてもらった」
藤井(5回3失点) 「決め球を先に投げた」
中田(代打で出場も3球三振) 「全然、駄目。フルスイングできなかった。いい経験になった」
高橋(7回、膝の故障を押して、暴投で二進) 「紙一重の走りだった」

≪ノムさん終戦…楽天、岩隈投入もダメ押し被弾≫
(CS・パ第2ステージ第4戦、日ハム9-4楽天、日ハム4勝1敗、24日、札幌ドーム)
楽天は先発・藤原が日ハム打線に捕まり2回4失点で降板。4回に3点を返し1点差としたが、終盤に5点を失い4-9で敗れた。今季限りで退団となる野村監督は日本シリーズ進出を逃し、最後の試合となってしまった。
楽天・野村監督「間違いだらけだった第2ステージを象徴する試合だった。選手を生かせず、殺してしまった。仙台で日本シリーズができず残念。日本ハムの選手は、よく野球を心得ていた」
楽天先発のルーキー・藤原は1回裏、日本ハム・森本、稲葉に連打され、高橋には四球を与え満塁のピンチ。この場面で5番スレッジに犠牲フライを打たれ1点を失った。藤原は続く2回裏、二死二塁から田中に適時三塁打、さらに森本には2点本塁打を浴び計4失点。序盤で試合を壊し、ベンチは嫌な雰囲気となった。
4点を追う楽天は4回表、高須がチーム初安打となる左前打で出塁すると、二死一、二塁からセギノールの適時打で1点返した。さらに、満塁から宮出が中前打を放ち2者が生還。3-4とし、1点差まで詰め寄った。
しかし、楽天の反撃もここまで。7回裏にスレッジ、鶴岡の適時打、さらに8回裏には二死二、三塁のピンチでエース・岩隈を投入したが、スレッジに特大3ランを浴び5点差。最後の最後まで粘りを見せたが、この一発で完全に力尽きた。
野村監督は試合後、敵地に乗り込んだ楽天ファンの待つライトスタンド側で選手とともに一礼。球場内から大きな拍手を浴びた。そして、なんと日ハム選手も加わっての“異例の”胴上げとなり、野村監督は5回宙を舞い、満員のスタンドから再び大きな大きな拍手をもらい、球場を去った。

藤井(8回のピンチで中1日の岩隈とバッテリーで登場) 「岩隈が投げて、感動した」
草野(退任する野村監督を胴上げ) 「寂しい。体は重かったです」
藤原(2回で4失点) 「冷静に入れたつもりだったが、思うようにいかなかった」

⇒ノムさんの胴上げには、マジ泣きしました。


≪ノムさん、背番号19は「花巻東・菊池に」≫
退任する楽天・野村監督が24日、球団から永久欠番にと要望されている自身の背番号「19」を、花巻東高・菊池投手に譲る考えを明かした。菊池が日本でのプレーを希望した場合、楽天は29日のドラフト会議で菊池を1位指名する方針。抽選での交渉権獲得が条件となるが、実現すれば何よりのプレゼントになる。
野村監督は22日夜に行われた三木谷球団会長との会談で、名誉監督就任を改めて要請された。さらに感謝を込め、背番号「19」を永久欠番にする意向を伝えられた。名誉監督就任は前向きに検討している野村監督だが、永久欠番には「そんなものはいらないよ。ここ(楽天)で選手だったわけでもないし」と固辞する意向を示している。
「どうぞ次の選手がつけてください。できれば菊池がいいな。本人が喜ぶなら。ファンが喜んでくれるやろ」
菊池が日本でのプレーを希望、楽天が抽選で交渉権を獲得という二つのハードルが待っているが、野村監督は球史にその名を刻んできた「19」を菊池に譲りたいという。「18」田中、「20」長谷部、「21」岩隈と並ぶ中に「19・菊池」が入れば、近未来の黄金時代も連想させる。
そして何より、感謝を込めた最後のファンサービスという思いが強い。「楽天ファンは東北気質というか、粘り強くて温かい。日本一」。菊池は隣県の岩手出身で、18日の楽天との面談の際には「自分の中でも身近な球団」と好印象を口にしている。東北生え抜きのスターが、偉大な番号を背負う姿が見たい。

⇒結局叶いませんでしたが、ノムさんのこういうところ、好きですね。


≪中日・立浪、最後の打席は左飛「ありがとう」 ≫
(CS・セ第2ステージ第4戦、巨人8-2中日、巨人4勝1敗、24日、東京ドーム)
立浪は9回の代打での出場が現役最後の打席となった。「代打・立浪」がコールされると球場全体から大歓声がわき上がり、左飛に倒れると多くの巨人ファンも立ち上がってベテランの労をねぎらった。
ヘルメットを掲げて声援に応えた立浪は「チームメートに感謝し、巨人ファンにもありがとうと言いたい。今年の巨人は強かった。日本シリーズも頑張ってほしい」とライバルチームを称えた。

井上(現役に終止符) 「できれば日本シリーズまで行きたかった」
和田「自分達に足りないものがあったのかもしれない。そのあたりをこれからゆっくり考えたい」
井端「個人個人がいま以上に成長するしかないと思う」
荒木「一生懸命やった。この後は練習」

⇒落として痛い試合がありました…そして、立浪選手、井上選手、今まで本当にありがとう!!お疲れさまでした。


≪谷がプロ初満塁弾!巨人2年連続で日本シリーズへ≫
巨人が8-2で中日に勝ち、2年連続の日本シリーズ進出を決めた。31日開幕の日本シリーズは巨人と日ハムの対戦となる。
試合は1回裏、左翼線二塁打で出塁した巨人・坂本が、中日・中田の悪送球の際に生還し、巨人が1-0と先制。さらに亀井の適時打で1点を追加した。
3回裏、巨人は2番・松本が四球で出塁。3番・小笠原が右前打を放つと、4番・ラミレスの適時打で1点を追加した。さらに5番・亀井がセイフティーで無死満塁となり、6番・谷がレフトスタンドへ満塁本塁打を放った。谷はプロ13年目にして初の満塁本塁打。巨人はこの回打者一巡の猛攻で5点を追加し、7-0と中日を大きく引き離した。
中日は4回表、4番・ブランコが右越えにソロ本塁打を放ち、1点を返した。さらに5回表、谷繁の右前打、井端の中前打などで一死満塁。荒木が適時打を放ち、1点を返した。続く3番・森野、4番・ブランコは巨人2番手の越智に2者連続三振に打ち取られ、この回は1点を返すに止まった。
6回裏、巨人は坂本の二塁打、松本の犠打で一死一・三塁とし、ラミレスの投ゴロの間に1点を追加し、8-2とリードを広げた。
巨人大量リードのままの9回表、今季限りで引退を表明している中日・立浪が代打で登場、左飛に倒れた。中日は追加点を奪えず、巨人が逃げ切り、日本シリーズ進出を決めた。

≪巨人・脇谷、3試合10分でMVP≫
CS最優秀選手に、前日23日の第3戦で逆転の右越え2点適時二塁打を放った脇谷が選ばれた。4試合中、出場したのは代打で3打席のみだったため「3試合で10分ぐらいしか出ていないんですけど、本当にもらっていいのかな」と照れ笑い。その後は「去年は(日本一を)逃しているので、是が非でも達成したいと思う」と、日本シリーズに気持ちを切り替えていた。

⇒すいません。日ハム応援しますm(__)m


≪西武・片平2軍監督が今季限りで退団≫
西武は24日、片平晋作2軍監督が今季限りで退団すると発表した。

⇒この時期になると別れが多い…お疲れさまでした。


≪岡田オリックス、秋季キャンプを開始≫ 
岡田新監督を迎えたオリックスが24日、神戸総合運動公園サブ球場で秋季練習を開始した。阪神の監督を退いて以来、約1年ぶりにユニホームを着た岡田監督は「新鮮な気持ちになった。若手は名前と顔が一致しないけど、徐々に力量を見ていきたい」と引き締まった表情で、少しおっさんくさいことを話した。
また、初めて顔を合わせた選手、スタッフへの挨拶では、練習時の格好について規律を求める、「風紀のススメ」を説いた。「ユニホームは戦闘服。着てるものがバラバラじゃ勝てない」と言い、髪を染めている選手についても「人から似合うと言われるならいい。俺は似合わないと思うけど」と苦言を呈した。金子か?w どん様が尊敬する故仰木彬元監督も同じ方針だった。ある関係者は「一流選手が茶髪にしていれば個性になるが、そうでなければ『どこ向いて野球してる』となる」と説明する。短髪ながら茶色がかっている加藤は「自分の成績も悪かったし、控えめにしようと思う」と苦笑い。監督が伝えたかったのは髪の色の問題ではなく、自分の野球への姿勢を見つめ直すこと。岡田イズムは「心」の部分から最下位球団を染め始める。
初日から約400人のファンが集まった秋季練習は、11月20日まで神戸で行われる予定。「今日が来季へ向けてのスタート。力のある選手が多いという印象が強い」と手応えを口にした。

⇒阪神にはあまり茶髪っていないですよね。


≪広島・倉が残留表明 現状維持で1年契約≫
今季、国内FA権を取得した倉は24日、権利を行使せずに残留することを表明した。マツダスタジアムで現状維持の年俸3000万円プラス出来高払いの1年契約を結んだ。
倉は「カープに必要な戦力だと言ってもらったので、すぐに決めた。12年間やってきた中で、育ててくれたという思いがあるので、ここで結果を出したい」とチームへの愛着を決断の理由に挙げた。(金額は推定)

⇒倉といえば広島…ですから(^_^;


≪デーブ復帰西武2軍打撃コーチで若手育成≫
西武が大久保博元・編成部プロ担当を2年ぶりに現場復帰させることが24日、明らかになった。ポストは2軍打撃コーチが有力。今季4位に終わり、打撃部門強化を目指す渡辺監督が、復帰を要望していた。現有戦力の底上げを急務とする球団も、適任と判断。昨季1軍打撃コーチとして日本一へ導いた手腕を、来季は若手育成のために発揮することになった。
08年に入閣した大久保氏は早朝から打ち込む「アーリーワーク」などの熱血指導で打線を改革。リーグトップの198本塁打、715得点の打線をつくりあげ、日本一の原動力になった。だが昨年オフにプライベートの問題などもあって、1年限りで退任。編成部に配置転換された今季は、阪神からトレードで獲得した藤田が活躍。引き続き編成部を任されることが検討されたが、打撃不振もあってBクラスに転落したチームを立て直すために、再び白羽の矢が立った。
球団は伸び悩みが目立つ2軍の改革に着手。片平晋作2軍監督は今季限りで退団。後任ポストには、指導力に定評のある行沢久隆・編成部プロ担当が就任する。強烈な個性で選手を導く大久保氏とともに、日本一奪回の土台をつくる。

⇒おぉ!デーブが帰ってくるのかい(^◇^)


≪尾花氏横浜監督へ 契約残る巨人了承後に≫
横浜が来季新監督として巨人尾花高夫投手総合コーチの招聘を決めたことが24日、分かった。2年連続最下位で、投手陣の立て直しが急務と判断。指導経験豊富な同コーチに再建を託すことになった。
今月中旬、若林オーナーは「球団としての腹は決まっている」と、水面下で監督人事に着手。関係者によれば、同コーチは来季まで契約がある巨人側の了承を得た後、承諾するようだ。9月下旬の取締役会では佐々木球団社長ら4人の取締役が退任。今季途中に大矢明彦監督が解任となって田代富雄監督代行が指揮し、2軍監督に復帰した田代代行が現在秋季練習を指揮している。
尾花コーチは99年ダイエー時代に王監督のもとで投手コーチを務め、7年で3度のリーグ優勝、2度の日本一に貢献するなど経験豊富。06年からは巨人の躍進も支えた。尾花コーチは現在もベンチ入りしている。
ヘッドコーチには日ハムなどで活躍した島田誠氏、1軍内野守備・走塁コーチにオリックスを退団した馬場敏史氏、2軍バッテリーコーチに近鉄などでコーチを務めた山下和彦氏の招聘も決めた。

⇒後は、踏ん張れる投手陣と、エラーの少ない野手陣か…頑張れ、横浜!orz



by,tora-neco



ランキング参加中。応援クリックお願いします(*^_^*)
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 野球ブログへ
[PR]
by kuru2chanbei | 2009-10-24 23:14 | 虎球団

日ハム、日本シリーズへ!野村監督、最後の”ぼやき” パ・CS第2ステージ

札幌・10/21
日ハム9-8楽天

勝:林
敗:福盛
S:
楽天:永井、藤原、小山、有銘、川岸、福盛-中谷
日ハム:武田勝、江尻、坂元、林-鶴岡、大野、中嶋
本塁打:鉄平1号2ラン、スレッジ1号満塁


1回裏◆高橋 1死1,3塁の2-1から犠牲フライ→ 日 1- 0 楽
2回表◆草野 1死1,2塁の2-2から同点のタイムリーヒット!1塁走者中島は2塁を回って3塁に向かうもアウト!→日 1 - 1 楽
4回表◆草野 1死2,3塁からセンターへの犠牲フライ→日1-2楽
4回表◆リンデン 2死2塁の2-2からライトへのタイムリーヒット→日1-3楽
7回表◆山崎武 満塁の0-2からレフトへ走者一掃となる適時二塁打!→日1-6楽
8回裏◆高橋 1死2,3塁からセンターへのタイムリーヒット→日2-6楽
8回裏◆スレッジ ランナー1,3塁の1-2からライトへのタイムリーヒット→日3-6楽
8回裏◆有銘(投) 暴投→日4-6楽
9回表◆鉄平 2死2塁の1-1からライトスタンドへの2ランホームラン 日4-8楽
9回裏◆稲葉 1死1,2塁からセンターへのタイムリーヒット→日5-8楽
9回裏◆スレッジ 満塁の1-0からレフトへ逆転サヨナラ満塁打!→日9-8楽


日本ハムが劇的なサヨナラ勝ちで日本シリーズ進出まであと2勝とした。日本ハムは4点ビハインドで迎えた土壇場の9回裏、稲葉の適時打で1点を返し、さらに満塁とすると、スレッジがレフトスタンドへ満塁本塁打を放ち、大逆転勝利。一方楽天は守護神・福盛が(ry


札幌・10/22
日ハム3-1楽天

勝:糸数
敗:岩隈
S:武田久
楽天:岩隈-藤井
日ハム:糸数、宮西、金森、武田久-鶴岡
本塁打:セギノール1号ソロ


4回表◆セギノール カウント1-3からバックスクリーンへの先制ホームラン!→日0-1楽
4回裏◆小谷野 ランナー3塁の1-0からライトへの同点適時二塁打→日1-1楽
7回裏◆高橋 ランナーフルベースの0-1からレフトへの勝ち越し適時打→日3-1楽


日本ハムが連勝で日本シリーズ進出に王手をかけた。日本ハムは同点で迎えた7回裏、2死満塁から高橋の適時打で2点を奪い勝ち越しに成功。投げては、先発・糸数が7回1失点と好投し、その後は巧みな継投で逃げ切った。楽天は毎回走者を出すも、打線が残塁の山を築いた。14残塁だったかな?(汗


札幌・10/23
日ハム2-3楽天

勝:田中
敗:八木
S:
楽天:田中-中谷
日ハム:八木、江尻、菊地、坂元、林-鶴岡、大野
本塁打:渡辺直1号ソロ、高橋1号ソロ


2回裏◆高橋 ライトスタンドへのホームランで日本ハム先制→日1-0楽
4回表◆渡辺直 カウント1-2からレフトスタンドへのホームランで楽天同点→日1-1楽
4回表◆中島 1死1,3塁の2-2から勝ち越しのタイムリーヒット!→日1-2楽
4回表◆草野 2死1,3塁の1-0からレフトへのタイムリーヒット→日1-3楽
8回裏◆森本 ランナー2,3塁の1-0からセンターへの犠牲フライ→日2-3楽


楽天が逆転勝ちを収め対戦成績を1勝3敗とした。楽天は1点を追う4回表、渡辺直のソロで同点とすると、さらに中島、草野の適時打で2点の勝ち越しに成功。投げては、先発・田中が2失点の完投勝利。日本ハムは8回に森本の犠飛で1点差とするも、あと1本が出なかった。マー君、神の子・不思議な子。


札幌・10/24
日ハム9-4楽天

勝:藤井
敗:藤原
S:
楽天:藤原、青山、小山、有銘、川岸、岩隈-中谷、嶋、藤井
日ハム:藤井、江尻、林、金森、武田久-大野、鶴岡
本塁打:森本1号2ラン、スレッジ2号3ラン


1回裏◆スレッジ 満塁の0-1からセンターへの犠牲フライ→日 1 - 0 楽
2回裏◆田中 2死2塁からライトへの適時二塁打→日2-0楽
2回裏◆森本 2死3塁の1-1からレフトスタンドへの2ラン→日4-0楽
4回表◆セギノール 2死1,2塁からライトへのタイムリーヒット→日4-1楽
4回表◆宮出 2死満塁の1-2からセンターへのタイムリーヒット→日4-3楽
7回裏◆スレッジ ランナー2塁の2-3からライトへのタイムリーヒット→日5-3楽
7回裏◆鶴岡 ランナー1,3塁の0-1からタイムリー内野安打→日6-3楽
8回表◆セギノール 1死1,2塁の0-1からライトへのタイムリーヒット→日6-4楽
8回裏◆スレッジ ランナー2,3塁の0-1からライトスタンドへの3ラン→日9-4楽


日本ハムが楽天を破り日本シリーズへの切符を手にした。日本ハムは1点を先制して迎えた2回裏、田中の適時三塁打と森本の2ランで加点。2点差の8回にはスレッジが3ランを放ち、追いすがる楽天を突き放した。楽天はエース・岩隈を投入するなど意地を見せるも力尽きた。
≪参照・やほー速報≫


快進撃が止まり、この試合を最後に野村監督はユニホームを脱ぐ。試合後は穏やかな笑顔を浮かべながら、「ぼやき」も忘れなかった。

-試合後に両軍ナインに胴上げされ、野村コールがわき起こった
「胴上げは嫌だなと思った。照れくさいもん。でも感無量。声援は野球屋冥利に尽きる」
-吉井コーチや稲葉らかつての教え子の姿も
「縁だね。縁を持っている人がここまで頑張っているのは喜ばしい。人間、何を残すかで評価が決まる。人を残すのが一番。少しぐらいは野球界に貢献できたかな」
-楽天監督の4年間で印象に残ったのは
「今年がすべて。2位を決め、CS、第2ステージの権利を取った時」
-仙台のファンには
「仙台でどうしても日本シリーズをやりたい夢があった。果たせないのは残念。ごめんなさい」
-「野村の考え」はチームに伝わったか
「まるっきり。隙を突く、空気を読む。こういうビッグゲームで力の差が出た。自分の力のなさ。怠けたつけだな」
-未練はないのか
「我が儘を言わせてもらえば、もう1年やりたかった。中途半端で辞めるのが心残り。やり残したことはいっぱい。晴れ晴れしい気持ちはない」
-来季の楽天には
「ネット裏から変貌ぶりを楽しみにしている。どう変わっていくか」

山崎武「一から、弱いイーグルスを強くしてもらった。悔しい気持ちを教えてもらった。決戦に連れて行ってもらったのも監督のおかげです」
田中(前日23日に最後のウイニングボールを渡した)「厳しいことを言われたけど、愛情だと思ってやってきた。言われたことを忘れないように頑張っていく」


ノムさんからしたら、虎には色々とあまりいい思い出はないでしょうけど(^_^;
でも、ノムさん野球、好きでした!遠山・葛西とか、ビックリしながらも面白かった…

ノムさん、お疲れ様。本当に、ありがとう。



by,tora-neco






ガンバれ!日ハム!!
ランキング参加中。応援クリックお願いします(*^_^*)
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 野球ブログへ
[PR]
by kuru2chanbei | 2009-10-24 21:49 | 他球団

CS第2ステージ3日目。他… 10/23 他球団

≪【楽天】マー君「振り絞りました」/CS≫
<パCS第2ステージ:日本ハム2-3楽天>◇第3戦◇23日◇札幌ドーム
負ければ終戦の楽天が踏みとどまった。チームを救ったのはマー君こと田中将大投手。6安打2失点完投。8回に1点差に迫られたが、最速153キロの直球など気迫あふれる投球で切り抜け、1点差で逃げ切った。「8回は振り絞りました」とマー君。「明日以降もベンチで待機していつでも投げられるようにしたい」と頼もしかった。

≪猛抗議!ノムさん“怒り”で勝った/CS≫
野村克也監督は負ければ監督生活最後となる一戦で、判定を巡って審判に抗議するなど執念を見せ、選手も奮起した。
ゆっくりとした足取りで、野村監督は二塁審判に近づいた。その遅さが、逆に迫力を感じさせた。4回1死一、二塁で、リンデンの遊ゴロを金子誠が二塁へ投げた。一塁走者中島の足が先にベースについたかに見えたが、秋村審判はアウトの判定。野村監督はベンチを飛び出し、抗議した。
佐竹一塁コーチも「珍しいよね」と驚くほど、激しい口調で気持ちが入っていた。約2分ほどの抗議で引き下がったが、負ければ最後の試合。いつも以上に勝利にこだわった野村監督の姿勢に、選手が奮起した。その抗議直後に、草野が貴重な3点目をたたき出す左前適時打を放った。草野は「打っちゃったよ」と興奮気味。野村監督は「あれはセーフやろ」と、呆れ顔だった。
22日の試合後、三木谷会長と会談を行った。同会長から再度、名誉監督就任を打診され、野村監督は「すっきりしたよ。気分爽快(そうかい)。晴れ晴れと退散します」と笑顔を見せた。球団批判を繰り返した毒々しさは消え、最後になるかもしれなかった試合を前に、清々しさも感じさせていた。
「もう無理だよ」とあきらめ宣言後、土俵際で挙げた1勝だった。「まだ無理だよ。光?見えないね。暗闇の真っ只中だ」と言って笑わせた。だが、1勝したことで欲が出たのも事実。「こうなると初戦の逆転負けがこたえる。4点差だったもんな。(逆転を許した福盛が)八百長みたいなことしやがって」。スルリと逃げた1勝をあらためて惜しんだ。
まだまだ後がない戦いは続く。「あと3つ勝たないといけない。向こうはあと1つか。相手の選手が(楽天より)良く見える。(自分が)弱気になってるというか、劣勢になってるというか…」。まだ威勢のいい言葉は出てこないが、野村監督は最後の最後まで死力を尽くす。

⇒結果を知っているけれど、本当にノムさんはマー君と言う逸材をよくぞここまで育て上げたものですよ…


≪巨人ヤジ封印!紳士的に逆転王手/CS≫
<セCS第2ステージ:巨人5-4中日>◇第3戦◇23日◇東京ドーム
巨人が大逆転で2年連続日本シリーズ進出に王手をかけた。
1点差に迫った8回2死一、三塁。代打に送った伏兵が1球で決めた。中日が誇るセットアッパー浅尾自慢の直球。「無心で」出したバットの“ど芯”を食うと右翼フェンスに到達した。2者生還で5-4。二塁ベースに到達した脇谷と同時に、ベンチを飛び出した原監督も両手を天井に突き上げていた。巨人は1勝のアドバンテージを含め3勝1敗とし、24日の第4戦に勝てば…という、巨人が2年連続日本シリーズ進出へリーチをかけた瞬間だった。
この時を待ち焦がれていた脇谷を、伏兵と呼ぶのは失礼かもしれない。初球、内角低め150キロをためらいなくしばいた。いつも早出特打に付き合ってくれる宮村通訳が帽子の裏に書いた、「初球からいけ」の約束を守った。直前の宮崎合宿。脇谷は夜間練習に精を出した。最後に室内練習場を出ると「短期決戦はラッキーボーイが出る。研究が主力に集中して、ボクはマークが外れる可能性もある。準備だけしときますよ」と暗がりで不敵に笑った。審判も味方してくれるしw「チャンスはある、と思ってた。くすぶっていた思いをぶつけた」。執念が詰まった値千金打だった。
7回に勝ち越しを許した直後の逆転劇。地に足をつけ戦えたからこその芸当だった。この日の相手先発は吉見。ドーピング疑惑のただ中にいた。動揺と、府に落ちない複雑な感情が試合前の一塁ベンチにあった。「本当に投げるのか」「最多勝を争ったタンスにゴンちゃん(ゴンザレス)の気持ちを思うと…」。アップを行う吉見を見て、泣き出しそうな関係者もいた。直前ミーティング。原監督の言葉が選手の胸にすうっと染み渡っていった。
「オレが止めなければ、我々のベンチからヤジが出るだろう。オレはそれを望まないし、止める。吉見君が何かを感じてくれればいい。スポーツの世界なんだから、正々堂々と戦おう」…と、原監督。
サロンは静まり返ったという。選手を信じ、訓示を行う回数がめっきり減った指揮官が、野球人としてあるべき姿を込めたメッセージ。応えてくれた選手に感じ入り、原監督の顔は試合が終わっても紅潮していた。「最後に脇谷がね。瞬きして見てなかったよ。一発で仕留めた」と直球への対応を見込んで託した男を称賛。「1戦1戦。今日と同じ心理状態で戦っていく」と締めた。正面から堂々と、日本一を決める舞台へ歩を進める。

⇒でも、可愛さ対決では浅尾君の圧勝なんで(笑)


≪【オリックス】小林コーチらスタッフ発表≫
オリックスは23日、新任コーチ4人の就任と、来季コーチスタッフの全陣容を発表した。
この日発表された新任コーチは小林晋哉チーフコーチ(球団本部付部長)正田耕三打撃コーチ(韓国SKコーチ)新井宏昌2軍監督兼打撃コーチ(野球評論家)小川博文2軍打撃コーチ(球団スカウト)。すでに発表した岡田彰布監督(野球評論家)と星野伸之投手コーチ(阪神2軍投手コーチ)を含めて計6人が加わった。
また、松山秀明外野守備走塁コーチが内野担当に、米村理トレーニングコーチが外野守備走塁コーチに配置転換。古屋英夫2軍監督と藤井康雄2軍打撃コーチはフロント入りする。

≪オリックス岡田監督が「アピール禁止令」≫
24日に神戸キャンプで始動するオリックス岡田新監督が23日、大阪市内でナインに「アピール禁止令」を出した。選手にとっては絶好の“品評会”となるはずが「アピールする必要なんてないよ。出来ないことをやって、秋にケガしたら困る。普通に練習を見れば(力量は)分かるよ」と語った。
新監督を迎えて張り切る選手にとっては、何とも複雑。指揮官は「秋はとにかく見るだけ。白紙の状態で見る」と宣言していただけに当然、激しいアピール合戦が予想されていた。
そもそもアピールの機会すら少なそうだ。全体練習は極力減らし、個別練習を重視。実戦形式は行わず、シートノックも数日だけ。自らノックバットは握らない。そんな中で選手の能力を見極めるのは困難にも思えるが、自らの眼力への自信の表れか。「2月1日とは気分がちょっと違うけど、やっぱり楽しみは楽しみよ」。浮足立つ様子は一切なし。11月20日まで約1カ月間、ひたすら鋭い眼光をグラウンドに注ぐ。

⇒どんちゃんのオリユニ姿…ノーコメで(笑)


≪楽天がブラウン氏に次期監督就任要請へ≫
楽天が今季限りで退任する野村監督の後任候補を前広島監督のマーティー・ブラウン氏に絞り、就任を要請することが23日、分かった。近日中に球団幹部が渡米して正式な交渉に入る。本人も日本残留を望んでおり、受諾に支障はないとみられる。
同氏は06年から今季まで広島を指揮。ベンチの先頭に立つ熱血漢で知られ、若手育成に定評がある。球団初の外国人監督を招聘することで、緻密な野村野球と違うカラーを入れ、創設5年目で最高のリーグ2位に躍進したチームに刺激を与える狙いがある。
広島などでプレーした同氏は、現役引退後に米国で指導者となり、マイナーリーグ最優秀監督にも選ばれた。1月にかなり年下の日本人女性と結婚している。

⇒ブラウンは嫌いじゃないけど、広島の成績を考えると…大丈夫か?(^_^;


≪ヤクルト青木が両足首三角骨摘出手術へ≫
ヤクルトは23日、青木宣親外野手が11月5日に東京都内の病院で、両足首の三角骨の摘出手術を受けると発表した。全治は1カ月半の見込み。青木は今季142試合の出場で、打率・303、16本塁打だった。

⇒あ、そうそう。結婚おめでとう、青木選手!(^^)!


≪FAサブローメジャーも国内他球団は否定≫
FA権を取得しているロッテ・サブロー外野手が23日、権利を行使して国内他球団へ移籍する可能性を否定した。「国内ならロッテでいいと思っている。ただ、メジャーへの夢があるからね。実際に具体的な話がないと考えられないけど」と、メジャー移籍の可能性は低いものの、選択肢を2つに絞って最終決断する。
昨年はメジャー移籍を真剣に考えながらも、第3子の誕生を控えていたこともあり、断念した。今年はリーグ3位の打率.314を残し、プロ15年目で自身最高成績を残した。さらにPL学園の先輩にもあたる金森栄治氏が1軍打撃コーチに就任したこともあり、環境の整ったロッテで技に磨きをかけたい思いも強いようだ。

⇒サブローは、こうなりゃロッテでしょ


≪西武西口&石井義が球団とFA初交渉≫
FA資格を保有する西武西口投手と石井義人内野手が23日、埼玉・所沢市内のホテルで1回目のFA交渉に臨んだ。04年に同権利を取得した西武ひと筋15年の右腕は、貴重な先発として期待を受け「行使せずに残留の考え。今年は成績がひどかったので、来年はその(巻き返しへの)思いだけ。ここ(西武)で終わろうと思ってもいますので」と話した。一方、国内移籍が可能なFA資格を初取得した石井義は「球団からは残ってほしいと言われました。今日は初めてなので話を聞いただけで、家族と相談してから決めたいと思います」。両選手ともに残留が基本線で、近日中の第2回交渉で年俸など条件面の話し合いを行う。

⇒残れ!西口なんか、残るって言うてたやーん。


≪横浜村田と内川、秋季Cで足元鍛え直す≫
31日から沖縄・宜野湾での秋季キャンプに参加する横浜の村田内野手と内川内野手が、足元から鍛え直す。主力野手の同キャンプ参加は、オーバーホールの意味合いが強いが、両選手は強化をテーマに掲げる。3月のWBC、シーズン中に両太股を肉離れした村田は「温暖な沖縄で瞬発系、長距離のランニングをバランスよく取り入れたい」と、後遺症を完全に振り払う考えだ。内川は今季、プロ入り後初めて年間を通じて外野を守ったが「スタミナのなさを痛感した。のんびり練習する年齢ではない」と走り込みの重要性を自覚した。

⇒2人とも、一年通して戦える体だったらもっといいんですけど…頑張れ!


≪広島石井“代行監督”のゲキで引き締め≫
広島石井琢朗内野手が“代行監督”となった。23日の秋季練習は野村謙二郎新監督、大野豊ヘッド兼投手コーチがともに所用で不在。そこで雰囲気が緩まないよう、石井が率先して他選手に声をかけ、空気を引き締めた。
石井は内野の守備練習などでいつも以上に声を出し、他の選手にゲキを飛ばした。「あれは意識していました。しっかり引き締めてやろうということなので。他の選手に言うことで、自分にも言い聞かせているんですよ」。高コーチによれば、野村監督は「(監督不在でも)いい緊張感をもってやらせてほしい」とコーチ陣に伝えていたという。それをベテランが実践した。
野村監督の指揮する秋季練習は、気を抜けば厳しい指摘の声が飛び、張り詰めた緊張感が漂う。石井も「とてもいい練習をしていると思う」と歓迎している。
移籍1年目の今季は89試合の出場だった。シーズン後半になってようやく体と気持ちがなじんできたという。「(26日からの)秋季キャンプでは一から体を作り直そうと思います」。39歳のベテランは、来季を見据えてハードな毎日に挑んでいる。

⇒流石は、元横浜の選手会長!


≪池内氏が神戸の新監督就任/関西独立L≫
野球の関西独立リーグの神戸は23日までに、来季の監督に元阪神投手の池内豊氏が就任すると発表した。また、同氏が営業部長を務めるマネジメント会社と業務提携し、関西独立リーグを自由契約となった選手らの受け皿としてサポートしていく予定であることも明らかにした。

⇒年齢的に、池内は中継ぎエースだったということぐらいしか知りません(^_^;



by,tora-neco



ランキング参加中。応援クリックお願いします(*^_^*)
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 野球ブログへ
[PR]
by kuru2chanbei | 2009-10-23 21:55 | 他球団

CS第2ステージ2日目。他球団は… 10/22 他球団

≪【楽天】ノムさん「監督失格」/CS≫
<パCS第2ステージ:日本ハム3-1楽天>◇第2戦◇22日◇札幌ドーム
ノムさんの楽天がついに追い込まれた。1-3で日本ハムに競り負け、2連敗で王手をかけられた。
試合後の野村監督は開口一番「監督失格」。最大の敗因として挙げたのが勝ち越しを許した7回裏の守り。1死後、金子誠に三塁線を破る二塁打を許したが「誰でもできることができていない。セオリー無視なんだよ。三塁キャンバスががら空き。1-1で終盤、(長打を避けるため)三塁線を詰めるのが当然なのにコーチ、監督も気付かない。当然選手も気付かない。寂しい限り。まだ日本シリーズに出るようなチームじゃない」。
崖っぷちに追い込まれたが「昨日(21日)で終わったやんか。あんな負け方して勝てるわけがない。もう無理だよ」。限りなく白旗に近いコメントを吐いて帰りのバスへ乗り込んだ。

⇒三塁がら空きで…って、またか!でも、ノムさんは監督失格ではないぞ!


≪【日本ハム】小谷野初安打が適時打/CS≫
<パCS第2ステージ:日本ハム3-1楽天>◇第2戦◇22日◇札幌ドーム
日ハム小谷野栄一内野手が、1点を追う4回2死三塁の好機に、CS初安打となる同点の右翼線適時二塁打を放った。21日の第1戦は4打数無安打に終わり、この日の試合前には早出特打を行った。「いい形でみんながつないでくれましたので、ランナーを返すことができてよかったです」。横では稲葉篤紀外野手も「早出特打の成果。神様は見てくれています」と笑っていた。

⇒…今までCSで安打無しの方がビックリした(笑)


≪【巨人】大道直球狙い撃ち適時打/CS≫
<セCS第2ステージ:巨人6-4中日>◇第2戦◇22日◇東京ドーム
巨人がつなぎの野球で逆転。1点を追う3回、安打と四球で1死一、二塁とし、アレックス・ラミレス外野手がチェンから右前同点適時打を放った。4回、阿部慎之助捕手が左翼へ勝ち越しソロ。さらに、バント安打2本からつくった1死二、三塁の好機に代打大道典嘉内野手が左翼線を破る2点適時打を放ち、チェンをノックアウトした。インハイの直球を振り抜いた大道は「三振だけはダメだという気持ちで、真っすぐだけを狙っていた」と、狙いどおりの打撃だった。

⇒あれ、ファウルちゃうん?


≪「ニンニク注射」で中日吉見から事情聴取≫
日本プロ野球組織(NPB)の増島篤医事委員長は22日、東京都内のホテルでアンチ・ドーピング規定違反の疑いのある行為を一部で報じられた中日・吉見一起投手から事情を聴いた。
吉見は疲労回復に効果のある「ニンニク注射」と呼ばれる点滴を受けていた。禁止薬物ではないが、静脈内に注入することは正当な治療以外は禁止されている。
増島委員長は「体調が悪いときに球場内の診療所内で医師の判断で静脈注射を受けたとのことだった。至急、球団にカルテを取り寄せてもらって調査する」と説明した。
規定違反があったと判断されない限り、吉見の試合出場は制限されない。

⇒息が臭くなるような変なイメージがあります(笑)


≪オリックス投手コーチに星野伸之氏就任≫
オリックスは22日、今年まで阪神2軍投手コーチだった星野伸之氏の投手コーチ就任を発表した。左腕エースとして活躍した現役時の99年以来、10年ぶりの古巣復帰。スカイマークスタジアムで会見した星野氏は「懐かしさと嬉しさがある。1軍コーチとしての実績がないので多少の不安はあるが、失敗を恐れずにやっていきたい。岡田監督と一緒に守りの野球を目指す中で、しっかり投手陣の整備をしたい」と意気込んだ。ベンチ担当になり、現投手チーフの清川栄治コーチがブルペン担当に回る。

⇒やばい。来季のオリックスが怖い…そんな予感がします。


≪【ソフトB】投手陣7泊8日“温泉療養”≫
ソフトバンク投手陣が23日から「温泉療養」に入ることが22日、球団から発表された。参加するのは今季登板数の多かった杉内、和田、馬原、摂津、大隣、水田、佐藤の7人とトレーナー1人で、30日まで7泊8日の日程で行われる。
行き先は「九州内の温泉地」とだけ発表され、現地での療養も非公開となる。球団の説明によると、秋山監督やコーチ陣から「心身ともにリフレッシュするためには、温泉療養に集中させる必要があるので、すべての外部からの接触は禁止して欲しい」と要請があったという。雑音をシャットアウトして、1年間の疲れをとることになりそうだ。

⇒ソフトバンクといえば、ダイエー時代から男前が多いチーム…ハァハァ


≪燕・デントナ残留は医療検査次第≫
ヤクルトのジェイミー・デントナ内野手の来季残留について、球団側はメディカルチェックなどの結果も踏まえて決める方針だ。日本球界1年目で打率.276、21本塁打と好成績は残したことは高評価も、昨オフの左膝手術の影響から開幕直後は全力疾走ができない状態でプレー。8月には左太股肉離れで戦線離脱し、シーズン終盤は先発からも外れた。球団幹部は「(来季の契約は)状態を見極めてから」と話し、デントナに代わる新たな右の大砲獲得の可能性も探りながら、慎重に決定する。

⇒デントナ、あれで27歳だって…


≪横浜、秋季キャンプは長時間練習≫
横浜の野手の秋季キャンプは涼しさの中、長時間の練習を課す。11月の沖縄・宜野湾秋季キャンプには佐伯、金城、村田、内川ら主力野手と投手陣全員が参加予定。他の野手陣が横須賀市のベイスターズ球場でキャンプを行う分離式となるが、田代富雄監督代行は「宜野湾はまだ暑くて長く練習しにくい。主力はリフレッシュの意味も含めて行かせる」と説明した。通常はベテラン組が本拠地に残留し、若手が遠征先のキャンプ地で鍛える例が多いが、逆のスタイルを取ることになった。

⇒私には、豪華ラインナップなんですが。見に行きたいんですが(笑)


≪ロッテ小野、FA権取得も“残留宣言”≫
今季、海外移籍も可能なFA権を取得したロッテ小野晋吾投手が22日、権利を行使しない意向を示した。「まずは球団の話を聞いてからと思っていますが、ロッテが好きですから出たくない気持ちはあります」と“残留宣言”。新たに投手コーチに西本聖氏が就任したことも決断の決め手になっている。「西本さんには以前キャンプで話を聞いたことがある。同じシュートピッチャーなので学ぶことはたくさんある。あのシュートをものにできれば投球の幅が広がる」と、早くも弟子入り志願した。
昨年は横浜からのオファーもあり、最後まで悩み抜いた末に宣言せず残留を決めた。「今年は悩みはあまりない」とスッキリ。防御率3点台の安定感で8勝をマーク。3年ぶりに規定投球回にも到達するなど存在感を示した。

⇒小野さんがいないロッテも寂しいよね。



by,tora-neco



ランキング参加中。応援クリックお願いします(*^_^*)
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 野球ブログへ
[PR]
by kuru2chanbei | 2009-10-22 21:08 | 他球団

CS第2ステージ開幕!他球団の秋 10/21 他球団

≪【中日】小笠原試合作る5回1失点/CS≫
<セCS第2ステージ:巨人2-7中日>◇第1戦◇21日◇東京ドーム
中日・小笠原孝投手が巨人打線を5回1失点に抑え、チームに初戦白星を運んだ。「(打線が奪った)初回の5点はなしのつもりでいけと言われ、そう思って投げた。大事な試合なので、ゲームを作れてよかったです」。リーグ優勝の巨人には1勝のアドバンテージがあったが、初戦をものにし、これで1勝1敗のイーブンとした。

⇒荒木が打ったのも大きかったですよね(*^^*)


≪巨人のM・中村、CS初危険球退場≫
(CS・セ第2ステージ第1戦、巨人2-7中日、1勝1敗、21日、東京ドーム)
巨人のM・中村投手は21日のCS第2ステージ第1戦の中日戦(東京ドーム)の6回、危険球で退場処分を受けた。07年に始まったCSでの退場処分は両リーグ通じて初めて。M・中村はこの回から登板し、先頭打者ブランコへの3球目が頭部への死球となった。

⇒マイケル…巨人に来てからどうなのだ(-_-;


≪【日本ハム】興奮!サヨナラ満弾!/CS≫
<パCS第2ステージ:日本ハム9-8楽天>◇第1戦◇21日◇札幌ドーム
日ハムのターメル・スレッジ外野手が、9回裏に逆転サヨナラ満塁本塁打を放って決着をつけた。4点を追う最終回、1点を返した後の1死満塁から、楽天・福盛の138キロを強振。本拠地のファンが待つ左翼スタンドに吸い込まれる劇的な一打となった。ヒーローインタビューのお立ち台では興奮気味に「何を考えていたか覚えていない。とにかくボールを強くたたこうと思っていた」と話し、何度も両手でガッツポーズを繰り返していた。

⇒その前の回の鉄平の2ランで勝負付いたかと思ったんですがね…野球って分からないものです。


≪楽天・野村監督ショック隠せず「これが今の実力」≫
CS第1ステージに登板することがなかった楽天救援陣がつかまり大事な初戦を落とした。打線の方は今季5勝を献上した天敵の武田勝を5点を奪い攻略。9回4点差で登板したのは楽天守護神・福盛。誰もが勝利を疑わなかったが、まさかの悲劇が起きてしまった。「(CSは)違うなという雰囲気があった」福盛は大舞台の雰囲気に飲まれ、9回1死から5失点。最後は逆転満塁サヨナラ本塁打という幕切れに、野村監督は「この1敗は絶対的不利。手は全部打ったんだがね。負けたのは相手の方が力が上。これが今の実力です」とショックを隠せない様子だった。

楽天・野村監督
「打つ手は全部打った。それで負けたら、相手の力が上ということ。勝って五分だったから、この1敗で絶対的な不利。ほぼ勝ち試合だから、落としたのはこたえる」
楽天・リンデン
(CS初出場)「適時打で貢献できて良かったが、負けたのは悔しい」
楽天・鉄平
(9回に2ラン)「外野が前進していたので、打球を上げようと思った」
楽天・橋上ヘッドコーチ
(逆転サヨナラ負けに)「相手は1位で抜けたチームだから、簡単にはいかない」

⇒でも、ここまで楽天をひっぱてきたノムさんは立派です!それに応えたナインも立派です!


≪王会長がFA城島に「ホークスに必要」≫
ソフトバンク王貞治球団会長が21日、マリナーズを退団した城島捕手について「彼の存在感はホークスに必要だろうと思う」と話した。日本球界復帰の決断に「日本の野球界にとっていいこと」と語った後、ソフトバンクとしての立場を報道陣に問われた際「球団全体として考えなければいけないこと。即答えが出せない状況と思う」との前置きのあとに、続けたもの。

⇒城島、里帰りしなさいm(__)m


≪岡田監督、城島欲しいよ!田口も大歓迎や≫
オリックス岡田彰布監督が21日、マリナーズ退団が決まった城島に強い関心を示した。西宮市内で取材に応じ「どこも一緒だと思うけど、現場としてはやっぱりほしいよ」と熱望した。一方で「新監督の場合(編成面で)出遅れるのは仕方ない」と現実も理解。球団幹部は「マネーゲームには参加しない」と断言しており、争奪戦での不利は否めない。24日に監督を交えて行う編成会議で結論を出す予定だ。
また、すでに球団が獲得意思を示している前カブスの田口については、オリックス時代から人柄をよく知る指揮官も大歓迎。「本人が日本に帰ると決めたなら、すぐにいく。決断を待ってからでも(時期的に)支障はない。将来の指導者としても考えているわけだから」。米国残留を優先とする本人の意向を尊重しながら、獲得に全力を挙げる考えを強調した。

⇒「城島、欲しいですか?」「そら、そうよ」…というわけですね(笑)


≪セ審判員がA型インフル感染≫
日本野球機構は21日、セ担当の佐々木審判員がA型インフルエンザに感染したと発表した。佐々木審判員はナゴヤドームで行われたCS第1ステージに出場し、20日に帰京した後に発熱した。同審判員は17日には球審、18日には左翼線審、19日には二塁塁審を務めていた。

⇒審判まで!


≪オリックス迎が右膝半月板を手術≫
オリックスは21日、迎祐一郎外野手が20日に神戸市の病院で右膝の半月板除去手術を受けたと発表した。全治は5~6週間で来春のキャンプには間に合う見込み。

⇒迎、早く治して帰ってきて~


≪高田監督終了報告「来年こそ神宮CSを」≫
ヤクルト高田監督が21日、東京都港区のヤクルト本社を訪問し、堀澄也オーナーへシーズン終了の報告を行った。昨季の5位から、CS初進出を勝ち取る3位へと順位を上げ、同オーナーは「来シーズンへ向けて躍進への土台となるチーム作りができていることをうれしく思う」と労いの言葉をかけた。先発を任せられる外国人投手の獲得を含め、積極的な補強のバックアップを約束された同監督も「来年はクリアできなかった『神宮でCSを戦う』という、2位以上を目標にやっていきたい。(選手)層の薄さも感じたので、秋季練習から若い選手のレベルアップもしていきたい」と抱負を述べた。

⇒どうこう言って、最後の最後まで縺れ込んだCS争い…楽しかったです!来季もいい試合を見たいですね!(^^)!


≪西武西口「生涯ライオンズ」とFAせず≫
FA権を持つ西武西口文也投手が「生涯ライオンズ」の姿勢をあらためて示した。今月中にも球団とFA交渉を行うが「いつも通りだよ」と例年通り権利を行使せず、残留する意向。今季は4勝4敗、防御率5.11と苦しみ「減俸(推定年俸2億円)は仕方ないでしょう。オフはどれだけ自分を追い込めるか」と決意の表情で来季復活を誓った。

⇒そーですか、そうですか^^ うんうん


≪西村ロッテ、脱・伸び伸び、西岡も黒に染めた≫
ロッテが脱・伸び伸び野球で5年ぶりV奪回を目指す。今季5位に終わった屈辱を晴らすべく、21日にキャンプ地の鹿児島・鴨池入り。夕方には西村新監督が初ミーティングを行い、さっそく活を入れた。「これからは練習中のユニホームの着こなしや髪形についても指導していく。プロ野球を目指している子供たちも見ているわけだから、今までのやり方を考え直さなきゃいけない」と話した。
バレンタイン前監督の下では、練習中にTシャツ、短パン姿で帽子を被らなくてもOKだった。今後はアップ中から帽子、ユニホーム着用で、ユニホームの裾はズボンに入れることを徹底させる。新キャプテンに就任した西岡は「今まで自由すぎたので、当たり前のことに戻すことが特別になっていた。大きな問題が生じることはない」と、口元を引き締めた。髪形も、茶髪やコーンロウなど人一倍こだわりを持ってきたが、今キャンプに合わせて黒く染め直した。

⇒黒髪西岡…それはそれで…いいかもvv



by,tora-neco



ランキング参加中。応援クリックお願いします(*^_^*)
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 野球ブログへ
[PR]
by kuru2chanbei | 2009-10-21 18:14 | 他球団

CS、次のステージへ!! 10/19 他球団

≪【中日】和田逆転弾、連勝で第2S/CS≫
<セCS第1ステージ:中日7-4ヤクルト>◇第3戦◇19日◇ナゴヤドーム
中日がヤクルトを7-4で振り切り、第2戦から連勝で第2ステージ進出を決めた。
21日から東京ドームで始まる第2ステージ(6試合制)ではCSが導入された07年から3年連続で、リーグ優勝の巨人と、中日の顔合わせとなった。
中日は1点を先行されたが3回に和田の2ランで逆転すると、5回には代打立浪の2点二塁打などで突き放した。

⇒和田の様な5番が欲しい…


≪【ヤクルト】選手ねぎらう高田監督/CS≫
<セCS第1ステージ‥中日7-4ヤクルト>◇19日◇第3戦◇ナゴヤドーム
ヤクルトにとって初のCSは、第1ステージで終わった。「選手は力を出してくれた」と労いの言葉を掛けた高田繁監督。再三の粘りも及ばず、中日に競り負けた。
何度も竜のしっぽをとらえかけた。1-2の5回2死一、二塁で田中が右前打を放ったが、二塁走者の畠山が本塁で憤死した。同点機を逃した直後のその裏に3失点。8回は4本の単打で2点を奪い、なお1死満塁で代打志田が最悪の併殺打。9回も2死から1点を返し、なお一、二塁だったが、最後は青木が三振に倒れた。起こりかけた奇跡は現実にならなかった。
インフルエンザの渦にものみ込まれた。この日の先発が予想されていた高木、ユウキを含む5選手が感染。18日の練習中に急きょ先発が告げられた由規は、4回で96球と苦しい投球。19歳は「このままじゃ終われないので、来年しっかり勝ちたい」と雪辱を誓った。
シーズン終盤は怪我人が続出し、満足のいく戦いができなかった。名古屋ではウイルスという見えない敵にも脅かされた。「この状況で頑張ったが、休んでいる暇はない。足りない部分は見えた」とベテランの宮本。さらに上を目指すために、あえて厳しい注文を出して1年を締めくくった。

⇒本当に惜しかった…けど、来年また、お互いにいい試合をしましょう!(^^)!


≪リンデンがノムさんに謝罪、第2S復帰へ≫
監督批判をしたとして出場選手登録を外れていた楽天のトッド・リンデン外野手が、CS第2ステージ(21日開幕・札幌ドーム)で戦列に復帰することになった。19日にKスタ宮城で野村監督に謝罪し、受け入れられた。リンデンは先発メンバーから外れた10日の日ハム戦の試合後に、野村監督へ侮辱的な発言をし、11日に登録を抹消されていた。

⇒リンデンが戻って、ここから…といきたいですね!


≪ヤクルト五十嵐がFAでメジャーも≫
ヤクルトが、球速158キロの日本人最速タイ記録を保持する五十嵐亮太投手の流出も視野に入れていることが19日、明らかになった。同投手は海外への移籍が可能なFA資格を6月中旬に取得。球団側は、昨年末の契約交渉で3年総額3億円(推定)を超える好条件を提示した。だが、同投手が海外FA権取得をにらんで、国内FA権を行使せずに単年契約を結んでいた。鈴木正球団社長兼オーナー代行は「ぜひ残ってもらいたい。ただ、本人の気持ちまでは分からないので…」と、交渉が難航することを予想しているかのような口ぶりだった。
この日、8回から5番手で登板した五十嵐は「シーズンが終わってからゆっくり考えたい」と常々話してきただけに、今後は本格的にFA権を行使して国内外への移籍か残留を考えていく。今季は56試合登板で3勝2敗3セーブ、防御率3・19でチームの3位躍進に貢献した。

⇒五十嵐!お前もか!


≪横浜オーナーが村田、内川を引き留め≫
村田よ、内川よ、いてくれないと困る-。来季中にもFA権を取得する村田修一内野手と内川聖一内野手に、若林貴世志オーナーは慰留会談を早期に行う必要性を示した。19日、秋季練習中の横須賀市のベイスターズ球場を訪れ、首脳陣やナインを激励。両主砲について「いてくれないと困る。せっかくチームを(強く)変えるんだから、球団として話をするのが礼儀だろうね」と、権利取得直後に球団側から話し合いの場を持つ必要があるとした。また来季2軍監督に復帰する田代監督代行については「選手の足りないところは個々で分かっているだろうし、さらに鍛えることをお願いした」と話していた。

⇒尚典もいなくなったのに、これ以上いなくなったら横浜が…横浜が…


≪遼になれ!菊池、メジャーと面談スタート!≫
米大リーグ挑戦か、国内プロ野球入りかで注目される花巻東高の菊池投手が19日、大リーグ8球団との面談を花巻市内の同校で開始した。この日はドジャース、レッドソックスなど4球団がプレゼンを展開。レンジャーズは現役メジャー左腕のデレク・ホランド投手を同席させ、「世界に羽ばたけ」とばかりにプロゴルファー、石川遼の等身大パネルをプレゼント…って、いらんw メジャー流サプライズで菊池のハートをつかもうとした。
すでに終了している国内12球団同様、メジャー球団の面談は持ち時間30分。だが、「通訳も入るため、日本の球団の半分くらいしか話せなかった」(ド軍小島スカウト)と悪戦苦闘モード。さらに高野連、花巻東側からの要望で金銭などの条件提示の自粛を求められたなか、サプライズで菊池のハートに迫ったのがレンジャーズだった。
レ軍はコルボーン環太平洋スカウト部長を含め4人が出席。同部長が、「ジ・エクスプレス(超特急)」の異名でメジャー通算324勝を挙げたノーラン・ライアン球団社長の「キクチクン、ヨロシク」というメッセージを披露。球団組織や育成プログラムなどを説明した。
さらに、“サプライズ・プレゼンター”として今季メジャーでデビューし8勝を挙げたホランド投手が登場。持参した石川遼の等身大パネルをプレゼント。だから、いらんw
「菊池は『まさか来るとは…』と興奮していたよ。12日に球団から日本へ行ってくれと頼まれた。メジャーがどんな感じなのか伝えるためにね」とホランドはしてやったりの笑みだ。
遼クンのパネルプレゼントには、「菊池は笑っていたよ」と再びニヤリ。苦笑だと思う。マスターズなど男子メジャーにも出場した、菊池と同い年のスーパースターに続き世界に羽ばたけ-。そんなメッセージを込めたアメリカンジョークのようだが、現役大リーガーのパフォーマンスは、菊池のハートと笑いのWゲットに成功!?
誠意攻勢の国内球団に対して、サプライズで対抗するメジャー。20日に面談するマリナーズ、メッツ、ヤンキース、インディアンスもパフォーマンスで必死のアピールを行う?

⇒菊池君の動向はともかく、アメリカ人のノリはよう分かりません(-_-;



by,tora-neco



ランキング参加中。応援クリックお願いします(*^_^*)
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 野球ブログへ
[PR]
by kuru2chanbei | 2009-10-19 21:16 | 他球団

白熱する、CS!来季への構想 10/18 他球団

≪史上初!40歳山崎武が2戦連発≫
<パCS第1ステージ:楽天4-1ソフトバンク>◇第2戦◇17日◇Kスタ宮城
楽天の4番・山崎武司内野手が2試合連発の3ランを放った。プレーオフ、CSで第1戦、2戦と続けて本塁打は75年マルカーノ(阪急)79年小川(近鉄)04年小笠原(日本ハム)05年カブレラ(ソフトバンク)08年第1S森野(中日)に次いで6人目。日本シリーズを含めたポストシーズンで本塁打を打った40代選手は昨年まで3人いたが、3人とも1本だけ。40代選手で2本打ったのは初めて

⇒頑張れ!うちのアラフォー!!


≪秋山監督「来季こそ笑って終わる」≫
<パCS第1ステージ:楽天4-1ソフトバンク>◇第2戦◇17日◇Kスタ宮城
ソフトバンク秋山幸二監督は完敗を認めた。「ウチの試合ができなかった。この2試合は。しゃーないな」。打線は7安打を放ったが、長打は本多の二塁打だけ。2試合通じても、その1本のみだった。主砲松中や多村ら主軸が抜けていたとはいえ、迫力不足は明白だ。
ミスもあった。2回には長谷川が、7回には田上が送りバントを失敗。1点にこだわる野球を展開することはできなかった。試合後、29日から本拠地・福岡ヤフードームで秋季練習を行うことを決定した。11月3日からは宮崎で秋季キャンプを始める。チーム関係者が全員集まったミーティングで秋山監督は「来季こそ、笑って終わるためにも秋から頑張っていこう」と訓示した。

⇒交流戦でのソフトバンクの追い上げは凄かった…!


≪中日・岩瀬が1カ月ぶり登板でセーブ≫
(CS・セ第1ステージ第2戦、中日3-2ヤクルト、1勝1敗、18日、ナゴヤドーム)
9月19日を最後に登板がなかった中日の岩瀬が9回1死から登板し、無難にセーブを挙げた。
レギュラーシーズン終盤は疲労が出てベンチを外れたが、約1カ月間の調整を経て戦列に戻った。ガイエルを四球で出した後、代打畠山を外角変化球で二ゴロ併殺打に仕留めた左腕は「どんな形であれ、勝ててよかった」とチームの勝利を喜んだ。

中日・森バッテリーチーフコーチ(セーブの岩瀬に)
「これで(次は)1イニングを任せられると思う」

また、ヤクルトは拙攻が見られた。1回1死一、二塁。ブランコのゴロを鬼崎がうまくさばけず、二塁手へトスできなかった。ブランコの足を考えれば併殺も十分可能だったのに、続く和田の遊ゴロの間に先制点を許した。4回1死二塁でもデントナが藤井のゴロをお手玉して一、三塁と傷口を広げた。ここはゼロで抑えたものの、館山にいらぬ気苦労を掛けたのは間違いない。

⇒中日が行くか、ヤクルトが行くか…ともあれ、記事が間に合ってない(笑)


≪右肘に張りの巨人グライはノースロー≫
右肘の張りが再発しCSでの登板が絶望的となった巨人グライシンガー投手が18日、ノースロー調整を続けた。川崎市のジャイアンツ球場で行われた投手練習に参加。他の投手と一緒にウオーミングアップを終えると、1人だけウエートルームにこもった。「まだ少し痛みがある。じっとしていたら大丈夫だけど、投げると痛みが増すんだ。早く(戦列に)戻りたいよ」と話した。

⇒はてさて、原さんはどう出るのか…


≪ロッテ橋本がボビー退団でFA移籍視野に≫
ロッテ橋本将捕手がFA移籍を視野に入れていることが18日、分かった。秋季キャンプの荷物出しで千葉マリンを訪れ、「去年よりFA権を行使したい気持ちはある」と明かした。昨年初めて権利を取得したが、「バレンタイン監督を胴上げしたい」と行使せずに残留した。
だが、同監督が退団してチーム体制が一新したことを受け、今後について考えるきっかけになった。家族から「もう1度チャレンジしてもいいんじゃない」と励まされたという。「まずは球団と話してから。やっぱり試合に出たいというのが一番ですからじっくり考えたいと思います」と話した。
今季は94試合に出場、打率.234と不本意な成績に終わった。しかし経験豊富なリードと左の強打者として評価は高く、FA宣言した場合は、横浜、楽天など複数球団が調査に乗り出す可能性がある。

⇒阪神へ。別にいらんで


≪ダル不在は、中継ぎ10人で乗り切る!≫
日ハムが、楽天と対戦するCS第2ステージ(21日開幕、札幌ドーム)に、中継ぎ大量10人態勢で臨むことが18日、決まった。完投能力の高いダルビッシュ有投手を欠いて臨むため、継投策を重視。ベンチ入り7人のほか、予備で3人を1軍へ追加招集。先発候補で兼務可能な多田野も含めれば最大11人の豪華ブルペンで、野村楽天の勢いを止める。
大黒柱の穴を埋める、ウルトラCが固まった。この日、主力が参加していた宮崎でのフェニックスリーグでの実戦調整を終了。対戦相手が楽天に決定して一夜明け、梨田監督は中継ぎ陣を補充することを明かした。2軍から3年目の山本、ルーキー榊原の左右2枚の1軍帯同を決め、決戦の地・札幌へと連れて帰ることを決めた。
梨田監督は「中継ぎは毎日、用意しておかないといかんからね。たぶん(登録は)7人になるとは思うが(8人に)する可能性もある」と方針を話した。
初戦から1軍登録が確実なのは7人。守護神の武田久を軸に、建山、江尻の横手右腕2枚に、右本格派の菊地と金森、左腕の林、宮西になりそうだ。ほか当初はバックアップになりそうな坂元と榊原はロング救援可能なタイプで、山本は左のパワー投手。第6戦の先発の可能性がある多田野は、中継ぎとしてもみている。様々な状況に対応できる、陣容を整えた。
ブルペン担当の厚沢投手コーチは「あらゆることを想定して決めた」と明かした。仮に勢いづく楽天打線の“ノムニーニョ”と呼ばれる集中攻撃に、継投策がのみ込まれた翌戦に、簡単に入れ替えでの立て直しが可能。急きょ抜てきされた山本はこの日の韓国・斗山戦で最速149キロをマーク。抜てきに「登録されるか分からないけれど、積み重ねてきたことと同じようにやる」と意欲を見せた。
完投能力が決して高いとはいえない先発陣だけに、カギを握るのが継投策。また余剰人員を置くことで随時、メンバー変更でき、楽天が混乱するという副産物にも期待できる。梨田監督は「先取点をあげないようにすることが大事」と、先行逃げ切りを必勝条件に設定した。エース不在のピンチを、超重厚な中継ぎ陣で乗り切る。

⇒21日現在、見事に乗り切っておりました。


≪燕ピンチ!ユウキ、高木らがインフル感染≫
ヤクルトは18日、ユウキ、高木啓充両投手と野口祥順内野手の3選手がA型インフルエンザに感染したと発表した。名古屋市内の病院で検査を受け、陽性と分かった。
ヤクルトは中日とCSの第1ステージを戦っており、ユウキと高木は先発要員として控え、野口は17日の第1戦に代打で出場していた。球団は3選手を隔離し、全選手にマスクを配布した。高田監督は「一時は野球界でも落ち着いていたが、まさかこんなふうに出るとは思わなかった。この後(さらに)出てきたらお手上げ。先のことより明日が心配」と話した。

⇒杞憂に終わりませんでした…


≪秋山ホークスの補強ポイントは先発投手≫
ソフトバンク秋山幸二監督は18日、先発ローテーション投手を補強の最重要ポイントに挙げた。「今年は先発投手が苦しかった。計算できる投手が6人全員に越したことはないけれど、最低4人はいないといけない。それは(球団に)言ってあるから」と話し、フロントに先発投手補強を要求していることを明かした。球団側も新外国人選手について、強打の外野手より、先発投手を最優先する方針に決定。ただ、国内FA補強については消極的だ。

⇒…うちのとこ、4人もいませんけど(^_^;


≪オリ岡田監督の考え受け、ローズ構想外も≫
オリックスがタフィー・ローズ外野手を構想外とする可能性が18日、浮上した。高額年俸がネックになる上、岡田彰布新監督が将来を見据えて日本人を中心とするチームづくりを目指していることから、フロントも痛みを伴う改革を視野に入れ始めた。
今季は右手甲の骨折で3カ月近く離脱しながら84試合で22本塁打、62打点とチーム2冠の活躍。帰国前に「来年もここでやりたい」と語り、村山球団本部長も「ミスター・バファローズですから、きっちり話し合いたい」と残留を前提に契約交渉するはずだった。
しかし岡田監督は「外国人には頼りたくない。日本人が主軸に1人、2人食い込めるチームをつくりたい」」ビジョンを描く。ローズが来年もDHや外野の一角に陣取るなら、主砲候補の岡田らの出場機会の妨げになる事実は否めない。
推定年俸も3億2000万円と高額。来年42歳の年齢面を考え、再契約には大幅な減俸が条件になり、交渉難航は必至だ。岡田監督が「一からチームを作り直す」と改革へ強い意思を示すように、球団も「脱ローズ」の選択肢を検討する。日本で464本塁打の最強助っ人が変革の波に飲まれるかもしれない。

⇒う~ん…ローズがいないと寂しい気もしますかな。



by,tora-neco



ランキング参加中。応援クリックお願いします(*^_^*)
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 野球ブログへ
[PR]
by kuru2chanbei | 2009-10-18 22:22 | 他球団

CS真っただ中。他球団の来季は… 10/17

≪マー君稲尾氏越え最年少無四球完投/CS≫
<パCS第1ステージ:楽天4-1ソフトバンク>◇第2戦◇17日◇Kスタ宮城
楽天先発の田中まーくん投手が9回を投げ、ソフトバンク打線を7安打、1失点(自責0)に抑え、CS第1ステージ突破に貢献した。
田中は27個目のアウトを見届けると、マウンドでほえた。「こういう試合だし、気持ちは入りやすいところはあった。入れ込みすぎないように、抑え気味にいきました」。燃える気持ちを内面に抑えながら、最後まで投げきった。前日16日はベンチでリリーフ待機しながら、3年目、日本シリーズを含めたポストシーズンでの無四死球試合は、58年稲尾(西鉄)を抜いて最年少記録となる無四死球完投勝利9奪三振と安定感抜群の内容。

大舞台や節目の試合になればなるほど強くなる。限られた者にだけ与えられる無形の力を、またも発揮した。好投を支えたのは「原点能力」だ。常々、野村監督が「原点」とする右打者の外角低めへの直球が、完璧に決まった。「右打者には、いいところに決まったと思う。それがベースになってくれた」と自己分析した。最速148キロの威力ある直球がコントロールされれば、自然と結果はついてくる。投球に芯が1本通ったことで決め球のスライダー、フォークの効果も倍増した。
球速は入団当時から速かった。今季から劇的に変わったのは、精度とボールのスピンだ。杉山投手コーチは「去年までに比べて、リリースの時に(右)手首が真っすぐ立つようになった。その分、スピンのきいた、いい真っすぐが投げられている。コントロールもよくなった。ちょっとしたことだけど、これが難しい。アマチュアからずっと野球をしても、ずっと出来ない人はたくさんいる」と説明した。力強さに正確さが加わって、投手としてのレベルが上がった。

そんなマー君も、最後はちょっとだけ失敗した。お立ち台で締めた言葉は「てっぺん目指して頑張りましょう!」。だが本当は「“本気ですから!”も言うはずだったけど、歓声がすごくて言えませんでした。岩隈さんに『借りますよ』って言ってあったんですが」と苦笑い。それでも日本シリーズで再びKスタ宮城のお立ち台に上がるチャンスはある。田中は「監督を胴上げできるように、残りの試合も頑張りたい」とキッパリ。総立ちの地元ファンに夢の実現を予感させた。
田中は21日に開幕するCS第2ステージ3戦目(札幌ドーム)の先発が濃厚。マー君がノムさんを日本一の花道に導く。

⇒マー君、神の子・不思議な子。


≪梨田監督が結束力警戒「俺も泣こうかな」≫
日ハムが、CS第2ステージで対戦が決定した楽天の一番の要注意人物を、野村監督に設定した。主力が実戦調整を行っているフェニックスリーグの開催地・宮崎で、チームは楽天進出の一報を知った。野村監督の「涙のミーティング」を引き合いに、退任騒動による結束力を警戒。梨田昌孝監督は「オレも泣こうかな」と冗談交じりながら、名将を中心とした勢いを、対策ポイントの1つに挙げた。
前夜はテレビ放送を多くの選手らが観戦。梨田監督は「高須に(山崎)武に、中島もいいところで打った」と、ソフトバンク投手陣が攻略されたシーンを目に焼き付けた。その根底のパワーが、雨降って地固まった要因のように見えるお家騒動。指揮官は「そんなことは考えないでやるしかない」と話したが、そのまとまりは驚異だ。ヤクルト時代の教え子にあたる稲葉は「野村監督にいい打者だと思わせるようにしたい」と、恩師に勝利で“恩返し”する構えを強調した。

⇒パのCS、いよいよ佳境に!!


≪中日・谷繁、スクイズ失敗にガックリ≫
(CS・セ第1ステージ第1戦、中日2-3ヤクルト、ヤクルト1勝、17日、ナゴヤドーム)
6番に入った中日の谷繁は2-0の6回1死一、三塁でスクイズバントを失敗し「できる球だったから成功させなきゃ駄目」と唇をかんだ。
逆転を許したのが直後の7回で、1点を追う8回は2死一、二塁で三振に倒れた。「僕のスクイズ失敗で流れが変わった。どちらかで1点でも入っていれば勝てた試合だったと思う」と肩を落とした。

⇒こういう失敗一つで流れが変わる、野球。


≪浜ちゃんオリックス残留!FA行使せず≫
今季FA権を取得したオリックス浜中治外野手が17日、権利を行使せずに残留する意向を明かした。岡田新監督は阪神で2軍、1軍を通しての恩師。就任が決まった際に電話すると「頑張れよ」と激励された。「もう1度一緒にできるとは。今があるのは岡田さんのおかげです。(新コーチの)正田さんも僕のいい時期を知っている。助言をいただき、復活したい。3年契約なら僕も3年やりたい」。この日、球団との下交渉で年俸の減額提示を受けたが、条件にかかわらずFAは封印。同監督も「レギュラーとらんとな」と高く期待している。

⇒どんちゃん…浜ちゃん、くれないんだ(´・ω・`)


≪横浜から戦力外、横山がスコアラーに転身≫
横浜から戦力外通告を受けた横山道哉投手がスコアラーに転身することが16日、分かった。今季のスコアラーは5人だったが、2年連続で最下位に低迷し、増員して強化することになった。
すでに転身が決まっている川村丈夫前2軍投手コーチに加え、横浜、日本ハムで14年間プレーした横山も情報戦を担う一員として再スタートする。
 
⇒小魔神だった横山…スコアラーで頑張ってねm(__)m



by,tora-neco



ランキング参加中。応援クリックお願いします(*^_^*)
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 野球ブログへ
[PR]
by kuru2chanbei | 2009-10-17 21:28 | 他球団

野村楽天、CS第2ステージへ!!☆クライマックス・シリーズ

Kスタ宮城・10/16
楽天11-4ソフトバンク

勝:岩熊隈
敗:杉内
S:
楽天:岩隈-藤井
ソフトバンク:杉内 、大隣 、藤岡 、森福 、佐藤 、三瀬-田上
本塁打:高須1号ソロ、セギノール1号2ラン、中島1号2ラン、山崎武 1号ソロ


1回裏◆高須 1-0から先制ホームラン!→楽1-0ソ
1回裏◆セギノール バックスクリーン右に飛び込む2ランホームラン!→楽3-0ソ
3回裏◆鉄平 ランナー3塁の1-1からレフトへタイムリーツーベース!打者鉄平はさらに2塁まで進塁→楽4-0ソ
3回裏◆セギノール ランナー2,3塁の0-2からライトへの犠牲フライ→楽5-0
3回裏◆中島 レフトのポールに直撃する打球は2ランホームラン!→楽7-0ソ
4回表◆オーティズ ランナーフルベースの0-1からセンターへのタイムリーヒット→楽7-2
4回表◆田上 高須(二)のファンブルにより出塁→楽7-4ソ
6回裏◆草野 1アウト3塁の2-1からセンターへタイムリーツーベース!→楽8-4
6回裏◆渡辺直 2アウト満塁の1-0からタイムリーヒット!→楽10-4ソ
7回裏◆山崎武 初球をレフトへ運ぶ大きなソロホームラン!→楽11-4ソ


楽天が11-4で快勝した。楽天は1回裏、高須の先頭打者本塁打とセギノールの2ランで3点を先制。その後も中島の2ランや山崎武のソロなど、ソフトバンクのとんでも悪送球も絡み、先発全員安打で11得点を挙げた。先発・岩隈味方のエラーなどで4失点となるも、完投勝利。チームはクライマックスシリーズ第2ステージ進出へ王手をかけた。


Kスタ宮城・10/17
楽天4-1ソフトバンク

勝:田中
敗:ホールトン
S:
楽天:田中-中谷
ソフトバンク:ホールトン 、森福 、摂津 -田上
本塁打:山崎武2号3ラン


4回裏◆中村真 2死1,3塁の1-2からレフトへのタイムリーヒットで楽天先制!→楽 1 - 0 ソ
5回裏◆山崎武 2死1,3塁の1-1からレフトスタンドへの3ラン!→ 楽4-0ソ
8回表◆オーティズ 草野(三)の悪送球により出塁→楽 4 - 1 ソ


楽天が4-1で勝利し、クライマックスシリーズ第2ステージ進出を決めた。楽天は4回裏、中村真の適時打で1点を先制。続く5回には、山崎武が3ランを放ちリードを広げた。先発・田中は1失点完投勝利。敗れたソフトバンクは、田上のバント失敗なども絡み、7安打を放つも打線につながりを欠いた。
≪参照・やほー速報≫


楽天が、初CS第2ステージ進出を決めました!!
苦労人の集団なだけに、嬉しさもひとしおでしょうし、私たちも嬉しいです(^◇^) 男前・秋山監督の沈んだ顔は見ていて忍びなかったですが…

「もっと皆と野球がしたかった」
ノムさんの涙に応えた、楽天ナイン。

頑張れ!楽天!!
頑張れ!ノムさん!!



by,tora-neco






今、セのCSやってるんですが、どちらを応援すればいいのか迷っています・・・というか、ヤクルト、頑張りすぎ!!すげ…
ランキング参加中。応援クリックお願いします(*^_^*)
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 野球ブログへ
[PR]
by kuru2chanbei | 2009-10-17 21:26 | 他球団

わたくし“スーパー・ポジティブ”な関西人・tora-necoが、タイガース日記を気ままに書いてみる。
by kuru2chanbei
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

最新のトラックバック

2011年春季キャンプ、..
from りが・みりてぃあ野球殿堂
守りのミス連発、久保田投..
from 自由気ままに虎など ガンバレ..
守りのミス連発、久保田投..
from パイプの部屋
必死のパッチの決勝弾!ア..
from 自由気ままに虎など ガンバレ..
必死のパッチの決勝弾!ア..
from パイプの部屋
金本、残念!でも素晴らし..
from 今日の特選情報!
勇気ある決断、1492試..
from 自由気ままに虎など ガンバレ..
勇気ある決断、1492試..
from パイプの部屋
また苦手を作ってしまったか?
from 自由気ままに虎など ガンバレ..
また苦手を作ってしまったか?
from パイプの部屋
甲子園開幕戦、AK砲炸裂!
from 自由気ままに虎など ガンバレ..
甲子園開幕戦、AK砲炸裂!
from パイプの部屋
【2010 公式戰】 ○..
from 仙丈亭日乘
下さん好投虚し、拙攻で3..
from 自由気ままに虎など ガンバレ..
下さん好投虚し、拙攻で3..
from パイプの部屋

検索

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな