虎々なるままに日暮し

タグ:野球ニュース ( 53 ) タグの人気記事

ナゴドで今季初勝利ですがなにか☆ 中日戦

マートンが大暴れしてくれたおかげで、ナゴドで今季初白星☆しかも、チェンから打ってますがな(^◇^)


ナゴド・5/5
中日1-9阪神

勝:上園
敗:チェン
S:
阪神:上園、西村、渡辺、久保田、鶴-城島
中日:チェン、鈴木、清水昭、長峰、平井-谷繁、松井雅
本塁打:マートン6号2ラン、新井5号3ラン、和田11号ソロ



今日は打線が爆発だ!
初回、マートンが左前打とし、『チェンには大和』とばかりにスタメン出場した大和が谷繁の悪送球により出塁し、鳥谷が四球…なんと、いきなり無死満塁!しかし、ここで新井の三ゴロの間に先制するという地味っぷり(笑)

2回には、藤川俊が右前打とし、上園送って一死二塁の2-3からマートンがレフトへ2ラン!!その後、得点には繋がりませんでしたが、大和と鳥谷が連打を放っておりますvv

その後、2点差とされた4回。一死からマートンがフェンス直撃の左前二塁打を放つと、大和が倒れて鳥谷が四球で二死一、二塁。ここで新井が、レフトへ3ラン!!次の5回表には、去年は打ちあぐねた難敵・チェンをマウンドから引きずり降ろしました。…てか、チェン自体、今年はいまいちですけど(^_^;

その後、6回。最近不調の葛城が上園の代打で右前二塁打とすると、マートンが四球で、大和との遊ゴロで一死一、三塁。鳥谷は倒れますが、ここで投手の清水昭が暴投し、三塁・葛城帰って7点目!

7回は三者凡退に倒れますが、8回。無得点ながら、この回先頭には代打・金本が四球で出塁し、マートンが左前打で出塁。終わってみれば、マートンたら、5打数4安打2打点の超大活躍!!!!!

で、トドメの9回。城島と関本が連打で出塁し、ここで桜井が左前2点適時二塁打!!
終わってみれば、13安打9得点!!!!やればできる子です(笑)

また、本日先発の上園。
初回、荒木に中前打を放たれ、岩崎送って一死二塁。しかし、森野のファウルフライを藤川俊が好捕vv…と思ったら、上園が暴投。失点に繋がらなくてよかったorz
…なんて言ってたら、2回。この回先頭の和田にバックスクリーンへソロ。う~ん…この後、二死から谷繁に四球。3回にも二死から森野に四球を許しているし、反省点かな。
4回には、二死から野本にフェンス直撃の二塁打を放たれますが、三塁を狙った野本は三塁でアウト。でも、ドキドキしましたがな(笑)
5回には、この回先頭の谷繁に四球を当たるも、後をしっかり抑えます。
結果、5回を67球、1本塁打を含む3安打1失点。これでゾノは勝ち投手☆☆

6回のマウンドには西村。先頭の森野に中前打を許し、一死から和田にも中前打…でも、しっかり後続を抑えて、無失点!

7回の渡辺、8回の久保田もOK♪8回なんて、二回連続で城島がファウルフライを捕球という…乙。

で、9回の”炎上・防御率無限大王子”鶴!一死から大島の右前打、野本抑えて、代打・松井佑に左前打を許すも、小池を三振!


結局、なんとかナゴドで3連敗だけは逃れましたぞ(^_^;


しかし、一方で、大変なニュースが…
プロ野球の阪神、大毎(現ロッテ)で活躍し、東映(現日本ハム)で監督を務めた田宮謙次郎氏が5日午前10時42分、脳内出血のため茨城県筑西市の病院で死去した。82歳。茨城県出身。葬儀・告別式は10日午後1時から筑西市下川島655の1、きぬ聖苑で。喪主は長男孝志氏。
茨城・下館商高(現下館一高)から日大を中退して阪神に投手として1949年入団。1年目に11勝を挙げたが、肩痛で52年から野手に転向。58年に打率3割2分で首位打者を獲得し、巨人・長嶋茂雄の新人三冠王を阻止した。
59年に大毎に移籍し、プロ15年間で打率3割以上を7度マーク。通算成績は1488試合に出場、打率.297、106本塁打、597打点。外野手でベストナインに5度選ばれた。
投手時代の50年に国鉄(現ヤクルト)戦で九回2死までパーフェクトを続けながら最後に安打を許し、完全試合達成“第1号”を逃した。
引退後は東映-日拓(現日本ハム)の監督を務め、94年から2年間は台湾プロ野球でも監督として指揮を執った。阪神OB会長のほか、茨城県下館市議も務め、2002年に野球殿堂入りを果たした。

謹んで、ご冥福をお祈りいたします。



by,tora-neco






前日はオリックスが与死球3で、この日はソフトバンクが与死球3。2試合連続で両チームに警告が与えられた…って、おいおい(-_-;
ランキング参加中。応援クリックお願いします
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 野球ブログへ
[PR]
by kuru2chanbei | 2010-05-05 22:04 | 虎球団

能見がミニ炎上するも、主軸が放つ!! 広島戦

金本、待望の1発!!鳥谷がもうフェニックスに見える…これが一年続けば、スーパーフェニックス!!(笑)でも、能見がマツダでぷち炎上


マツダ・3/21
広島6-10阪神

勝:能見
敗:篠田
S:
阪神:能見、江草、渡辺、筒井、メッセンジャー、藤川球-城島、矢野
広島:篠田、岸本、大島、横山、シュルツ、永川勝-石原、倉
本塁打:鳥谷5号ソロ・6号2ラン、新井2号2ラン、金本1号3ラン、栗原1号ソロ



先発・能見。昨年の勝ち頭が得意のマツダで精彩を欠きました。
1回、一死から梵が中前打を放ち2盗を決め、天谷の2ゴロで三塁に進塁すると、栗原が左前適時打。2回も、一死から廣瀬に右中間二塁打を放たれたり、3回にも天谷の栗原に連打を浴びました。困ったのは、タイガース1点リードの4回、一死からショートのエラーで廣瀬が出塁すると、石原の右前打。次は抑えるも小窪と梵に連続四球で、押し出し。さらに天谷には右前2点適時打を喫しました。続く1点リードの5回には、この回先頭の栗原に右中間へソロを放たれるなど、昨季30イニング以上を投げてわずか1失点(自責0)と無類の好相性を誇ったこの球場でまさかのプチ炎上。結果、5回を86球、1本塁打を含む8安打5失点、自責2
これで5戦連続で先発投手が崩壊。いかに打線が好調とはいえ、ディフェンスの要たるローテ陣がこの状態は…まあ、まだオープン戦ですが。

次の江草は、結果無失点とはいえ二死から小窪に死球を与え、7回の渡辺は、一死から栗原と嶋に連打を浴び、二死一、二塁で廣瀬から左前適時二塁打を放たれます。7回途中の筒井と、8回を投げたメッセンジャーは安定したピッチング。最後の球児に関しては、13球で貫禄の3者三振!!やっぱり球児には矢野様だね^^(狩野でも可w)

はたして、打線ですが、1回からマートン(通算打率・354)が粘りに粘って10球目を左前打。その後、平野と鳥谷の進塁打で三塁まで進むも、金本が遊ゴロと先制点とはなりません。2回なんて、城島の四球、ブラゼルの右前打、能見の四球で2死満塁の好機をマートンが三振。しかし、4回、大好調・鳥谷が一死から右中間に同点ソロ!

その後、4回には二死から桜井が右前二塁打を放ち、ここで若旦那・能見が自身で右前適時打を放ち一時勝ち越します。

当の能見が4回裏で広島に勝ち越しを許しますが、5回に猛攻!この回先頭の平野が左前打を放つと、鳥谷が2打席連続となる右中間へ同点2ラン!!次の金本が右前二塁打を放つと、新井がオープン戦2号レフトへ勝ち越し2ラン!新井さんは結果、28打数8安打(打率.286)、2本塁打5打点、また鳥谷は打率・362、14打点のチーム3冠でシーズンに挑みます。

そして、1点差に迫られた6回。一死からマートンが右前打とし、代打・関本が四球で、鳥谷がファーストのエラーで1点とし、一死一、三塁で金本に待望の今季第1号となるライトへ3ラン!!これが決勝打となりました(^◇^)

後、嬉しいニュース^^ 藤川俊が、ルーキーでチーム唯一となる1軍枠を勝ち取ったそうです!外野手では01年の赤星以来となる新人開幕1軍入りってんだから、いや~♪

さて、嬉しい話題と言えばこちらもvv
「ウエスタン、阪神5-12ソフトバンク」(21日、鳴尾浜)
ドラ3位の甲斐が、プロ初本塁打!記念すべきチーム1号アーチは、小椋から左翼席への5回一死満塁での満塁弾!!早く上にあがってきてほしいものです(^◇^)



日ハムが開幕連敗スタート。ま、まだまだ分かりませんけどね。



by,tora-neco






能見には、やっぱり狩野の方が相性いいんじゃないの?(^_^;
ランキング参加中。応援クリックお願いします(*^_^*)
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 野球ブログへ
[PR]
by kuru2chanbei | 2010-03-21 20:17 | 虎球団

オリックス・小瀬 宿舎で転落死 2/5

≪オリックス・小瀬 宿舎で転落死…自殺か≫
沖縄の宮古島で春季キャンプ中のオリックス・小瀬浩之外野手が5日午前11時45分頃、宮古島市にある選手宿舎のホテル(11階建て)の2階部分の屋上で死亡しているのを、駆け付けた救急隊員が見つけた。県警は飛び降り自殺したとみて、詳しい状況を調べている。小瀬外野手は、07年度大学生・社会人ドラフト3巡目でオリックスに入団。1年目から1軍で起用され、昨年は規定打席に届かなかったものの、打率・303を記録し、新任の岡田彰布監督からも大きな期待をかけられていた。球団は緊急ミーティングを開き、選手には死亡の事実のみが伝えられた。今後の練習は予定通り消化していく。小瀬はまだ、24歳の若さだった。

宮古島市消防本部によると、5日午前11時半頃、オリックスのチーム宿舎となっている同市内のホテルから「男性が血を流して倒れている」との通報があった。
6分後に救急隊員が駆けつけたところ、11階建てホテル隣接の、空調施設などが入る2階建て建物屋上スペースで、男性が靴を履かず、仰向けに倒れ死亡しているのが見つかった。「すでに死後硬直で、傷口も塞がった状態。後頭部の損傷が激しかった」(同本部)という。
連絡を受けた球団職員が病院で、小瀬であることを確認。ホテル上層階の非常階段から転落し、発見までかなりの時間が経過していたとみられるという。
その後、宮古島署が現場検証を行ったが、現場やホテル内の状況などから、同署は自殺の可能性が高いとみているもようだ。
この日のチームはキャンプ初の休日だったが、岡田監督やナインも外出先から次々に宿舎に戻った。午後3時前には、岡田監督と、小瀬と親交が深かった北川ら3選手が宮古島署に向かい、事情聴取を受けた。
午後4時からは緊急ミーティングが開かれ、チームに小瀬の転落死の事実が伝えられた。どの選手も無言で、目を赤くする選手もいた。
大阪から駆けつけ、午後8時過ぎに会見した村山球団本部長は「まだ警察で調べておられるので詳しく申し上げることはできない」とし、遺書の存在などについても回答を避けた。6日には昨年12月に挙式した夫人ら遺族が、宮古島入りし、事情聴取を受ける予定だという。
小瀬は、誰もが認める礼儀正しい好青年だった。打撃は天才肌で、プロ3年目の今年はレギュラー獲りに燃え、1月26日から宮古島に入って練習していた。
前日のキャンプ4日目も精力的に動き、米球界から復帰した田口に外野守備の教えを請う一幕も。練習終了後には、今年のチームの猛練習について「こんなに練習したことはない。田口さんが入ってとても楽しくやっている。明日(休日の5日)は昼ぐらいまで寝てると思います」と話していた。
小瀬の部屋は1人部屋で、その後、宿舎に戻った後の小瀬の行動について球団側は「把握していない」としている。
だが、午後6時ごろには、近大時代の同級生のヤクルト・山本と、2年後輩のヤクルト・荒木にそれぞれ電話していた。山本には今キャンプに入って早くも3度目の電話だったというが、会話内容自体は変わった様子はなかったという。キャンプ休日のこの日も、午後7時から夜間の休日返上練習に参加予定だった。
村山球団本部長は「明日以降、きっちり警察から説明があると思います」と話した。キャンプについては、今後も継続していく。


≪岡田監督「何も頭に浮かばない」≫
キャンプ初の休日が、暗転した。コーチ陣とのゴルフをしていた岡田監督に一報が届いたのはホールアウト後だった。先にホールアウトして、連絡を受けていた小林ヘッドを通じて小瀬の転落死を聞いた岡田監督は「訳がわからんかった」と混乱したまま、血相を変えて球団職員の運転する車に飛び乗った。
「小林さんもうろたえていたんやけど『転落した』というようなことだけは分かった」と、その時の様子を振り返った。
いったんチーム宿舎に戻ってきた岡田監督は、横田昭作管理部長とともに再び宿舎を出て、宮古島市内の宮古島警察署へ向かった。「このキャンプの責任者やから」と事情聴取に応じたものの、未来ある選手が死に至った理由はまったく思い浮かばない。
最後に小瀬を見たのが前日、特打を行っている姿だったという。昨年11月、監督に就任したばかりの秋季キャンプでは小瀬のバッティングに「めちゃくちゃ、バットコントロールがうまいなあ」と大成を予感していた選手の未来が突然、閉ざされたことに「チームの一員。昨日まで一緒にやってたんや。考えられへん」と、まだ信じられない様子で振り返った。
午後8時50分に姿を現した岡田監督は直前までコーチ陣と日高選手会長らと話し合いを持ったが「『元気でやろう』なんて言うてもできんやろ。『どうしろ』とは、よう言わん」と、全員の顔に浮かんだ悲しみの表情に、言葉を失ったことを明かした。
その話し合いでは6日以降のキャンプ継続、開始前の黙祷、6日の練習は1、2軍全員がメーン球場に集合することなどを確認した。しかしそれ以上のことは岡田監督ですら明確な道筋を示すことができない。
「何も頭に浮かばない。何日間かは、(まともな練習ができなくても)しょうがないかも分からん。今の段階で『前向いて』とは、オレは選手によう言わん。そんな簡単なものじゃない」。突然失った仲間。全員が、全員じゃなくなった現実をまだ、受け止めることはできない。

≪オリ・宮内オーナー沈痛「期待していた」≫
オリックスの大先輩で米大リーグ、マリナーズのイチロー外野手が「ホゼ」と呼んで目をかけ、今季は右翼のレギュラー候補と期待されていた俊足巧打の新鋭が、まさかの形で急逝。沖縄県警では自殺とみており、岡田彰布監督は「訳が分からん」と絶句。チーム関係者は深い悲しみにくれた。
オリックスの宮内義彦オーナーはこの日、都内でサンケイスポーツの取材に応じ、「どういう事情かわからないけど、ご冥福を祈ることしかできない」と悼んだ。「期待していた、これからの選手。キャンプにいって、色々聞こうと思っていたのに…」。球界屈指の野球好きとして知られる宮内オーナーだけに、その心痛は計り知れない。

≪NPBでも驚きの声…詳細な情報は得られず≫
プロ野球を統括する日本野球機構(NPB)にも驚きの声が上がった。
NPBの花井史朗光連盟統括兼パ・リーグ運営部長は、キャンプ地にいるオリックス球団職員の混乱を察し、大阪市の球団事務所を通じて報告を受けた。しかし、村山球団本部長らが現地で会見したのとほぼ同じ内容で、詳しい情報は得られなかった。
花井連盟統括は「弔意は心から表すが、詳細が分かっていないので何とも言いようがない。(詳細が分かるのは)明日、ご遺族と警察が話をしてからになるだろう」と話した。

≪横浜・藤田絶句「信じられない」≫
横浜の藤田は休日返上練習中に、近大の3年後輩・小瀬の急死を聞き絶句した。昨年末も母校で一緒に練習し「アイツは結婚もしてこれからという時だった。奥さんの話が多く出て『幸せにしたい』と言っていました」。大学の合宿所では同部屋で、特に可愛がっていただけに「自分をあまり前に出さないけど、性格は明るかった。信じられないです…。すいません」とショックを隠せなかった。

≪巨人・高木、小瀬選手は「センスの塊の男」≫
昨季までオリックスに在籍していた巨人・高木康成投手は「センスの塊のような男で、今年はすごく期待されていたと思う。だから、亡くなったことは信じられないし、残念でならない」と話した。

≪長野、小瀬選手訃報に「信じられない」≫
大学日本代表でチームメートだった巨人・長野久義外野手は「小瀬君とは大学時代、日本代表として一緒にプレーして以来、連絡を取り合っていました。去年、ドラフトで指名を受けたときにも『おめでとうございます』という連絡をもらっていたので、亡くなったなんて信じられません。心よりご冥福をお祈りします」とコメントした

≪鷹・大石コーチ、訃報に「本当に残念です」≫
前オリックス監督で、ソフトバンク・大石大二郎ヘッドコーチは「非常に明るく、これからの活躍が楽しみな選手でした。本当に残念でなりません。ご冥福をお祈りします」とコメントした。

≪鷹・大隣、訃報に「ショックを通り越した」≫
近大時代の先輩であるソフトバンク・大隣憲司投手は「受け入れがたいです。ショックを通り越しているというか…。自主トレ打ち上げの時に『対戦できるようにお互い頑張ろうな』と交わした言葉が最後になってしまった」とコメントした。

≪広島・岸本、小瀬外野手の訃報を信じられず≫
近大在籍時の先輩、広島・岸本秀樹投手は「本当ですか?エー、本当にそうなんですか?」と信じられない様子だった。そして「明るくて良い奴でしたよ」と一言話すと、驚いた顔のままその場を後にした。

≪広島・小窪、小瀬外野手は「一番のライバル」≫
大学2年の時に大学選手権に出た仲である広島・小窪哲也内野手は5日、ビックリした表情で「最後に話したのは(小瀬の)結婚式でした。プロのシーズン中も連絡を取り合う仲だったんです」語った。
さらに「僕はあまり人の成績を見るほうではないですが彼の成績は気になってよく見ていました。大学日本代表で一緒だった時はまだ2年生だったから何回も東京ドームの長い階段を先輩の大きな荷物を持ってあいつと運んだんですよ」と小瀬外野手との思い出を話した。
最後に「内野手外野手の違いはあったけどプロになっても僕の一番のライバルでした」と話し、無念の表情を見せた。

≪小瀬浩之外野手の訃報にダルビッシュも追悼コメント≫
日本ハムのダルビッシュ有投手は、自身のブログで同日「小瀬選手。何があったんかな。メッチャいい選手でそろそろレギュラー取るやろなと思ってましたが…。ご冥福をお祈りします」と追悼コメントを記している。

≪真弓監督、小瀬選手転落死に「ビックリ」≫
阪神・真弓監督は、「ビックリしたよ」と表情を曇らせた。「1年目から(1軍に)出て、いい選手だと思っていたんだけど」。
近大で活躍している当時、スカウトとして熱視線を送っていた山口投手コーチも「ビックリした」。選手宿舎で伝え聞いた選手は絶句していた。


≪オリックス グラウンドで岡田監督ら黙祷≫
宮古島で春季キャンプ中だったオリックスの小瀬外野手の宿舎での転落死から一夜明けた6日、チームは午前10時半から練習を行った。
宮古島市民球場(沖縄県宮古島市)に集合した岡田監督らスタッフ、1、2軍の選手全員はグラウンドに整列すると、中堅奥に半旗として掲げられた球団旗に向かって黙祷を捧げた。
キャンプ休養日の5日、夕方の緊急ミーティングで小瀬選手の悲報を知らされた選手たち。どの選手も気持ちの整理がつかないのか、球場入りする姿は下を向いたまま。複雑な表情で、報道陣の問いかけにも無言を貫いた。
今後もキャンプを予定通り続けることを決めた岡田監督も、表情は硬いまま。前夜に「今の段階で前を向けとか、(選手たちに)絶対に言えない」と話すなど、数日間は自主性に任せた練習が中心となると見られる。

≪プロ野球:オリックス・小瀬外野手急死 チーム内外から惜しむ声「まじめ、センスあった」≫
オリックス期待の若手だった小瀬外野手の突然の死去は、前日まで練習で元気な姿を見せていただけに、関係者に強い衝撃を与えた。「まだ24歳と若く有望視されていただけに、関係者一同、複雑かつ残念な思いでいっぱい」。記者会見で小瀬外野手の転落死を伝えた村山良雄・球団本部長は悲痛な面持ち。一方で、自殺の可能性も指摘される中、原因については「まだ警察が調査中なので、我々の口から申し上げることはできない」と言葉を濁した。午後4時にミーティングで事実を伝えられたオリックスの選手たちは重く口を閉ざした。一方、他球団のプロ野球選手や、学生時代の恩師らは若すぎる死を惜しんだ。
小瀬選手は前日の4日、練習後に疲れた表情を見せながらも、報道陣には「(休養日の)明日はゆっくり昼まで寝て、その後買い物にでもいこうかな」と話していた。今キャンプのテーマに「体を強くしたい」と目標を掲げていただけに、練習後も坂口ら若手とともに居残りで特打をこなし、さらにトレーニング室で汗を流すと、最も遅い宿舎への送迎バスに乗り込む熱の入れよう。「第1クール達成です。びっくりするぐらい、しんどい」と嬉しそうに話す姿には悲劇の前兆はなかった。
小瀬選手が卒業した尽誠学園高校の野球部で、在籍当時コーチとして指導した下山優・現監督も「信じられない」と驚いた。「3年間一緒に寮で過ごしたが、おとなしくてまじめで、野球センスのある子。先月10日、奥さんと一緒に遊びに来た時も、元気な様子だったのに」と肩を落とした。小瀬選手の近大時代の2学年後輩にあたる阪神の新人、藤川俊は「ショック過ぎてコメントできません……」とうなだれた。
一方、ファンの間にも、動揺は広がった。選手宿舎近くで飲食店を営む女性店主(62)は、小瀬選手が訪れた際に記したサイン色紙を手に、「すごくショックです」と沈痛な面持ちで話した。

⇒この訃報は、私もショックでした。オリファンの友人は、ショックで凹んでいました。
心より、ご冥福をお祈りいします。




by,tora-neco



ランキング参加中。
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 野球ブログへ
[PR]
by kuru2chanbei | 2010-02-05 23:04 | 他球団

小林繁氏の若すぎる死悼む声相次ぐ

≪57歳…小林繁氏の若すぎる死悼む声相次ぐ≫
プロ野球巨人、阪神で活躍し、2度沢村賞に輝いた現日本ハムの小林繁投手コーチが17日、57歳で死去した。
巨人の長嶋茂雄監督の初優勝に大きく貢献した一方、「江川事件」で電撃トレードされて悲劇のヒーローになるなど、波乱に富んだ野球人生だった。キャンプを直前に控えたこの時期の突然の悲報。ともに今季を戦おうとしていた日本ハムの梨田昌孝監督ら、球界からは若すぎる死を悼む声が相次いだ。

巨人・長嶋茂雄元監督
「1976、77年のリーグ優勝に大きく貢献してくれたことを鮮明に覚えています。細身の体からは想像もつかないくらいスタミナがあり、本当に頼りがいがある投手でした。正直にいうと、阪神へトレードになったことは残念な思いでいっぱいです。現場の監督として悪いことをしてしまったという気持ちがいまだに残っています。若すぎる、早すぎる最期です」
日本ハム・梨田昌孝監督
「会ってから丸1日たっていないわけだから、本当に信じられない。まだ亡くなった感じがしない。1軍で一緒に戦えるのは近鉄以来で、本人も燃えていた。若い芽をどんどん育ててほしいと思っていた」
阪神・真弓明信監督
「びっくりした。現役でも(阪神で)一緒にやって、近鉄でもコーチで一緒にやらせてもらった。野球に対して熱いし、いい理論を持っていた。気も使うし、頭の回転の速い人。決して恵まれた体ではなかったが、気で投げる投手だった」
阪神・南信男球団社長
「突然の訃報に大変驚いております。年代が近かったこともあり、親しくさせていただいていました。ご冥福をお祈りいたします」
江川事件を知る坂井保之元西武球団代表
「江川事件はいまだに語られる球界にとってマイナスの出来事。でも彼のある種のプロに徹した潔さ、清々しさで負の事件を終わりに導いた。拒否することもできる立場だったけど、彼の決断が多くの人に感動を与え、球界は救われた」
ソフトバンク・王貞治会長
「短い期間でしたが、阪神で一時代を築いた好投手でした。これから後進の指導や、多くの子どもたちに野球の素晴らしさを伝えてほしかっただけに、まだ57歳という若さで逝ったことは残念でなりません」
阪神・久保康生投手コーチ
「細い体からは想像もできないほどの熱血漢で、若い選手を熱心に指導されていたことを思い出します。(近鉄では)私もコーチになって間もないころだったので、いい勉強をさせてもらいました」
オリックス・岡田彰布監督
「小林さんとはタイガース入団が同時期だったこともあり、大変お世話になりました。野球に関してもそうですが、プライベートでもよくしてもらったことを今でも思い出しますし、大変感謝しています」
元阪神・掛布雅之氏
「小林さんが阪神に入団された79年は、前年に田淵(幸一)さんが西武へトレードになり、僕が中心になってやらなければ、と思っていた年でした。いい意味ですごく刺激になりました。小林さんに負けられないという気持ちが、その年の48本塁打につながったと思っています」

≪小林コーチの訃報に「今は後任考えられない」≫
小林コーチの訃報に、日本ハムの球団幹部らも動揺を隠せなかった。
球団によると、小林コーチは今朝、体調を崩し、救急車で搬送される途中に息を引き取ったという。あまりに突然の死。選手からも問い合わせが相次ぎ、チーム内では激震が走った。ある球団幹部は後任について「まったく考えていない。決めないといけないのは事実だが、今はそういう段階ではない」と慎重に言葉を選んだ。

≪真弓監督、小林繁氏死去に沈痛な表情≫
真弓監督は阪神大震災追悼イベントの直前に訃報を受けた。昨年12月に電話で話したのが最後だそうで「元気そうだったけど…」と沈痛な表情。選手時代は同じ79年から阪神でプレーし、キャンプでも同部屋になるなど縁があった。
投手の小林氏を攻守両面で援護した真弓監督は「巨人戦は後ろから見ていても絶対に勝つという気で投げていた」と振り返った。近鉄ではともにコーチとして戦い「(2001年に)リーグ優勝させてもらったのは非常に思い出に残っている」と懐かしそうに話した。

≪日本ハム・梨田監督、涙こらえ「信じられない」≫
近鉄時代から苦楽を共にした小林繁投手コーチの突然の訃報に、日本ハムの梨田監督は17日、札幌市内のホテルで「昨日(16日、東京での)本社のイベントで会ったばかり。キャンプに連れていく選手や方針などを情熱的に話していたし、元気そのものだった。本当に信じられない」と涙をこらえながら話した。
2001年には、近鉄の監督と投手コーチという立場で、前年最下位だったチームをリーグ優勝に導いた。「投手交代でベンチを立つ瞬間、僕の背中をポンと押してくれる人だった。人を導く力があり、小林さんに任せてみたいと、一目置いていた。今年も助けてもらおうと思っていたのに」。久々に1軍でタッグを組むことを、何よりも梨田監督が楽しみにしていた。
日本ハムの2軍投手コーチを務めた09年には、糸数や江尻をサイドスローに転向させて成功に導くなど、若手育成に定評があった。「後任の人選は重要だけど、今は考えたくない」と唇をかみしめ「残念だし、悔しい。日本一を望んでいたと思うので、他の人と力を合わせて報いたい」と故人の冥福を祈った。

≪江川卓氏、小林さんに「申し訳ない気持ち消えない」≫
野球解説者の江川卓氏が17日、東京都内で記者会見した。小林繁氏の突然の訃報に「(2年半前)お会いした時はすごく元気だったので、びっくりした」と目を潤ませ、沈痛な表情を浮かべた。
球界のみならず社会全体を揺るがした「空白の一日」事件の当事者同士。「申し訳ない気持ちは、僕の中で終わっていない。原因はこちらにある。小林さんが亡くなったからといって、申し訳ないという気持ちは一生なくならない」と思いを振り絞るように口にした。
事件から28年後の07年に酒造メーカー「黄桜」のCMで共演。事件以来初めて言葉を交わし、江川氏が謝罪した。「プロに入る時から気になっていた。一番覚えているのは『お互い大変だったな』と声をかけてもらって、すごくホッとしたこと。2人きりで1時間ぐらい話せて、お互いの気持ちを言い合えて、救われた」と振り返る。
その後は一度も会うことはなかったという。「今年から日本ハムの1軍コーチになると報道されていたし、取材でお会いできると思っていたのに…」と早すぎる死を悼んだ。

-悲報を聞いたときの気持ちは
「突然だったのでビックリしました。それから続々とお電話をいただいたので、そういう事実があったのだと…」
-現役中の思い出は
「入団して2、3年目に飯倉(港区)のステーキハウスでバッタリお会いした。私がお詫びに行こうとしたら、向こうも気付いて、手で制された。“もう分かったから、来なくていいぞ”と理解していました」
-CM共演まで話す機会はなかったのか
「お互いに避けていた感じはあった。CMできっかけをいただいた。そこでお話ができたというか、お詫びができました」
-CM後の連絡は
「お会いしていない。お互いの気持ちが分かり会えた気がしていたものですから。日本ハムのコーチをやられるということで、取材でお会いできると思っていた」
-小林さんへメッセージを
「入団したときから小林さんの成績を超えようとやってきました。(阪神移籍)1年目に22勝されていたので、絶対23勝したかったのですが、抜けませんでした」


≪江本氏沈痛「闘争心はものすごい男だった」≫
小林繁氏と阪神でチームメートだった江本孟紀氏が17日、小林氏の思い出を語った。阪神の選手会長として“空白の一日”で移籍してきた小林氏を迎え入れた江本氏。現役時代、そして引退後の関係を振り返った。

小林が入ってきた時のことはよく覚えている。あの年の阪神は他にも真弓(現監督)や移籍選手が多くて、ただでさえ大変な騒ぎだった。そこへ小林も、となって選手会長のオレは小津球団社長(当時)に呼び出された。
「快く迎えてやってくれ」と頼まれたけど、オレも南海からの移籍組。その辺は言われんでも分かっていた。よくメシを食いに行ったし、遊びもした。“悲劇のヒーロー”やったから、チームにもすぐ溶け込めた。それでいきなり巨人から8勝よ。それまでオレと江夏(豊氏)の7勝が、阪神投手の巨人戦勝利記録だったのに、いきなり抜かれたわ。
スマートな見かけによらず、闘争心はものすごい男だった。巨人戦ではなかったけど、移籍1年目のシーズンに相手ベンチから汚いヤジを浴び続けたことがあった。その夜はオレの部屋にきて、一晩中「悔しい」と言い続けていたよ。オレも寝ないで付き合った。打倒巨人、という意識で結ばれていたからね。
オレがあんな辞め方(「ベンチがアホ」発言で81年に退団)をした後は、OB戦で会う程度だった。それでもオレが「プロ野球OBクラブ」を立ち上げたとき(94年)は協力してくれたし、不思議な因縁も感じ続けていた。突然の引退やタレント活動をしたり選挙に出たりと、オレと同じ道を後から辿ってきていたからね。何も死ぬ時だけ先に行くことはないじゃないか…。
実は数日前、あるテレビ局が「小林さんとの旅番組はどうですか」とオファーしてきたばかりだった。こういう因縁をふまえての企画だったんだけど、オレは「現役のコーチだし、今からは無理だと思うよ」と返事していたんだよねえ…。小林も同じような反応だったそうだけど、こうなってしまうとは。指導者として1軍に復帰したばかりで、本当に残念だね。



≪古巣・巨人にも衝撃…長嶋氏「悪いことした」≫
小林氏急死の一報は、古巣・巨人にも衝撃を与えた。長嶋第1次政権を支えた細腕エースの訃報に巨人・長嶋茂雄終身名誉監督、ソフトバンク・王貞治球団会長が悲しみのコメントを出した。
巨人のエースから天敵へ。小林氏が激動の野球人生を歩むきっかけに立ち会ってしまった長嶋氏は、後悔の念を隠さなかった。
「76、77年のリーグ優勝に大きく貢献してくれたことを鮮明に覚えています。正直にいうと、阪神へトレードになったことは、残念な気持ちでいっぱいです。現場の監督として悪いことをしてしまった、という気持ちがいまだに残っています。若すぎる、早すぎる最期です」
今だから言える本音かもしれない。小林氏は第1次長嶋政権(75-80年)時に計62勝。76年の初優勝で胴上げ投手になるなど、リーグ連覇に大きく貢献してくれた。
小林氏とこの時代の長嶋氏を支えた王氏も、特別な思いがある。主砲とエースという関係は阪神移籍後に一転。79、80年の2シーズンで、小林氏に41打数8安打(・195)と封じられた。
小林氏は王氏の打席で、投球フォームをより長く静止するなど、ゲリラ投法に出た。王氏もトレードマークの“一本足”を止め、タイミングの取り方を変えて対抗したこともあった。
「短い期間でしたが、阪神で一時代を築かれた好投手でした。これから後進の指導や多くの子供たちに野球の素晴らしさを伝えてほしかっただけに、まだ57歳という若さで逝ったことは残念でなりません」
どんなに悔やんでももう過去には戻れない。ただ、早すぎる死を悼むしかなかった。


≪小林氏の悲報にダル「とてもショック」≫
日本ハムのダルビッシュ有投手は18日、小林繁投手コーチの急死に球団を通じて「とても熱意のある方だと聞いていた。今年は1軍投手コーチに就任され、同じ舞台で戦うことになっていたので訃報を聞いてとてもショックを受けています」とコメントした。
現職コーチの突然の悲報から一夜明け、球団では千葉県鎌ケ谷市の2軍球場正面玄関前に献花台を設けた。20日午後5時半まで設置される。

⇒改めて投球フォームをテレビで見て、母が小林氏の巨人時代からのファンだった理由が分かりました。「巨人やったんやけど、小林は好きやった」私もリアルタイムで見ていたら、同じことを言ってたかもしれません。
面白い野球を見せてくれてたんですね…ありがとう。そして、お疲れ様。


f0197487_21594045.jpg




by,tora-neco



ランキング参加中。応援クリックお願いします(*^_^*)
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 野球ブログへ
[PR]
by kuru2chanbei | 2010-01-17 21:49 | その他

小林繁氏が急死…通算139勝、巨人と阪神で活躍

≪小林繁氏が急死…通算139勝、巨人と阪神で活躍≫
江川卓投手との交換トレードで阪神に移籍したことで知られる、巨人や阪神で投手として活躍した現日本ハム1軍投手コーチの小林繁氏が17日、心不全のため亡くなった。57歳の若さだった。
小林氏は1952年、鳥取県東伯郡赤碕町(現・琴浦町)出身。71年にドラフト6位で巨人に指名され社会人の全大丸を経て72年に入団。73年に1軍に初昇格すると76年、77年に18勝を挙げるなど活躍。
78年オフには「空白の1日」として知られる江川卓のドラフト騒動で、交換トレードで阪神へ移籍し、79年にはいきなり22勝を挙げ最多勝利に輝いた。83年には13勝を挙げるも現役から引退した。
引退後はテレビ、ラジオ解説者を経て97から01年までは近鉄で、07年には韓国のSKワイバーンズで、08年からは日本ハムでコーチを務めていた。通算成績は374試合に登板、139勝95敗17セーブ、防御率は3.18最多勝利に1度、最優秀投手に2度輝いている。沢村賞、ベストナインも2度選ばれている。


≪小林繁氏通夜に300人…江川氏からも献花≫
プロ野球の巨人や阪神で投手として活躍し、17日に心不全で死去した日本ハム1軍投手コーチの小林繁氏の通夜が19日、福井市の斎場に300人が参列して営まれ、小林氏が巨人から阪神に移籍するきっかけとなった「江川事件」の当事者である江川卓氏からの献花などで、祭壇が飾られた。
参列者には日本ハム関係者のほか、巨人時代の同僚だった新浦寿夫氏や阪神0Bの川藤幸三、藪恵壹氏らの顔も。公私で親交のあった川藤氏は「ざっくばらんで格好つける男じゃない。勝負と同じくらいチームのことを考えるやつだった」と故人を偲び、日本ハムの藤井純一球団社長は「小林さんの遺志を尊重し、日本一を奪回したい」と冥福を祈った。

≪小林繁氏通夜で…新浦氏「順番が逆だよ」≫
巨人や阪神で投手として活躍し、17日に心不全のため急逝した日本ハム1軍投手コーチの小林繁氏(享年57)の通夜が19日、福井市の千福寺りんどうホールでしめやかに営まれ、約300人が故人の冥福を祈った。
長嶋茂雄・巨人終身名誉監督、王貞治・ソフトバンク球団会長らのほか、小林氏が阪神に移籍するきっかけとなった「空白の一日」で因縁のある江川卓氏(野球評論家)、親交があったタレント・明石家さんまからの献花が祭壇に飾られた。
小林さんは、巨人が最下位となった1975年の長嶋監督1年目の中心投手9人で作る「さいかい」のメンバーだった。関本四十四さんは「メンバーで一番若かった。若い奥さんがいてこれからなのに」と沈痛な表情。新浦寿夫さんも「順番が逆だよ。一番スピリットがある投手だった」と故人をしのんだ。
戒名は「球愛院釈静繁(きゅうあいいんしゃくせいはん)」。葬儀・告別式は20日正午から同所で営まれる。


≪小林繁さん夫人へ、江川さんからの手紙≫
17日に心不全で急逝した日本ハム投手コーチの小林繁氏(享年57)の告別式が20日、福井市の「千福寺りんどうホール」でしめやかに営まれた。阪神真弓監督ら球界関係者を含む500人が参列。プロ野球界を揺るがした「江川問題」の当事者だった江川卓氏は騒動になることを配慮して参列を控えたが、直筆の手紙が静子夫人へ届けられた。
列席者の咽び泣く声が響く空間に姿は見せなくとも、江川氏は遠くから、小林氏を偲んだ。喪主を務めた静子夫人のもとへ、江川氏から1通の手紙が届いた。関係者によれば、直筆で丁寧に1字、1字、したためられていた。騒動による混乱が起こる可能性に配慮し、やむなく参列を控える胸の内が記されていたという。
79年の「江川問題」。江川氏の悔恨の思いが伝わるような、ケジメのお別れになった。07年のCMでの対面、死去した17日に江川氏が開いた緊急会見、そして手紙…。関係者は「江川氏の思いが、(周囲に)これで分かってもらえることでしょう」と神妙に話した。
真っ青に広がった福井の空の下、小林氏は出棺された。心の中で手を合わせていたであろう江川氏だけでなく、阪神で同僚、近鉄ではともにコーチとして戦った阪神真弓監督ら、多数の球界関係者に見守られ送り出された。近鉄コーチ時代に師弟関係の前レンジャーズ大塚が「人生は人との出会いで変わる。小林さんとの出会いで、野球人として変わった」と弔辞を述べた。
「空白の1日」とされる世紀のトレードにかかわった当時の巨人監督、長嶋茂雄氏からは「監督時代の優勝に多大な貢献をされた姿を偲び、心からご冥福をお祈りします」の弔電が届いた。私生活では自己破産するなど数奇な運命と向き合い、打ち勝ってきた壮絶な一生。江川問題に直面した際、周囲へ「野球が好きだから阪神へ行く」と告げたという秘話も、明かされた。ファンを魅了した反骨の象徴、孤高の名投手の最期は、人のぬくもりに包まれていた。

⇒小林繁氏が活躍した場面を、私はリアルタイムで知りません。でも、空白の一日事件は有名ですし、母が小林氏のファンだったこともあり、この選手の名を知っていました。
心より、ご冥福をお祈りします。


f0197487_21431927.jpg




by,tora-neco



ランキング参加中。応援クリックお願いします(*^_^*)
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 野球ブログへ
[PR]
by kuru2chanbei | 2010-01-17 21:14 | その他

オフ虎ニュース 12/16

≪城島のジャージー、前倒しで発売≫
大阪市北区の阪神百貨店で16日、プロ野球・阪神タイガースへの入団が決まった城島のジャージーが発売され、ファンらが買い求めた。
入団後、城島選手のグッズに関する問い合わせが殺到。予定よりも発売時期を前倒し、背番号「」が入ったジャージー1000枚が売り場に並んだ。

⇒私は、背番号「6」のジャージです。ちなみにこのコーナー、見てきました(笑)


≪安藤は1億1000万円でサイン≫
阪神の安藤が16日、1千万円減の年俸1億1千万円で契約を更改した。
巻き返しを期す来季は3年連続の開幕投手を目標に掲げ「今年の倍くらいは勝ちたい」と意気込んだ。(金額は推定)
贅肉を削ぎ落とし、研ぎ澄まされた顔で登場した安藤が掲げたデッカイ数字。直後に「最多勝が獲れる数字ですね」とニヤリとした。
悔しいシーズンだった。08年に続いて開幕投手を任されて、2年連続勝利投手に。滑り出しは順調だったが、肝心の終盤に勝てなくなった。9月以降4連敗を喫してしまい、8勝12敗、防御率3・90からは主張する材料を見いだせなかった。「高いレベルの期待に応えられなかった。(成績には)全然納得していない」
3年連続開幕投手という、安藤しか狙えない勲章もある。「やるからにはそこも目指したいですね」。もし、エースの証明でもある「開幕投手」を果たし、3年連続の勝ち投手になれば、球団創設以来初の偉業となる。
そして長いシーズンを投げ抜いて、宣言した16勝以上をマークすれば…。近くは井川慶(ヤンキース)が03年に20勝しているが、右腕に限定すれば81年の小林繁(日本ハム1軍投手コーチ)までさかのぼる。
準備段階も順調だ。トレーニング、生活習慣を改善してのダイエットに取り組み、「4、5キロは軽く減っています」。数字を聞かなくても、成果は顔を見ただけでもわかる。
「今は感じないですが、本格的に投げ始めて楽と感じる日がくれば…」
そんな安藤が、やはり触れずにはいられなかったのが、電撃引退した赤星憲広氏のこと。チームメートであると同時に、選手会役員としてナインを牽引した日々を懐かしんだ。
「すごく大きな穴。今でも信じられない。一緒にリーグ優勝はしたけれど、日本一にはなれなかった。来年はリーグ優勝はもちろん、日本一になって赤星さんに報告にいきたい」
そのために必要なのがダイエットであり、開幕3連勝であり、16勝以上なのだ。巻き返すエースの意地、ぜひ見たい。

⇒今年、後半は「先発安藤」と聞くと覚悟したものです…


≪平野に負けない!関本、二塁はオレ≫
矢野捕手が16日、吹田市のスシロー南吹田店で、ABC系列「虎バン!スペシャル『阪神・矢野、13年目の恩返し』」の収録を行った。約120人のファンに回転ずしを振る舞い、元気を共有。ともに参加した関本内野手は来季のフル稼働を誓った。
万全の準備を誓った。関本の2010年、最初のターゲットは二塁だ。
「キャンプでしっかり二塁のノックを受ける。(下半身を鍛えれば)怪我も防げるし、バッティングにも生きるから」
前日15日、平野も二塁専念を公言したばかり。負けてはいられない。複数ポジションをこなせるユーティリティープレーヤーだが、まずは“本職”の定位置獲りに挑むのだ。
「セカンドを守れるフットワークを身に付けておけば、すぐにファーストも守れるから」。今季はキャンプ中に三塁から一塁へ。ブラゼルの途中加入もあり、結局、二塁での出場が増えた。負担が重なり、夏場に右内転筋の肉離れで離脱したが、二の舞はごめんだ。「どんな形でも、貢献するために試合に出る」。来季こそフル稼働。全力でチームを支えるつもりだ。

⇒関本、今年はちょーっと守備が…(^_^;


≪若虎、来季ドミニカ派遣へ!岩田クラスも≫
阪神が来オフ、ドミニカ・ウインターリーグ(ドミニカ共和国、11~2月)へのコーチ、選手派遣を検討していることが16日、明らかになった。外国人獲得の新規ルートの開拓もにらんでいる。岩田投手ら1軍の主力クラスの派遣なども考えられている。
一味違う、異国の地でチーム力の底上げをはかる。来オフにドミニカ・ウインターリーグに選手を派遣することを球団関係者が明かした。
「来年は考えています。外国人ルートの拡張もありますが、現場のコーチも派遣できる」 
これまではハワイ・ウインターリーグや秋季フォール・リーグに送り込んでいたが、ドミニカとなれば初めて。様々な人種が集まり、ただ白球を追いかける。球場のグラウンドコンディションは悪く、食事もままならない状況だという。そんな過酷な環境でハングリー精神を培えば…中日は頻繁に派遣しており、1軍で大活躍する吉見、川井、浅尾、中田も経験者なだけに、飛躍のきっかけとなるはずだ。
別のチーム関係者も「特に11月の終わりから、12月にかけてはメジャーの控えも出ているから、レベルが高い。技術だけじゃなく、ハングリーになれる」と期待。先発ローテの一角を担う岩田クラスの参加に関しても、「もっと力をつけたいということであれば、その場合もある」と可能性を匂わせた。
また、同リーグは優良助っ人の宝庫。中日・森バッテリーチーフコーチは自ら現地に足を運び、今季39本塁打、110打点でリーグ2冠に輝いたブランコ(中日)を年俸2700万円の格安で発掘した。
阪神もかつて守護神として活躍したドミニカ共和国出身のリベラ氏を中南米担当スカウトにするなど金の卵発掘に意欲的。武者修行&助っ人の新規ルート開拓へ。虎が本腰を入れた。

⇒ドミニカへ、いってらっしゃい!


≪丸裸OK!虎将豪語「城島隠す必要はない」≫
なんぼでも見せたる!真弓監督が16日、大阪市内のラジオ局で、巨人・原監督をはじめとするライバル球団の“城島包囲網”に豪語した。「隠す必要はない」。積極起用でもっとビビらせてやる。
V3の王者が震えている。虎の新正妻を恐れ、潰しにかかる。来るなら来い、徹底マーク何するものぞ! 真弓監督が胸を張った。
「(城島を)意識してもらわないと困る。その方が戦いやすい。(開幕まで)隠す必要はないと思う」
新加入の城島の存在に、あの巨人が警戒警報を発した。豪州のV旅行から帰国した原監督が「(阪神は)チームがガラリと変わるのは間違いない。全く違うチームになるだろう。しっかりと研究を要する」と恐れた。さっそく、来年2月1日から007を阪神のキャンプ地、沖縄・宜野座に派遣、徹底解剖することに決めたのだ。
あの巨人がイチ選手をこれほど警戒するとは…もちろん、巨人だけではない。中日も同様に2月1日から、広島もキャンプ第1クールから、それぞれスコアラーを徹底マークさせることが判明。パも含めた007が集結し、異例とも言える警戒網が敷かれる。それでも指揮官は動じない。キャンプの練習、実戦…。余す所なく見てもらってかまわない。自信の表れだ。
警報を発した巨人とはオープン戦で3試合組まれている。3月10日(皇子山)、14日(甲子園)、16日(東京D)。むろん、ここでも隠しはしない。真弓監督は「ひとシーズン戦っていく中でも、どっちみち調査してくるし」と泰然自若。G戦をより多く“体感”させた方が、城島にとって相手の弱点も見つけられる。隠すよりもプラス効果の方が大きい。
「(城島も実戦に出て)相手の投手の特長とかも知りたいだろうし、ウチの投手の球も受けたいだろうしね。本人も『少しでも多く出たい』というのは言っていたしね」
指揮官同様に、沼沢球団本部長も「世界一の捕手ですから。そりゃ、(相手は)警戒するでしょう。城島君なら(包囲網を)打ち破ってくれるでしょう」とニヤリとした。3人を入れ替えた外国人など、虎は様変わり。ライバルが意識過剰で疑心暗鬼になってくれればしめたもの。原Gの恐れ。願ってもない虎の先制パンチとなった。
今季の巨人戦は11勝11敗2分と五分だった。打倒巨人を果たさねば、5年ぶりのV奪回は見えてこない。「伝統の一戦だし、巨人にだけは負け越したくないという気持ちです。(総合的に)相手のスキをどれだけ突けるか」。真弓監督が闘志をむき出しにした。城島でビビらせてオフの前哨戦は虎の勝ち。本当の恐怖はまだまだ…これから味わってもらう。

⇒さて…どうなることやら…


≪上園、来季に向け“独り立ち”宣言≫
16日、鳴尾浜でキャッチボールやダッシュなどで自主トレに励んだ上園が“独り立ち”を宣言した。
「(今オフの自主トレは)小松さん(オリックス)とやりませんし、(母校)武蔵大にも帰りません。これまでやってきた3年間のメニューをピックアップして1人で考えながらやります。もう4年目になるんで」。年明けは鳴尾浜や近くの専門学校でトレーニングに励む。今季は0勝に終わっただけに、来季にかける思いはひとしおだ。

⇒ゾノ!


≪虎将、来春Cでの赤星“臨時コーチ”熱望≫
真弓監督は16日、引退した赤星氏の来春キャンプでの“臨時コーチ”を熱望した。評論家としてグラウンドに足を運ぶ可能性があるが「選手同士で教えてもらったりすると、いい財産になる。(選手にとって)アドバイスをもらいやすい立場ではないかと思う」と語った。また沼沢球団本部長は赤星氏の引退試合を来年3月14日の巨人戦(甲子園)で行うことについて「本人の意向はまだ聞いていないが、検討はしています」と話した。

⇒少し休ませてあげてもいい気がします…


≪球児、現役選手では異例の教科書“登板”≫
ひ弱な若虎から日本球界を代表する鉄壁ストッパーへ。猛虎不動の守護神のサクセスストーリーが、学校教育の場で役立てられることになった。
今春から平成22年度道徳教科書の作成を開始した光文書院は、小学校学習指導要領の5、6年生の道徳部門で重要テーマの1つに掲げられている「自分の特徴を知って、悪い所を改め良い所を積極的に伸ばす」に対応する人物、題材の選定作業を開始。その際に、07年12月に出版された「藤川球児ストレートという名の魔球」がリストアップされた。
8月に候補を一本化した同社は阪神球団などに協力を要請。「藤川選手の力強い生き方を道徳教育に役立てたい」という申し出に球児本人も快諾し、採用が決まった。
児童の関心の高さや親しみやすさなどが考慮され、球児の題材は全35編中の巻頭に掲載。度重なる肩の故障に苦しんだ04年に山口投手コーチと二人三脚で新フォームを確立し、伝説の火の玉ストレートを手に入れるまでの足跡が4ページにわたって紹介されている。
過去の道徳教科書では王貞治氏、星野仙一氏ら複数の題材が取り上げられているが、現役選手の登場は希少。過去には世界的知名度を持つイチローが英語教科書に登場した例があるが、国内の現役プロ野球選手の登場は極めて異例のことだ。
球児は「一野球選手でしかない僕がやってきたことが、こんな形で紹介されることになるとは夢にも思わなかった。本当に光栄なことです」と感激の表情。「何もかもを諦めてしまいそうになった時に、僕は山口さん(投手コーチ)に出会った。教えてくれる人の言葉を信じて努力すれば必ず報われるということを分かってもらえたら」と笑みを浮かべた。
この教科書は小学6年生用の副読本で、採用は各学校の裁量に委ねられる。石川県内の小学校では、地元出身の松井秀喜選手を取り上げた道徳教科書が圧倒的なシェアを占めるなど、採用には地域性が大きなポイントとなる。
「関西地区や藤川選手の出身地である高知県内を中心に、全国各地の子どもたちに読んでもらえれば」と関係者。虎党に夢と感動を与えた“球児伝説”が子どもたちの成長への道標となる。

⇒どうなることかと思った球児は、今や絶対的な守護神…分からんものです。



by,tora-neco



ランキング参加中。応援クリックお願いします(*^_^*)
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 野球ブログへ
[PR]
by kuru2chanbei | 2009-12-16 21:21 | 虎球団

赤星引退へのコメント~他球団~

≪金子 赤星引退に「泣きたくなった」≫
日本ハムの金子誠内野手。今季終盤から痛めている両アキレス腱の状態は現在も思わしくない。故障で引退した同世代の赤星の姿を見て「泣きたくなった」と、自らを重ね合わせた。

≪俊足・坂口“オリの赤星”になる≫
オリックス・坂口智隆外野手が10日、引退を表明した赤星の「ケガを恐れない全力プレー」の“魂継承”を誓った。9日の会見を見た坂口は、引退の引き金となったダイビングキャッチに「悔いがないと言った赤星さんに感動しました」と話した。「僕もケガを恐れながらのプレーというのは嫌ですから」。同時に、今季16個に終わった盗塁の技術について、赤星を含めたスペシャリストに「色々聞いてみたい」と意気込んだ。
また、大幅昇給した今季、その昇給分の一部を使って「ファンの方に何かプレゼントをしたい」と企画を練り、ファンを大事にした赤星と同じだ。

≪原監督 “天敵”赤星へ惜別と最大の賛辞≫
虎の韋駄天の電撃引退を敵将も惜しんだ。原辰徳監督は、前日に引退を表明した赤星との激闘を振り返り惜別の言葉を贈った。
「命懸けでやっていたというのは、耳にしていた。かなりの決断だったのかもしれない」。命の危険に晒されながら、全力プレーを貫いた。中心性脊髄損傷で引退表明した赤星の心中を思いやるかのように、原監督は言葉を紡いだ。
指揮官の脳裏に蘇るのは、屈辱の記憶だ。「2番・赤星、3番・金本の03年。印象としては非常に残っている」。3番・金本が赤星の盗塁をアシストするなど、巨人戦で14盗塁を決められた。対戦成績は10勝17敗1分け。前年の日本一から3位へと転落し、監督辞任へと追い込まれた。「本人の中では燃え尽きたんでしょう。素晴らしい選手でした」とグラウンドを去る“天敵”へ最大の賛辞を贈った。

≪高橋由 赤星の電撃引退にしんみり≫
1歳年下で、06、07年の2年間は選手会長同士で交流する機会も多かっただけに「苦しんでいたからね。自分達もそういう年齢になった」。引退の起因となったダイビングキャッチについても「本能的に飛び込んでしまう」と共感した。

≪ロッテD1荻野貴、赤星引退に驚き≫
俊足巧打が売りの外野手、ロッテD1位・荻野貴(トヨタ自動車)は9日、「開幕スタメン、盗塁王が目標です。阪神の赤星さんが引退すると聞いて、ビックリしています」と、5年連続セ・リーグ盗塁王を獲得した赤星(阪神)の引退に驚きの表情を浮かべた。

⇒他球団からも、しかもルーキーからも引退へのコメントが生まれた、赤星。本当に偉大な選手だったんですね…



by,tora-neco



ランキング参加中。応援クリックお願いします(*^_^*)
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 野球ブログへ
[PR]
by kuru2chanbei | 2009-12-09 21:07 | 虎球団

オフ虎ニュース・2 11/26

≪ドラ2藤原 虎初の“左腕の新人王”だ≫
阪神からドラ2位指名を受けた藤原正典投手が26日、大阪市内のホテルで契約金8000万円、年俸1200万円で仮契約を結んだ。
藤原には球団史上初の快挙に挑戦する権利がある。過去、伝統のタテジマに袖を通した左腕が跳ね返されてきた壁とも言える「最優秀新人」のタイトル。新人王を獲得した過去3人の投手は西村、藪、上園とすべて右腕だった。即戦力と期待される藤原に「左腕初」の期待が膨らむ。
「(新人王は)チャンスがあれば。簡単に取れるとは思っていないし、まずは1日も早くプロの世界に慣れて、1試合でも多く投げられるようにしたい。そこ(新人王)を狙える位置に立てるようにやっていきたい」
目指す左腕像は岩田だ。「キレがあって、ワンバウンドでも空振りのとれる」スライダーを「理想」と言う。同じ関西学生リーグからWBC日本代表にも選出された「目標の投手」。その岩田でさえ届かなかった「新人王」の座だ。今はまだ視野に入ってこないのが本音だろう。他にも、下柳の名前を挙げ、藤原は「岩田さんのように三振がほしいところでとれる投手になって、下柳さんのように長く続けたい」「2人の方から多くのことを勉強して、自分のスタイルを作っていきたい。1日でも早く戦力になりたい」と抱負を話した。
それでも藤原は「スタートが一番大事」と、まずは1軍キャンプ参加を直近の目標にトレーニングを続けている。「下半身を強くするために、とにかく毎日走っている」。阪神の新人左腕に与えられる球団史上初への挑戦権。地に足をつけた藤原に十分資格はある。
尊敬する2人の先輩に追いつけ、追い越せ。即戦力の期待に応え、1年目から左腕王国の一角を担ってみせる。

⇒頑張れよ!阪神は、なかなか若手が育ちにくいチームですけど(笑)


≪真弓監督 二神&藤原1軍キャンプ抜擢≫
真弓監督は26日、ドラ1位の二神投手、2位・藤原投手について来年2月に沖縄宜野座で行われる1軍キャンプ抜擢の考えを明らかにした。
「二神と藤原の2人は即戦力と見てます。状態が良ければ春のキャンプで1軍スタートさせたい。それまでにどのくらい準備ができているかを見てからだけどね。沖縄に連れて行きたいと思ってます」と話した。
新人選手の1軍キャンプスタートは07年の小嶋以来。期待の大きさをうかがわせる。この日、仮契約を交わした藤原について「左か右かは問題ではない。力的にローテに入れるかが問題」と先発ローテ候補の一人に期待した。

⇒期待しすぎて、若い芽を潰すなよ。


≪城島、3・13甲子園デビュー≫
聖地のホームプレートを守る凛々しい姿が目に浮かぶ。タテジマを身に纏い、扇の要としてゲームを支配する城島の姿…真弓阪神の救世主が甲子園のグラウンドに降り立つ“Xデー”が来年3月13日になることが明らかになった。
球団関係者によると、07年秋から始まった大規模リニューアル工事が来年3月12日に完了し、竣工式を迎える。その翌日から3年ぶりの聖地開催となるオープン戦が2試合組まれており、うち1試合は最大のライバルである巨人と前哨戦を行う予定。指揮官も城島をオープン戦で積極的に起用していく方針を明言していることから、体調面に問題がなければスタメンマスクを被ることは間違いない。
また、試合後には新入団選手紹介のセレモニーも予定されている。ここ2年はスタンドの改修工事でオープン戦が開催できず、甲子園で行われた試合は無観客試合となっていた。そのためスカイマークで新入団選手の紹介を行っていたが、関西の虎党は当然、思い入れの強い甲子園で新戦力を見たいところだ。沼沢球団本部長も「来年は甲子園が使える。本拠地でやれるんだったら本拠地でやるでしょう」との方針を明かした。
鳥谷のルーキーイヤーだった04年3月14日に行われた巨人とのオープン戦では、4万8000人を集め史上初の大入り袋が出された。前年の優勝フィーバーに、晴天の日曜日と好条件も重なったことで大勢のファンが詰めかけた。来年のオープン戦2試合も土、日に予定されており、城島の聖地初見参となれば当時に匹敵する盛り上がりが予想される。
城島は以前、虎入りを表明した会見で「高校の時も甲子園には縁がなかった。プロに入ってからも数えるくらいしか試合をしてないので分からないけど、今まで敵だった大歓声が味方に変わると思うと心強い」と甲子園のイメージを語っていた。最後にプレーしたのはソフトバンクに在籍していた05年の交流戦。リニューアル工事前だった当時と今では様相も大きく様変わりしている。
新装甲子園で大歓声に包まれながら迎える救世主の聖地デビュー戦。その日が待ち遠しくてたまらない。
また、仮契約を終えた藤原を含め、恒例の新人紹介が来年3月13日の甲子園でのオープン戦前に行われることになった。ルーキーが聖地に詰めかける満員の虎党の前で、元気よく登場する流れとなる。

⇒3.13は、ある意味Ⅹ-DAYですね


≪オープン戦で苦手・関東克服や!≫
“関東アレルギー”払拭や!阪神が来年はオープン戦を北から攻めていくことが26日、分かった。2月末のオリックス戦(安芸、高知市営)は例年通りだが、その後は札幌へ。大きく関東で負け越した今季の経験を踏まえての、マル秘作戦だ。
02年3月7日の巨人戦(札幌D)以来、8年ぶりとなる札幌でのオープン戦。真弓監督が近鉄コーチ時代から親交がある日本ハム・梨田監督の要望で実現の運びとなった。「(嫌なイメージは)選手個人に残っているかもしれないけど」と真弓監督。今季はオープン戦で関東遠征なし。しかし、シーズンでは関東で40戦16勝23敗1分関西(甲子園、スカイM、京セラD)の73戦38勝34敗1分と比べても雲泥の差だった。同じ轍は踏まない。プレーシーズンから、“難敵”を克服する。

⇒ま。頑張れや←冷めてる(笑)


≪左先発4人ある!真弓監督が究極構想≫
真弓監督が26日、先発は左腕だけでも問題なしを強調。ルーキー・藤原らを岩田、能見、下柳らに次ぐ、即戦力サウスポーとして期待した。
この世界では常に貴重ともいえるサウスポーを贅沢に使えたら…監督なら誰もが思い描く夢に真弓監督は最も近い。ドラフトで即戦力左腕の藤原の獲得に成功。左、左、左…。左打ちが多い最近の打者を悩ませるローテを作ってみせる。
「バランス的には右、左と揃っていた方がいいけど。力的にはローテに入れるかどうかが問題。1週間すべて左投手でもいい?うん。左ばかりになっても、困ることはない」[
「他(球団)と比べると(左が)豊富に感じるんだろうけどね」

今季13勝と大飛躍した能見。故障明けの後半戦だけで7勝の岩田。ベテラン下柳。ここに藤原が入れば、左だけで最低でも4人が揃う。さらに江草や筒井も先発可能で、2軍では小嶋が牙を研ぐ。現実的に可能性として低いが『6連戦、すべて左投手が先発』もできる。
もちろん、サウスポーを並べる効果もある。『左対左』。これを聞いて、プラスに考える打者は少ない。小笠原、李承ヨプ、亀井、松本、阿部…。7年ぶりの日本一に輝いた巨人対策とも合致する。5年ぶりのリーグVへ、真弓監督が他球団がうらやむほどの左腕王国を築き上げる。

⇒わ~たし、ピンクのサウスポー♪



by,tora-neco



ランキング参加中。応援クリックお願いします(*^_^*)
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 野球ブログへ
[PR]
by kuru2chanbei | 2009-11-26 21:54 | 虎球団

他球団ニュース 11/20

≪ロッテ、ソフトバンク戦力外の的場ら獲得≫
ロッテは20日、入団テストを行った2選手、独立リーグ、四国・九州アイランドリーグの福岡に所属していた山田秋親投手(元ソフトバンク)、ソフトバンクを戦力外となった的場直樹捕手の獲得を発表した。背番号は山田が「48」、的場は「67」。
登録名を「秋親」とする山田は「ソフトバンクでは苦しんだので、新たな一歩という意味合いを込めた。このチャンスをものにしたい」と話した。

⇒ロッテって結構懐深いw


≪ロッテ・サブローが選手会長に就任≫
横浜に移籍した清水に代わるロッテの選手会長に、サブローが就任することが20日、決まった。「ここ2年は結果が出ていないし、キャンプは厳しい方がいい」と新選手会長に指名されたサブロー。5年ぶりのV奪回を目指すチームに、のんびりとしたオフは許されない。

⇒濃い!!


≪楽天、リックと契約更新せず…昨季首位打者≫
楽天は20日、リックと来季の契約を結ばないと発表した。昨季は首位打者に輝いたが、今季は61試合の出場で打率.255、3本塁打、13打点にとどまった。

⇒色々あったしね


≪中日・川井、2300万円増に不満顔≫
中日は20日、4選手と契約更改し、開幕から球団新記録の11連勝をマークし、11勝5敗で今季を終えた川井は2300万円増の年俸3400万円でサインした。
川井は金額について「思ったより低かった。11連勝を評価してほしかったが、11勝の評価だった」と不満顔も見せたものの「1年間投げ続けられる体力づくりをしたい」と来季に目を向けた。
ドラ1位入団し、64試合に出場して打率.251だった野本は、現状維持の年俸1500万円で更改した。(金額は推定)

≪巨人・オビスポ、年俸2000万円で契約済み≫
19日に帰国したオビスポが、帰国前に来季の契約を結んでいたことを、清武球団代表が20日、明らかにした。
オビスポは今季、7月から先発として起用され、6勝1敗。CS第2ステージ、日本シリーズでも1度ずつ登板し、どちらも勝ち投手になった。来季の年俸は2000万円となる。(金額は推定)

⇒契約更改って選手にとってはホントに悲喜交々ですよね。


≪日本ハムが優勝祝賀会 監督は選手労う≫
2季ぶりにパ・リーグを制した日本ハムの優勝祝賀会が20日、札幌市内のホテルで行われ、大社啓二オーナーが「大変なシーズンだったが、パ・リーグ優勝という形で終われたことは良かった」と挨拶した。
今季は新型インフルエンザの集団感染など、予想外の出来事も。梨田昌孝監督は「ファイターズの選手は窮地に立ったとき、本当に強い」と逆境を乗り越えた選手らを労いながら「日本一になれなかったのは残念だが、それを来季の目標にしたい」とも話した。

≪札幌ドームMVPは日本ハム・金子誠に≫
札幌ドームは20日、今季の最優秀選手(MVP)に金子誠が選ばれたと発表した。
金子誠は札幌ドームでは打率.359、10本塁打と、両部門でチームトップの数字をマーク。7試合連続二塁打のプロ野球記録を樹立したのも本拠地だった。
慢性の股関節痛と戦うベテランは「体を維持するだけでも大変だが、12月に入ったら(体に)油を注いでいかないと」と、例年より早めに始動する方針。17年目となる来季への意欲を示した。

⇒日ハム、1年間お疲れさまでした。来年もまた、いい試合を期待してます^^


≪李机浩がソフトバンクと正式契約≫
WBC韓国代表の李机浩(イ・ボムホ)内野手が来日し正式契約。「テレビで前から気になっていたチーム。実力を発揮して貢献したい」と抱負を述べた。秋山監督も「(WBCで楽天の)田中からホームランを打つなど、日本の投手に力負けしない力がある」と期待を寄せていた。

⇒秋山監督と並んだ写真を見ると、監督の引き立て役にしか見えませんがw


≪ロッテ・西岡、少年刑務所で講演≫
西岡が20日、川越少年刑務所を訪問。被収容者の文化祭で『野球と人生』をテーマに30分間、約900人に語りかけた。「もう1度自分を見直して、強い気持ちを持って前に進んでほしいという気持ちだった。同年代というのも大きかった」と25歳は講演理由を説明。勇気づけるために訪れたが「逆に勉強させられたことが多かった」と振り返った。

⇒今年は横断幕の件で色々とあったけど、頑張れ、西岡!


≪オリ・岡田監督、5年目岡田は「№1」≫
“アキノブトラダムス”の大予言だ。28日間の秋季キャンプを打ち上げ。スカイマークスタジアムの青空の下、岡田監督は成長株・岡田にスーパースターの“相”を見たと語気を強めた。
「今まで見てきた高校生(出身)ではナンバーワン。飛距離もそうだし、これから自分がレギュラーを獲って、プロ野球を背負っていくという姿がすごく見える」「2軍から十何年指導者をやったけど、ああいう選手は初めて。おれらがフォローして、プロ野球に新しいスターを作ってあげないといけない」
セールストーク混じりとはいえ、最大級の賛辞。大阪・履正社高から入団4年目の今季、43試合で7本塁打。逸材の打球は、就任直後の新監督の目に光って映った。高い放物線を描く弾道を「持って生まれたもの」と絶賛。1m86、93キロの体は1軍で1年間戦い抜ける土壌ができた。来季、左翼の定位置獲りを狙う若武者を、将来のスーパースターと看破した。
96年にオリックス2軍助監督で指導者デビューし、阪神では1、2軍監督を歴任した。その間、井川や藤川、桜井らが猛虎の顔として成長した。そんな面々を凌ぐ大器と感じた指揮官は、大々的に売りだそうと『○○岡田』など登録名の一般公募を開始。球団の宝だけに、育成の失敗は許されない。
「最下位になるチームやないと再発見した1カ月でした。来年、優勝争いできる戦力はある。こんな力ではないと、見返すシーズンにしたい」
最下位の屈辱が、浮上へのバネになる。指揮官は、来季の優勝争い参戦へ確信をのぞかせた。ダイヤの原石を見つけ、V戦力を確認した充実の秋。その眼力と育成手腕が、新天地で試される。

⇒関西リーグが一番嬉しいんですけどね(*^^*)


≪ロッテ・西村新監督、脱ボビー流≫
昨年の4位に続き、今年も5位に低迷したロッテ。納会に出席した西村新監督は、早くも選手に注文を出した。
「2月は厳しい練習になる。全力でキャンプに入れるよう、しっかり体を作って100%の状態で来てほしい。オフの過ごし方で優勝できるかが変わる」
バレンタイン前監督の時代は各自に任せた“スロー調整”。第1クールはランニングやキャッチボールが主体で、実戦形式に入るのはキャンプ終盤になってからだった。新指揮官はキャンプ初日から実戦形式の練習を考えており、ボビー流から脱却し、開幕ダッシュをかける。

≪ロッテ・重光氏、「観客減みっともない」≫
ロッテは20日、千葉・鴨川市内で球団納会を行った。納会には重光昭夫オーナー代行も出席。今季の観客動員(146万5189人)が前年比8.5%減に終わったことに「球界全体は増えているのに、うちだけ減っていてみっともない」と語った。
今季は球団とバレンタイン前監督の確執が露呈。「色々ゴタゴタがあった。スポーツは楽しくないといけない」とイメージアップを誓った。
また、金泰均の獲得を契機に、韓国でロッテ戦の放映権を積極的に販売していきたいとの意向を示した。

⇒ロッテの夢は~♪


≪燕・宮本、日本盲導犬協会に141万円寄付≫
宮本が20日、141万円を財団法人・日本盲導犬協会に寄付した。1安打ごとに1万円を積み立てるもので、今季は公式戦138安打とクライマックスシリーズの3安打分。24日に同協会から感謝状が授与される。

⇒宮本さん、私の口座を教えますね(笑)


≪オリ・岡田監督、田口獲りへ「会いにいく」≫
岡田監督は20日、カブスを戦力外になり、この日で米大リーグFA選手の優先交渉期限が終わった田口壮外野手の獲得へ、直接出馬を宣言した。
「こっち(日本)でやるというのなら当然、獲得に行くよ。(交渉の)日にちがおうたら、俺が会いにいく」。田口は今月末に再渡米を予定。球団はメジャー挑戦へこだわりを持つ本人の熟考時間を尊重し、12月上旬にも日本で会談の場を設定する。今オフ“最大”の補強へ、最後は指揮官が口説き落とす。

⇒で、口説き落としました(笑)


≪横浜、抑えに右腕ブートチェック獲り≫
横浜がストッパー候補として、米大リーグ、パイレーツのクリス・ブートチェック投手を獲得することが20日、分かった。
ブートチェックは150キロを超す速球が武器の右腕で、メジャー通算90試合に登板して3勝7敗1セーブ。エンゼルスからパイレーツに移籍した今季は13試合で0勝0敗だったが、3Aインディアナポリスでは40試合に登板し、3勝2敗20セーブ、防御率3.38の成績を残した。
横浜の球団幹部は「チーム再建のためには、抑えができる新外国人の獲得が最重要課題」と話しており、候補を制球もいいブートチェックに絞った。近日中に合意に達する見込みで、来週にも発表される。今季の守護神、山口は先発に転向する可能性があり、抑えは速球派右腕に託す。

⇒尾花監督…頼みますよ、横浜再建!



by,tora-neco



ランキング参加中。応援クリックお願いします(*^_^*)
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 野球ブログへ
[PR]
by kuru2chanbei | 2009-11-20 22:10 | 他球団

他球団ニュース 11/19

≪楽天・福盛は背番号11に変更 中島は8≫
楽天は19日、2選手の背番号の変更を発表した。福盛は62から11、中島は64からとなる。

⇒…だ、そうです(笑)


≪巨人・藤田、1000万円減でサイン≫
巨人の藤田が19日、東京都内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、1000万円減の年俸4000万円でサインした。
藤田はロッテから移籍2年目の今季、19試合の登板にとどまり、不本意なシーズンだった。「成績が成績なので、判を押すつもりで来ていた。2年間休んだようなものなので、来季は最低でも50試合は投げたい」と話した。(金額は推定)

≪中日・平田、1600万円の現状維持≫
中日は19日、6選手と来季の契約を更改し、今季42試合で打率.271だった平田は現状維持の1600万円でサインした。(金額は推定)

⇒以上。契約更改の悲喜交々。


≪坂本、「東京ドームMVP」を受賞≫
巨人の坂本が19日、東京ドームの巨人主催試合で最も活躍した選手に贈られる「東京ドームMVP賞」を受賞した。賞金は300万円。
坂本は「小笠原さんやラミレス、阿部さんなどがすごい活躍をしている中で評価されて、すごく励みになる。素直に嬉しい」と喜んだ。
特別賞(賞金100万円)には松本が選ばれ「来季以降、MVPを取れるよう頑張りたい」と活躍を誓った。

⇒だ、そうです(笑)


≪ソフトバンク、韓国代表の李机浩を獲得≫
ソフトバンクは19日、WBC韓国代表の李机浩内野手=183㎝、93キロ、右投右打=を獲得したと発表した。
李は韓国プロ野球ハンファで10年間プレーし、通算160本塁打。今季は打率.284、25本塁打をマークした。WBCには2006、09年と2大会連続で出場。09年は三塁手でポジション別優秀選手に選ばれた。李は「監督の期待に沿えるよう、精いっぱい頑張りたい」と球団を通じてコメントした。

⇒読み仮名!読み仮名!(笑)


≪パ、ベストナインの得票数を訂正≫
パ・リーグは19日、18日に発表したベストナインの投票で無効票が判明したため、得票数の一部訂正を発表した。なお、これに伴う受賞選手の変更はない。
遊撃手部門で片岡(西武)に1票が入ったが、今季一度も遊撃を守っていないことが判明し、この票が無効となった。このため、捕手の田上(ソフトバンク)は158から157、一塁手の高橋(日本ハム)は169から168、二塁手の田中(日本ハム)は136から135、外野手の糸井(日本ハム)は121から120、稲葉(日本ハム)は112から111、指名打者の山崎武(楽天)は173から172へ、それぞれ得票数が訂正された。

⇒おーい(^_^;



by,tora-neco



ランキング参加中。応援クリックお願いします(*^_^*)
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 野球ブログへ
[PR]
by kuru2chanbei | 2009-11-19 21:59 | 他球団

わたくし“スーパー・ポジティブ”な関西人・tora-necoが、タイガース日記を気ままに書いてみる。
by kuru2chanbei
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

最新のトラックバック

2011年春季キャンプ、..
from りが・みりてぃあ野球殿堂
守りのミス連発、久保田投..
from 自由気ままに虎など ガンバレ..
守りのミス連発、久保田投..
from パイプの部屋
必死のパッチの決勝弾!ア..
from 自由気ままに虎など ガンバレ..
必死のパッチの決勝弾!ア..
from パイプの部屋
金本、残念!でも素晴らし..
from 今日の特選情報!
勇気ある決断、1492試..
from 自由気ままに虎など ガンバレ..
勇気ある決断、1492試..
from パイプの部屋
また苦手を作ってしまったか?
from 自由気ままに虎など ガンバレ..
また苦手を作ってしまったか?
from パイプの部屋
甲子園開幕戦、AK砲炸裂!
from 自由気ままに虎など ガンバレ..
甲子園開幕戦、AK砲炸裂!
from パイプの部屋
【2010 公式戰】 ○..
from 仙丈亭日乘
下さん好投虚し、拙攻で3..
from 自由気ままに虎など ガンバレ..
下さん好投虚し、拙攻で3..
from パイプの部屋

検索

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな